北海道のニュースNews

アイコン北海道のニュースHokkaido News

18日で1年…4人けがした札幌・東区のクマ出没 教訓生かし札幌市も対策強化

2022年06月17日(金) 18時25分 更新
今日ドキッ!で放送

 札幌市東区の住宅街で、4人が重軽傷を負ったクマの出没騒動から、18日で1年になります。教訓を生かした取り組みが進んでいます。

 思いもよらない事態が起きたのは去年の6月18日、金曜日の朝でした。

カメラマンの声
「いたいたいた、クマいました」

 札幌市東区の住宅街にクマが出没。

被害に遭った女性
「ふっと見たら、後ろにクマが走ってきている。襲い掛かってきて、もう、その間の記憶はない」

 4人が襲われ、重軽傷を負いました。

 市街地にクマが出没するまさかの事態に、札幌市はまず、対策委員会を立ち上げ、移動ルートの分析に取りかかりました。

札幌市 環境共生担当課 濱田敏裕 課長
「(クマは)人目につかないように、身を隠して生活しているという部分があるので、東区に侵入したときも、人間から見られないように、市街地の方に入ってきたと思う」

 専門家の分析で、クマは当別町方面から草木で身を隠しながら、川沿いに移動した可能性が高いことがわかりました。分析を受け、札幌市は対策に乗り出しました。

記者リポート
「去年6月に、クマが出没した丘珠空港近くです。こちらでは、クマの通り道をなくそうと、およそ20キロに渡って、草刈りが重点的に行われました」

 先月下旬から、東区の川沿いの広い範囲で、草刈りをしてクマが身を隠す場所をなくしました。

 このほか、札幌市の公式ラインでクマの出没情報の発信を始めました。現場に行った職員が、リアルタイムで詳しい場所や状況を発信します。

 また、市のヒグマ対策の対象地域から外れていた、4つの区を対象に加えました。

札幌市 環境共生担当課 濱田敏裕 課長
「近年、人とヒグマの距離は、どんどん近づいていると実感している。どういった場合に、どういった対応をすればいいのか、念頭に生活していただきたい」

 出没した場所の近くで、住民に聞きました。

住民
「こないだも(クマ」が)出たって聞いたので、心配。そういう時代になったのでしょうね」
「(クマ騒動から)情報を、常に気にかけなきゃダメかなと思った」

 東区のクマ出没から1年、住民も行政も、クマに対する意識が高まっているのを感じました。

 
6月17日(金)「今日ドキッ!」6時台放送