Back> 

野々村芳和語録


2007年1月〜3月
3/30(金)
♪ののさんは今日も電話だよ〜♪
☆25日(日)、コンサドーレ札幌はアウェーの山形でモンテディオ山形と対戦。
前半終了間際の44分、MF西谷がゴール直前で得たPKを自らが決めて1点先制。
この1点を後半も全員で守りきり、1対0で勝利!勝ち点3をあげました。


■厳しい試合を1点差で逃げ切りましたね。この試合はどうでした?
何か、あのぉ・・・「しぶて〜な」みたいな(笑)でもああやって勝ちたいんだと思いますよ。
ある意味、狙ってやってるところがあるんで。狙ってやって1対0で勝ってのは、たいしたもんかなって言えますね。

■この西谷が得たPKも、「あれってファウルなの?」って思ってる人もいると思うけど・・・
でも試合ってこういうものですよね?
  コンサだって相手にああやってPK獲られることありますもんね?

ありますよ。ドリブルで仕掛けるってことをしたんで。だからこそ、フリーキックやPKがもらえてね?
先週言ったかもしれないけ『仕掛けてセットプレーをとってから、1点取って勝つ』みたいな。
狙い通りというか。

■これで4試合連続完封ですよ。守備の意識っていうのが根付いてきてるって言っていいんですかね?
もう、意識は完全に根付いてますよ。

■そうなると、FW陣にもう1点取って欲しい・・・っていうのは贅沢?
もう1点ね。1対0になったら、もう1点取れるチャンスはいっぱいあるんですよ。この間もいっぱいあったんだけど。
そこで2対0にできれば、安全に勝てますけどね。でも、1点取るのが難しいんですよ。

■ランキングを見ると、得点数は少ないんですけど、失点が全チームで最少ですよね。
それが狙い通りというか。そういうサッカーしてますから。

☆さて、明日(31日)は室蘭でセレッソ大阪と対戦しますが・・・

■監督の判断で、バスで室蘭に当日入りということですが、当日入りって選手たちに影響ないの?
関係ないですよ、もう。たかだか2時間バスに乗ってるだけだから。

■対戦相手のセレッソ大阪は、ブルーノと西谷の古巣なんですよね。
今年から都並監督に代わっていますが、ののさんから見て、
  セレッソ大阪はどんなチームなんでしょうか?

セレッソ大阪は、上手くいってなかったんですよね。監督も代わったし、メンバーも中心選手がけっこう抜けてるんで。
だけど前節、京都サンガと対戦して3対2で逆転勝ちして、精神面はかなりグッときてると思いますけどね。

■「前に所属していたチームと対戦する時は、気合の入り方が違ってきますか?
野々村さんが当時のジェフ市原と対戦した時はとうでしたか?」というメッセージがきていますが・・・

多少はあるかな。その選手の性格にもよるかもしれないけど(笑)
でも俺はそんなに・・・全然。別に根に持つタイプでもないし。

■セレッソ大阪戦、コンサドーレに勝機はありますかね?
勝機はありますよ。勝機は十分にあると思うなぁ。

■やっぱり、守りを固めて・・・?
基本的にはそうなると思いますよ。ただホームだし、ちょっとね、魅せなきゃいけないと僕は思うので。
もう少しアグレッシブにいってもいいのかなって気はしますけどね。

■アグレッシブにいくときに、ホームだからっていう気負いはないですかね?
気負いはないと思うんですよ。ただやっぱり、積極的に前に出ていこうっていう気持ちがあると、
リスクを冒さなきゃいけないポジションを取らなきゃいけないんですよね。
そうすると、うまくいかなかった時に失球する確率がちょっと上がる。それを覚悟でいけばいいんだけど。

■このセレッソ大阪戦、予想は何対何?
基本的には今シーズンは多分、何聞かれても僕1対0っていうのが頭に浮かぶんですよ。
だけど、ホームだから積極的にいってほしいんだけど、(相手が)0っていうのを5試合続けたら
選手達の確固たる自信になると思うから。やっぱり(相手が)0ですね。とにかく失点はしないってこと。
逆に先に1点取られたら、2対1っていうのはあるかもしれないけど、コンサドーレが先に1点取ったなら、
多分1対0か、2対0とかだと思う。

ページトップ
3/23(金)
♪ののさん電話で登場!!お相手は赤城敏正アナウンサーと直ちゃん♪
☆17日土曜日。コンサドーレ札幌はアウェー徳島に乗り込んで徳島ヴォルディスと対戦しました。
前半は0対0。試合が動いたのは後半でした。16分、MF藤田からのクロスにFWダヴィが頭
から飛び込んで待望の初ゴール!
勢い付いたコンサドーレは20分に藤田の2試合連続ゴール、33分には西谷の駄目押しゴールが
決まり、3対0の完勝でした!


