Back> 

野々村芳和語録


2009年4月〜6月
 

6月26日(金)野々村芳和さんのコンサドーレ情報(のんのんは今日も電話でご出演)

☆6月21日、アウェーで首位湘南ベルマーレと対戦したコンサドーレ札幌。
前半10分、湘南のゴールで1点を追う展開になったコンサドーレ。
攻撃的なシステムに変えて挑んだ後半、3分に宮沢がPKをもらい、それをクライトンが決めて同点。
12分には藤田のクロスに西が合わせて逆転。
これで、守備的なシステムに切り替えて逃げ切りを図るも38分・42分とゴールを決められ3−2で逆転負け。
残り7分の悲劇でした。

■1点のビハインドで終わった前半はどうでしたか?10分での失点でしたが・・・。

サッカーにおいて1点取られることは相当つらいですからね。とられちゃダメなんですよ。

■後半、3−5−2と前を3人にして攻撃的にシステムを変えました、
その後2点が入ったわけですが、この効果ですか?

結果そうですね。でもよく2−1にしたなと思ったんだけどねぇ・・

■逆転したあと、また守備的システムに戻し、「守るぞ」という意識で
統一されたと思うのですが、残り7分で2失点。どうなってるの?

上位のチームは、実は積極的に点を取りに行こうとは思ってなくて。考えて打ち合うと負けてしまう確率も上がるからね。でも、リードされるとそうはいかなくなっちゃったので、行かざるを得なかったっていうことだろうね。
結局コンサドーレは最後は打ち合いに負けたってことになるよね。しっかり守ってれば守れるって事が確立されてないってことがはっきりしたね。
リードして、向こうの前に出てくる格好を守るっていうのはね楽なんだよね、本当はね。

☆6月24日、ホーム厚別で横浜FCと対戦したコンサドーレ札幌。
前半は0−0.後半早々西嶋がペナルティーエリア内で相手選手を倒しPKを与え先制されてしまいます。
後半28分に西嶋のヘディングシュートが決まり同点。
この後も猛攻をしかけるも1点が取れずドロー。
第二クールに入り、波に乗れないコンサドーレ。8位に後退です。

■後半開始早々の失点。ゲーム開始直後は難しい時間帯なんですか?

穴はいつでもあるよ。もったいないですよね。
守備の準備が遅い!攻撃の準備があるにしても、もっとしっかり準備しなきゃ。

■西嶋と宮沢がボールをお見合いしたすきから生まれてしまったピンチで
相手選手を倒してしまったのですが、連携ミスですよね?

そういうことになるけど、守備の準備がはやくできてれば判断できたことだったよ。

■西嶋の同点ゴール、失点のきっかけを作ってしまった西嶋の意地のゴールでしたよね?

いいゴールでしたね。

■攻撃で言うと、横浜よりも13本も多い19本のシュートを放ってゴールは1つ・・。
これはどう思いますか?

しょうがないけどそういいたくない。もっと後半の40分間くらいは迫力あった。
でもそれ以外は、ゴールに向かう姿勢がないの。
切羽詰った状態になってやっと・・・っていうことが多いの。
それじゃおそいのね。40分にやってゴール決まらなくても、90分でやってたとしたら確率も上がるでしょ?

■昇格圏内の3位との勝ち点は今季最大の15に開いてしまいました。大丈夫?

気にしてよそろそろ!
5連勝2回しないともうだめだよ?相当な差だということに気づいてます?

☆明日土曜日はアウェーでベガルタ仙台と対戦です。

■現在3位の仙台。、前回は開幕戦で当たって1−0で負けてます。最近の仙台の状態は?

悪くない。安定してるよ。

■3位の仙台、ぜひ叩いておきたいと思いますが。弱点なんてありますか?

仙台は・・積極的に前に来ないので、勝つための守備をちゃんとするので札幌のボール支配率が上がるほど・・罠だったりするんだよね。

■戦い方は?

とにかくね・・打ち負けないこと!!!

ページトップ

6月19日(金)野々村芳和さんのコンサドーレ情報(のんのんは今日も電話でご出演)

☆6月14日、ホーム厚別で徳島ヴォルティスと対戦したコンサドーレ札幌。
前半26分、エースキリノのゴールで先制したコンサドーレ、しかし後半21分に追いつかれ1−1のドロー。
聖地厚別といわれたのが懐かしい・・・。
今は11戦未勝利、なぜ勝てない??!

■前の試合に続いてキリノが先制ゴール、前半はいい流れで試合を進めてましたよね?

札幌のほうがよかったね。まあ、いつも前半はいいんだよ。

■2点目が取れません。何が足りないのでしょう?

ちょっとそこは個々の能力とかもあったり、もっといい体制の人間にパスしたら得点に繋がるのに・・っていうことが多いんだよね。頭をつかったプレーやアイデアは生きてくるんだよね。
でも、個人的にアイデアを持っていて試合に反映されたとしても、チームとしてすぐに劇的に変わるわけでもないしね。
だから、チームとしてどういうサッカーを目指すのかをもっとしっかりさせる必要があるっていうことだよ。

■同点に追いつかれたのはセットプレーですが、流れの中のシュートより防ぐ手立てはあると思うのですが、どうなんでしょう?

せっとぷれーは止まってるところからでしょ?・・どうにもならないよね。
でもしょうがないと思うしかない。
こういうことがあるので、1点だけじゃなくて2点取れるようにしなきゃということが先だよね。

■ホーム厚別で11戦未勝利、なんでホームで勝てないんでしょう!!
室内のピッチに慣れて軟弱になったんでしょうか?

そんなことはないでしょお?でも、ドームと比べるとボールも転がらないのでね。でもそれは・・ないでしょ?

■次は、クライトンが合流する予定です。クライトン頼りですか?

そうはならないと思いますよ。いないゲームもしっかりやってましたし。クライトンがいることで後半はクライトン頼みみたいのがあるかもしれないけどね。前半、飛ばしすぎる傾向にあるので、後半はクライトンがボールを持って時間を作ってくれることで、ほかの選手が少し休めるっていうメリットがあるからね。

☆21日日曜日、アウェーで湘南ベルマーレと対戦します。

■現在勝ち点は47で首位を走る湘南ベルマーレ、前回の対戦は0−1で負けています。
さて、ここ最近の湘南の状態はどうですか?

