野口観光特別協賛 平成29年度 北海道文化塾 札幌~人生に豊かな彩どりを添える珠玉の語り~野口観光特別協賛 平成29年度 北海道文化塾 札幌~人生に豊かな彩どりを添える珠玉の語り~

入塾受付中!
申し込み専用電話・011-272-6141、または申し込みフォームから

「講師プロフィール&講演テーマ」

松坂 慶子さん

第1回 4月15日(土)

松坂 慶子さん

女優

女優人生
~その時々の風に吹かれて~

東京都出身。1970年映画デビュー。「事件」('78)「青春の門」「男はつらいよ浪速の恋の寅次郎」('81)「蒲田行進曲」('82)で日本アカデミー賞最優秀主演女優賞ほか数多くの賞に輝く。「死の棘」('90)はカンヌ映画祭グランプリを受賞。近年の主な作品は、NHK大河ドラマ「篤姫」('08) 映画「大阪ハムレット」「ホノカアボーイ」('09)「ベトナムの風に吹かれて」('15)「空海-KUKAI-」('18公開予定)等。2009年紫綬褒章受章。

井村 雅代さん

第2回 5月4日(木・祝)

井村 雅代さん

一般社団法人井村シンクロクラブ代表理事・シンクロナイズドスイミング日本代表ヘッドコーチ

結果を出す力
~愛があるなら叱りなさい~

大阪府出身。天理大学体育学部卒業。元大阪市中学教諭。10年間のシンクロナイズドスイミングの選手を経て、1974年よりコーチを務める。78年から日本代表コーチも務め、85年には井村シンクロクラブを設立。シンクロナイズドスイミングがオリンピック種目になってから、9大会連続メダル獲得を成し遂げ、立花美哉や武田美保をはじめ、多くのオリンピック選手を育てている。北京五輪では中国代表コーチを務め、中国シンクロ初のメダル獲得に導き、ロンドン五輪では中国初となるデュエットでのメダル獲得も導いた。アメリカ、カナダ、韓国、スペイン等の国に講師として招かれ13年5月から7月の世界選手権までイギリスにコーチとしてわずか2ヶ月の指導で好成績を収めた。14年4月からは日本代表チームに復帰し、16年リオ五輪ではデュエットが2大会ぶり、チームでは3大会ぶりのメダルをもたらした。

竹中 平蔵さん

第3回 5月21日(日)

竹中 平蔵さん

東洋大学教授
慶應義塾大学名誉教授

激動の世界経済と日本経済
~あなたの未来に起こる事~

1951年、和歌山市生まれ。慶應義塾大学名誉教授、東洋大学教授。博士(経済学)。一橋大学経済学部卒業後、73年日本開発銀行入行、81年に退職後、ハーバード大学客員准教授、慶應義塾大学総合政策部教授などを務める。01 年、小泉内閣の経済財政政策担当大臣就任を皮切りに金融担当大臣、郵政民営化担当大臣、総務大臣などを歴任。04年参議院議員に当選。06年9月、参議院議員を辞職し政界を引退、ほか公益社団法人日本経済研究センター研究顕問、アカデミーヒルズ理事長、(株)パソナグループ取締役会長、オリックス(株)社外取締役、SBIホールディングス(株)社外取締役などを兼職。

高田 明さん

第4回 6月17日(土)

高田 明さん

(株)ジャパネットたかた創業者

夢持ち続け日々精進
~伝える事の大切さ~

1948年長崎県生まれ。大阪経済大学卒業後、機械製造メーカーヘ就職し通訳として海外駐在を経験。74年に父親が経営するカメラ店へ入社。86年「(株)たかた」として分離独立。99年に現社名へ変更。90年にラジオでショッピングを行ったのを機に全国ヘネットワークを広げ、その後テレビ、チラシ・ カタログなどの紙媒体、インターネットや携帯サイトなどでの通販事業を展開。12年には、新たな拠点として東京にオフィスとテレビスタジオを開設する。15年1月に「(株)ジャパネットたかた」の代表を退任し、同時に「(株)A and Live」を設立。著書「伝えることから始めよう」(東洋経済新報社)

假屋崎 省吾さん

第5回 7月1日(土)

