オーケストラ画像

HBCジュニアオ-ケストラ

創立:1964年(昭和39年)11月21日

新着情報

団員募集のおしらせ

ヴィオラ、コントラバス、オーボエ、クラリネット、ホルン、トランペット 募集中!
【詳細はこちら】

HBCジュニアオーケストラでは現在、ヴィオラ、コントラバス、オーボエ、クラリネット、ホルン、トランペットを演奏できる新団員を募集しています。
練習の見学、入団希望がありましたら、事務局(TEL:011-232-5842)までお問い合わせください。
(※お問い合わせ受付:日~木 10時~17時 祝日はお休みです)

TOPICS

盛沢山のコンサート報告

★ジョイントコンサート(6月22日 札幌大谷大学記念ホール)
ドイツ・シュトゥットガルト音楽学校とジョイントコンサートを行いました。それぞれの演奏を披露した後、合同でベートーヴェンの「運命」第1楽章とエルガーの「威風堂々」を披露。会場は立ち見が出るほど大盛況でした。コンサート後の懇親会で団員たちは、笑顔と英語とスマホのカメラで国際交流し、ジュニオケにとって貴重な体験となりました。

笑顔で感動のフィナーレ

"音楽は世界共通語"

★さわやかサマーコンサート(7月21日 札幌市南区民センター)
札幌市南区民センターで行ったコンサートでは創立55周年を記念して作ったポロシャツを着て演奏しました。団員たちによるオーケストラの楽器紹介コ-ナーや指揮者・阿部博光先生の楽曲解説も好評で、訪れた大勢の人たちに楽しい時間を過ごしてもらいました。

衣装も演奏もさわやか…

楽器紹介コーナーではサンサンブルを披露

★オホーツクツアー2019(7月28日~31日 網走市・斜里町)
創立55周年を記念して3泊4日のオホーツク演奏旅行を実施しました。網走市と斜里町でコンサートを開催し、有名なクラシックの楽曲や映画音楽の数々を披露。ジュニオケの音をオホーツクの空に響かせました。網走監獄や世界自然遺産の知床も観光し、野生のクマとも遭遇しました。サマコンに向け英気を養いました。

暑かったけど楽しかった網走公演

知床観光も満喫

★2019サマーコンサート(8月11日 札幌コンサートホールKitara大ホール)
"長いロード"の締めくくりは定期演奏会のサマーコンサート。今年のゲストは、ジュニオケ卒団生で九州交響楽団トロンボーン首席奏者の髙井郁花さん。髙井さんと団員たちがダヴィッドの「トロンボーンのための小協奏曲」やショスタコーヴィチの「交響曲第5番」などを演奏しました。1500人を超える観客からの鳴りやまない温かい拍手は、団員たちへの"最高の贈り物"となりました。来ていただいた皆様に感謝申し上げます。
コンサートの模様は9月22日(日)26時50分から1時間番組としてHBCテレビで放送予定です。

演奏者全員で記念撮影

ゲストの髙井さんと団員たちが熱演

TOPICS

創立55周年記念リーフレット発行

HBCジュニアオーケストラは、創立55周年を記念してリーフレットを発行しました。リーフレットには、活動内容や55年のあゆみ、そして、定期演奏会の「サマーコンサート」で演奏した曲目や指揮者・講師の紹介などを掲載しています。表紙には55周年の記念ロゴをデザインしました。 このリーフレットはHBCのロビーに置いています。また、道内の学校や文化施設などに配布する予定です。

HBCジュニアオーケストラは1964年に北海道放送が設立し、今年11月21日に55周年を迎えます。幅広いコンサート活動や優れた演奏家が数多く輩出していることなどが評価され、これまでに北海道文化賞や札幌市民芸術祭奨励賞、地域文化功労者表彰(文化庁)などを受賞しています。海外公演もこれまでに6回実施していて、去年3月にはオーストリアのウィーンを訪問し、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートで知られるウィーン楽友協会などで演奏を披露しました。