いいと思いますよ。序盤は守備をしっかりしてっていう感じだったけど、最近は攻撃もしっかり出来てるしね。

■首位を走っていますが、湘南の強さはどこにあるの?弱点は

強さは、これをしてれば勝てるっていうのが湘南にはある。それは守備だと思う。
ただ、首位になったことでちょっと攻撃的になってるところもあるんだけど。そう考えると、これが弱点ですかね?
試合的には打ち合いになるだろうなきっと。
前回の試合もこんな感じで打ち合いの末、湘南が後半にスタミナが落ちるコンサドーレを読んでいて、結果後半にやられてしまったのね。

☆そして、24日(水)、厚別で横浜FCと対戦します。

■横浜は現在17位と低迷していますが、最近の調子は?

あんまり上手くいかないですね。

■厚別でなんとしても勝ってほしいですが、どう戦えばいいでしょうか?

普通に横綱相撲でやりたいことやって、1点とって・・ひくところはひいていくといいね。

ページトップ

6月12日(金)野々村芳和さんのコンサドーレ情報(のんのんは今日も電話でご出演)

☆6月7日、ホーム札幌ドームでサガン鳥栖と対戦したコンサドーレ札幌。
前半は両チームとも決め手を欠いて0−0。
後半7分、キリノのゴールで先制、しかし29分、34分と立て続けにゴールを決められ逆転されると、1点を追いつけずに試合終了。14試合ぶりの黒星で順位もひとつ下げ、6位と後退してしまいました。

■キリノの先制ゴール、6試合ぶりでした。これでいけると思ったのですが・・・・。

ああいう試合で1点先にとったら、ポンポンいけちゃうかと思ったんだけどね。

■シュート数は、コンサドーレ17本に対して鳥栖は11本と試合は押し気味でしたよね?
あと、1点取れてれば楽だったと思いますが・・やはりクライトンの欠場が響きましたか?

2−0にしたらこれで決まってたとおもうけどね。
ん〜。あるところではクライトンの良さを考えれば響いてると思うけど、前回の試合のときも話したけどクライトンじゃない良さっていうのが出て、結果的に勝てたっていうこともあるのでね。

■試合終了後、DFのチョウ選手がガックリ倒れこんでしまいましたが、失点まではしっかり抑えていました。
あの2失点に関しては・・どうしちゃったんでしょうね?

結果抑えてたってだけで、まだちょっと、甘さもあると思います。1点目なんかは単純に抜かれて入れられたパターンだし、もうちょっとしっかり集中しないと、サッカーやるに当たって何が一番大切かというところが曖昧になってると思うんだよね。

■石崎監督は「まだ甘さがある」といっていましたが、どう修正していけばいいと思いますか?

コンサドーレのやり方はいいと思うけど、90分間ピリピリしたムードを保って集中してやらないとダメだってことだと思うよ。2点目の失点はダニルソンがコーナキックで競り負けてそれが得点に繋がってしまったんだけど、ダニルソンは攻撃面では競り負けるなんてこと考えられないのに、守備になるとその様子も一変する・・。
でもそんなこと考えられないでしょ?
攻撃で出来ることが守備になると甘くなるっていうのは、集中力が足りないからっていうことになると思うの。
あれが一番足りないところ。意識の問題だよね。頭の中に攻撃の割合が多いのかもしれないけど、あんな場面で負けるようじゃ、攻撃がいくらすごくても負けるよね、確実に。点取られちゃうんだもん。
勝敗を決めるのはペナルティーエリアの中。それは相手チーム側でも同じこと。そう考えれば、それぞれのやるべきことってわかってくると思うんだよ。集中してればね。

☆14日日曜日、ホーム厚別で徳島ヴォルティスと対戦します。

■現在の勝ち点は31で並んでいますが得失点差でひとつ上にいる徳島、先月の対戦は、点の取り合いで3−3の引き分けでした。ここ最近の徳島の調子はどうですか?

あいかわらずいいレベルは守ってますよ。

■この試合、気をつけなければいけないのはどこ?だれ?

最近点が取れてないってのを考えると、失点はしないこと。いかにして点を取るか。後一歩のところ。もうひとつのアイデアがあれば点が取れたっていうシーンが鳥栖戦でもあったからね、そこをよく思い出して同じことを繰り返さないように。
頭を使って、アイデアしぼってやらないとダメだよね。
勝敗にこだわれば、危ないところ・チャンスのシーンが見えてくるはずだから。
ペナルティーエリアがポイント。そこでどうするか、集中力をしっかりだしていければ・・・だね。

ページトップ

6月5日(金)野々村芳和さんのコンサドーレ情報(のんのんは今日も電話でご出演)

☆5月29日、ホーム厚別でヴァンフォーレ甲府と対戦したコンサドーレ札幌。
前半風上にたった押し気味の試合展開になりますが得点が奪えません。
結局試合は0−0のスコアレスドロー。勝ち点1をゲットしました。

■この日はかなり風が強かったのですが、風が強いときの戦い方ってありますか?
有利なのは風上ですか?

そうだね、風上だと押し込まれてもクリアしたボールが飛ぶので前に進みやすい。
でもパスは繊細に出さないと難しいよ。
後半風上になるほうがいい・・かな?僕の場合はコイントスのときそう考えて選んでましたね。

■風上にたった前半はコーナーキックが9本もありました。
これに後半のコーナーキック、ゴールエリアそばからのFKとあわせて18本もセットプレーがあったのに得点を奪えず!コンサドーレってセットプレーが苦手なんでしょうかね?

もうちょっととれるといいですよね、セットプレーからの得点。こういう試合あるけど、おかれてる立場もあることだしね。
でも、点が決まりそうな試合ってわけでもなかったのね。
だからこそセットプレーが大切だったんだよね。
DFも守るだけじゃなくて、守ることを考えつつ攻撃に行くことも考えていいと思うよね。
やってるんだろうけど、リスクを犯しても大丈夫っていうタイミングをみれるようになるといいよね。

☆6月3日(水)アウェーで栃木SCと対戦したコンサドーレ。
攻撃の核、クライトンが出場停止で、トップ下には砂川が入りました。
前半から攻めるコンサドーレは、運に見放されたのか、シュートがことごとくクロスバーやポストに弾かれ前半は0−0。
しかし、後半10分スタメンに奮起した砂川がゴールを決め先制するとその虎の子の1点を守り切り勝利、4試合ぶりの勝ち点3です。

■クライトンが出場停止、代わりにベテランの砂川選手がトップ下に入りましたね。これは予想通り?

