北海道のニュースNews

アイコン北海道のニュースHokkaido News

中心部と高速道路を結ぶ「都心アクセス道路」 初の住民説明会 北海道札幌市

09月08日(火) 15時50分 更新

09月08日(火) 15時50分 更新 [今日ドキッ!で放送]

 札幌の中心部と札樽自動車道を地下でつなぐ「都心アクセス道路」について、8日、初めての住民説明会が開かれました。

 「都心アクセス道路」は、札幌の中心部と札樽自動車道を結ぶ計画で、高架案や道路の拡張案など4つの案が検討されてきましたが、ことし3月、創成川通の地下に道路を通す案に決まりました。このため、札幌市は「都心アクセス道路」沿いの住民への説明会を、8日から始めました。
 決定した「地下整備案」は「創成トンネル」と直結させ、創成川通の地下を南5条から北37条まで行き来できるようにして、途中、札樽道ともつながります。
 この整備で、これまで創成川通の渋滞時の車の平均速度が、時速19キロだったのが46キロになり、交通渋滞の大幅な緩和が期待されています。

その他のニュースHokkaido News