『ハロー!J-POP 音タク』日曜13時30分放送

About OTOTAKU

ついに3rdシーズンに突入!
1975年頃~2010年頃までのJ-POPを中心に、当時のヒットチャートを賑わしたシングル曲、アルバムの中の隠れた名曲、
「あ~そんな曲あった!」と思わず身をよじる懐かしい曲まで、時代を超えて愛されるいい音(音楽)たくさんお届けします!

16時台コーナー音タクベストテン

過去のヒット曲を今の気分で味わう『音タクベストテン』。1975年~2010年頃までのヒット曲の中から年代の枠を超えて、今聞きたい、この季節に聞きたい曲を番組が勝手にランキング!どんなランキングができるかは、その時の番組とリスナーの気分次第?

11月29日のランキング

1位 世界中の誰よりきっと中山美穂&WANDS
2位 異邦人久保田早紀
3位 ガンダーラゴダイゴ
4位 Tomorrow never knowsMr.Children
5位 逢いたくていまMISIA
6位 ff(フォルティシモ)HOUND DOG
7位 KISSしてKOH+
8位 悪女中島みゆき
9位 ほっとけないよ楠瀬誠志郎
10位 なんてったってアイドル小泉今日子

音タクベストテン 参加方法

今回のランキングや音タクベスト10制作委員会がピックアップした過去のヒット曲を参考に、この時期に聴きたい曲、音タクベストテンにランクインさせたい曲をメールやFAXでリクエストしてください。皆さんのご参加お待ちしています。

次回の参考曲は‥‥

  • SACHIKO/ばんばひろふみ
  • セーラー服と機関銃/薬師丸ひろ子
  • 恋の予感/安全地帯
  • 雪にかいたLOVE LETTER/菊池桃子
  • クリスマスキャロルの頃には/稲垣潤一
  • DEAR...again/広瀬香美
  • 幸せな結末/大滝詠一
  • すてきなホリデイ/竹内まりや
  • 柊/Do As Infinity
  • 粉雪/レミオロメン
バックナンバーはこちら

14時台コーナー音タク名盤アワー

毎週1枚のアルバムにスポットを当て、曲とともにその魅力やエピソードを紹介します。

11月29日の1枚

「バンザイ」ウルフルズ
1996年1月24日リリース 3枚目のアルバム。前年(1995年)12月にリリースしたシングル「ガッツだぜ!!」のヒットで、一躍大ブレイクを果たしたウルフルズ。このアルバムはオリコン1位を獲得、ミリオンセラーを記録した。

オンエア曲

  • ガッツだぜ!!
  • あの夏の花火
  • 大阪ストラット(フルサイズ・アルバム・ヴァージョン)
  • ダメなものはダメ
  • 泣きたくないのに
  • バンザイ 〜好きでよかった〜
バックナンバーはこちら

14時台コーナー
卓田の「これ聴いてみればいいっしょ」

卓田アナが個人的におすすめする今週の1曲。どんな曲がかかるのか、お楽しみに。

11月29日の1曲

「太陽手に月は心の両手に」UA(1996年)

卓田のひとこと

UAはこの曲で初のオリコントプ100入り…と言っても99位に1週ランクインしただけでしたが、個人的には非常に印象的な曲でした。その大きな理由のひとつが、この曲の作曲・プロデュースを手掛けたのが、日本のストリートシーンを牽引してきた知る人ぞ知る、藤原ヒロシさんであるということ。藤原さんは、私がDJを始めた大学時代の1980年代後半にDJとしてクラブシーンで活躍していて、まだマイナーだったヒップホップやハウスを広めたり、昔のソウルやファンクの隠れた名曲を発掘する、いわゆるレア・グルーヴという音楽などを日本に広めたり、日本人で初めてスクラッチという技を披露したり、当時アンダーグラウンドの世界ではカリスマ的存在でした。それまでトーク中心のラジオ系DJをやっていた私は、彼らの影響で、クラブDJの世界にも興味を持つようになり、バイト代を貯めてターンテーブル2台とDJミキサーを買い、西麻布のクラブで行われたDJコンテストに友人とコンビを組んで出場した思い出もあります。その藤原さんがプロデュースを手掛けたのがUA。…ということで、個人的に印象的な1曲となっています。

バックナンバーはこちら

14時台コーナーシチュエーション大作戦

こんな時、こんなシチュエーションであなたの脳裏に浮かぶ曲は何?例えば、「遅刻だー!と思い会社に急いで行ったら休みだった時」とか、「餃子300個を一人で黙々と作っている時」など、あなたの日常の何気ないシーン、あるいは思いもかけないシチュエーションで浮かんでくる曲やフレーズを大募集。

15時台コーナー3時のリクエスト

3時台はリスナーのリクエストをどんどんおかけします!1975年頃~2010年頃のJ-POPを当時の思い出や、何気ないメッセージと一緒に送ってください。