予想はしてなかったけど。誰が出ても大丈夫だと思ってるのでね。

■シュートがゴールポストやバーに弾かれてなかなか決まらず、嫌な時間が続きましたね。

力の差があるので、絶対入れなきゃいけなくて「外した〜」って言うシュートというよりは積極的に狙ってたって感じ。だから惜しかった!
嫌な時間が続いたのに、よく1点とって頑張ったよね。でも決まらなすぎたよね(笑)いいシュートだったのにね。
これはやばいな〜〜って見てて思っちゃったもん。

■後半10分、藤田からのクロスを砂川がスライディングしながらゴールへ押し込み値千金のシュートを決めましたが、砂川選手のよさってどんなところですか?

このゲームに関して言えば、クライトンは一度ボール持ったら離さないじゃないですか?ということはあんまり動かないって事なんだけど砂川の場合は、ボールもらう前に結構動くの。ゴール決めたシーンもクロスもらう前は宮沢が砂川がシュート決めたポジションにいて、クロスがあがったときに宮沢が逆サイドに流れたので、ポジションを変えてすっと入ってきたからあの得点に繋がったんだよ。
あれがクライトンだったら、あんなふうに動くことはなかったかな?もう少しドンと構えてたかな?
人が作ってくれたスペースを使うとか、そういう貢献度は砂川のほうがあるかな?
もちろんシュートもねらってるけど、攻撃の幅守備の幅も広くなるってことだよね。

■この1点を守りきりました!守備陣はどうですか?

よく勝ったとおもいますよ、これは重要だったもんね!!

☆7日の日曜日は札幌ドームでサガン鳥栖と対戦します。

■現在12位の鳥栖。最近の調子は?

鳥栖は毎年終盤にかけていいチームになってくるのでね、侮れません。

■クライトン・・・!父親の看病のために帰国?!18日にチームに合流予定ですけど・・・・大丈夫?

うんそうだね。

■それまでは砂川選手がトップ下とかんがえていいでしょうか?

この前の感じで行くんじゃないの?後はコンディションとか疲れがあれば変えるかなって思うけど。

■この試合の注意点は?

まずは1−0で行くつもりでいかないとね。2点とる力はあるとは思うけど、まずは失点しないこと!!絶対条件だよ。

☆クライトン・・・ちゃんと帰ってきてくれる?の声がリスナーさんから多数!!そこでののさん・・・・

「もし帰ってこなかったら・・僕迎えに行きます!!だから・・・・せめて・・・旅費だけはお願いね♪」

とのことでした。

ページトップ

5月29日(金)野々村芳和さんのコンサドーレ情報(のんのんは今日も電話でご出演)

☆5月24日(金)ホーム厚別で東京ヴェルディと対戦したコンサドーレ札幌。
前半はお互い決め手がなく0−0。
試合が動いたのは後半。18分にクライトンからのパスを走りこんだ岡本がシュート!
この先制点がチーム通算600勝目のメモリアルゴールとなりました。
このメモリアルゴールに勝利を添えたかったのですが、ロスタイムの悲劇が再び、DF陣の隙をついた元コンサドーレの大黒に同点ゴールを決められ、まさかの引き分け。詰めの甘さが露呈した試合でした。

■またですよ。ロスタイムは悪夢。試合全体をみると、シュート3本に抑えていたので、試合全体としては守備陣はよく抑えていたと考えていい試合ですか?

ほんとにねぇ〜。まったくッ!何やってんだよ!
全体的にはよく抑えてたと見ていいけど、もったいないよね〜。さすが大黒だよねぇ。

■ロスタイムの失点、ダニルソンと宮沢がボールをお見合いしたところを大黒にさらわれてゴールを決められてしまいました。これは完全な連携ミスですね。

そうですね。ちょっとしたところがもうちょっとなんだよね。

■これで今季ロスタイムで点を入れられ勝ち越しを逃したのは湘南戦・富山戦に続いて3度目です。こうなったら勝っていて残り5分を切ったら、全員でゴール前を固めると、決まりを作ったらいいんじゃないですか?

3回目・・てことはもうないでしょ。守りきって欲しいのは当たり前。最後の時間得点されるのはどこのチームも一緒だけど、この前のゲームは1人少ないしね。もうちょっと積極的に攻撃的に行けばいいと思うのね。時間稼ぎでコーナーにボール運ぶとかしてたけど。
最後のミスで失点するなら、自分達のゴールからボールを遠ざけるほうがいいでしょ。
守備をさせて、攻める時間を与えないのがいちばんなんだから。難しいところだけどね。

■勝てませんでしたが、J通算600ゴールを岡本が決めました。本人もうれしいものなんですよね?

その時はなんとも思わないだろうけど、いつか新聞なんかで自分の名前が出てうれしいと思うのかもね。

■これで第一クールが終了しました。この時点で6位という成績はどうですか?

まぁまぁですね。序盤勝ち点取れなかった割にはよかったかな。でも上が伸びてるので、これ以上は離れられないな。

■J1昇格については?

十分あるよ。3つあったロスタイムの失点がなくなればもう少し違うしね、伸びシロはまだある。十分いけると思うよ!
第二クールまで時間もないし、反省点をふまえつつやっていく、しっかり戦えるようにならないとね。
コンサドーレはいろんなところで試してきたっていうがあるので、第2クールではそれを発揮していくんじゃないのかな?

☆第二クール初戦はホーム厚別でヴァンフォーレ甲府と対戦します。

■現在4位の甲府、最近調子は?

上位にいるしいいチーム。最近は運もあるのでね。まあ、運に限っては続くもんじゃないけどさ。

■気をつけなければいけないことは?

甲府はパスを回してくれるチームなので戦いやすいっていうのがあるので、プレッシャーを上手くかけていけるかなってのがあるんだけど、
最近はおおきい選手もいて長いボールつないでくる場合もあるので注意だね。

■戦い方は?

まずは勝たないとね。ホームだし・・・。いけるでしょ?!

ページトップ

5月22日(金)野々村芳和さんのコンサドーレ情報(のんのんは今日も電話でご出演)

☆5月16日、ホーム札幌ドームでFC岐阜と対戦したコンサドーレ札幌。
前半28分、DFの西嶋のゴールで先制すると、後半早々岡本のシュートが決まり2点目。駄目押しは後半20分上里のゴールが決まり3−0。前節の失敗は繰り返さない、守備陣が集中して相手の攻撃を跳ね返し570日ぶりのホーム完封勝利です。

■ののさん他局で解説してて、3−0って予想してましたよね?