■前半はぱっとしませんでしたが、後半爆発してくれましたね!
ぱっとしなようにみせかけるのが今シーズンのコンサドーレですから。 ああやってね、なんとなく
「0」で前半を終わってるっていう所が必勝パターンだと思いますよ。
あんまりね、「いいな、いいな」っていうかたちで攻めて攻めて行っても、昨シーズンみたいに
スコーンとカウンターから1点やられてしまうのが怖いんで、ああいうサッカーを選んでやってる
んだとおもいますね。

■後半は期待のFWダヴィが待ちに待った初ゴール!やっと決めてくれましたね!!
よかったですよ!ああいうゲームで1点目をセンターFW、エースが獲れるっていうのが1番いい
んで。よく獲ってくれたと思いますね。

■そして藤田選手の2点目はとてもいい形でしたよね?
そそそ。あの2点目が生まれるのも1対0ていうリードがあったからこそ、ああいう状況になり
やすくなるんですよ。相手が攻めなきゃいけないとおもうから、守備が甘くなって、カウンターで
簡単に点が獲れるっていうね。
あの2点目も大きかったけど、1対0ていう状況にしたから生まれたシーンだったっていうのを
しっかり頭いれとかないと。
ああいうことばっかりやろうとしてると、逆にやられちゃうんで。

■そして、3点目は野々さん期待の西谷選手でしたよ。
そうですね。駄目押しという意味ではいいゴールでしたけど、あれも2点目とほとんど同じでしたね。
自陣から一気にカウンターで簡単にゴール近くにボールを運んで、フィニッシュ。
場合によっては、1対0になったら2−0、3−0、4−0っていう事がおきやすいサッカーを
やってくれているのでね。

■後半は得点を重ねながらも守備の意識は高いままだったように思えたんですが?
そこは大丈夫だと思いますよ。だいぶ言われてますから、守備のことに関してはね。
選手の頭の中、守備のことでかなり割合占めてると思いますからね。

☆そしてもう1試合。21日水曜日はホーム札幌ドームで湘南ベルマーレと対戦しました。
なかなか攻め手のないコンサドーレ、湘南のカウンター攻撃に再三のピンチを招きましたが、
今季ザスパ草津からきた守護神、キーパーの高木を中心に守り抜き0対0のドローでした。

■この試合はどうみますか?
これはですね、終わってみて0対0に抑えたということは、まず自分達がやらなければならない
ことは出来ていたかなと思います。
だけど、その前のゲームと違って1対0とう状況を作れなかったのは、これから先ずっと課題
だと思います。
勝つための準備は90分通して出来ていたとは思います。

■前半、私はハラハラドキドキでみてまして、決定的なチャンスを作られちゃった
  っていうようなシーンがありまして、ここらへんが課題ですかね?

そうっすねぇ。でも、ホームだったから、その前のゲームよりはもうちょっと攻撃を意識して
サッカーしたと思うんですけど、それが逆に危ないシーンを生んでしまったっていうことは
あるとおもうんです。

■サッカーって難しいものですねぇ!
難しいですよ!
圧倒的な戦力があるならやりたいことを全部やって、サッカーすればいいとおもうんだけど、
そうじゃなくて、こう駆け引きの中で今ある力を最大限に上手くつかうにはどうしたらいいか
っていうことでコンサドーレはサッカーに取り組んでますから。

■ということは、そういう面から見ますと3試合連続完封ですよね、守備の面では
  安定していてコンサドーレのスタイルは確立しつつあるっていうふうに見ていいですか?

そうだと思いますよ。ほんとにその通りで、なんとなくいいのかなこんな感じのゲームでっていう
印象を与える事はあるかもしれないけど、案外勝ち点を拾うための準備は出来つつあるので、
あとは少ないチャンスでしっかり得点できる選手が出てくるといいですね。

■結果、暫定の3位ですよ。この順位についてどうでしょう?
まぁまぁまぁ、いまのところの順位はそんなに関係ないですけど、上のほうにいたほうが
当然やれてるっていう充実感もあるし、まずまずの順位だと思いますよ。

■上位にいるとモチベーションも高いでしょうし、勝っているっていうことは
  すごく刺激にもなるでしょうからこういうポジションにいてどんどん行きたいですよね。

そうですね。自分達のやっていることが間違ってないっていうふうに思えるのは数字見たとき、
1番実感しやすいですから。3位は昇格圏内になるわけですからね。
そこをこう維持しながら、試行錯誤していけば。
案外ね、この前みたいなゲームしてればいいのかなって選手自信も思ってると思うけど、
今3位にいるっていうことは間違ってないなって確認できると思う。

☆さて、明後日はモンテディオ山形とアウェーで試合があります。

■新戦力を補強した山形ですが、今年はどんなチームなんですか?
山形は毎年変わらずですね。監督が代わって2年目ですけど、しっかりした硬いチームかな?
コンサドーレに似てるところもあったりして、やりにくさはあったりするかもしれないけど、また、試合的には
1で行くっていう事になると思いますよ。
0−0の状況を続けて、セットプレーで1−0にしていけば、2−0に繋がると思いますよ。
とにかく0−0を続けるつもりでプレーすることが大事かな。

■どちらにも同じくらいチャンスがあると思うから、それをいかにモノに出来るか
  っていう方に傾くっていうことですよね?

