半﨑美子のハンザキラジオ

半﨑美子のハンザキラジオ

2024年5月19日(日)放送レポート

先週はイオンモール旭川西でミニライブ&サイン会でした。
「旭川西は歌いに行く機会を一番いただいている場所でもあるんですけど、それでもやっぱり仕事の関係とか、様々な理由でいつも来ることができずに、やっと今回初めて来ることができたっていう方もまだまだたくさんいらっしゃるんです。だから今回もありがたい再会とか初めての出会い、いくつもありました。今回車椅子の方がたくさんいらっしゃってくれて、いつもは片側だけなんですが、旭川西ではそのスペースを両サイドに設置してくださいました。母の日前日ということもあって、ご高齢のお母様が車椅子に座られて、息子さんや娘さんが一緒にいらしてくださったり、認知症が進んでいるけれど、歌で涙しているとか、母がどうしても行きたいと話をしていて何とか連れてきました、なんていうお話をしてくださった方もいらっしゃいました。近くのショッピングモールだから来ることができたという方もたくさんいらっしゃいました。ご両親の介護があるからその合間を縫ってきていてまたすぐに戻らなければいけないとか、農作業の合間を縫ってとか、皆さん日々仕事のこと家庭のことを健康のこと、常に向き合いながらもこういう対話の時間を作ってくださること、とってもありがたいですし、このライブの時間とかサイン会の時間が、少しでも自分自身を解放する時間であってほしい、無防備になったり、心を緩めるそんな時間であってほしいと願いながら歌わせていただきました」

感想もたくさん届いています。
★リンドウ大好きようちゃんさん
「イオンモール旭川西お疲れ様でした。飛行機の時間が迫っているのにも関わらず、ファンの方に接する姿に神々しささえ感じました。今回も周りの方々とお話しましたが、一度帰られた方がこの幸せな空間にいたいからと戻ってきて最後までご一緒しました。5年前、母が旅立つ前に“母へ”を聞いていた頃のことも思い出しました。姉が足の怪我でサイン会の台に上がれず残念無念でした」

半﨑さん「お姉さまが足の怪我でサイン会の大に上がれなかったっていうことですけれど、今度ぜひスタッフの方でもいいですし、私にでも伝えてください。すぐ降りていきますので。車椅子の方やお体に自由が利かない方など、いつもステージから降りてサインさせていただいております。2秒ぐらいでさっと降りられますので、気にせず教えてください。お姉さまにもどうぞよろしくお伝えください」

★まなぶさん
「初メールです。イオンモール旭川西に参加しました。。朝早くからすごくたくさんのお客さん。美子さんの人柄や曲がお客さんの気持ちを動かしているんですね。サイン会のときも僕は話すことが苦手でうまく話せなかったけれど、美子さんが“あそこで見ていてくださって、早い時間からありがとうございます”と言われて、見ててくれたんだなとすごく嬉しかったです。特に目立つことなくうまく話せなかったけど、美子さんのその言葉や観察力にびっくりしました。すごく嬉しかったです」

半﨑さん「前にもお話ししたと思うんですけれど、サイン会でうまく話せなかったとか、言葉が出てこなかったとか、そういうことを気にされる方もいらっしゃるんですけど、とにかく全く気にしないでください。そんな簡単に言葉がスラスラ出てきません。言い淀んだり、つっかえたり、言葉を選んだり、涙で言葉に詰まったり。それは全部対話なんです。それこそメールとかSNSではできないことです。直接会って対峙して同じ場を共有しているからこそだと思うんですね。先週私、自分はせっかちだなんていう話をしたと思うんですけれどサイン会のときだけは真逆なんですよ。目の前の方が言葉に詰まったり、言葉がなかなか出てこなかったとして、その言葉が出てくるのはいくらでも待ちたいって思うんです。私が話しかけて、変に遮ったりしたくないからお互いに沈黙が続くこともある。でも言葉が出なくても私はその沈黙からメッセージを受け取っています。だからただ手を取り合ったり握手をしたり深くうなずき合ったりするだけのときもあります。他にも、うまく話せそうにもないからっていう形でお手紙を書いてきてくれる方や、話すことをメモしておいて見ながらお話される方、本当に様々で、全部とても尊い対話です。信頼関係がないと成り立たない対話だと思っています。愛おしい時間です。だからどうぞ気負わず、そのまんまでいらしてくださいね」