予想してましたね、なんとなくですけど。

■前半からコンサドーレペースでしたね?
西嶋の先制点もいい流れでそろそろほしい時にとってくれましたね。

そうですね。あんな簡単に。個人の能力でとれてよかったですね。

■後半に岡本・上里のゴールで2点を追加しました。中押し・駄目押しと、理想的な得点でしたね?

あれで楽になりましたし、ほぼ決まりましたよね。自分で決めることが出来た、いいゴールでした!

■これで3試合連続で3得点、攻撃陣の調子は上がってますね?

点は取れますね!!

■後半15分過ぎから失点が多かった守備陣もしっかり集中力が途切れることなく完封しました。
何がよかったですか?

それはよかったよ。あの試合は前の岡本・藤田・砂川の守備がよかったよ。
そのおかげで後ろの選手だけで守らなければならないということがなかったですからね。簡単だったと思います。

■石崎監督は「後半の30分あたりから攻められてしまう、終盤にかけての体力維持」を課題に挙げていますが、いい方法はありますか?

うん、最後ね。この先は必要だけど今は若い選手が多いのでもつところまでやったらいいよ。昇格が見えてきたころにそこらへんはコントロール出来る様になったらいいと思いますけど。もっともっと強くなるから大丈夫!がんがん若いうちから走ったほうがいい!今はおっさんみたいなサッカーなんてコンサドーレには必要ない!!

☆20日水曜日、アウェーで水戸ホーリーホックと対戦したコンサドーレ。前半は水戸に再三攻め込まれるも、ゴールを死守し0−0.後半途中からは、砂川を投入。攻撃的布陣で挑むもゴールを割ることは出来ず0−0のドロー。勝ち点1をゲットしました!

■前半は水戸ペースで攻め込まれました。石崎監督もコメントで「試合の入り方が問題。立ち上がりから集中して入ってない。」と言っていました。
試合の入り方というのは、メンタル面・技術面で難しいものなのでしょうか?

あんまりよくなっかね。集中力は・・それだけの問題じゃないな。相手のやり方もうまかったし、グラウンドに適応したサッカーが出来てなかったね。ボールが早く回転するようなグラウンドコンディションだったと思うんだよね。
やりながらうまく調整していかなきゃいけないんだけど、それが出来てないのが見てて歯がゆかったよ。
対応できたら随分違ったとおもうわぁ。
集中は最初からしてると思うの。その上でグラウンドのコンディションも把握していく必要があるっていう意味が込められてるんだよ。本当にもったいなかったって思うよ。

■前半、守備陣は頑張りましたね。これで2試合連続の完封。何が変わりましたか?

相手がボール持ったときの守備って言う点ではよかったね。

■後半、砂川を投入して攻めに行きましたが、ゴールは遠かったですね?

ミスが多かったもんね。ミスに見えなくても、グラウンドにあったやさしいパスさえ出来てれば・・っておもう。

■結果、勝ち点1でしたがこれについてはどう評価しますか?

いいんじゃないかな?あの状況で失点がなかったって言う点ではね。
勝つことよりも、負けなかったってことがJ2では大切です。

☆24日、日曜日、ホーム厚別で東京ヴェルディと対戦です。第一クール最後の試合です。

■今年のヴェルディは調子はどうですか?

けっこう選手も変わったしどうかと思ったけど、意外に頑張ってるよね。力はあるよね。

■注目選手の林・大黒なんかがいますよね?

うん。この二人はね。林君は若い選手だけど背も高いし厄介だね。それよりも、ソンファン選手がコンサドーレ出れないからね。そのほうが気がかり。試合もタイトで疲れてると思うけど、みんな一緒だからさそれは。
ソンファン選手の代わりに出る選手にはチャンスだと思っていつもどおり頑張って欲しいよ。

ページトップ

5/15(金)

☆5月10日、アウェーで徳島ヴォルティスと対戦したコンサドーレ札幌。
前半18分、西の今季初ゴールが決まり先制。
直後にはキリノのゴールも決まり2−0で前半を終えます。
後半4分に西がPKを与え1点を返されるも、5分後にはキリノがこの日2点目のゴールをあげて突き放します。
しかし。ここから信じられない展開に・・・!! 
29分・32分と徳島にゴールを決められ3−3の同点。
その後の徳島の猛攻を何とかしのぎ3−3の引き分け、2点リードを守れませんでした。

■前半はいい感じでしたよね?
18分クライトンからのコーナーキックを西がうまく頭で合わせてましたね?

いいですね。セットプレーで1−0は難しいところを決めたというのはすごくよかったと思うんですけどね。

■好調キリノが2得点、。これは本物ですか?キリノが優れているところってどこでしょうか?

十分十分!まじめにしっかりやれること、守備も攻撃もね。助っ人としては十分だよ!!

■問題の後半なんですが、3点取られています。
特に1点返して2点差になった後の2失点!何が起きたのでしょう?

頭の中の問題かな。3−2からの逆転した前の試合のときにもいったけど、こんなサッカーしてたら昇格なんて無理だって。それと同じこと。守ることに対して意識が薄すぎる。もっと集中してやれば何とかなったんだよ。

■守りに行ってもいい時間でしたよね?

2−0で終わるためには何が大切かってことを考えてないんだよ。甘く考えてるんじゃないのかな?ていうか、また足りないんだよ。
逆転の可能先だってあったよ。サッカースタイルがこのままだと、そういう可能性はもちろん残ってる。
でも、よく考えれば再び追いついて4−3で勝つことも・・・でもね、やっぱり守備についてちゃんと集中して考えられるようにならないといけないよね。きわめて不安定なサッカー。点を取れるんだから、惜しいよね。

■リーダー不在のような気がするのですが、ののさんがもしピッチにいたらどんな指示を出してますか?

どうだろ・・。集中するようにってトーンは別として相当言うと思うよ。そのほかにも危うい細かいプレーが多いと思うから、そこをつくかもね。でも、みんなわかったと思う。学んで次につなげて欲しいな。

☆明日はホーム札幌ドームでFC岐阜と対戦します。

■現在15位のFC岐阜ですが、どんなチームでしょうか?

正直言えば札幌のほうが強いな。上手く乗せないように。ってことかな、札幌って逆に相手をのせてしまうことがあるのでね、そこ気をつけたほうがいいかもね。

■戦い方はどうしたらいいでしょう?