そうですね。最後のあと一歩足を出してゴールを防ぐとか、パスを防ぐとか、そういうことを
繰り返しながら、逆に今度攻めた時には防がれないような、一瞬の力が必要になるかもしれません。

■何対何という予想はどうでしょう?
コンサドーレが勝つとしたら1−0!でも0−0が濃厚でしょうね。

ページトップ
3/16(金)
♪ののさん電話で登場!!東京は今日が初雪?!
☆10日土曜日、今シーズンのホーム開幕戦。コンサドーレ札幌は札幌ドームでサガン鳥栖と
対戦しました。前半29分、芳賀が競り勝ってとったボールが藤田に渡り、これを左足でシュート。
コンサドーレが先制します。
この1点を最後まで守りきり1対0で勝利!勝ち点3をゲットしました。


■まずは、ホームの開幕戦、勝ててよかったですよね?
勝ててほんと良かったよ!

■ゴールを決めたMFの藤田選手はまだ19歳なんですね!プロでの初ゴールになりまたね。
藤田選手のいいところってどんなところですか?教えてください。

スピードがあるので、サイドのポジションで前に後ろによく走ることが出来ますよね。
運動量がある。これからもっと出てくることを期待したいね。
なによりも、あの試合で得点することが出来たことが、彼にとっても大きな収穫ですよね。

■インタビューでも結構謙虚に答えてたみたいですけど・・。
確かにあのゴールは相手の足に当たって入ったものっていうのはあるけど、それでも、そのきっかけに
絡んでいけたわけですから、良かったと思いますよ。
あのシーンは積極性がすごく出てたと思うしね。

■先週の鳥栖戦を観ての感想もリスナーさんから頂いていますが、その中にも
  特に「守備」に関することや、前回の試合との違いについての質問が多く来てます。
前回の試合との違いはどこにありましたか?

前回の試合と比べてよかったと思いますよ、そこそこね。
相手が前半で1人退場して、有利だったってこともあるのかもしれないけど、攻められてもすっごい
危ないシーンっていうところまではいかなかったですからね。

■ボールをけっこう高い位置で受けてたようにみえたんですけど・・。
初戦に比べたらそうですね。
相手との力関係や、人数の問題で優位だったんで高い位置でボールが取れてたっていうのもあるんだけど、
でも、2、3回は危ないなとおもうシーンはあったね。
そこをこれから直していかなきゃいけないね。

■攻撃陣は前半に鳥栖に退場者が出て、10人になったことを考えると
  もう1、2点欲しかったように思えるんですが・・・?

まあね、10人対11人なんだから、もう1、2点取れてればよかったよなっていうのもあるけど、
でもねこういう勝ち方で僕はいいとおもいますよ?
3点とっても4点とっても、勝ち点は3なんで、いかにしっかり勝つかってことのほうが大切。
1点を守りきったっていうことでは合格だと思いますよ。
今年のコンサドーレは「先に点を取ったら絶対に勝てる!」っていうね、そういうふうになったらいいなぁ。

■ただ・・観てて気になったのが、シュートの精度なんですが・・・。
ねえ!下手なだけ。しょうがないね。
でも、あんな時もあると思って欲しいな。試合の運び方は間違ってないしね。

■それから、FW陣がまだ点を取ってないんですけど、これは気にしなくてもいい??
まだいいでしょ?だって2試合して1点しか取ってないんだし。まだまだこれからですよ。
期待してくださいよ。

☆明日17日はアウェーで徳島ヴォルディスと、21日には札幌ドームで湘南ベルマーレと対戦します。

■今週札幌は大雪で、思うように練習が出来なかったようなんですが、
  こういう状態って野々村さんの選手時代にもあった?

ん〜〜〜。あんまり記憶にないなぁ・・。

■徳島ヴォルディスもFWを強化してるようですが、今年はどんな感じで仕上げてきてますか?
ん〜〜〜。。そこそこですよ。コンサドーレのほうが間違いなく力はある。上だと思います。

■徳島戦んは外国人選手を出さないなんて話も出てるんですが・・。
そうなの?(ブルーノはインフルエンザみたいですが・・)あらら・・。
でもね、その他の選手はそんなこと言われながらもしっかり出てくると思いますよ!

■では徳島戦は何対何??
ブラジル人選手がでると仮定して・・「1対0」でいいんじゃないの?

