第67回さっぽろ雪まつり HBCマカオ広場7丁目会場

2016年2月5日(金)~2月11日(木・祝)開催

大通会場7丁目「HBCマカオ広場」大雪像「聖ポール天主堂跡」

 今回の大雪像はマカオのランドマーク「聖ポール天主堂跡」です。通称「聖ポール天主堂跡」と呼ばれる教会前壁は聖ポール学院教会(聖母教会)の一部です。聖母教会は1602年から1640年にかけて建設されましたが、1835年の大火で教会も学院も消失しました。
現在は石造りのこのような正面の壁(ファサード)を残すのみとなっています。前壁は、横23メートル、高さ25.5メートルで、バロック様式に東洋的色彩が加えられた設計になっています。
5段からなるファサード形態は独特です。一番下の段にはラテン語で聖母を意味する『MATER DEI』と彫られています。その上の段にあるのはイエズス会の4人の聖人(向って左から、フランシスコ・ボルジャ、イグナチウス・ロヨラ、フランシスコ・ザビエル、ルイス・ゴンザガ)のブロンズ像です。その上の段には、聖母マリア像があり、7つの首を持つ怪獣や帆船、漢字による警句が彫られています。同じ段の両端には、中国風の獅子の怪獣(吐水口)が見られます。更に上の段にはキリスト像、その両側には受難の際の拷問具の浮き彫りが配置されています。最上段の三角形の破風中央には、聖霊を表す一羽のはとが見られ、その上にはカトリック信仰のシンボルである十字架が置かれています。
ファサードは、全体として東洋と西洋の建築が融合した特徴を持ち、世界のカトリック教会の中でもまたとないものになっています。

  大雪像「聖ポール天主堂跡」
大きさ 高さ17m 横幅26m 奥行18m
(いずれも台座を含めた寸法)
雪輸送台数 約464台(5t車換算)

企画:HBC北海道放送
製作:陸上自衛隊北部方面通信群
協力:マカオ政府観光局

 

 


プロジェクションマッピングを連日実施!

期間中よる6時過ぎから随時、プロジェクションマッピングを実施します。
雪像と光が織りなす素敵な世界をお楽しみください。
※都合により予定を変更する場合もございます。あらかじめご了承ください。


イベントスケジュール

※ステージスケジュール等は都合により変更する可能性があります。

■5日(金)
10:15~
開会式
16:00頃
今日ドキッ!中継(番組内随時)
17:30~
Watana Besta SOCIAL club ミュージックステージ
■6日(土)
13:00~
カイロの桐灰 presents SNOW STAGE
14:30~
ふくい舞 ミュージックステージ
■7日(日)
10:30~
丘珠空港 利用促進ステージ
13:00~
HBCラジオ「北乃カムイのもにょもにょラジオ(適当)
~雪まつりスペシャルだにゃ!!~【公開録音】
14:30~ 
ふくい舞 ミュージックステージ
16:30~ 
Watana Besta SOCIAL club ミュージックステージ
■9日(火)
15:00~
Apeace ミュージックステージ
16:30~
空中分解 ミュージックステージ
17:00~
SAWA ミュージックステージ
17:30~
Apeace ミュージックステージ
■11日(木・祝)
13:00~
浅井未歩 ミュージックステージ
14:00~
きた×どる(黒崎はくあ) ダンスステージ
17:00~(※開始時刻が変更になりました)
ナツキ&ブライトサッポロ ゴスペルクワイア


関連リンク