假屋崎 省吾さん

華道家

花から始まるライフスタイル
~花は心のビタミンです~

Kariyazaki Flower Professional Education School主宰。「美を紡ぎだす手を持つ人」と評され、清物やガラス器のデザインおよびプロデュースをはじめ、花と建物のコラボレートとなる個展“歴史的建築物に挑む”シリーズも開催。世界各国で個展やデモンストレーションを開催し、海外でも目覚ましい活動を展開している。その他、ボランティア活動の一環として、花育や、少子化問題など、地域活性を促す社会活動にも積極的に取り組んでいる。2017年、華道歴35周年を迎え、益々活躍の場を広げている。HBCテレビ「金スマ」(毎週金曜日21:00~)「プレバト」(毎週木曜日19:00~)に出演中。
假屋崎省吾オフィシャルサイト
http://kariyazaki.jp/
假屋崎省吾オフィシャルブログ
http://ameblo.jp/kariyazakishogo/

ペギー葉山さん

第6回8月5日(土)

ペギー葉山さん

歌手・日本歌手協会名誉会長

いつまでも「歌い手」として生きていく
~ひとりでも心丈夫に生きるコツ~

1933年東京都出身。52年青山学院女子高等部在学中にジャズ歌手として活動をスタートし、卒業後「ドミノ」「火の接吻」でレコードデビュー。59年発表した「南国土佐を後にして」が100万枚を超える大ヒット。日米修好百年祭に日本人代表として招かれる。この際にミュージカル「サウンド・オブ・ミュージック」を鑑賞。帰国後、自身の作詞で劇中歌「ドレミの歌」を紹介。66年「学生時代」「ドレミの歌」がヒット。NHK 紅白歌合戦紅組の司会を担当。93年芸術選奨文部大臣賞受賞。95年紫綬褒章受章。04年旭日小綬章受章。12年日本レコード大賞特別賞受賞。14年日本歌手協会名誉会長。15年日本放送協会放送文化賞受賞。今年、歌手生活65周年を迎える。

近藤 誠さん

第7回 9月16日(土)

近藤 誠さん

医師・近藤誠がん研究所所長

セカンドオピニオンのすすめ
~医者と薬を遠ざけて元気に長生きする方法~

1948年東京生まれ。73年慶應義塾大学医学部卒業後、同大学医学部放射線科入局。79~80年米国へ留学、医師として働く。83年より同大学医学部放射線科講師。14年3月同大学医学部を定年退職。日本ではまったく行われていなかった乳がんの乳房温存療法のパイオニアとして普及に努め、抗がん剤の毒性等について啓蒙を続けてきた功績をたたえられ12年第60回菊池寛賞受賞。13年「近藤誠がん研究所・セカンドオピニオン外来」設立。昨年1年間で2000組以上の相談を受け、病気で悩む方が少しでも健やかに長生きできるよう治療方法の提案をしている。100万部突破ベストセラー『医者に殺されない47の心得』(アスコム)他著書多数。

浅田 次郎さん(写真撮影・森 清)

第8回 10月16日(月)

浅田 次郎さん

作家・日本ペンクラブ会長

時代小説の基礎知識

1951年東京都に生まれる。95年『地下鉄(メトロ)に乗って』で第16回吉川英治文学新人賞、97年『鉄道員(ぽっぼや)』で第117回直木賞、2000年『壬生義土伝』で第13回柴田錬三郎賞、06年「お腹召しませ』で第1回中央公論文芸賞、第10回司馬遼太郎賞、08年『中原の虹Jで第42回吉川英治文学賞、10年「終わらざる夏』で第64回毎日出版文化賞、17年『帰郷Jで第43回大佛次郎賞を受賞。15年紫綬褒章受章。近著は『天子蒙塵(第1巻・第2巻)』(講談社)。多彩な作風で多くの読者を魅了し続けている。

加藤 諦三さん

第9回 12月2日(土)

加藤 諦三さん

社会学者
作家・早稲田大学名誉教授

家族が幸せになる心理学
~事実は心にどう影響するか~

1938年東京生まれ。東京大学教擬学部教養学科卒業、同大学院社会学研究科修士課程修了。東京都青少年問題協議会副会長10年歴任。
09年東京都功労者表彰。16年瑞宝中綬章受章。現在、早稲田大学名誉教授、ハーバード大学ライシャワー研究所客員研究員、日本精神衛生学会顛問、早稲田大学エクステンションセンター講師。社会心理学に関する著害多数。パーソナリティを40年以上つとめるHBCラジオ「テレフォン人生相談」(平日11:05~、土曜日11:00~)に出演中。
加藤 諦三ホームページ
http://www.katotaizo.com

