職種・部署紹介

編成局

  • テレビ編成部

    番宣班

    たくさんの人に番組を見てもらえるように、テレビCMやポスター掲示、イベントなど様々な手段を使って番組の宣伝活動をします。

    トラフィック班

    視聴率を上げるためにはどの時間に何を放送すればいいのか?日々の視聴率を分析し、番組の効果を最大限に引き出すためのタイムテーブル作成などをします。
  • ライツ・コンテンツ部
    「ライツ」とは権利のことです。権利をビジネスにつなげるのが仕事です。ファイターズの選手のDVD製作・販売。映画への出資。インターネット配信。番組の販売。そのフィールドは国内に止まらず海外にも広がっていて、海外出張が多い部署でもあります。英文の契約書を取り扱うことも…。
  • アナウンス部
    ニュースの原稿を読むだけではなく、インタビューや番組のリポーター、バラエティの進行役などアナウンス業務だけではなく、番組の企画や制作にも携わるお仕事です。

テレビ営業局

  • 営業推進部
    営業部が広告代理店やスポンサーから受けてきた情報をもとに営業部と一緒になって企画を作り、実際に実現するまでの実務を担う部署です。
    時には番組やイベントのプロデューサーになることもあります。
    営業推進部は、視野が広く、全体として何が最適かを考え、自ら行動できる主体性がある方に向いています。
    営業部
    テレビ放送CM枠の販売はもちろん、スポンサー番組の提案・契約、イベントの提案など、スポンサーの商品やサービスをPRするためのプロデュース業務。

報道制作センター

  • 報道部
    道内各地で発生した事件・事故をいち早く取材し、原稿を執筆、放送する仕事です。
    また、道内の知られざる内容を独自に取材し、時には自ら画面に出て道民の生活に寄り添った情報を分かりやすく伝える特集も作ります。
  • 社会情報部
    社会情報部は、夕方ワイド番組「今日ドキッ!」、深夜の「さつログ」、情報番組「金曜ブランチ」など幅広く番組制作をする部署です。
    大きく分けるとVTRと生中継の2種類に分かれます。
    VTR制作は企画立案、取材と撮影、編集を放送前までに行います。
    生中継は、企画立案、取材、打ち合わせ、台本制作、リハーサルと本番を仕切り、番組を制作します。
  • スポーツ部
    ファイターズやコンサドーレ、レバンガなどの取材やスポーツ中継を担当。
    そのほかにも小さなまち出身のアスリートが、世界を舞台に戦う選手に成長する過程も追うことができます。
    まさに「北海道から世界へ!」の意気込みで スポーツの感動を伝えるお仕事です。
  • 制作部
    「あぐり王国北海道」など30分枠の番組の取材、編集、放送をメインとする部署です。このほかにもレギュラー番組ではない、単発の番組企画、演出、編集などをします。

ラジオ局

  • 営業部
    ラジオ放送CM枠の販売だけではなく、スポンサー番組の提案、企画、
    イベントの提案など、ラジオを使ってスポンサーの商品やサービスをプロデュースする仕事です。

事業局

  • 事業部
    雪まつり、コンサート、美術展や講演会などのイベントの企画・立案、開催をする部署です。
    また、新規ビジネスモデルなどの収入源の開拓もしています。

技術局

  • 設備計画部
    平成28年4月に新設された新しい部です。
    名前の通り、放送に関わる設備の導入計画を総括する部署になります。
    情報を電波に乗せて北海道の皆様にリアルタイムにお届けするためには、実は様々な機械が必要なんです。
    テレビ・ラジオのスタジオやサブの機器、マスター設備、送信所の設備、社内ネットワーク設備など多岐に渡ります。
    一方で、どういったものを導入して、どうやって活用していくかは、人間次第、効果的・効率的に新設、更新していかなければなりません。
    各部紹介にあったように、放送局の技術の仕事も多種多様、全体の取りまとめ役としてこの部署があります。
  • 技術部
    「技術部」は、駅伝で例えるとアンカーを務める部門です。
    番組制作に関わる「制作技術部」、その番組やCMを送出する「送出部」、番組送出データ、システム環境を整備する「システム部」。多くのスタッフが作り上げたHBCの番組は、最後に“電波”に姿を変え、視聴者の皆様に届けられます。技術部は、この電波を発射する送信所の維持管理業務が中心です。
    広い北海道をカバーするため、HBCにはテレビ送信所が157局、AMラジオ送信所が17局あります。2016年には、札幌市の手稲山山頂にFMラジオ送信所を建設しFM放送も開始しました。送信所の機器点検、修理対応は勿論ですが、内容により、放送中に実施できない場合もあります。
    近年は、“放送休止時間”が短く、限られた時間内で対応する事が必要で、大きなプレッシャーを感じつつ、 冷静な判断が求められます。しかし、作業後、無事放送を開始出来た時の安堵感、達成感、そして、そのご褒美とも思える綺麗な朝焼け空を眺められた時の充実感は格別なものです。

