オーケストラ画像

HBCジュニアオ-ケストラ

創立:1964年(昭和39年)11月21日

公演旅行など、これまでの活動の様子 指揮者・指導者のプロフィール紹介 OB会について
団員募集について 団員募集について

新着情報

TOPICS

6月にシュトゥットガルト音楽学校とジョイントコンサート

HBCジュニアオーケストラは6月22日(土)に、ドイツ・シュトゥットガルト音楽学校とジョイントコンサートを行います。シュトゥットガルト音楽学校の学生35名が6月中旬に来道し、苫小牧、千歳、札幌の3か所で演奏会を催し、合わせて地域の人々と交流を深めます。HBCジュニアオーケストラとのジョイントコンサートはその一環で開催されるものです。コンサートではそれぞれのステージと合同での演奏を披露します。また、札幌大谷大学音楽科の学生との共演も盛り込まれています。

【演奏会名】 シュトゥットガルト音楽学校・HBCジュニアオーケストラ
ジョイントコンサート
【開催日時】 2019年6月22日(土)
開場 14:30/開演 15:00
場】 札幌大谷大学 記念ホール(札幌市東区北16条東9丁目)
催】 日独青少年音楽交流事業実行委員会
賛】 HBCジュニアオーケストラ、札幌大谷大学
援】 ドイツ連邦共和国大使館、札幌市、札幌市教育委員会 ほか
揮】 アレクサンダー・G・アディアーテ(シュトゥットガルト音楽学校)
阿部 博光(HBCジュニアオーケストラ)
【プログラム】 《HBCジュニアオーケストラ》
☆チャイコフスキー・スラブ行進曲 作品26
☆リムスキー=コルサコフ・スペイン奇想曲 作品34
《シュトゥットガルト音楽学校》
☆モーツァルト・ ピアノ協奏曲第21番 K467
☆ハイドン・交響曲第104番 「ロンドン」
《合同演奏》
☆ベートーヴェン・交響曲第5番「運命」 第1楽章
☆エルガー・ 「威風堂々」 第1番
【チケット料金】 [前売り]大人 1,000円、小・中・高校生 500円
[当日券]大人 1,300円、小・中・高校生 700円
【チケット取扱】 道新プレイガイド(道新ビル北1条館1階 道新大通プラザ内
教文プレイガイド(札幌市教育文化会館 1階ロビー内
エルム楽器(店舗情報はこちら
※チケットは各取扱い店の窓口での発売となります。
【お問い合わせ】 HBCジュニアオーケストラ事務局 ☎011-232-5842

TOPICS

それぞれの道へ…9名が卒団

HBCジュニオーケストラは3月17日に「平成30年度卒団式」を執り行いました。卒団生9名のうち7名が出席し、卒団証書や記念品を受け取った後、それぞれの想いを後輩たちの前で語りました。合宿、サマコン、ウィーン演奏旅行、そしてHBCでの練習など、学校生活とは違った経験を積んで成長した卒団生は凛々しい表情を見せていました。HBCジュニアオーケストラはこれまで巣立っていった多くの先輩たちの演奏や言葉を糧に、“ジュニオケの音”を紡いでいきます。

常任指揮者・阿部先生の言葉に聞き入る卒団生

参加者全員で卒団生を囲んで祝福

TOPICS

創立55周年記念リーフレット発行

HBCジュニアオーケストラは、創立55周年を記念してリーフレットを発行しました。リーフレットには、活動内容や55年のあゆみ、そして、定期演奏会の「サマーコンサート」で演奏した曲目や指揮者・講師の紹介などを掲載しています。表紙には55周年の記念ロゴをデザインしました。 このリーフレットはHBCのロビーに置いています。また、道内の学校や文化施設などに配布する予定です。

HBCジュニアオーケストラは1964年に北海道放送が設立し、今年11月21日に55周年を迎えます。幅広いコンサート活動や優れた演奏家が数多く輩出していることなどが評価され、これまでに北海道文化賞や札幌市民芸術祭奨励賞、地域文化功労者表彰(文化庁)などを受賞しています。海外公演もこれまでに6回実施していて、去年3月にはオーストリアのウィーンを訪問し、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートで知られるウィーン楽友協会などで演奏を披露しました。

TOPICS

温かい拍手に感謝…「Winter Concert」

12月23日(日)に札幌市白石区民センターで開催した「Winter Concert」には大勢の方々にお越しいただきました。来年の「サマーコンサート」に向けて練習している楽曲や映画音楽などを演奏しました。団員による楽器紹介コーナーもテンポよく進行し、客席から温かい拍手をたくさんいただきました。今後の活動の励みとなります。ありがとうございました。今年の活動はこれが最後となります。2019年3月31日に「春のオーディション」を実施いたしますので、オーケストラに興味のある児童・生徒の皆さんは応募してください。(※春のオーディション応募受付は終了しました。引き続き団員の募集を行っていますので、詳細は「団員募集」のページをご覧ください)

「Winter Concert」で演奏するジュニオケ

満員となった客席(札幌市白石区民センター)

団員募集のおしらせ

HBCジュニアオーケストラ団員募集中
【詳細はこちら】

HBCジュニアオーケストラのメンバーになりたい方は是非ご入団下さい!
練習の見学、入団希望がありましたら、事務局(TEL:011-232-5842)までお問い合わせください。
(※お問い合わせ受付:日~木 10時~17時 祝日はお休みです)

