please select your language.

第64回さっぽろ雪まつり HBCタイ王国広場

第64回さっぽろ雪まつり HBCタイ王国広場
「ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)」

Image今回の大雪像は、タイ王室が1963年5月に初来日してから50周年を迎えることからラーマ5世通りの交差点近くにある「ワット・ベンチャマボピット」(大理石寺院)を製作しました。 1899年ラーマ5世の命により本堂が建立されました。デザインは弟のナリッサラーヌワッティウォン王子によって行われました。マリオ・タマーニョら、イタリア人らの技師による西洋技術が大いに利用されて、タイの絶対王政下における代表的建築のひとつとされています。大理石寺院の別名のとおり、屋根瓦以外のほとんどの建材にイタリア、カラーラ産の大理石を使用しています。屋根には鮮やかなオレンジ色の瓦が使われ、窓にはステンドグラスがはめ込まれています。本尊仏は、ピッサヌローク県のワット・プラシー・ラタナマハタートのチナラート仏を象ったものです。 敷地内には、ワット・ベンチャマボーピットドゥシットワナーラーム国立博物館もあります。

企 画 HBC北海道放送
製 作 陸上自衛隊北部方面通信群 第101中枢交換通信隊
協 力 ANA・タイ王国大使館・タイ政府観光庁・パナソニック

  大雪像「ワット・ベンチャマボピット」 中雪像「滑り台」
高さ 15m 4.1m
横幅 26m 3.5m
奥行き 21m 4.5m
使用車両数 408台  
製作人員数 のべ約3,600人(30日間)  





タイの国民的スーパースター
トンチャイ・メーキンタイ(通称“バード”)さん 来日

HBC・タイ王国広場では、タイの国民的スーパースターである、トンチャイ・メーキンタイ(通称“バード”)の“中雪像”を、日本・タイの交流のシンボルとしてHBC広場内に製作・展示するほか、2月5日の開幕日に併せてバードが来日し、大雪像「ワット・ベンチャマボピット(大理石寺院)」前でのイベントで、HBC国際親善広場大使に任命される予定です。 親日家として有名なバードは今回の来日について「日本は何十回も訪問しているが、北海道は初めてで憧れの地。タイと日本の友好につながれば幸せ。自分の雪像も楽しみ!」と語っています。

【バードプロフィール】
本名:トンチャイ・メーキンタイ。タイの国民的人気を誇るスターです。バードという愛称を持ち、歌手・俳優・タレントとしてタイ・ポップミュージック界の代表者として君臨し続け、人気は衰えていません。

バードは10人兄弟の9番目として生まれ大家族で住んでいましたが、音楽好きで貧しくとも音楽にあふれる楽しい家庭で育ちました。27歳でデビューしてから16枚ものアルバムを発表し、売上枚数ではタイ・ポップミュージック界の歴史を塗り替え、その記録は未だに破られていません。また数々の人気ドラマや映画に出演するほか、バードを主役としたアニメシリーズもタイで人気放送中です。デビューから25年になりますが、その歌唱力、演技力、タレント性の高さで未だに人気は衰えず、タイの子どもたちや若い人にも愛されています。

親日家の多いタイでは、今回の東日本大震災の被害をみて、たくさんの人々が心痛めていました。優しいタイの人々の笑顔と心からの励ましのメッセージをと、日本応援ソング「THAI FOR JAPAN」を作りました。「THAI FOR JAPAN」は、復興を願うバードが歌っています。  バードはタイに進出している日本企業、パナソニックほか数社の現地CM放映にも起用されています。