意識の中でリードした後の形をどうするか。うまくボールはつないで相手にボールを渡さない!あとは一生懸命にね!

☆20日はアウェーで水戸ホーリーホックと対戦します。

■水戸は現在5位と好調。ぜひ叩いておきたいチームですけど・・・どんなチームでしょうか?

SFの新が怪我してるので・・ラッキー・・かな?札幌は勝てるサッカーできるんだから、危うさを出さないように意識をしっかり持って戦って欲しいよ。

■監督も選手の途中交代とか、かなり意識するんじゃないですか?

そうだろうね、期待をこめてここだって時に使いたいと思ってる選手はいると思うしね。その選手が何を求められてるかを心得て欲しいね。

ページトップ

5/1(金)〜のんのん今日は電話です〜

☆4月26日、アウェーで横浜FCと対戦したコンサドーレ札幌。
前半19分、DF西嶋がこの日2度目の警告を受けて退場となり10人に。
そのまま0−0で前半を終了。
試合が動いたのは、後半開始早々3分でした。
砂川のスローインを受けたクライトンがDFをかわし貴重な先制点。
この、虎の子の1点を守りきり1−0で勝利。
よくやった!コンサドーレ!!

■前半19分、西嶋2枚目のイエローカードで退場になりましたが、これが不注意でしたよね?

どうだろうねぇ〜。ま、審判の不注意っていう言い方もあると思うんだけどね僕は(笑)

■10人になると、やることがはっきりするからそれはそれで良しとして
考えたほうがいいんだって前にののさんいってましたよね?

そうですね。すごく風も強かったし、前半コンサドーレは風下だったので風の影響もうけてたりしたので、守ることに徹したのが功を奏したんだと思いますけどね。

■そのあと、MFの西を下げて3バックに変えましたが、この采配の意図は?

守備を厚くして、守ってるだけならそれもありかなってことでしょ。ホームだったら攻めのサッカーしなきゃっていう考えにもなりますけど、アウェーだったので割り切ったんでしょうね。サッカーわかんない人が見たら、なんともつまらん内容だって感じちゃったでしょうね。

■クライトンの先制点ですが、砂川のスローインから相手交わしてたけどね、
クライトンって機敏に見えないんだけど・・・頼りになりますね。

クライトンは機敏じゃないけど強いの。横幅もあるしさ。重要なんだよこれ。
触れると思ってもなかなか触れないから相手も焦っただろうね。

■後半19分には芳賀を入れて4バックにしました。これは守備固めですか?

そうですね。今度は相手のパワープレーに備えたっていうのじゃないですか?
長いボールを入れさせないための作戦で、良かったと思いますよ。

■よく守りきりましたね。守備のほうがだんだんよくなって来たように思うのですが、
何か変わった事があるのですか?

守備は守ること重視だったのでよかった。相手に助けられたってのもあるけどね。

■1−0でも勝ちは勝ちですよね?!

ひとり少なくてつらい状況の中、よく頑張ったよ!褒めてやっていいとおもう。おおきかったよ、この勝ちは!!

☆29日水曜日。札幌ドームで愛媛FCと対戦しました。
前半27分、MFクライトンのコーナーキックを宮沢が頭で合わせ先制。
1点リードで迎えた後半10分、岡本のゴールが決まり2−0。さらに23分でした。
ダニルソンの来日初ゴールも生まれ3−0の楽勝ペース。
しかし、31分に1点を返されると、ムードは一変。
42分にもゴールを決められ1点差。
結果、辛くも逃げ切りましたが、終了後の石崎監督は険しい表情でした。

■1点目をとった宮沢、今季初ゴールみごとでした。
普段はFWですがボランチでの出場。ボランチとはどんなポジションですか?

ゲームメーカーですよね。守備のしないといけないし、回りの選手を動かして守備の組織を作っていったり、ボールの動かし方を見極めたりするポジションなんだよね。

■どうして監督は宮沢をボランチにしたのでしょうか?

宮沢の能力をみて判断したんでしょうね。サッカー選手意としての能力をかってるんだと思います。
FWよりボランチのほうが強いプレッシャーくらう事もないですしね。

■後半、岡本・ダニルソンとゴールが決まり、ここまでは・・・いい流れでしたよね?

楽勝でしたね。はい。ここまではね。うん。

■本来は3−0で終わるべき試合でしたよね。
それが1点返されてからムードが一変しました。これはどうして?余裕がない??

3−1で終わるべき試合でしたよね。3−0で本来ならゲームは決まりなんだけど・・。連戦で疲労があったとしても・・・ね、どんなに余裕がある試合でも気を抜いたらすぐ追いつかれるってことを示した試合だったってことでしょ。
手抜いててもいいけど、ゴール前とかしめるところはしっかりやらないとね。
もしかして逆転というパターンもあったわけだしね。

■これで7位に浮上しましたが、まだ強さともろさが一緒にあるような気がしますが・・・。

その通りですね。ゲームの終わらせ方がまだ甘い。経験不足だね。

☆明日はアウェーでアビスパ福岡と対戦です。

■福岡ですが、今年から守備の要として元ジュビロの田中誠が加入しましたね。

はい。能力ある選手が入ったのは大きいですけど、チーム力はまだでしょうね。

■どんなスタイルのチームですか?

特徴ないんです。流れが向けば得点にはつながると思うけど・・・。

■戦い方は??

いつもどおりでいいんじゃないかな?セットプレーで得点できればいいけど・・・ね。

☆5日は札幌ドームで栃木SCと対戦します。

■今年からJ2に参戦した栃木SCですが、ここはどんなチームなんですか?

Jリーグ経験者が多いのでそこそこの試合しますよ。でもなかなか点が取れなくて苦労してましたね。

■GWは試合日程がかなりきつくなってます。コンディション作りも課題になりそうですね?

大事ですね。でもみんな同じだしほかのチームよりは、活躍できるイメージあるし、
出場停止で休んでた選手もいるしね。

■初対戦だと思うのですが、コンサドーレはしっかり自分達のペースで試合できれば大丈夫ですよね?

