吉田類北海道ぶらり街めぐり

番組内容

立ち飲みバルで乾杯!(写真)
懐かしの味…ゴールデンスパゲッティ(写真)
創業40年!琴似の老舗喫茶店にて(写真)
自然派ワイン専門店の前菜盛り(写真)
自然派ワインで乾杯!(写真)
フォークギター片手に乾杯!(写真)
お酒にぴったり!3種の塩辛(写真)
絶品!更科そば(写真)

地下鉄とJRの駅がありアクセス抜群、住宅地としても人気が高い、琴似エリアを酒場詩人・吉田類と佐藤彩アナウンサーがぶらり旅。日本酒にワイン、そばにスパゲッティ…和と洋の味わいに触れながら琴似のグルメを堪能します。

地下鉄東西線・琴似駅とJR琴似駅を結ぶ、約800メートルのメインストリート「琴似本通」を中心に栄える琴似をぶらり。はじめに2人が向かったのは、地下鉄琴似駅付近で今年創業40年を迎える老舗の喫茶店。コーヒーの香りが漂う店内では、月替わりで絵画の展示が行われ、絵画好きが集うことでも知られているのだとか。自慢の「ゴールデンスパゲッティ」の懐かいの味わいに、類さんは思わず、若き日の思い出を口にします。

昔ながらの「洋食カフェ」を出た2人は、焼き餅が味わえる「和カフェ」に立ち寄ったのち、琴似本通から少し中小路に入ったところひっそりと佇むお蕎麦屋さんへ。メインストリートをあえて避けることで、隠れ家的にしたかったという店内には、そば専門店とは思えないほど多くの日本酒が並びます。店主自慢の3種の日本酒と、北海道産のイカを使用した塩辛3種の絶妙な組み合わせに、類さんも大満足の様子。そして、「いなかそば」と「更科そば」を贅沢に食べ比べ。さらにお酒がすすみます。

ほろ酔い気分の2人は、自然派ワインの専門店で道産食材を使用した絶品料理に舌鼓。シメは、琴似を愛する人々が集う立ち飲み居酒屋へ。フォークギターを片手に繰り広げられる、愉快な会話と美味しいお酒に、類さんと佐藤アナも陽気な気分に。〆の一句にも注目です。

佐藤彩アナウンサーコメント

「琴似は、賑やかでほっこり温かみのある街という印象で、出会った方々は琴似愛に溢れていました。類さんとのお酒はとても楽しくて格別。今回私は自然派ワインの美味しさに夢中になり、幸せな時間を堪能しました。 」

過去の放送