1月6日(金)放送 「おうちですっきりヨガ」

今回は、年末年始の運動不足を解消する「おうちでスッキリヨガ」を教えてもらいました。

お腹を引き締める呼吸法

① 椅子に座って、背骨を伸ばす。
② 肋骨に両手をあてて鼻から息を吸って、肋骨を手で横に開くようにする。
③ 口からシューッと音を立てて、息を思いっきり吐く。肋骨を中央に寄せるようにして、口から息を吐くのがポイント。真空パックのように、お腹に息を残さないように、すべて吐き出す。

背骨を中心に体をほぐす『ネコのポーズ』

① 四つんばいになる。
② 息を吸って吐きながら、お腹をへこませて、背中を高く持ち上げるように丸める。
③ 骨をのばすように反らす。

体のバランスを整える『椅子のポーズ』

※椅子の背もたれに手を添えて行います。

① 足を真ん中に揃えて、体が一直線になるようにまっすぐ立つ。肩は後ろに回して猫背にならないようにする。
② 椅子に軽く手を置いて、息を吸って吐きながら、股関節を後ろに引くようにしてお尻を後ろに引き、腰を落とす。膝の位置を変えないように膝を曲げていく。このとき膝が前に飛び出ないようにする。

全身を伸ばす『ヤシの木のポーズ』

① 『椅子のポーズ』からゆっくり上に伸び、爪先立ちになる。息を吸って体が上に引っ張られるように。息を吐きながら、ゆっくりかかとを下ろす。

ウエストが気になる方に!『椅子のポーズ』でツイスト

① 胸の前で両手の平を合わせる。肘が落ちないように、肘と肩の高さを同じにする。両手は押し合いっこしながら、『椅子のポーズ』をする。
② 息を吸って背骨を引き上げてから、息を吐きながらウエストをねじっていく。膝に肘をひっかけて、膝と肘を押し合いっこする。上の手で下の手を押すとねじりが深くなり、目線を天井にするとさらにねじりが深くなる。
③ 肘と膝をはずして、体を正面にして息を吸いながら、ゆっくり立ち上がってまっすぐに。