北海道のニュースNews

アイコン北海道のニュースHokkaido News

同じ中学の教師と生徒で“性的関係”から30年以上経て、現金300万円渡した後も恐喝…“千枚通し”で殺人未遂、75歳の男に懲役6年の求刑

2024年05月15日(水) 21時48分 更新

検察庁に身柄を送られる野澤被告(去年9月 室蘭警察署)
検察庁に身柄を送られる野澤被告(去年9月 室蘭警察署)

 去年9月、北海道室蘭市で、教え子だった49歳の女ら2人を千枚通しで刺し、殺害しようとした罪に問われている75歳の元教諭の裁判…検察が懲役6年を求刑したのに対し、弁護人は執行猶予付きの刑を求めました。判決は、17日に言い渡されます。

 起訴状などによりますと、元教諭の野澤俊重(とししげ)被告75歳は、室蘭市在住だった去年9月、当時の自宅前の路上で、教え子だった49歳と46歳の女2人を千枚通しで刺し、殺害しようとした罪に問われています。

検察庁に身柄を送られる野澤被告(去年9月 室蘭警察署)
 49歳の女は中学生と高校生の時、中学時代の教諭だった野澤被告と性的関係で、その関係をめぐり、30年以上経った2021年10月、46歳の友人と共謀し、野澤被告から現金300万円を脅し取りました。

犯行時の野澤被告の自宅(室蘭市)
 さらに去年9月、再び女2人で現金を要求した際、野澤被告に千枚通しで刺され、恐喝と恐喝未遂の罪が発覚。

野澤敏重被告、廷内スケッチ(13日 札幌地裁)
 2月16日午前の判決公判で、札幌地裁室蘭支部は49歳の女に「過去の性的関係を利用し、300万円脅し取るのは高額で、1時間半にも渡って脅迫、その2年後、また行ったことは、執拗で悪質」と指摘した一方で「野澤被告の昔の行為がこの事件を招いたのは否定できない」とし、懲役3年、執行猶予5年の有罪判決。
 
「バレたら全国ニュースだね。先生も奥さんも、ここにいられないね」
 46歳の友人にも「49歳の被告に巻き込まれたとも言えるが、積極性があり、実刑も視野に入るべきと判断」として、懲役2年、執行猶予4年の有罪判決を言い渡しました。

「もう逃げられない、この苦しみから逃れられない」と思い、台所の千枚通しを手に犯行
 その後、殺人未遂の罪に問われた野澤被告の裁判員裁判が13日午前、札幌地裁で始まり、野澤被告は起訴内容を認めた上で、犯行時の心境について、くり返し恐喝されて「もう逃げられない、この苦しみから逃れられない」などと話していました。 

野澤敏重被告、廷内スケッチ(13日 札幌地裁)
 検察は15日の公判で「被告は2人に抵抗されても刺し続けていて、強固な殺意があった」と指摘した上で「被害者の落ち度は否定できないが、警察に相談することなく殺害しようとした動機は短絡的」と非難し、懲役6年を求刑。

事件現場(室蘭市)
 一方、弁護人は「被告は被害者にくり返し脅迫され、追い詰められていて、酌量すべき事情がある。示談も成立している」と主張し、懲役3年、かつ、執行猶予付きの判決を求めました。

事件現場(室蘭市)
 判決は、17日に言い渡されます。