2017 HBCカップジャンプ 1月9日(月・祝)開催!

1月9日(月・祝)ごご2時55分放送!(TBS系列全国ネット) 1月9日(月・祝)ごご2時55分放送!(TBS系列全国ネット)

内容・見どころ

HBCカップジャンプは、トーナメント形式で優勝を競う「ノックアウト方式」を採用した国内唯一の大会だ。
1対1の闘いを制した選手だけが次の対戦に進めるだけに、闘志むき出しの空中戦が繰り広げられる。
ソチ五輪で銀メダルを獲得したスキージャンプ界の“レジェンド”こと葛西紀明選手をはじめ、国内外で活躍する有力選手が出場を予定している。

今回は、バラエティタレントのオードリー・春日俊彰が、ジャンプ選手のスゴさをリポート。
アメフトに始まり、ボディービル、フィンスイミングなど、数々のスポーツに挑戦してきた春日が、次に挑戦するのはスキージャンプ!?より遠くへ、そして美しく飛ぶための過酷なトレーニングを春日が体験。走る!跳ねる!そして、吊るされる!?体力には自信のある春日だが、果たして現役選手たちについていけるのか!?
さらに、大ケガから復活を遂げた“美少女ジャンパー”の華麗なるストーリーに、春日も驚愕。厳しいリハビリを乗り越え舞い戻った、美少女ジャンパーの素顔に迫る。

特設スタジオでは、長野五輪ジャンプ団体で金メダルを獲得した、雪印メグミルクスキー部の原田雅彦監督が、特殊な映像技術を用いてジャンプを丁寧に解説。スキージャンプを知り尽くしたプロが、ジャンプ初心者の春日の素朴な疑問にも、その場で答える。

これまでスキージャンプを見たことがない人も、きっとジャンプが好きになる!鳥人たちの熱い戦いをお届けする!

オードリー・春日俊彰が、ジャンプ選手のスゴさをリポート!

出演者

●スペシャルゲスト:春日俊彰(オードリー)
●スタジオ解説:原田雅彦(雪印メグミルクスキー部監督・長野五輪金メダリスト)
●実況解説:齋藤浩哉(雪印メグミルク・長野五輪金メダリスト)
●実況:川畑恒一(HBCアナウンサー)
●スタジオキャスター:卓田和広(HBCアナウンサー)

スペシャルパートナー

マイナビ
Googleカレンダーに放送時間を登録

大会概要

大会名称

全日本スキー連盟A級公認 第59回HBCカップジャンプ競技会 ラージヒル(HS137)

開催日

平成29年1月9日(月・祝)

競技実施要領

●国旗掲揚:午前8時30分
●競技開始(予選):午前9時00分
●閉会ならびに表彰:競技終了後(競技場ブレーキングトラック)
競技は、KOシステム(ノックアウト方式)特別ルールで行い、女子組は1位のみ、男子組は1位~4位までを表彰します。

入場料(当日券)

●高校生以上:1,000円
●シニア(65歳以上の方):500円 ※年齢の確認できるものをご持参下さい
●中学生以下:無料
入場料の詳細については、札幌スキー連盟(電話:011-221-1661)まで

来場者プレゼント

当日来場者の皆さんの中から、抽選で20名様に「HBCもんすけグッズ」をプレゼント。「入賞選手サイン会」にも参加できます。

会場へのアクセス

大会当日、地下鉄東西線「円山公園駅」から「大倉山ジャンプ競技場」入口までJRバス(路線増発便)を運行します。(有料)
※会場には駐車場がございません。マイカーでのご来場は、ご遠慮下さい。
●バス料金:大人 210円 / 小人 110円
(乗継券・SAPICAもご利用できます)
●バス運行時間:往路 8時00分~10時30分 / 復路 競技終了後随時

主催・公認・後援・協賛

●主催:(公財)札幌スキー連盟、(公財)北海道スキー連盟
●公認:(公財)全日本スキー連盟
●後援:北海道、札幌市、(株)札幌振興公社
●協賛:北海道放送(株)

お問い合せ

●札幌スキー連盟事務局
電話:011-221-1661
業務時間:10時00分~17時00分(12時30分~13時00分 昼休)
休日:土・日・祝祭日
●HBC事業部
電話:011-232-1373
業務時間:10時00分~17時00分(12時00分~13時00分 昼休)
休日:土・日・祝祭日

Googleカレンダーに予定を登録