『ハロー!J-POP 音タク』日曜13時30分放送

About OTOTAKU

1980年代・90年代のJ-POPを中心に、当時のヒットチャートを賑わしたシングル曲、アルバムの中の隠れた名曲、
「あ~そんな曲あった!」と思わず身をよじる懐かしい曲まで、時代を超えて愛されるいい音(音楽)たくさんお届けします!

15時台コーナー音タクベスト10

過去のヒット曲を今の気分で味わう『音タクベスト10』。1975年~2005年頃までのヒット曲の中から年代の枠を超えて、今聞きたい、この季節に聞きたい曲を番組が勝手にランキング!どんなランキングができるかは、その時の番組とリスナーの気分次第?

2月10日のランキング

1位 TSUNAMIサザンオールスターズ
2位 バレンタイン・キッス国生さゆりwithおニャン子クラブ
3位 負けないでZARD
4位 慟哭工藤静香
5位 モンキーマジックゴダイゴ
6位 ペガサスの朝五十嵐浩晃
7位 Winter,AgainGLAY
8位 空も飛べるはずスピッツ
9位 Rock'n Rouge松田聖子
10位 HERO(ヒーローになる時、それは今)甲斐バンド

音タクBEST10 参加方法

今回のランキングや音タクベスト10制作委員会がピックアップした過去のヒット曲を参考に、この時期に聴きたい曲、音タクベスト10にランクインさせたい曲をメールやFAXでリクエストしてください。皆さんのご参加お待ちしています。

次回の参考曲は‥‥

  • 何度でも(DREAMS COME TRUE)
  • 今夜月の見える丘に(B'z)
  • LOVE AFFAIR〜秘密のデート〜(サザンオールスターズ)
  • HELLO(福山雅治)
  • ラブ・ストーリーは突然に(小田和正)
  • Oneway Generation(本田美奈子)
  • Romanticが止まらない(C-C-B)
  • 今すぐKiss Me(LINDBERG)
  • DESIRE(中森明菜)
  • 赤いスイートピー(松田聖子)

14時台コーナー音タク名盤アワー

毎週1枚のアルバムにスポットを当て、曲とともにその魅力やエピソードを紹介します。

2月3日の1枚

「Quiet Life」竹内まりや
1992年10月22日リリースの8枚目のアルバム。前作『REQUEST』から、5年ぶりとなったアルバムで、発売と同時にミリオンセラーを達成。翌年の「第35回日本レコード大賞」ではベストアルバム賞を受賞した。「家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)」「マンハッタン・キス」「告白」などを収録。

オンエア曲

  • 家に帰ろう(マイ・スイート・ホーム)
  • マンハッタン・キス
  • Forever Friends
  • シングル・アゲイン

15時台コーナー
卓田の「これ聴いてみればいいっしょ」

卓田アナが個人的におすすめする今週の1曲。どんな曲がかかるのか、お楽しみに。

2月3日の1曲

「帰れない二人」井上陽水&忌野清志郎(2000年リリース「RESPECT!~The 30th Anniversary of KIYOSHIRO IMAWANO」から)

卓田のひとこと

元々この曲は、1973年9月に井上陽水さんのシングル「心もよう」のB面としてリリースされ、その年12月にリリースされたアルバム「氷の世界」にも収録されている。私はこの「氷の世界」をカセットテープで購入。まさにテープが擦り切れるほど聴いたが、特に「帰れない二人」は、優しさが滲み出てる歌詞とメロディーが印象的でお気に入りだった。
この曲は、デビュー当時同じ事務所だった二人がまだそれほど売れていなかった頃、清志郎さんが陽水さんのアパートに遊びに行った際に作った曲。その時、陽水さんは清志郎さんに手作りカレーをご馳走したのだとか。曲を作り、カレーを食べる様子を思い浮かべながら聞くとよりしみじみと二人の絆を感じる。

14時台コーナー流行GO!

流行語は時代を映す鏡。あの日、あの時、あの場所で、あなたが口にした“あのことば”。毎週ひとつの流行語から、その時代を振り返ります。

14時台コーナーJ-POPと私

アーティストやHBCのアナウンサー・パーソナリティなど様々な人の思い出のJ-POPを1曲セレクトしてもらい、そのエピソードを語ってもらいます。

バックナンバーはこちら