北海道のニュースNews

アイコン北海道のニュースHokkaido News

頭や顔に傷の男性の変死体、近くには猟銃も…クマに襲われた可能性あり、付近で目撃情報相次ぐ 北海道夕張市

2021年11月26日(金) 08時45分 更新

50代男性とみられる遺体が見つかった現場付近、赤円は男性の車
50代男性とみられる遺体が見つかった現場付近、赤円は男性の車

 25日午後、北海道夕張市の山林で、家族から捜索願いが出ていた50代の男性とみられる変死体が見つかりました。現場付近ではクマの目撃情報が相次いでいて、警察はクマに襲われた可能性もあるとみて、身元や死因の特定などをすすめています。

 24日夜、江別市に住む50代の男性の家族から「家族が帰ってこない」と江別警察署に捜索願いが出されました。
 警察は、携帯電話の位置情報から、50代の男性が夕張市にいた形跡があったため、ヘリで捜索したところ、夕張市富野の山林で1台の車を発見しました。
 その後、捜査員が山林へ向かい、車から少し離れた斜面を20メートルほど下ったところで、50代の男性とみられる遺体を発見しました。車は、50代の男性のものでした。
 遺体は、頭にえぐられたような深い傷、顔や手にも引っかき傷があり、狩猟するハンターのような服装で、近くで猟銃も見つかっています。
 遺体が見つかった山林付近では、度々クマが目撃されていたということです。
 警察は男性がクマに襲われた可能性があるとみて、26日、遺体を司法解剖し、身元と死因の特定をすすめています。

男性の遺体は斜面の20メートルほど下で発見



11月26日(金)午前8時45分配信

その他のニュースHokkaido News