北海道のニュースNews

アイコン北海道のニュースHokkaido News

外食産業苦境…大衆食堂半田屋の運営会社倒産 新型コロナ影響 北海道札幌市 

03月24日(火) 10時50分 更新

 新型コロナウイルスの影響で、札幌で「大衆食堂半田屋」を運営していた会社が倒産しました。

 民間の信用調査会社によりますと、「セブンレストランシステム」が運営していた「半田屋」2店舗は、価格の安さや量の多さから学生などに人気でした。しかし、人手不足などに加え、新型コロナウイルスの影響で、さらに客が減ったことで、業績回復の見通しが立たなくなったということです。
 負債総額はおよそ1億3000万円です。新型コロナウイルスの影響による倒産は道内で3社目、札幌では初めてです。

その他のニュースHokkaido News