■湘南ベルマーレ戦はホームです。これは?
やっぱりホームの時はもう少しがんばらなきゃ。2点くらいとって欲しいよね。

ページトップ
3/9(金)
♪ののさん電話で登場!!今年の東京は春がはや〜〜い♪
☆さて、今日も元コンサドーレ札幌キャプテンの野々村芳和さんにいろいろ伺っていきます。
3日、土曜日。今シーズンの開幕戦、コンサドーレ札幌はアウェーで京都パープルサンガと
対戦しました。前半17分、京都のFWアンドレにゴールを決められ先制点を許してしまいます。
後半にはパウリーニョにも決められ2対0.
2007年のシーズンは残念ながら黒星スタートとなってしまいました。


■残念な初戦の結果ですが・・
負けたことも残念だけど、印象的にすごく残念な試合になってしまいましたね。

■要注意の京都の2TOP、アンドレ・パウリーニョに決められてしまいましたね。
結果は出しますからね、彼等は。

■ブルーノを中心とした守備陣はどうでしたか?
最終ラインのディフェンダーがよかった、わるかったってことじゃなくて、
全体的には守ろうっていう意識はすごくあったと思うよ。押されてるシーンが
すごく目立ったゲームだったけど、押されてても最後に得点をきめられなきゃいいっていうやり方なんですよ。
だけど、得点されたあと成す術がなかったなって感じがしますよ。

■攻撃ではシュートが5本と!・・・打てなかったですねぇ・・。
打てなかったねぇ・・。

■中山・ダヴィの2TOPはどうでしたか?
ダヴィに全くボールが行かなかったですね。全く。1点とられるのが早かったので、
もうちょっと攻撃的にいけるかなっておもってましたけど、行こうと思ってもいけなかったんでしょうね。
ダヴィも結果守りに入ったりして、なんかこう・・印象が良くなかったなって気がしますよ。
90分間の印象がね。

■後半は怪我で出遅れていた大塚を入れてきましたね。
  闘志剥き出しで、コンサドーレにとって重要な人
だなって思ったんだけど・・?

あぁ・・。まあそうですね。
あのポジション誰が行くの勝手前から話題になってたけど、特に決まってないと思うんですよ。
試行錯誤しながらの初戦だったんで、大塚しか・・。
他の選手も十分チャンスも時間もあるので、必死にアピールするのは必要なんじゃないですか?

■期待の西谷はどうですか?
まあ、西谷も1本2本はらしさみせたけど、0ー0でいたなら1回2回の見せ場を作って
1点入れればいいんだけど、0−1ってなってるなら見せ場ももっともっと増やしていかないと!
それを見たかったね。
基本的には0−0の状態をいかに長く続けて、後半ポコっと1点とるかっていうのが当面の目標だと思うけどね。

■初戦の緊張もあったんでしょうかね?
まあ、お互い様だけどね。でも相手はしっかりしてたよ。チームとしてね。
個人の能力も高いし。ただね、みなさんはなんとなくイメージ・印象の悪いし試合で
この先大丈夫かなって思ったと思うんだけど、そんな試合展開でこの先も行くと思いますよ。
だけど、1点をとらせないあと一歩っていうところを体をぶつけたりして続けていくと、
チャンスは絶対きますから0−0の状況を続けられるかっていうことなので、そう思ってほしいですね。

■京都との格の違いっていうのはあった?
それはなかったと思うよ。でも、相手は監督も作戦も変わってないし、
やりたいことっていうのは浸透してるんですよ。札幌はそこがまだですからね。忍耐強さがまだかなって。

☆明日はサガン鳥栖と。ホームゲームとなりますが・・。

■鳥栖も初戦落としました。この試合に初勝利をかけてきます。
  今シーズンの鳥栖はどうですか?

キャンプで見た時はよかったですよ。サッカーのスタイルの生きがいいんですよね。
攻めるべきゴールの近くでサッカーするチームなので、背後のスペースをつかれて
0−5でしたよね、初戦は。大敗をする可能性もあるし、はまったらけっこうおもしろいサッカーしますよ。

■札幌の戦い方は?
やっぱり「守り」はキーワードですから、守れるという武器をしっかりもってやってほしい。

■では何対何?
1対0!
アグレッシブにいってほしいけど、まずは守って、1点を取る。

■ホームゲームのチケットの売れ行きがいまいちとか・・?これは?
たくさんの人に見てほしいと思うけど、今はまず勝ってからかな。それからだよ!まずは1勝!!

ページトップ
3/2(金)
♪ののさん電話で登場!!
☆いよいよ明日からコンサドーレ札幌も本格始動!シーズン開幕です!!


■今シーズンから三浦監督に代わって、新生コンサドーレがスタートし、
  キャンプも順調に送ってきました。
このキャンプ中の練習試合は9戦で負けなしと上々の結果!
ののさんからみて、キャンプの出来はどうですか?本番に向けての準備は何点くらい?