    技術局技術部トピックス

  • 送出部
    放送局の心臓部とも呼ばれる「テレビマスター」設備の運用、保守、管理を行い、24時間365日安定した放送を送り出すことが一番の使命です。 「テレビマスター」にはHBCから放送されるすべての素材が集約されます。
    TBSを中心とするネット番組、HBC制作の生番組、VTR、CM、提供、速報、字幕、データ放送、EPGなど、素材は多岐にわたります。
    放送データに従って、決められた時間に、決められた素材を、正確に送り出すことが求められます。
    通常はコンピュータ制御による自動運行が行われていますが、スポーツ中継の放送延長、突発的な事件・事故による報道特別番組編成などの際には、手動対応も必要となります。
    設備故障時には臨機応変な対応が求められ、知識、経験、的確な判断力が不可欠です。
    この他、素材登録、回線構築、ラジオマスターなどの業務も担当します。
    24時間監視体制の部署として、社内で技術的トラブルがあった場合の“最後の砦”の役割も果たしています。

    技術局送出部トピックス

  • 制作技術部
    放送局の技術の仕事で一番最初に思い浮かぶのが制作技術部の業務ではないでしょうか。具体的にはカメラマンや照明、音声ミキサーなどが良く知られていますし、スイッチャーやVE(ビデオエンジニア)といった業務もあります。これらはすべて「番組制作にかかわる技術の仕事」で、文字通り制作技術部が担当しています。生放送や番組収録のスタジオでは、「こう見せたい」「こう伝えたい」といったディレクターの要望を、プロフェッショナルな映像・音声表現を通じてサポートします。活躍の場はスタジオだけではありません。スポーツ中継の現場では、大型中継車を利用して「躍動する選手の姿」を描き出します。事件や災害などの報道現場には昼夜を問わず迅速に駆けつけ、衛星中継車やモバイル装置などの伝送ツールを操って「現場の今」を伝えます。『目の前の事象を感性豊かに表現し、直接番組作りに活かす部署』として、HBCテレビ・ラジオの番組制作を毎日支えています。

    技術局制作技術部トピックス

  • システム部
    HBCのITシステムの維持・管理そして構築を担い、サイバーセキュリティ対策および情報漏えい対策を実践しています。
    具体的には
    • HBC社内で働く人が快適にITシステムを利用するためのLAN環境の構築から運用
    • 中核情報を扱う人事・会計システムの管理
    • 日々の放送を行うために必要となる番組データを作成するための営放システムの運用・管理
    • 報道の原稿を作成するニュースシステムの管理
    • 全世界の人々にHBCの情報を発信するためのWebサーバ構築と運用
    • 社内セキュリティの維持、管理
    社内情報セキュリティからITインフラさらには放送システムまで、IT全般の管理、新規システム開発を行う部署です。
  • 技術局システム部トピックス

東京支社

  • ラジオ部
    東京で大手広告代理店やスポンサーに対してラジオCM出稿やイベント企画を提案するほか、ラジオ番組制作、系列局への番組販売等を行う部署です。
  • テレビ編成部
    番組の購入交渉や系列局の新番組の情報入手と番組宣伝に関する業務。
  • テレビ営業部
    東京のスポンサーに対して、テレビCMの枠を販売する仕事です。
    クライアント商品の北海道での訴求ポイントを咀嚼し、地元イベントとのタイアップ等、複合的な提案をディレクションします。
    系列局と一緒になって仕事ができることが本社との大きな違い。
    テレビ局の財源を担うセクションです。