松前編 2013年9月8日(日)放送

酒場詩人・吉田類の北海道港町めぐり、第9弾は城下町・松前町へ!

かつて松前藩の中心地として栄えた北海道南部の松前町。城下町の風情を感じながら、酒場詩人の吉田類さんが美味しい酒と肴を求めてぶらり歩きます。同行するのは、お酒大好き!HBCアナウンサーの室谷香菜子。今回も素敵な旅になりました。

松前の名物と言えば「松前漬け」。もともとは保存食として作られた、“ご飯の友”、そして“酒の友”です。おいしい松前漬けを作る秘訣は?類さんと室谷アナの悪戦苦闘ぶりが見ものです。情緒たっぷりの城下通りを散策し、和菓子と桜茶でひと息。さらに、藩主の婚礼で振る舞われた祝いの膳を、文献をもとに再現した藩主料理も味わいます。そして、なんと言っても道南の海は魚の宝庫。旬を迎えた津軽海峡の本マグロはまさに絶品!口の中でとろける刺身でお酒がすすみます。恒例の“一句”にもご注目ください。

取材先

松前町

室谷香菜子より

『お殿様とお姫様気分で藩主料理をいただいたり、歴史を感じる街並みに酔いしれたり…。時がゆったりと流れる城下町の雰囲気を存分に味わいました。旬のマグロも存分に味わいましたよ~(笑)。松前町は北海道最南端の地。私の故郷の青森と言葉が似ていて、なんだか落ち着きました。松前城の前で詠んだ類さんの一句、お見事でした!』

写真写真写真写真写真写真

過去の放送内容

今後も道内あちこちの港町にふらっとおじゃまします。次はアナタの町かも?!お楽しみに!
▲ページtopへ