けが人もそんなになく、開幕を迎えられそうなのでまずまずといったところがあるんじゃないですか?
監督が代わって、やり方も変わって、ある程度監督の言いたいこと、やりたいこともこのキャンプ中で
理解できるようになってきたかな。まずまずの出来だと思いますよ。

■新生コンサドーレのいいところは?
守備。守備の意識かな。やられないようにしようって言うのは去年よりある。

■三浦監督がJ1昇格の条件として「勝ち点90以上」を選手に明言したそうですが?
出来ないことはない数字だし、「90」っていう数字行かないと昇格はできないでしょ?
「88」とかで3位いけるかな〜って感じだしね。

■いよいよ明日が開幕戦、アウェーの西京極で京都パープルサンガと対戦します。
明日のFWの先発は誰を予想しますか?

どうなんっすかね〜。中山とダヴィとかかな?

■先週はダヴィはなかなかいいということで合格点出てましたけど?
でもね、これからだからね。とにかく点を取ってくれればね。

■今年のコンサドーレのキーマンは??
誰だろう・・?守ることは出来ると思うから、チャンスメイクできるかどうかかな。
去年よりは攻めるっていうのは時間的に短くなると思うので。
だから、得点のチャンスを作ることが出来る人がいるかどうか。その選手がポイントになってくるでしょうね。

■対戦相手の京都パープルサンガは今年どうでしょうか?
いや〜。力はあるでしょう。戦力的にも京都とヴェルディは上位2チームに入ると思ってますから。

■今回のキャンプでコンサドーレとしては課題が3つ見つかったそうなんですが、
  その中でセットプレーから得点されるパターンが多かったということがあるそうで。
  これは初戦気をつけなければいけませんよね?

それはコンサドーレに限ったことじゃなくて、どのチームも大いにあるからね。
サッカーの得点の3割はセットプレーからのものだからね。
すごく意識して2割くらいに落とせば、すごくいいとは思いますよね。

■それからメンタル面の弱さもありました。
それはね、そういう弱い面が出ないような試合をしていかなきゃ。
それを期待しますね。

■開幕初戦ってやっぱり特別な気持ちなんでしょうね。
特別特別!緊張感もあるし。
だからね、そんなに大差がつくっていうゲームはないんですよね。
みんなモチベーション高いでしょ。どこも負けてないんだから!

■では。今年初めての予想は?
今のやりたいことを全部だしたサッカーだったら、「負けないこと」が大切!
1対0もしくは1対1。
失点を出さないこと!!

ページトップ
2/23(金)
♪ののさん電話で登場!!お相手は一平さんと山田泰子アナ!!
☆ののさん、今週もコンサドーレのキャンプを視察してきたんですよね?
今日はののさんのキャンプリポートということでいろいろ伺っていきたいと思ってます。


■今回のキャンプ視察は2回目ですよね。
気付けば開幕まであと1週間!どんな練習をしてましたか?
僕が行ったときはちょうど神戸と練習試合してたときだったんですよね。

■選手の状態はどうでしたか?
ブルーノと西谷が別メニューでやってたんですけど、まあね、そろそろ調整に入る頃かなと。
体をいじめるのはもう終わって、無理しないで開幕に向けて体を調整し始める選手が出てきた頃です。

■2回目の視察でしたけど、今回目をひいた選手は??
個人では特にいなかったけど、チーム的には守備はまあまあ出来てきたかなって感じ。

■そんな中、先週も名前が挙がってましたがブルーノ・ダヴィ・カウエの外国人選手はどうですか?
うん。ダヴィはなんかイライラしてたけど、まああんなもんなんじゃないの?
なんかうまくいかなかったんだろうね。まだ若いしね。

■それはフッキみたいな感じって事?
フッキよりはまだいいかな?おとなしいよ。フッキよりは。

■ブルーノは?
あいかわらずいい人でした。素敵な選手でね(笑)ただ走ってるだけだったけどね。
それよりも、良かったのはカウエ!カウエはさすがはもとU−18ブラジル代表だなっていうのが
シュート1本にちゃんと出てましたよ。
・・だけど、聞くところによると「あれはまぐれだ」っていう人もいたけどね(笑)

■でもまぐれだって、それがきっかけで調子上げてけば問題ないもんね?
そうそう。しかもカウエは中盤の選手なんだから、難しいと思うのね。今の日本のとか三浦監督のサッカー
を理解しながらってなると。

■その三浦監督は前監督時代の3バックから4バックにしましたが、その効果は?
守るって事に関してはいいんじゃない?失点の数は減ると思う。でも、点とらなきゃね。いけないわけだから。
そのバランスをどこでとるかですよ。今まで攻撃8割だった頭を、今は・・守備5攻撃5っていう頭かな。
いちばんいいバランスは攻撃6守備4っていうのが理想かな。そう考えると、ちょっと守備に頭がいきすぎ
てる気もするよね。

■来週の土曜日には開幕戦で京都パープルサンガと対戦します。レギュラーは見えてきました?
ほぼね。11人のうち9人は決まってると思いますけどね。それ以外はわかんないっ(笑)