ホームだし、大丈夫でしょ!その前の試合、福岡の結果のほうが注目だと思うよ。

ページトップ

4/24(金)〜のんのん今日は電話です〜

☆4月19日、ホーム札幌ドームで現在首位のセレッソ大阪と対戦したコンサドーレ。
試合開始早々の6分、MF岡本が今季初ゴールが決まり先制。
19分に同点されるも、41分にはキリノが3試合連続となるゴールを決め逆転!
後半も絶好調のコンサドーレ、4分に西嶋のゴールで3点目、28分にはクライトンの駄目押しとなる4点目で4−1の完勝。

■これが本来の力なんでしょう??!

いや〜〜〜ど〜〜かな〜〜(笑)

■でも首位セレッソを迎えて、今までくすぶっていたものが爆発しましたね?

そうね、安易には考えられないけど力はあるっていうのを見せましたね。

■前半6分の岡本のゴール、DFからのロングボールを上手く決めてくれましたよね?
これで勢いづきましたね?

そうですね。いつも足元ばっかり各駅停車でボールつなぐことが多かったんだけど、裏をねらおうという姿勢も良かったし、岡本はドリブルして相手と接触しながら、転んでファウル狙う選手も多い中それもしないで前に前にという姿勢をみせたところとか最後の落ち着きも良かったしね。

■同点にされた後のキリノのゴール、これで3試合連続ですよ。
かなり連携がよくなってきたということですか?

まあよくなってるんじゃないですか。キリノのスタイルもほかのメンバーがしっかり理解してるようだったし、いかに信用させるかってまると、得点に絡んでるんでね。
やっぱり日本人選手から「頼りになるな」っていう存在になっていかないとね。

■キリノもそうですが、ダニルソンも含めてコンサドーレスタイルにフィットしてきたと見ていいですか?

そう思います。戦術的なことやサッカーの内容は大体上手くいくもんなんですよ。最初は、チームワークの部分で問題があったのでしょうけどミーティングを機会にまとまってきたようですね。

■この試合、攻撃だけで見ると良かったところは?

う〜ん・・・。難しいけど・・守備が良かったのでダニルソンのところでボールが取れたことかな。前でボールをとれば、シュートまでもすぐいけるっていうことだからね。

■セレッソはパスをつないでゴールにつなげるチームですか?

そうだね。攻撃のことが頭を占めてるので、守備が甘くなるんだよね。
この作戦にうまくはまったから4点取れたのかな。

■やっぱりシュートしないとなにもはじまらないもんね。シュート数21本は・・多いほう?

まあね、そうだよね。シュート数は多いほうだね。
セレッソはJ2では平均で20本くらいなのにそれを半分に抑えたっていうのがでかいよね?

■失点は1でした。守備はどうでしたか?

守備は良かったと思いますね。1点取られたところは、香川って言う選手が上手な選手なので仕方ないと思って、その先2点取られなかったことが良かったよ。

■もう一度聞きますけど・・・本来の力・・ですよね?

持ってると思うよ。でもいつもこういう試合が出来るわけじゃないからね!

☆明後日26日、日曜日はアウェーで横浜FCと対戦します。

■現在は16位に低迷している横浜FCですが、KINGカズこと三浦和良選手と、三浦アツヒロ選手らベテランは健在。今年はどんなチームですか?

上手く言ってなかったんだけど、守備をしっかりさせてよくなってきましたね。せめてもせめても前回のように得点につながるとは思わないほうがいいよね。守ってる選手が多いので。苦労する試合になるかもね。

■前節の勢いをそのままぶつけたいですね!

自信もついたし、気分もいいだろうからね。

■キリノが累積警告で出場停止ですね?代わりに・・・宮沢なんてどうかなあ・・?

いいんじゃないっすか?でも僕は石井に頑張って欲しいよ。

☆そして29日水曜日、札幌ドームで愛媛FCと対戦です。

■現在9位の愛媛。今年はどんなチームなんですか?

最初すごく良かったですよね。愛媛は監督さんも5年目でサッカースタイルも面白いです。攻撃的にくるので、コンサドーレとしては戦いやすいかなぁ・・。でも、セレッソのときのような集中力を保っていかないとダメだと思うよ。

■この試合ではぜひとも失点を0におさえてくれたらなぁ・・と思うのですが・・。

でも1点くらい取られてもいいと思いますよ。連勝を狙っていくほうが先かと。そうすれば勢いもつくしね。のっていけると思いますしね。力があることはわかったしね!

ページトップ

4/17(金)〜のんのんスタジオに登場!!〜

●今日は野々村さんがスタジオに登場!!今週からスタートしたHBCテレビの新番組「のんのん」も大好評!
勢いそのままに颯爽と登場したののさん♪今日もやっぱり素敵でしたぁ〜♪

☆4月12日、札幌ドームで今季からJ2にあがったカターレ富山と対戦しました。
クライトン・ダニルソンという要の選手が出場停止の中、先制はコンサドーレでした。
前半30分、上里からのロングボールをFWキリノがうまくゴールに流し込み先制!
そして1点を守りきって逃げ切るかと思った後半44分、まさかの同点弾を決められ、結果1−1。
悪夢のような引き分けに終わりました。

■勝てませんね〜。クライトン・ダニルソンの欠場が響きましたか?

まあ、響いたけど。リードしてたしね。ゲームの終わらせ方ってあるんですよ。

■ロスタイム直前の失点、なんでこのタイミングで失点するのでしょう?

ね?思うでしょ?この時間失点の確率高いっていうことなんですよ。

■相手はJ2にあがったばかりのチームで、札幌はJ1で頑張っていたチーム・・。
もっと貫禄ある戦いは出来ないのでしょうか?

そういう戦いして欲しかったし、その前に2−0にしておければもっと簡単な試合だったんだけどね。
ただ、最後の試合の閉め方って難しくてね、先制されている側は2−0になってもいいからギャンブル狙って1−1にしようとしてくるでしょう?そういう相手を余裕をもって跳ね返せるかどうかっていうのがチーム力・・かな。
大人かどうかってことね。

■実力は札幌のほうが上でしょう?なのにどうしてあんな試合になっちゃうの?

実力には差はあるよ。だから、4試合やったとしたら、4−1とか合計スコアがね、なるかもしれない。ずっと1−0できてて、最後に追いついた試合って「力」とかそういうのはあんまり関係ないんだよね。そこが、スポーツの面白いところでもあるでしょ?大切なんですって「終わらせ方を考える」っていうことは。

☆15日水曜日はアウェーでザスパ草津と対戦しました。
前半32分、PKを与えて先制を許したコンサドーレですが、39分に逆にPKを獲得し、キリノが決めて同点。
1−1のイーブンで折り返します。
後半に入って12分でした。
クライトンのシュートを相手キーパーが弾いたところをキリノがボレーで叩き込み2−1と逆転。
リーグ通算500試合目を勝利で飾ることが出来ました。

■6試合振りの勝利でした。先制されてもあわてなかったですよね?