TOPICS

2018サマコンの感動を再び! HBCテレビで放送

HBCジュニアオーケストラが8月11日に札幌コンサートホールKitara・大ホールで開催した「2018サマーコンサート」の模様をHBCテレビで放送します。HBCジュニアオーケストラOBのヴァイオリン奏者、西本幸弘さんの躍動感あふれる演奏、そしてパイプオルガンの響きに合わせ団員たちが熱演するサン=サーンスの「交響曲第3番」など、見どころ満載の1時間番組です。

【放送日時】9月16日(日)深夜26:50~27:50

2018サマーコンサート(Kitara大ホール・8月11日)

TOPICS

気迫あふれる演奏で魅了…2018サマーコンサート

HBCジュニアオーケストラは8月11日に、「2018サマーコンサート」を札幌コンサートホールKitara大ホールで開きました。ソリストに迎えたジュニオケOBのヴァイオリン奏者・西本幸弘さんは、後輩の団員たちと一体となり躍動感ある演奏を披露しました。そして、コンサートの目玉であるサン=サーンスの「交響曲第3番」では、吉村怜子さんが演奏するパイプオルガンの重厚な響きに団員たちの奏でる気迫あふれる音が重なり、会場を沸かせました。アンコールでは3月のウィーン公演で演奏した「こうもり序曲」などを演奏し、コンサートを締めくくりました。会場にお越しいただき、温かい拍手を送っていただいた多くの方々に感謝申し上げます。

演奏する西本幸弘さん(中央)

パイプオルガンとの共演

TOPICS

区民センターに“ウィーンの香り”

HBCジュニアオーケストラによる「さわやかサマーコンサート」が6月17日(日)、札幌市南区民センターで開かれました。今年は3月にウィーンで2回の公演を行ったことから、ウィーンで演奏した曲を中心にコンサートを構成しました。団員による楽器紹介コーナーや指揮者・阿部博光先生の軽快な語りも詰めかけた大勢の観客を楽しませました。アンコールでは「ラデツキー行進曲」を演奏し、会場には拍手も鳴り響いて、ウィーンの雰囲気が漂いました。HBCジュニアオーケストラはこの後、8月11日(土・祝)に札幌コンサートホールKitara大ホールで「ウィーン公演記念演奏会 2018サマーコンサート」を開催します。チケットは好評発売中です。ジュニオケに興味のある方は、毎週日曜日にHBCで行っている練習を見学できますので、事務局(TEL 011-232-5842)まで連絡ください。

南区民センター・区民ホールで演奏するジュニオケ

団員による楽器紹介コーナー

TOPICS

感動!感激!ウィーン演奏旅行

ウィーン演奏旅行(3月24日~30日)での2回のコンサートはどちらもすばらしい内容となりました。ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートが行われる楽友協会の「黄金の間」のステージに立ったのは26日夜でした。148年前に完成したこの建物にはエスカレーターもエレベーターもありません。地下の楽屋から地上3階にある「黄金の間」までは階段での移動で、セッティングからリハーサル、そして本番と、団員たちは何往復もしました。大ホールの「黄金の間」はその名の通り金色に輝いていて、豪華な天井や床、女性像の柱など、すべてが理想的な音響を生み出す設計になっていると言われています。そのホールにジュニオケの音が響いたのです。客席はすべて埋まり、1曲が終わるたびに雷鳴の如き拍手喝采が沸き起こりました。シュトラウスの「こうもり」など、アンコールを含め5曲を演奏しましたが、アンコールで指揮者の阿部先生が法被をまとって登場すると、それまで以上の大きな拍手が起きました。そして、団員も法被を身に着け、最後の「管弦楽のためのラプソディー」を演奏し終えると、多くの人が立ち上がってジュニオケを讃えてくれました。団員たちもすばらしい音に包まれ、満足の様子でした。

ウィーン楽友協会前で記念撮影(3月26日)

翌27日のコンサート会場はウィーン少年合唱団の専用ホール「MuTh(ムート)」です。ここでは、ウィーン・フィルのフルート奏者、ギュンター・フェダーゼル氏と共演しました。モーツァルトの「フルート協奏曲」を披露し、こちらも満員の観客からの大きな拍手が響き渡りました。フェダーゼル氏からはジュニオケに対して賞賛の声をいただき、会場の支配人は「すばらしい演奏に感激した」と満面の笑顔を見せていました。ここでは、アンコール曲を含め7曲を演奏しました。

フェダーゼル氏との共演(「ムート」にて/3月27日)

「ムート」で演奏するジュニオケ(3月27日)

ウィーンから帰国し、8月11日に札幌コンサートホール・Kitara大ホールで開催する「2018サマーコンサート」に向けての練習が本格化しています。今回のウィーンの経験がこれからジュニオケの音をどのように変えていくのか、御期待ください。

TOPICS

ウィーン演奏旅行に行ってきます!

HBCジュニアオーケストラは3月24日(土)~30日(金)の日程で音楽の都・ウィーンを訪問します。そして、あのニューイヤーコンサートで有名なウィーン楽友協会とウィーン少年合唱団コンサートホール「MuTh(ムート)」の2か所で演奏を披露します。ムートではウィーンフィルハーモニー管弦楽団のフルート奏者との共演もあります。詳しくは「HBCプレスリリース」をご覧ください。
演奏旅行に参加する団員たちは通常練習と並行してウィーン用の楽曲も練習しています。HBCジュニアオーケストラはウィーン楽友協会で過去3回演奏していますが、毎回、緊張とそれ以上の感動を経験し、参加したどの団員も「一生の宝物になった」と語っています。今回はどんな演奏会になるのか…帰国後の報告を楽しみに待っていてくださいね。

ウィーン行きを前に熱が入る練習(HBCテレビスタジオ・3月4日)

【HBCプレスリリースへ】