■今年のコンサドーレは昨年以上に手ごたえを感じるというサポーターの声も多いですが、
ののさんはどうおもいますか?練習試合だけでみれば7戦負けなしなんですよね。

ほぉ。そうですか。まあ、負けなしっていうのは悪くないね。
天皇杯でいいとこまでいったっていう印象と、今年のJ2の他のクラブの戦力からすると、差はないと
思いますよ。

■J2のチームのなかで「来そうだな」っておもうチームは??
ヴェルディじゃない?だって仕方ないって、あの戦力は。あの戦力を素直に足してくと、間違いなく
1番強いよ。でも、その足してくことが苦手なんだけどね、ヴェルディってさ(笑)

■その他は?
混戦じゃない?でも、もしかしたら京都が来るかもね。
J1から落ちてきたとこんだけど、戦力的に重要なところは他のチームに持ってかれてないのね。

■混戦模様の中でコンサドーレは上位には入る?
僕の感覚では上から4番目くらいにはいるんじゃないかな?っておもうけど。

ページトップ
2/16(金)
♪ののさん今日は電話で登場!!
☆2月9日、コンサドーレ札幌は韓国Kリーグの水原三星と練習試合を行ないました。
主力組が出場した第1試合では、西谷の活躍で2対1で勝利。
第2試合も石井のゴールで1対0と逃げ切り、勝ちを拾いました。


■MFの西谷がいい動きを見せていますね。
この試合でもゴールを決め、ダヴィの先制点にも絡んでいますし。
今シーズン、西谷が司令塔的な役割を果たすのですか?

西谷、いいですよね。僕キャンプ見てきたんですけど、誰が頑張ってるかよ〜く見てきたんです。
そのときもね、西谷、動きがきれてましたね。目立ってたね!
西谷とも話たんだけど、僕が「動きいいんじゃない」って言っても本人は「そうですか?」みたいな
感じでねぇ。
司令塔的役割というか、チャンスメイクは絶対してくれると思うので、それよりも、全試合コンスタントに
出れるようなコンディショニングが出来るかどうかでしょうね。

■ののさんがみて、キャンプで西谷のほかに目を引いた選手はいましたか?
やっぱりね、外国人選手はどんなもんかなって思ってみてたけどね。
FWのダヴィは潜在能力はありそうだなって思いましたね。あとは、西谷と同じでコンディションの問題と、
日本のサッカーに馴染むかどうか。練習とゲームはやっぱり違うからね。
日本のサッカーって早いんですよ。せわしないというか、考える時間があまりないので、そういうサッカー
に、馴染めるかどうかでしょうね。

■一方、ブルーノはどうでしたか?
ブルーノはサッカー自体は問題ないとおもうけど、それ以上にプライベートなところでもかなりいい!
合格ですね。性格がいいというか。
ある番組でブルーノにインタビューしたんですけどね、通訳なしでやってみたんですけどこれが結構
よかったんですよ。日本語上手なんですよ。
「ブルーノ、何歳?」って聞いたら「三十路」って答えましたからね(笑)

■これはすごくありがたいことだね。
周りの選手にとってもいいことだと思うよ。親近感わくしね。こういう選手を獲得できたということは、
コンサドーレいい補強したなって思いますよね。
サッカー以外でも必要なことだからね、人間性とかって。

■ブルーノ、人気選手になるんじゃない?
そうなって欲しいなあ。もっともっと露出してさあ。

■話はダヴィのほうに戻るけど、練習試合で得点もしてるし、日本のサッカーに
  馴染むのがそんなに時間かかんないんじゃないかって気もするよね。

精神的にも安定してたほうがいいとおもうんですよね、周りも見えるし。センターFWは得点できてること
が大切で、それで精神的にもおちついてサッカーできるからね。
そういうことを考えると、吸収するスピードが上がってきてるんじゃないかなって気もするけどね。

■去年のコンサドーレは3−5−2のシステムでしたが、今年は4−4−2で戦っています。
この違いはなんですか?

簡単に言うと、一番後ろのDFが去年は3人で今年は4人なんですね。サッカーコートってだいたい幅が
68mくらいあるんだけど、その横幅に対して出てくるボールを去年は3人で守ってたってことなのね。
68÷3の割合で守備しなきゃいけなかったのね。でも、今年は4人になったので、1人頭の守備のエリアが
単純に言えば狭くなったの。少ないって事ね。
これって結構違うんだよね。走んなきゃいけないでしょ、1人頭のエリアが多いと。
だから楽にはなると思うよ。でもね、そうなると、攻撃の人数が少なくなっちゃうってことにもなるから、
サイドの今のところ西谷とか砂川とかがやってるところ、ドリブルが出来たり、ボールをしっかりキープ
出来たりしないと、なかなか攻撃につながらないかもしれませんね。

■このキャンプでそろそろレギュラーが見えてきたりしてるのかな?
だいぶ見えてると思いますよ。三浦監督もいくつかのポジション、軸になる選手っていうのはもう決めてる
でしょうね。

■監督、キャンプではどんなかんじでしたか?
三浦監督はそんなに動くタイプじゃないからね。
その代わりじゃないですけど、僕がジャージ着て玉拾いとかしちゃいましたよ(笑)
ま、先生にアピールする嫌な子みたいでしょ?(笑)
あいつら・・・みてないよなぁ〜。あえて見てくれって感じでいや〜〜な場所とタイミングでやってた
んだけどね〜。

■さて、この先のキャンプはどんな内容で進んでいくの?
もうちょっとゲームの数をこなして、スタメンを決めて、細かいところの詰めをしていくんでしょうね。
セットプレーの確認とかね。

■ちょっと話題を変えますが、コンサドーレのイケメンコンビ「石井・藤田」が
  JR北海道のPRポスターに登場するようですよ?