谷川 俊太郎さん(C)深堀瑞穂&沢 知恵さん(C)平賀正明

第10回 1月14日(日)

谷川 俊太郎さん&沢 知恵さん

詩人/歌手

谷川俊太郎の世界
~沢知恵 谷川俊太郎を歌う~

【谷川 俊太郎】1931年東京生まれ。52年処女詩集「二十億年の孤独」を発表。以降、絵本、童誌翻訳、作詞など多岐にわたる活動をしている。62年「月火水木金土日のうた」で日本レコード大賞作詞賞、82年「日々の地図」で読売文学賞、93年「世間知ラズ」で萩原朔太郎賞、05年「シャガールと木の葉」で毎日芸術賞など賞?著書多数。近年では、詩を釣るiPhoneアプリ「谷川」や、郵便で詩を送る「ポエメール」など、詩の可能性を広げる新たな試みにも挑戦している。

【沢 知恵】1971年神奈川県生まれ。日本、韓国、アメリカで育つ。91年東京芸術大学理科在学中に歌手デビュー 。第40回日本レコード大賞アジア音楽賞受賞。代表曲〈こころ〉は多くの歌手がカバーしている。〈谷川俊太郎をうたう〉など27枚のアルバムを発表。ハンセン療養所、災害被災地、少年院など全国でピアノ弾き語りコンサートを展開している。
沢 知恵オフィシャルサイト
http://www.comoesta.co.jp

「概要」

期間

平成29年4月~平成30年1月まで

講演

10回開講(14:00~15:30)
※単発受講は受け付けておりません。
※毎回15:30終了ですが、サイン会等を実施する場合16:00終了となります。

会場

わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
[住所:札幌市中央区北1条西1丁目]

交通障害や天候状態、講師の健康上の理由等やむを得ぬ事情で講師が欠席の場合、急遽講師及び当日の講演テーマや内容の変更、または休講となる場合があります。あらかじめご了承下さい。

「募集要項」

入塾受付開始日

平成29年2月20日(月)より

募集人数

定員になり次第、締め切らせていただきます。

入塾資格

北海道にお住まいで、受講可能な方であれば年齢・性別・学歴・職業を問いません。
(幼児・小学生・中学生を除く)

入塾方法

[お電話で]
申込専用電話(011-272-6141)で受講番号を受け、受講料をお申し込みから1週間以内にお支払い下さい。ご入金確認後、受講カードを4月7日必着で郵送いたします。

[インターネットで]
専用申し込みフォームに必要事項をご記入の上、送信下さい。
こちらからお申込後8日以内に、事務局から原則メールにて受講番号やお手続きのご説明をご連絡いたします。受付番号を受けた後、受講料をお支払い下さい。ご入金確認後、受講カードを4月7日必着で郵送いたします。
※お申込後8日以内メールが届かなかった場合は、専用電話番号(011-272-6141)までご連絡ください。
※お使いの端末でメールフィルターを設定の方は、@hbc.co.jpのドメインを受信可能指定にして下さい。

申し込みフォームへ

入塾金

1名あたり2,000円(消費税含)
※継続塾生は不要

受講料

料金は消費税込みです。
※中途退塾による受講費用の返金は行いません。
※家族3人以上の料金についてはご相談下さい。

  個人塾生
(一名記名)
家族・夫婦塾生
(二名記名)
法人塾生
(無記名)
入塾金 2,000円 4,000円 2,000円
受講料 20,000円 38,000円 30,000円
合計 22,000円 42,000円 32,000円

受講料入金先

受付番号を受けた後、下記宛にご入金下さい

ご入金の際、郵便局備え付けの払込取扱用紙(青色)の通信欄に必ず緊急時の連絡先(TEL・FAX・E-mailアドレス等)をご記入の上、お振込みください。

最寄りの郵便局から郵便振替
口座番号 (0)2730-4-62470
(加入者名 北海道放送)

※個人情報の取り扱いについて
ご提供いただく個人情報は、法令に定めのある場合をのぞいて、ご本人の事前のご承諾がない限り、 提供された目的以外の用途にこれを使用いたしません。