この日はイオン北海道ブランドソング「特別な日常」に続く、新しい楽曲「笑顔の森」を初OAしました。曲の感想まだまだお待ちしております。
半﨑さんは「良いときも悪いときも、雨の日も風の日も、人々が集い、木々が集い、虫たちや小鳥たち、様々な生き物が集う笑顔の森。共に生きるということをイメージしてこの歌を書きました」と話しました。

「ゆうべつチューリップフェア」ミニライブの感想をお待ちしております。次回の放送ではまたまた湧別町さんからいただいた豪華なプレゼントがあります!ぜひお聴きください!

<コンサート情報>
7/4(木)ハンザキスト倶楽部限定〜5周年記念ライブツアー〜@札幌ルーテルホール
(ファンクラブ入会については半﨑美子さんのオフィシャルホームページをご覧ください )
11/28(木)読売新聞創刊150周年記念 半﨑美子 コンサートツアー 〜「人生案内」と私 〜@札幌市教育文化会館

ON AIR曲

M1「桔梗の咲く頃」/半﨑美子
M2「笑顔の森」/半﨑美子

♪教科書の名曲を歌おう!目指せ教科書掲載への道!

自分の曲が自分よりも長生きする事、音楽の教科書に載ることが一つの夢の半﨑さん。
子供の頃に教科書に載っていた曲、歌っていた曲、思い出の曲・・・。リクエストをメッセージとともに募集。弾き語りでお届けします

♪私の〇〇(ホニャララ)

毎週テーマを設けてメッセージを募集します。〇〇にはその時々の言葉が入ります。
例えば「私の天然なところ」とか「私の恥ずかしい過去」などなど。なんとそれを五十音順にやっていきます!

「突撃ハンザキ」・「あなたのうた弁」・「朗読コーナー」にもメッセージお待ちしています!

X公式アカウント:@hanzaki_1287

あなたからのメッセージ・リクエスト大募集中です!

はがき:〒060-8501 HBCラジオ「ハンザキラジオ」

メール:han@hbc.co.jp

FAX:011-232-1287

いつもたくさんのお便り、ありがとうございます。番組でご紹介できるのはその一部なのですが、半﨑さんはすべてに目を通しておりますので、あなたの想いを、これからもぜひ半﨑さんに伝えてください。

北海道出身のシンガーソングライター。大学在学中に音楽に目覚め、中退し上京。パン屋さんに住み込みで働きながら曲を書き続け、一度も事務所やレーベルに所属することなく個人で全国のショッピングモールを回り、歌を届けた。そこで出会った人々の人生に触れ、涙に触れて生まれた歌は数々のメディアに取り上げられ、「ショッピングモールの歌姫」と話題に。17年の下積みを経て2017年4月にメジャーデビュー。NHK みんなのうた「お弁当はこのうた~あなたへのお手紙~」や「サクラ~卒業できなかった君へ~」を収録した「うた弁」がロングヒット。同年11月、第50回日本有線大賞新人賞を受賞。2018年、MBS/TBS「情熱大陸」で半﨑美子の生き方や学校訪問の様子が放送され反響を呼ぶ。同年11月には東京国際フォーラムホールAでの集大成コンサートを成功させた。天童よしみさんへの楽曲提供で話題となった「大阪恋時雨」、北海道初の公立夜間中学校の校歌制作や、「明日への序奏」・「地球へ」が教育芸術社より発売の、小・中学生の音楽教材に掲載されるなど、楽曲提供や学校公演など活動は多岐にわたる。2023年8月「うた弁4 you 」を発売。長年の夢が叶い、小学校の音楽の教科書に「地球へ」の掲載が決定した。

半﨑美子オフィシャルWEB:https://hanzakiyoshiko.com/