美味ほっかいどう旬発見

旬発見トップ

#39 渋田産業の「生きくらげ」(厚沢部町)

この会社が作りました!

渋田産業

(渋田博文社長)

旬は?

通年

この人がおススメ!

全国からこだわりの食品を取り寄せる青果の目利き

杉原俊明店長(フーズバラエティすぎはら 札幌市)

「サクサクして乾燥キクラゲにない食感。干しても大きいが、生はもっと大きい」

おいしさのヒミツは?

北海道産の原料で“自然栽培”

培養、生育、収穫まで全ての工程を国内で行う国産キクラゲはわずか5%。キクラゲの菌を植え付けるブロックの原料には、北海道産のシラカバや小麦などを使用。温泉熱や自然光を利用、自然に近い栽培で、刺身やサラダ、炒め物、天ぷら、何にでも合う万能キノコが誕生。

どこで買える?

■フーズバラエティ すぎはら

住所:札幌市中央区宮の森1条9丁目3-13

電話:0120-202-447

営業時間:午前10時~午後7時半

定休日:日曜日(祝日不定休)

・えぞまいたけ 1パック 138円

・生きくらげ 1パック 198円(冬季限定)

・乾燥まいたけ 1パック 338円

・乾燥きくらげ 1パック 338円

どこで食べられる?

■イタリア風居酒屋パレス

住所:江差町新地町27-2

電話:0139-52-2696

営業時間:午前11時~午後2時(平日のみ)/午後5時半~午前0時(金曜日・土曜日・祝前日は午前1時)

定休日:不定休

江差に一軒しかないイタリア料理店。近隣の食材を使ったピッツァやパスタが自慢。

・舞茸の和風パスタ 840円…舞茸とキクラゲたっぷり

お問い合わせはこちら

■渋田産業

住所:厚沢部町字美和1268-6

電話:0139-52-3960

農業用資材を取り扱う会社が、1996年にキノコ栽培を開始。厚沢部町の気候や温泉を活かし、より天然に近いキノコを通年栽培。工場に併設した直売所もあり、お取り寄せもできます。

※掲載の情報は2016年2月現在の内容です。この内容は変更になる場合がありますので、予めご了承ください。