多少嫌な感じもみんな持ってたと思うんだけどね。まあ、「ラッキーなPK」で追いついたということで。最初のPK1点だってアンラッキーだってだけだと思うよ?1−1になってから突き放せたのは、たくましかったけどね。

■クライトン・ダニルソンの復帰はおおきかったですね?

まあ、おおきいですよ。まあまあまあまあ・・・ね。
能力は間違いなく持ってるし、でも、実践でそれを100%もしくはそれ以上出せてたかっていうと、これまではちょっと足りなかったと思うのね。そこは人間関係などの問題をミーティングなどで解消してきたので、力も出せるようになったのだと・・勝手に思ってますけどね。

■試合を決めた選手として「キリノ」は外せないと思うんですが、ダビと比べられやすいとも思うんです。そんな中で今回結果を出せたことはとても大きな意味があるような気がするのですが・・どうでしょうか?

あると思うよ。立場的にも「助っ人」っていうふうに見られがちだしね。
ダビと比べてしまうのは本当にかわいそうだと思う。
でもああやって結果を出してアピール出来たという事は本人にとって一番いいことだと思うよ。
気持ちも前向きになるし、今後3試合はポジティブにいけると思うよ。この調子でまた数試合後に結果を出せるような試合をすれば・・いいねぇ。サッカーっていうのはこういうのの繰り返しなんだよね、どの選手も。

■この試合、後半途中から出場した砂川戦手がリーグ戦300試合出場を達成しました。
すばらしいですね!

お!すごい!たいしたもんだ!!これだけ試合数重ねれば、自分のメンタルな面もコントロール出来る様になるだろうしね。褒めてやってください!!

☆あさって19日は、札幌ドームでセレッソ大阪と対戦します!

■昨年J2で4位のセレッソ大阪、今年はどんなチーム?

強い強い!強いよ!

■香川とか乾とか若手にいい選手がいますよね?

いますね、乾・香川を中心にサッカーするようなチームなので、攻められてるほうが試合しやすいと思うんですけどね。
秘策はあるけど、それをやるかどうかだよね。僕は、思い切ってやりたいことやっていったほうがいいとおもうよ。

■勝利のキーマンは?

DF、ボランチ、KPかな。KPはファインセーブ2回位かな。そして上手く前線が点をとってくれれば・・面白いなぁ!

●野々村さんがメインパーソナルティーを勤める新番組「non―non」は、
HBCテレビで毎週火曜日午前10時55分〜11時20分 ON−AIR中です!
次回は4月21日放送!ゲストは榮倉奈々さんですよ〜。見てね☆

ページトップ

4/10(金)〜ののさん電話で出演〜

☆4月5日、アウェーでJ2 2年目のロアッソ熊本と対戦しました。
前半13分、熊本に先制されると27分にも追加点を決められてしまいます。
そして、前半35分にはセンターバックの趙のバックパスをキーパー荒谷がまさかのトラップミスでオウンゴールを許し3失点目。悪いことは続きます。41分にクライトンがレッドカードを受けて一発退場。後半にも失点したコンサドーレ。なんと4−0の完敗・・、順位は16位となってしまいました・・・。

■1点目と2点目は完全に守備陣を崩されての失点ですよね?
はじめの2点、なにが良くなかったですか?

しっかり守ろうという気があるのかって・・正直もう忘れたい。びっくりしたよ。

■オウンゴールの3失点目、これはどうしたんですか?

パスがきつかったこともありますよ?基本的にはバックパスはゴールを外してやるっていうのがあるんですけどね。でも、あれはトラップしないと!(荒谷トラウマにならないといいけど・・?)ね?でももう忘れてやるしかないだから。

■攻撃陣では要のクライトンが一発退場してしまいました。
こうなると建て直しがきかなくなってきますよね?

クライトンは相当イラついてたね。前半で3−0ってそりゃおかしいでしょ?っておもうしね。そのせいかひとつひとつが雑になってた。建て直しに関しては、まずこの時点で3−0だったしね、何度も言うけど。

■これでJ2最多の6試合で10失点、守備陣が崩壊した試合でしたが、
何がよくないの?どう立て直したらいいの?

メッセージも来てるんですよ、この件で。

「コンサはどうしちゃったんでしょう?これが実力なのか?まだまだ巻き返す時間はたくさんありますが、こんな状態では昇格どころじゃないですよ!何が悪くてこれからどうしたらいいのか、ののさん、教えてちょうだい!(ラジオネーム B自由席さん)」

10失点!ワオッ・・・。教えてちょうだいって・・・僕も教えてほしいよぉ・・・・。

監督はね、もっとしっかり守備もして攻撃的にやりたいっていうのは選手に伝えてると思うのね。選手の中には「攻撃的に」っていうほうが強く頭に残っちゃって、面白い以前にリスクのあるサッカーをやってしまう傾向にあると思うんだよね。そうなっちゃうと、出来たときはすごく面白くて得点もたくさん入るようなサッカーをやると思うんだけど、リスクも大きいから大敗する可能性も大きくなっちゃうんだよね。その辺のサッカーのイメージがしっかりしないとだめなんだろうね。頭のイメージのバランスがちゃんとできないと、このサッカーは難しいものになってしまうのね。三浦前監督は、そういうリスクを減らしていくために、守備のしっかりしたサッカーだけを求めたんだよね。っていうことは、これからコンサドーレの選手がもう少しレベルアップして成長していかなきゃだめってことなんだと思うよ。

■攻撃陣も形は出来ても得点までいきません。足りないものは何?

ここは能力の問題。でもできるやつはいるはず。それを出していってほしい!

■初出場のルーキーFW上原はどうでしたか?

試合にあんまり出てないけど、チャンスがめぐってきたら結果を出せる人になってほしいね。上原だけじゃなくてね、このほかの選手でまだ試合に出てない選手も、チャンスがきたら自分の能力をしっかり出すことが出来るように準備しておいてほしいと思うよ。

■石崎監督は「戦う気持ちが足りない」といっていました。

サポーターからもこんなメッセージが来てますよ。「先日の試合は最悪の試合でしたね。選手の一人一人の気力が感じられず、反則やミスも多く、チームワークもばらばら。ただ試合をしてるだけで、ピッチにたっている選手は戦う気はあるのでしょうか?
今のコンサドーレにはきれいなサッカー、きれいなプレーはいらないです。もっとがむしゃらに一丸となって勝つサッカー負けないサッカーを目指してほしいです。(ラジオネーム 道産子コンサさん)」
とのことでしたよ。確かにそう思いませんか?

