ワイドFM-91.5MHz-HBCラジオがFMラジオでもお聴きいただけます

「ワイドFM」とはFM補完放送の愛称で、FM補完放送とはAMラジオ放送区域において、ビルやマンションなど都市型難聴対策や災害対策のためにFM放送用の周波数を利用してAM番組を放送することを意味しています。
AMラジオがより聴きやすく、そして災害に強くなる「ワイドFM」によって、HBCラジオの番組をFMでも受信できるようになり、AMとFMで同じ内容の「HBCラジオ」がお聴きいただけます。

Q. 「ワイドFM」って何?

ワイドFMとは、AM放送エリア内の難聴対策や災害放送のためにスタートするFM補完放送という制度上の名称を「より親しみやすく」「よりわかりやすく」伝えるためのネーミングです。 「新たに広がる周波数帯」「さらに広がるラジオの空間」をリスナーにアピールすることをイメージしています。

Q. いつごろ、どこで聴けるようになるの?

10月19日(水)から本放送がスタートしました。北海道でワイドFMが聴けるのは道央圏(札幌市を中心とした石狩管内ほぼ全域と、空知・後志・胆振・日高管内の一部)です。ただし、範囲内でも建物や地形などの影響で電波が遮られるなどして、聴くことができない場合があります

エリアマップイメージ図

Q. ワイドFMって、何がいいの?

たとえば・・・
・雑音の少ないステレオ放送で、音質がクリアに、野球中継もより臨場感が増します。
・今まで聞きづらかったビルやマンションなどの建物の中や陰でも受信しやすくなります。
・手稲山山頂の高いところから送信するので、地震や津波などの影響を受けづらく、より災害に強くなります!

Q. どうやったら聴けるの?

90.0MHz以上の周波数を受信できる「FMラジオ」や「ステレオコンポ」、もしくはアナログテレビ音声の聴取が可能なFMラジオが必要になります。現在各メーカーから「ワイドFM/FM補完放送対応」のラジオが続々と発売されています(詳しくはこちら)お買い求めの際は必ず販売店等に確認をお願いします。

周波数帯

Q. どんな内容になる?

現在、HBCラジオで放送している番組やCMと同じ内容を、「ワイドFM」放送でも同時にお聴きいただけます。

Q. FM補完中継局とは?

FM補完中継局とは、AMラジオ放送の放送区域内において、難聴(都市型難聴、外国波混信、地理的・地形的難聴)対策や災害対策のために、FM放送用の周波数を利用して補完的な放送を行う中継局のことです。FM放送は電波的な特性として、AM放送と比べてビルやマンションの中まで届きやすいので、都市型難聴対策として期待できます。