あら!そう!いいことじゃないですかぁ〜。どんどん出るべき!アピールしなきゃ!そして活躍しなきゃ!

ページトップ
2/9(金)
♪ののさん今日は電話で登場!!


■2月3日、今季初の練習試合をJ1の強豪川崎フロンターレと行いました。
45分の前後半で行われ、お互いに主力組が出場した前半は1対0でリードで終わりました。
昨年J1最多得点を挙げた川崎をブルーノ、曽田、池内、西島のディフェンスラインが
  しっかりと抑えてましたね!
三浦監督の初采配でしたがどうでしたか?

いやぁ、良かったんじゃないですか?三浦監督のやりたいことがうまくピッチにあらわれたみたいですね。

■FWは新加入のダヴィと相川でしたが、今はいろいろな組み合わせを考える時期ですか?
初戦としてはいい結果でしたね?

結果はよかったんじゃないのかな?今はいろいろ変わったりして不安な時期ではあると思うんですよ。
ちょっといままでとも違うしね。
しかも今回は相手が強いイメージあるからね。でも今回はその色んな面での恐怖心がいい方向に
働いたんじゃないかとおもうんですが。

■キャンプの部屋割りで主力組と控え組を混在させたり、ポジション別に組ませたりして
コミュニケーションを取らせようとしているようですが?

けっこうよくやるんですよ、こういう部屋割り。本当にガチンコ(苦手・嫌い))ライバル同士っていう
選手を組ませることもあるし、ポジションが近い選手とか、年齢的に離れてて先輩・後輩、みたいな
組ませ方をする時もありますよ。

■ののさんの頃は部屋割りはどうなっていましたか?
僕の場合は控えの選手と同じ部屋になることが多かったかな?ガチンコは・・・僕はないと思ってるんだけど
相手がそう思ってるかも・・??(笑)
よくわかんないや。

■キャンプ中の選手はトレーニング中も、休みの時も精神的にあまに休まらなくて大変だねぇ。
仕方ないですよ、キャンプ中くらいはね。

■ストレスたまることってないの?
あ〜・・。なくはないとおもいますよ?僕はあんまり感じないほうだったんだけどね。
多少ストレス感じたにしても、「それくらいなんだよ!」って跳ね除けられるようになってほしいね。

■そんな中、完全オフでストレス解消するのは大切だと思うけど、
  曽田は熊本城みて英気を養ったみたいだね。
地理がよくわからないなかでよく行ったとおもうんだけど、
  これはチームで決めた観光地だったのかな?

また曽田はわけわかんないこと言って!
場所はね、マネージャーが決めてる場合もあると思うよ。
でもねえ、英気養うために名所、旧跡を周った奴も聞いたことないよ!

■しかも曽田って高所恐怖症で、それなのに地上何メートルの
  高い熊本城のてっぺんで自分のサッカーをイメージしたみたいだよ?

あはははははははは!!どんだけマスコミ向けのコメントだしてんだ?あいつは?!
ま、でもいいことですよ。どんな環境でも自分のサッカーをイメージしてるっていうのはね。

■中には休みでも外に全くでないっていう人もいるんでしょ?
それはもちろんいますよ。

■ののさんはどっちだったの?
僕はね〜なにしてたかな〜?なんもすることなかったら「みんなでパチンコでもいこ〜ぜ〜」とかいって
いってたな〜。

■昨年の天皇杯で怪我をしていた西沢選手が合流したという嬉しいニュースが入ってきましたね。
そうですね。ただ怪我した選手は西沢だけじゃないですからね。頑張ってほしい。
でも、結果でてきたな〜って頃にチョコチョコ怪我が出てくるんで、気をつけなきゃね、みんな。

■7日には、観光Kリーグのチャンピオンと練習試合を行ないました。
結果は4対4でしたが、主力の出場した前半、西谷からのパスを新加入の
  ダヴィが左足でゴールを決めましたね。どうですか?ダヴィ選手は?