お〜〜〜〜ッ!!その通りだ!いい意見だ!チームワークを良くして、それは外から見ても「あのチームはチームワークが出来ている」と思われること。みんなで協力し合っているように見えないとダメ。若い選手ばっかりなので、ひとつにまとまること自体今は難しいのかもしれないけど、誰かがリーダシップとって出来たときには強いと思うよ。
今は若さゆえ、個の力と今後のことも考えて「俺頑張んないと」って思いがちだけど、そうじゃなくてチームが勝つことで自分の評価もあがっていくことを理解しないとね。

☆さて、あさって12日、日曜日は札幌ドームでカターレ富山と対戦します。

■今年JFLからJ2に昇格したカターレ富山、ここはどんなチームですか?

Jリーグでの経験がある選手がほとんどいないので、そういった面から見ても格下でしょうかね。

■大問題はクライトン・ダニルソンが出場停止です。どうしましょう?

ほかの選手のチャンスですから。日本人同士だし、意思の疎通もしやすいかもしれないよ。

■メッセージが来ていますよ。

「喉から手が出るほど勝利がほしくてたまりません!早く目覚めよコンサドーレ!!ドームの神様!勝利をお願いします!もちろん応援に行きますよ〜!磐田戦から一年ぶりの勝利そして美酒で酔わせて〜!!岩沼君、チャンスだよ!!(白石区 ピッコリン♪)」

みんなで頑張ってるなって思ってもらえるサッカーしてほしい。頭使って、組織的なサッカーをしてね。勝てる相手には確実にというよりは泥臭くいってほしいね!

ページトップ

4/3(金)
〜ののさんは、電話でんねんの巻き〜

☆さて、今週もコンサドーレ札幌、元キャプテンの野々村芳和さんにいろいろ伺って いきたいと思います。
ののさん、宜しくお願いします。
3月29日、アウエーでファジアーノ岡山と対戦したコンサドーレ札幌 前半21分、前節キリノと衝突して負傷退場したMFの上里が20メートルのミドルシュートをきめ先制します。
是班を1点のリードで迎えた後半、攻めるもなかなか追加点が取れないでいると、23分に同点ゴールを決められてしまいます。試合は、このまま終了のホイッスル、J2新加入の岡山と引き分けにおわりました。

■序盤からいい形で攻めていましたね?

まあまあだったと思います、点も先に取れたし・・負ける要素が見えなかった試合だったんだけどね。

■上里のゴール、見事でしたね?

そうですね。

■前節、怪我で8針縫う怪我したけど・・恐怖心なんかはなかったんでしょうかね?

頭のおでこの辺りだと嫌だと思うけど・・そういうスポットじゃなかったら大丈夫かな?

■そのあと、追加点がとれませんでした、ここの攻めはどうでした?

いやあ・・・90分間ずっと攻められるっていうことってまずないので、いいとき・チャンスがあった時にできるかどうかでね。そのためには2点は取らないとね。2点取れば勝てるんだって監督も言ってるけどね。サッカーのイメージは2−1だって。チャンスがないわけじゃないんだから。これを生かして誰が取るかっていう話でしょう?

■結局、後半23分に追いつかれてしましいましたが、この失点は?防げませんでしたか?

防げないこともないと思うけど・・。2−1って言う試合が出来るかっていうほうが大事だよ。1−0の安定した試合よりも、今のままで「いけいけ!」っていうほうが伸びしろあるとおもうんだけどなあ・・。
守って安全に試合を進めることも出来なくはないけど、それをやると面白くないっていうところもあるでしょ?
そりゃ結果がほしいと思いますけど・・もう少し様子見ません?辛抱してくださいよ!

■このあと選手を代えて反撃にでますが、引きわけでした、新加入のチームですから勝ちたかったですね。ところで、岡山は強いの?

強くはないね。でもしっかりしたチームだよ。

■5節を終わって1勝、14位ですが、この位置は予想外ですよね?

予想外ですね(笑)内容も目指してるところはいいけど、到達してないのでね・・。でも続けることでしょ。

■勝てない原因はなに?たくさんのメッセージも来てますよ。

間違いなく攻めてるんです。てことは相手は必死に守ってるってことでしょ。
サッカーのゴール7・52mの幅の中に10人出されたらいいシュートも決まらないでしょ?
DFがどんどんくるわけだから。これって難しいのね。
だから、カウンターを狙うといいんだけど、こればっかりも面白くないので・・・。
面白いサッカーするなら、たくさんのDFのなかをどう抜けて攻めていくかという個人の能力をあげていくこと。
ですかね。

☆さて、あさって、日曜日はアウエーでロアッソ熊本と対戦します。

■この昨年J2に上がってきて12位の成績だったロアッソ熊本、ここはどんなチームなんですか?

う〜んまぁ・・。そこそこっていう感じでしょうかね?本来なら勝って当然ていう位置づけだと思うんですけど、今はね・・
J2でもそんなに差がないのね。

■ここには、元日本代表のMF藤田俊哉(としや)選手、元札幌のDF市村選手、河端(かわばた)選手がいますね?

いますね。札幌の2人は頑張ってると思うよすごく。藤田もベテランでいますしね。中心は藤田でしょうね。ベテランらしい試合の仕方を知ってますよね。でもそこは、コンサドーレの若さで圧倒するくらいでいかないとダメですよ。

■札幌が勝つにはどう戦えばいいですか?スタメンは上原っていうニュースもでてましたけど、キリノがまだダメみたいですし・・。

右サイドのアタッカーで出るかもしれないしね。どうかな、初めての選手のフレッシュさでいいと思うよ。

■勝つ試合をするためにはさっき言ってた様に、攻め込んでいく中でカウンターも織り交ぜた試合運びが重要って事?

でもそれは難しいと思うよ、いきなりは。押し込まれることもあると思うけど、奪ったらすばやく攻めていくこと。こういうアイデアは選手が持ってると思うからね、それを信じて。スピード感のある試合がいいね。

ページトップ

最新の語録へ