オフィスキュー×札響 新しい時代を生きる新しい音楽が生まれる交響曲第CUE番 ともに生きよう

2020年8月22日(土)ごご4時00分放送

出演者

TEAM NACS
札幌交響楽団

見どころ

2020年、全世界を襲った新型コロナウイルスは多くの命と同時に人間の様々な営みも奪っていきました。その中でも深刻なのが芸術やエンターテインメントの分野です。
アーティストと観客はその共感共有の場を失ってしまいました。北海道に根付きながら高い芸術性を誇るオーケストラ、札幌交響楽団そして北海道で生まれ全国に進出、社会現象まで生んだTEAM NACSらのタレントを擁するクリエイティブオフィスキュー。
北の地で共に生まれ育ったこの二つのアーティスト集団が手を組み、この不幸な時代を打ち破ろうと一つの曲を世に放ちます。

番組内容

クリエイティブオフィスキューのTEAM NACSリーダー森崎博之がイベントのために作詞作曲した「ともに生きよう」。コロナの影響でイベントが延期され、これまで大泉洋らがリモート収録で歌って公開していました。しかしオフィスキューは同じく演奏の場を失い、困窮している札幌交響楽団とともにオーケストラバージョンを作り、ジャンルを越えたそれぞれの観客に音楽の力を届けようと決意します。
そして夏の日、これまでリモートでしか本番の演奏ができなかった35名の札響の団員、そして森崎博之がホールに集まって来ました。札響版の「ともに生きよう」の収録です。五か月ぶりの本格的なオーケストラの演奏に挑む団員の思いは?奏でられる楽器はどんな音色を響かせるのでしょうか?そして大泉洋らの歌声とどう合体することになるのでしょうか?
オフィスキューと札幌交響楽団。その黎明期からの貴重な映像を交え、双方が交わった歴史も紐解きながら、コロナの時代に打ち克とうとする新しい音楽が生まれる瞬間をカメラが追います。

札幌交響楽団応援企画「ともに生きよう」プロジェクトはこちらから
CREATIVE OFFICE CUE

企画協力

CREATIVE OFFICE CUE