北海道のニュースNews

アイコン北海道のニュースHokkaido News

ダウンジャケット盗み、従業員の顔を殴るなどして逃走の男…事件発生から2週間余りで逮捕も「身に覚えがない」と否認

2021年11月15日(月) 10時00分 更新

事件があった札幌市北区のスーパースポーツゼビオ札幌太平店
事件があった札幌市北区のスーパースポーツゼビオ札幌太平店

 今月4日、札幌市北区のスポーツ用品店でダウンジャケットを盗み、従業員を殴ってケガをさせたとして23歳の男が逮捕されました。

 強盗傷害の疑いで逮捕されたのは、住所不定・無職の山田翔馬(しょうま)容疑者23歳です。山田容疑者は4日午後7時15分ごろ、札幌市北区の「スーパースポーツゼビオ札幌太平店」で、ダウンジャケット1着(販売価格6万8200円)を盗み、気づいて追いかけてきた男性従業員の顔を殴るなどして軽傷を負わせ、逃走した疑いが持たれています。
 山田容疑者は盗んだダウンジャケットを現場に置き去り、車で逃走していましたが、警察は防犯カメラや聴き込みなどで山田容疑者を割り出していて、14日夜、山田容疑者がトラブルを起こしたところで発見、事件発生から2週間余りの15日午前、逮捕しました。
 取り調べに対して山田容疑者は「身に覚えがない」などと話し、容疑を否認しています。警察は引き続き経緯などを詳しく調べ、容疑の裏づけをすすめています。


11月15日(月)午前10時00分配信

その他のニュースHokkaido News