イングリット・フジコ・ヘミング ピアノ・ソロ・コンサート2017

日時

札幌公演
5月29日(月)18時30分 開場/19時00分 開演
旭川公演
5月31日(水)18時30分 開場/19時00分 開演

会場

札幌公演
札幌コンサートホール Kitara大ホール(札幌市中央区中島公園1番15号)
旭川公演
旭川市民文化会館 大ホール(旭川市7条通9丁目50番地)

プログラム

ショパン 『別れの曲』
ベートーヴェン 『月光』
リスト 『ラ カンパネラ』ほか
※予告なく変更になる場合がございます。予めご了承くださいませ。

チケット料金

SS席 12,000円 / S席 10,000円 / A席 8,000円(すべて税込)
※未就学児童入場不可。
※車いす席をご希望の方は、電話011-232-1373までお問い合わせ下さい。

チケット取り扱い

札幌公演
Kitaraチケットセンター(電話:011-520-1234)
道新プレイガイド(電話:011-241-3871)
大丸プレイガイド(南1西3)(電話:011-221-3900)
チケットぴあ(電話:0570-02-9999 Pコード:320-044)
ローソンチケット(電話:0570-084-001 Lコード:11821)
旭川公演
ヤマハミュージックリテイリング旭川店(電話:0166-27-0620)
玉光堂 イオンモール旭川店(電話:0166-73-8801)
コーチャンフォー旭川店(電話:0166-76-4002)
チケットぴあ(電話:0570-02-9999 Pコード:320-044)
ローソンチケット(電話:0570-084-001 Lコード:11821)

主催・協力

主催:HBC北海道放送  協力:まつや

お問い合わせ

HBC事業部
電話:011-232-1373(土・日・祝日を除く 10時00分〜17時00分)

フジコ・ヘミング プロフィール

スウェーデン人画家・建築家の父と、日本人ピアニストの母の間にベルリンで生まれる。母の手ほどきでピアノを始め、10歳でレオニード・クロイツァーに師事。クロイツァーは「彼女はいまに世界中の人々を感激させるピアニストになるだろう」と予言をしていた。東京芸大を経て、文化放送音楽賞、NHK毎日コンクール受賞、その後、ベルリン高等音楽学校に1位で入学、その後、ウィーンでパウル・バドゥラ=スコダに師事。ブルーノ・マデルナ、レナード・バーンスタイン、チェルカウスキー、マガロフ等多くのクラシック界の権威にその才能を認められて支持を獲得し、コンサートを行っていたが、聴力を失うアクシデントに遭遇。

1999年、リサイタルとNHKのドキュメント番組が大反響を呼び、デビューCD“奇蹟のカンパネラ”他をリリース。クラッシック界異例の売上げで、日本ゴールド・ディスク大賞、クラシック・アルバム・オブ・ザ・イヤーを4回受賞した。モスクワ・フィル、ロイヤル・フィルなど世界各地の著名オーケストラと共演。彼女と共演したミッシャ・マイスキーは「あなたの芸術を賞賛します」と形容している他、共演した多くのアーティスト達が絶賛している。また、ヨーロッパの数々のフェスティバルからも招待されている。

毎年多くのチャリティ・コンサートを行っている他、大の動物愛護者であり、ドイツには彼女の名を冠した動物保護団体も出来ている。2013年、スペイン最大のクラシック・ラジオ番組「カタルーニャ・ラジオ」のリスナーにより、フジコの最新CDが1位に選ばれた。2014年には、9月から11月まで、ヨーロッパ9カ国11会場で演奏会を開催し、各地でスタンディングオベーションを受け、大好評を博した。

2015年6月にはプラハ・ラジオシンフォニーと共演、また、12月にはキエフ国立フィルハーモニー交響楽団との共演、2016年2月にはモスクワ国立交響楽団と、世界の名門オーケストラと共演し、素晴らしい演奏に拍手の嵐であった。2016年春、ロサンゼルス、シカゴ、ニューヨークでのコンサート、4月にはニューヨークの国連本部会議場で「日本国連加盟60周年記念」の文化事業で演奏し拍手喝采。その後チリ、アルゼンチン、マナウス、パラグアイでも「日本人移民開始80周年記念文化事業」コンサートと大好評ツアーだった。秋にはヨーロッパ6カ国10公演を行い拍手の嵐で、11月には「N響の仲間たち」、エルサレム交響楽団と精力的に演奏活動を行い、2017年にはイタリア国立フィルハーモニー、モスクワフィルハーモニー、ハンブルクフィルハーモニー、スロバキアラジオシンフォニー、ロシア国立フィルハーモニー、ウィーン室内管弦楽団、カーネギーホール、ポーランドのフェスティバル、ブタペスト、キエフなどから招待されている。

ワルシャワのショパンフェスティバル

Zycie Warszawy ジチェ・ワルシャーヴィ紙

responding to a heart-felt standing ovation…
enticed the prominent evening audience
特別な招待客の心に響き、スタンディングオベーションを受けた。

The New York Times ニューヨークタイムズ紙

Brilliant! She received a standing ovation!
素晴らしい演奏!彼女はスタンディングオベーションを受けた!