『2021 HBCカップジャンプ』1月11日(月・祝)ごご2時55分放送

番組スペシャルゲスト:小坂菜緒(日向坂46)

小坂菜緒プロフィール

日本のアイドル界を牽引する存在として注目されている日向坂46のメンバー(2期生)。1stシングル「キュン」から4作連続でセンターを務め、2ndシングルの「ドレミソラシド」で2019年の「第61回日本レコード大賞」優秀作品賞を受賞、『NHK紅白歌合戦』には2019年以降2年連続で出演。

小坂菜緒コメント

実際のジャンプ競技を間近で見るのは初めてなので、今から興奮しています。
私と同世代の若い選手もたくさん活躍されていて、本当にカッコイイなと思います。今回は選手の飛行姿勢や細かな身体の使い方などに注目して、拝見させていただきたいと思っています。

ヒノマルソウル 〜舞台裏の英雄たち〜

2021年5月に公開される映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~」は、1998年長野五輪スキージャンプ・ラージヒル団体での大逆転金メダル獲得を陰で支えた25人のテストジャンパーたちの知られざる物語を映画化した感動の実話。テストジャンパーたちを率いるリレハンメル五輪の銀メダリスト・西方仁也を田中圭が演じるほか、土屋太鳳、山田裕貴など豪華キャストが出演、小坂は唯一の女子高校生テストジャンパーだった、実在の選手をモデルにした小林賀子を演じる。
◎公式サイト:https://hinomaru-soul.jp/

2021年若きジャンパーたちの挑戦 オリンピックと同じ採点方式で「世界基準」の大会としてスタート

札幌・冬の風物詩「スキー・ジャンプ」が開幕。コロナ禍のためさまざまなスポーツ大会の中止や延期が相次ぐなか、国内の選手たちにとっては貴重な実戦の場だ。栄冠を目指し、次世代のニューヒーローやヒロインたちが繰り広げるビッグジャンプに期待が高まる。
2030年の冬季五輪・パラリンピック招致に向け、札幌市は「第63回HBCカップジャンプ競技会」の会場となる大倉山ジャンプ競技場を改修。これに合わせ、今大会から競技の採点方式をオリンピックやワールドカップと同様に変更、競技方式も2回のジャンプの合計ポイントで順位を競う世界共通ルールを採用した。「世界基準」の大会として生まれ変わった「HBCカップジャンプ」として、新たな歴史を刻む。
解説には長野五輪金メダリストの原田雅彦さん、そして映画「ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち〜」で日向坂46・小坂菜緒が演じるテストジャンパーのモデルとなった実在の選手・吉泉賀子さん(旧姓・葛西)もゲスト出演し、ジャンプ競技や映画の裏話を交えながら、視聴者に近い目線でジャンプ競技の魅力を伝える。

出演者

【特別ゲスト】
小坂菜緒(日向坂46)
【ゲスト】
吉泉賀子(元女子スキージャンプ選手/長野五輪テストジャンパー)
【解説】
原田雅彦(長野五輪ジャンプ団体金メダリスト)
【実況】
川畑恒一(HBCアナウンサー)
【リポーター】
渕上紘行(HBCアナウンサー)

提供

ほか

大会概要

大会名称

全日本スキー連盟A級公認 第63回HBCカップジャンプ ラージヒル(HS137)

開催日

2021年1月11日(月・祝)

開催場所

大倉山ジャンプ競技場(札幌市中央区宮の森1274)

実施要領

●国旗掲揚:午前8時30分
●試技開始:午前9時00分
●競技開始:午前10時00分
●閉会ならびに表彰:競技終了後(競技場ブレーキングトラック)
※競技は、男子組については、競技1本目の成績上位30位および転倒・不転倒にかかわらず、飛距離がその回の最長距離の95%を超えた者を加え、1本目の成績逆順で競技2本目をスタートさせる。女子組については出場者全員で競技2本目を行う。この要項に定めた以外は全日本スキー連盟競技規則による。

入場料(当日券)

●高校生以上:1000円
●シニア(65歳以上の方):500円 ※年齢の確認できるものをご持参下さい
●中学生以下:無料
※入場料の詳細については、札幌スキー連盟(電話:011-221-1661)まで

無料招待券 配布中!

下記のいずれかの場所で配布しています。
【HBC本社受付】
※土・日・祝日は守衛室で配布しています。なお、枚数に限りがあります。
【ホームページ】
PDFファイルをダウンロードし、印刷してご持参ください。
ダウンロードはこちらから

会場へのアクセス

地下鉄円山公園駅 ↔ 競技場・JRバス路線増発便運行(有料)
※マイカーでのご来場はご遠慮下さい。
●バス料金:大人 210円 / 小人 110円
(乗継券・SAPICAもご利用できます)
●バス運行時間:往路 8時30分~11時00分 / 復路 競技終了後随時

主催・公認・後援・協賛

●主催:(公財)札幌スキー連盟、(公財)北海道スキー連盟
●公認:(公財)全日本スキー連盟
●後援:北海道、札幌市、(株)札幌振興公社
●協賛:北海道放送(株)

お問い合せ

●札幌スキー連盟事務局
電話:011-221-1661
業務時間:10時00分~17時00分(12時30分~13時00分 昼休)
休日:土・日・祝祭日
●HBC事業部
電話:011-232-5826
業務時間:10時00分~17時00分(12時00分~13時00分 昼休)
休日:土・日・祝祭日