今日ドキッ!トークライブ こちらHBC報道

第4回「"世界がまだ見ぬ夢の球場へ"現状と課題を考える」

「今日ドキッ!トークライブ こちらHBC報道部」の延期のお知らせ

HBCでは、新型コロナウィルスの感染拡大を受けて、来場者および関係者の健康・安全面を第一に考慮した結果、22日(土)開催の「世界がまだ見ぬ夢の球場へ」は延期することにいたしました。

ご来場を予定されていたお客様には、大変ご迷惑をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。

なお感染状況を慎重に見極めたうえで、改めて開催時期を調整し、日時が決まりしだいホームページ等でお知らせいたします。何卒ご了承ください。

今日ドキッ!トークライブ こちらHBC報道部 とは

取材に基づいた確かな情報と、有識者の解説をもとに地域課題を考えるトークライブ。
会場では記者が放送で伝えきれなかった部分も含め、取材現場で見て聞いて感じたものを視聴者と共有します。また道民の喜怒哀楽に共感したり、時には見たくもない現実に光を当てたりしながら、今、北海道で起きていることの真相に迫ります。

今回のテーマ「"世界がまだ見ぬ夢の球場へ"現状と課題を考える」

2004年に本拠地を札幌ドームに移してから"道民球団"として定着した北海道日本ハムファイターズ。今や観客動員200万人を誇る球界屈指の人気球団です。そのファイターズが打ち出したボールパーク構想は、"世界がまだ見ぬ夢の球場へ"というスローガンのもと、野球ファンだけでなく「地域創生」という視点でも道内外から多くの関心を集めています。
そこで今回のトークライブでは、この春ボールパークの建設工事が本格化するのを踏まえ、球団幹部が"夢の球場"の現状と課題を語ります。ボールパークに描く球団の夢やチームの未来予想図、またシーズンオフにはどんな賑わいを創出させるのかなど、新たな挑戦の意義と克服すべき課題解決の道筋を道民と共有します。

トークテーマ

・新球場の計画概要・野球観戦以外の楽しみ方やシーズンオフの賑わい創出

・交通アクセスの打開策・球団が目指す未来予想図・来場者からの質疑応答 など

お問い合わせ

〒060-8501 札幌市中央区北1条西5丁目
HBC北海道放送株式会社 編成局テレビ編成部
電話:011-232-5862(午前10時~午後5時・土日祝日を除く)