HBCテレビ「吉田類 北海道ぶらり街めぐり 函館編」

2016年6月12日(日)午後2:00~:2:30/[出演]吉田類・室谷香菜子

HBCテレビ「吉田類 北海道ぶらり街めぐり 函館編」2016年6月12日(日)午後2:00~:2:30

取材先

函館公園こどもの国(日本最古の観覧車)
〒040-0044 函館市青柳町17番地
【TEL】0138-22-7255 (※管理事務所)
【営業時間】11:00~16:00(土・日・祝・春休み・夏休み・GWは10:00~17:00)
丼自慢の海鮮丼・朝市の味処 茶夢
〒040-0063 函館市若松町9-15 どんぶり横丁市場
【TEL】0138-27-1749
【営業時間】7:00~15:00(ラストオーダー14:45)
イタリアンのランチ・狸穴茶房
〒040-0032 函館市新川町2-19
【TEL】0138-87-0408
【営業時間】11:30~14:00、18:00~21:00(夜は前日までの要予約)
【定休日】日曜日
おしゃれなカフェ&巨大パフェ・茶蔵
〒040-0004 函館市杉並町23-25
【TEL】0138-56-3566
【営業時間】日~金曜日 11:00~ラストオーダー16:15
土曜日 11:00~ラストオーダー20:15
【定休日】木曜日
立ち飲み 陽気な女将・立ち呑み 誘い誘われ
〒040-0011 函館市本町32-6
【TEL】0138-56-1777
【営業時間】17:30~24:00
【定休日】日曜日
地元に愛される居酒屋・家庭の味やえちゃん
〒041-0822 函館市亀田港町3-3
【TEL】0138-42-5323
※定休日、営業時間は電話でご確認下さい。

内容・みどころ

今回は注目の港町、北海道南部の函館が舞台です。北海道新幹線の開業で新たな玄関口になったその函館で、類さんは朝から全開!人気の函館朝市でビール片手に豪華海鮮丼を注文しました。ウニやイクラが宝石のように敷き詰められ、見ているだけでも幸せな気分になってきます。
お昼は築70年を超す古民家を改装したイタリアンの店へ。ビールに一口デザートまでついて1000円と、お得感たっぷりの箱膳ランチを注文し、そのおいしさと品数の多さに驚かされます。続いても古民家を利用した喫茶店でおいしい紅茶をいただきます。名物メニューは2リットルのピッチャーに盛る巨大パフェ。店の女性オーナーは一人でペロリと食べるそうですが、室谷アナは果たして…!?
ゆったりとした時間を過ごし、ちょっとお酒が欲しくなってきたところで、小林幸子似のママさんがいる立ち飲みの店へ。そのママさんに類さんはメロメロに…。こんなに目じりの下がった類さんは見たことがありません(笑)。名残惜しそうな類さんを引き連れてもう一軒。旅のシメは夫婦で営む家庭的な“おばんざい”の店。獲れたてのイカをじっくり煮込んで作るイカ飯と、夫婦でとってきた山菜の天ぷらはまさに絶品。お酒がグイグイすすみます。
このほか、国内で動いている最も古い観覧車や本物と見間違いそうなイカの形をした羊羹などサプライズもいっぱい。函館のディープな世界をたっぷり紹介します。もちろん、恒例の一句もお楽しみに。

  • 緑の島にて

  • 朝市の味処で海鮮丼!

  • ビール付きの箱膳ランチを堪能

  • 喫茶店にて紅茶とお菓子

  • 名物巨大パフェと室谷アナウンサー

  • “おばんざい”の店で乾杯!

  • じっくり煮込まれたイカ飯

  • 自家栽培アスパラ

  • 日本酒みそぎの舞

室谷香菜子より

『北海道新幹線の開業で注目される函館ですが、新幹線の“新”とは対照的な“旧”が光る良いお店をたくさん巡りました。何度も函館を訪れている方も、こんなお店があったのかと思うはず。新たな発見を楽しんでください!私の故郷、青森に近いせいか、津軽弁が全開になってしまいました。本州にぐっと近くなった函館を満喫です♪』

出演者

酒場詩人 吉田 類
吉田類

酒場文化の代弁者として全国区の存在へ。
酒場や旅に関する著書を多数執筆。
俳句愛好会「舟」を主宰。
高知県出身

室谷香菜子(HBCアナウンサー)
室谷香菜子

今日ドキッ!」出演中!
青森県出身。身長151センチ。
類さんとのぶらり歩きもすっかり慣れました!?

過去の放送

「吉田類の北海道港町めぐり」サイトへ