番組内容紹介open

どーして始まったの?

北海道は全国的に高校放送部のレベルが高く、高文連他、高校放送コンクールなどでは、いつも上位入賞を果たすなど、活発な活動振りで知られています。そんな高校放送部とHBCラジオがタッグを組んだ番組が初登場します。高校生が独自のネットワークと瑞々しい感性で、身の回りの話題を取り上げます。校内、校外、更には町全体へと、興味と関心の範囲はとどまるところを知りません。

どんな中身?

高校生が企画し、放送する、前代未聞、HBCラジオ初のチャレンジ企画です。 拙い、未熟もキャラのうち。初々しくて、瑞々しいトークがあなたのハートをわしづかみします。 毎月、月替わりで道内各地の高校が登場して、高校生目線の中身でお送りします。

旭川工業高校(6)

(2017.02.26)
今週からは旭川工業高校、KBS旭工放送局が2週に渡って登場します。

今回のパーソナリティは1年・中村怜奈(れな)さんと、同じく1年・村山裕篤(ひろあつ)君。
二人がお送りしたのはアフターバレンタイン企画「バレンタインデーアフタートーク」です。
ゲストに2年連続チョコをもらった2年電気科の松田涼佑(りょうすけ)君を迎え、根掘り葉掘り聞きだします。

・チョコレートをもらう理想のシチュエーションとは?
・チョコレートをもらった時はどうだった?
・どうやったらチョコレートをもらえるのか?
・男子として、女子の友達を作るにはどうしたら?
・チョコをもらったら、そのお返しは?

皆さん来年の参考になりましたか?

<写真1枚目>
今回の担当者。左からパーソナリティーの村山裕篤君、
音声・編集担当の日野晴斗(1年)君、
パーソナリティーの中村玲奈さん、
チョコを2年連続もらった松田涼佑君

<写真2枚目>
収録風景

来週の当番