もんすけTV もんすけTVロゴ

HBC制作の番組やコンテンツを、いつでもどこでも視聴できる、動画配信サービス

HBCもんすけ調査隊

道内で急増!水回り修理をめぐるトラブル 2021年4月2日放送

【森田アナウンサー】
視聴者からの疑問や悩み、暮らしの中のハテナを調査する「HBCもんすけ調査隊」です。
きょうのテーマは「道内で相次ぐ、水回り修理をめぐるトラブル」。
50代の女性がもんすけ調査隊に「高額な金額を請求する手口を知ってほしい」とメッセージをよせてくれました。

もんすけ調査隊にトラブルの体験を寄せてくれたのは札幌の令子さんです。
洗面所には業者が修理した蛇口が残されています。
塗装は剥げ、たくさんの傷が…壁との隙間が空くなど、見るからにずさんな修理です。
水漏れが起きたのは2月5日。蛇口ハンドルのパッキンが緩み、水が漏れ出ました。令子さんは修理を頼むため業者を調べます。

【令子さん】
「パッキン交換とかいろいろ調べたが(自分で直すのは)難しそう。(インターネットで)業者を検索しました。(結果の)いちばん上に出てきて信じてしまった」

これが頼んだ業者のホームページ。
T’sグループが運営するアクアサポート24です。
「基本料金780円から」などと安い料金をうたっています。

令子さんが電話すると「パッキン交換なら3000円」「蛇口交換になると1万5000円です」との返事。30分後、30歳前後の私服姿の男性2人が自宅を訪れます。

【業者】
「これは蛇口が悪いですね。交換が必要です」

そういうと業者は水道の元栓を閉めず蛇口を取り外し、水が溢れ出てしまったといいます。
すると「水が溢れ出るのは給水管が原因だ」と言い出したということです。

【令子さん】
「(蛇口と)壁の中に入っている給水管との間隔が足りないと。2センチ。リングみたいな金具を入れるんですと。その金具を入れるだけであれば20万円だと。壁に穴をあけると30万円かかるとすごくビックリした」

業者がつくった工事請負契約書です。
防水防食施工2万5千円、給水管一部新設 20万円、これらあわせて27万円。
通常の修理では考えにくい金額が並びます。
戸惑う令子さんに業者は・・・

【令子さん】
「現金で払っていただけたら4%割引になりますという。27万円に驚きでしたがどうすることもできず払ってしまった」

道内では水回り修理トラブルに関する相談件数が急増。
先月は36件のうち25件がT’sグループが修理したものでした。
なぜこんな修理を行ったのか、業者を直撃しました。

蛇口の修理に27万円!
水回りの修理をめぐるトラブルが道内で急増しています。
工事を行った業者、T’sグループの事務所を訪ねてみると…

【調査員】
「こちらの事務所はバーチャルオフィスになっていてT’sグループは既に解約、札幌の事務所はなくなっています」

住所の提供や郵便物の転送だけする実体のない事務所、バーチャルオフィスでした。
契約書に書かれていたT’sグループの代表電話番号に電話すると…

【電話やりとり】
「(T’sグループでしょうか?)はい、どうされました?(T’sグループの何さんでしょうか?)あ、もう解散してるんで」

電話に出たのはT’sグループの関係者という男性。
トラブルについて問いただすと…

【T’sグループ関係者】
「料金は事前に口頭で言っている。業者によって値段の高い安いはある」

27万円の請求を受けた札幌市内の令子さん。
クーリング・オフを行い札幌市消費者センターがあいだに入って交渉、
ようやく2週間後、25万円が返金されました。
しかし残りの修理代金2万円と原状復帰は諦めるしかありませんでした。
水漏れはとまったものの、令子さんの怒りは止まりません。

【令子さん】
「洗濯するたびに思い出す、特に金が戻る前は洗濯するのもつらかった。いちばん困るじゃないですか水回りって。そういうところにつけこんで。怒りというか諦めというか」