放送内容バックナンバー

9月6日(金)放送『日々の暮らしにも役立つ“防災備蓄”』

アドバイザーは防災備蓄収納マスタープランナー資格をもつ水口綾香さん。「災害のために普段の暮らしが苦しくなっては意味がない!」と話します。

備蓄品はクローゼットの下など、日常生活で目につきやすいところに置くこと。玄関近くの収納には水の備蓄、緊急時に持ち出すリュックが置いてあります。いつも通りの行動で持ちだせるようにしておくのがポイントです。
停電の時でも料理ができるようにカセットコンロ用のガスボンベを1週間分。水の備蓄は1人1日、3リットル、1週間分が必要で、4人家族だと、合計84リットル。食料も7日分の食料を備蓄。そのうち4日分がキッチンの下。寝室のクローゼットに3年以上持つ長期保存食を2日分。そして、持ち出し用リュックの中にも長期保存食が1日分入っています。
ポイントは、いつも使う乾麺や缶詰などを少し多めに買いながら量を調整していくこと。長期保存食は、期限が切れそうなものを食べて、好みの味をチェックしておくとよいそうです。

※画像をクリックすると大きく見ることができます

9月13日(金)放送『新千歳空港から海外への直行便が続々就航!』

『フィンエアー』で行くヨーロッパの旅。通常、新千歳からフィンランドのヘルシンキへは成田空港を乗継して、約13時間ですが、直行便を利用すると、行きが9時間35分、帰りは8時間55分。日本からヨーロッパまで最速最短のフライトです。
『カンタス航空』で行くオーストラリアの旅。新千歳からシドニーへの直行便は11時間。成田空港を乗継ぎした場合は15時間なので、大幅に短縮です。ともに12月16日新規就航します!

阪急交通社では、それぞれの飛行機を利用したお得なツアーを多数紹介しています。
・イタリアの7都市と五つの世界遺産を巡る8日間
・夢のガラスイグルーに泊まる!北欧オーロラ紀行5日間
・はじめてのオーストラリア モニターツアー6日間
  などなど。
詳しくは『114089阪急』で検索してください。
電話:011-251-2780

※画像をクリックすると大きく見ることができます

金ブラショッピング