北海道のニュースNews

アイコン北海道のニュースHokkaido News

先月から44回もクマが出没 ハンターを出せずに悩む小さな村 北海道島牧村

05月22日(金) 19時50分 更新

05月22日(金) 19時50分 更新 [今日ドキッ!で放送]

 おととし、クマの出没が相次いだ後志の島牧村。先月以降もクマの出没が相次いでいますが、猟友会が出動できない状態です。

 島牧村では、先月から21日までに、クマの出没情報が44件と、去年のおよそ10倍にものぼっています。しかし、猟友会は一度も出動していません。
 原因は、おととしの夏、2か月間にわたって住宅地にクマが出没したとき、1000万円を越えた報奨金の問題です。議会は新たな条例を作りましたが、村と猟友会の間で話し合いがまとまらず、出動を要請できない状態が続いています。村長は、住民や警察、猟友会と協力するための、新しい枠組みづくりを構想しています。

 「協議会を立ち上げたいと思ってる。組織体というか、それぞれがどういうかたちでどうヒグマと向き合っていくか、万が一も想定して、みんなが安心できるかたちにしたい」(島牧村・藤澤克村長)

 村長は、「猟友会の協力は欠かせない」として、関係の修復を急ぎたい考えです。

その他のニュースHokkaido News