第7回全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール中学生部門北海道大会

第7回大会規定曲スカイピース「You can do it !!!!!」
第7回大会規定曲FlowBack「By your side」
第6回大会規定曲Little Glee Monster「青い風に吹かれて」
第6回大会規定曲FlowBack「No Other One」

はじめに

「全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール」は、2012年4月より中学校の保健体育で必須となった「ダンス」の単元である、
『現代的なリズムのダンス』をクラス単位で発表してもらうイベントとして、すでに全国大会が4回行われてきましたが、
2017年度より、中学生を対象に待望の「北海道大会」開催が決まりました。
全国大会という目標が出来ることで、中学生がより学習に興味を持つことが期待できますし、
ダンスが得意な生徒だけに限らず、クラス単位でご参加いただきますので、
生徒同士の絆が深まり、豊かな学校生活への貢献に寄与できると思います。
ぜひご参加ください。

エントリー

❶事前選考

「参加要項」をよく読んだ上で、エントリーシートとダンスを撮影したDVDを下記宛先まで郵送して下さい。

宛先:〒060-8501 札幌市中央区北1条西5丁目「北海道放送 リズムダンス事務局」宛

エントリーシート(PDF:89.3KB)

エントリー締切:2019年10月31日(木)必着

❷北海道大会

11月16日(土)にHBC本社でDVD審査を実施し、「規定曲部門」と「自由曲部門」それぞれに最優秀チームを決定します。

❸全国大会

「規定曲部門」と「自由曲部門」を合わせた全参加チームの中から1チームを、12月27日(金)に東京で開催される全国大会に推薦します。

※全国大会参加に伴う東京への旅費および宿泊費は参加チームの負担とさせていただきます。

※全国大会については大会ホームページ(https://fureai-dance.com/)をご覧ください。

参加要項

チーム編成について

  • クラスごと又は体育の授業単位(※)の過半数以上40名以下でエントリーして下さい。
    ※「体育の授業単位ごとのチーム編成」とは、体育の授業をクラスごとではなく男女別で行っている場合などが該当します。
    【体育の授業単位ごとのチーム編成の例】
    2年A組女子20名+2年B組女子20名、計40名のうち、21名以上でのチーム編成は可。
    (ただし体育の授業を一緒に受けている場合に限る)
  • 1学年の人数が20人未満の場合、複数学年合計の生徒数の過半数以上でのチーム編成は認めます。
    【複数学年合同のチームの編成例】
    1学年の生徒数が10名、2学年の生徒数が9名、3学年の生徒数が12名、合計31名のうち、16名以上でのチーム編成は可
  • ダンスの上手な選抜生徒チームでのエントリーは認めません。
  • ダンス部やダンススクール単位でのエントリーは認めません。
  • 同一生徒が複数のチームでエントリーしてすることは出来ません。
  • エントリーに関しては、学校長の推薦が必要です。
    ※申し込み時の人数及びメンバーに変更がある場合、必ず届け出が必要です。届け出がない場合、減点や失格となりますのでご注意ください。

引率関連

  • 引率は教師としますが、やむを得ぬ事情がある場合、代表保護者を引率者代行として立てることは可能です。
  • 引率者が複数チームの窓口となることは可能です。

楽曲・衣装・ステージ

  • エントリーは規定曲部門、自由曲部門のどちらかを選んでエントリーして下さい。
  • 衣装に関して、必ず体育の授業で使用している体操着(学校指定の体操服、ジャージ)にしてください。ただし、一部上部の着衣のみオリジナルアレンジが可能ですが、衣裳点はありません。
  • 小物の使用は認めません。体育の授業で使用しているタオル、ボール類、バトン、水泳ゴーグル、ビート板なども小物ですので、認められません。上履き、靴下、上下体操着、上下ジャージ、はちまき、紅白帽は使用可能です。
  • メイク、髪のアレンジは認めません。普通の授業に出席する状態で参加してください。
    ※華美な服装・メイク・髪のアレンジなどは審査対象外になりますので、ご注意ください。
  • 全国大会のステージアクティングサイズは、幅10m80cm×奥行6mです。

規定曲と自由曲

規定曲について

  • 第7回大会指定の規定曲以外に、第6回大会の規定曲(No Other One/FlowBack、青い風に吹かれて/Little Glee Monster)でのエントリーも可能です。
  • 指定された規定振りを行って下さい。「規定の振り」のパートは、誰が見ても規定の振付だと分かるように踊ることを基本にし、アレンジは規定パート以外の自由パートで思う存分工夫してください。但し、規定振り部分での左右対称(シンメトリー)は認められます。
  • 規定振りについては、大会ホームページ(https://fureai-dance.com/music/)をご確認ください。

自由曲について

  • 「連続した30秒以上」を全員が同じ振りをする、「全員振り(ユニゾン)」を必ず入れてください。
    ※全員振り部分は必ず連続して下さい。15秒、15秒等、前半、後半に割り振ることは認めません。
  • 自由曲は、1分半以上、2分以内の曲に必ずして下さい。
  • 自由に曲を選曲し、「自由に振り付け」を考えてください。
    ※自由に曲を選曲していただけますが、曲によっては権利上の都合により大会当日に予定しているライブ配信や販売予定のDVDには収録されませんので予めご了承ください。

審査基準と配点

規定曲部門 ※5項目各10点で合計50点満点×審査員数

  • ①動きの完成度:規定曲と「規定振り」の特徴を捉え、「規定振り」を十分に踊りこなしているか
  • ②空間の工夫・独創性:「規定振り」以外の振りや、全体構成、空間構成などに工夫がなされているか
  • ③躍動感、元気よさ:生き生きした活力みなぎる踊りになっているか
  • ④リズム・動きの変化:曲やリズムの特徴を捉え、リズムにのって踊っているか
  • ⑤チームワーク・同調:一人一人が同調し、チームが一体になって踊っているか

自由曲部門 ※5項目各10点で合計50点満点×審査員数

  • ①選曲・動きの完成度:チームの個性を生かした選曲がなされ、また「全員振り」を十分に踊りこなしているか
  • ②空間の工夫・独創性:「全員振り」以外の振りや、全体構成、空間構成などに工夫がなされているか
  • ③躍動感、元気よさ:生き生きした活力みなぎる踊りになっているか
  • ④リズム・動きの変化:曲やリズムの特徴を捉え、リズムにのって踊っているか
  • ⑤チームワーク・同調:一人一人が同調し、チームが一体になって踊っているか

開催概要

開催日 2019年11月16日(土)
審査会場及び審査方法 HBC本社にてDVD審査
部門 「規定曲部門」と「自由曲部門」
※北海道大会は中学生部門のみの開催となります。
主催 全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール中学生北海道大会実行委員会
後援 内閣府、文部科学省、北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会

お問い合わせ

011-232-5863
(土日祝をのぞく平日10:00~17:00)
全国小・中学校リズムダンスふれあいコンクール
北海道大会事務局(HBCテレビ営業推進部内)