なんかいい感じらしいですよ?いまのやり方は4・4・2っていう横並びで、西谷みたいなドリブルで
パスをつなげる選手が左にいるから、中でダヴィみたいな選手がしっかり得点できるのはすごく理想的。
イメージがわきやすいでしょ。

■ダヴィはチームにフィットしてきてるってこと?
でしょうね。公式戦にもつながってほしいですね。

■特にFW争いは必死だね。
いや、レギュラーっていうのはブルーノとダヴィくらいしかまだいないと思うから、FWに限らず
みんながんばってほしいね。

ページトップ
2/2(金)
♪ののさん今日は電話で登場!!
☆22日から始まった沖縄での1次キャンプについていろいろお伺いします。


■キャンプ7日目に若手は居残り練習、そして30分のミニげームを
  三浦監督は課したそうですが、練習後に身にゲームっていうのは選手はつらくないんですか?

辛いことはないとおもいますよ?特に若い選手はアピールする場を30分ももらえたんだから。
いいんじゃないのかな?監督に自分はどこまで出来るかを30分余計にもらったわけでしょ?
この機会に見せなきゃね。どういう形であれ、練習はきっちりやらないとね。

■監督としては「若手にもっと育って欲しい」ってことだったのかな?
  30分あればその選手個人個人をちゃんと見ることも出来るしってこと?

そうじゃないかな?今は体力的なトレーニングがほとんどだと思うので、ゲーム感覚で普通にサッカー
する機会があんまりないとおもうんですよ。そんな中でサッカーできるんだし、選手も楽しかったと
思いますけどね。そうおもって選手にはやって欲しいよね。

■キャンプ中は決められたメニューをこなしたあと、自主的に、
  「自主トレ・自主練」することはあるの?

そういう選手はいるとおもいますよ?本気で「サッカーが上手くなりたい・技術を向上させたい」と
思ったらやらなきゃいけないということでやっている選手と、「意欲」のアピールのためにやってる選手も
いるでしょうが。

■ののさんの現役時代はどうだったの??
僕っすか?僕は決められた時間はきっちりやって、明日に備えてたんですよ。準備だって練習ですからね!
なんていうか〜〜〜あんまり、練習はしなかったかもしれない!!(笑)

■29日の1次キャンプ最終日には今季初の紅白戦を行いました。
  この試合でブルーノが活躍しましたね!
やっぱりののさんが言ってた通りこの選手やってくれそうですね〜!

怪我さえしなければ、間違いなく中心で試合に出る選手ですからね。

■しかも、ブルーノ選手ってかなり日本語もしゃべれるみたいじゃないですか。
  奥さんと一緒に日本語学校通ったりしてるって。

えらい!えらいよ〜〜!

■で、スポーツ紙が「ブルーノ」に漢字をあてて「青野(ブルーノ)」だって!
これ本人も気に入ってるみたいだよ!

ほ〜〜。じゃあ、もう帰化だね。帰化申請して。

■前も言葉の問題っていうのがあったけど、これは練習のときにもプラスだよね?
カタコトの日本語ってなんかかわいいじゃないですか?雰囲気もやわらかくなるし、コミュニケーションも
とりやすくなるしね。それがいちばんいいんじゃないんですか?
普段の生活の中でお互いがどういう人なのかってうのがわかるとおもいますし。
学校に通うなんて、真面目な奴だな〜〜。
あ・・・。高橋クン(直ちゃん)もいろいろ習い事してるようだけど、それはなんだい?
「あたしも真面目よ」ってことかい?(笑)

■いやいや、ののさん!直ちゃんはまじめだよ〜〜。
  体操も筋肉痛を恐れないでやってるしね〜(一平さん)

高橋クン、ほんとにね、年齢考えなさいよ、あなた(笑)

■さて。話はそれちゃいましたが(笑)1次キャンプ終了しました。
  ののさんが採点するなら、このキャンプ何点くらい?

ここはもう体を作る時期なんで、全部のメニューをこなせた選手は安心かなって。
採点はまだだね。この時点で怪我しちゃ困りますよ。

■31日には2次キャンプの熊本に入りましたね。
食事時間や2部練習の合間の時間をフリーにしたようですね。
  これで選手は昼寝や外出が出来るようになったらしいです。

コンサドーレはずっと合宿なので自由な時間がないとね。ストレスたまっちゃうよね。
他のチームは合宿しても2週間とかでしょ?
そのあと家に帰って、地元で練習っていうのがほとんどなんで、そうなりますよね。練習以外はフリーな時間でしょ。

■メリハリは選手にとって必要ってことですか?
そうでしょうね。上手にフリーの時間をつかってストレスをためずに合宿に挑むのがいい選手じゃない?

■やっぱり合宿はながく感じた?
コンサドーレの時はとくに長く感じた気がするな〜。俺は。

■自分の時間はないとね?
何して発散するかは別として、ストレスはためちゃダメね。

■川崎フロンターレとの練習試合もあるけど、この時期は相手の力量を見るためとかじゃないよね?
ん〜〜。でも、もし自分が選手だったらこの時期の練習試合は怖い気がするなぁ・・。
だって、監督が代わって、やり方もいろいろちがってさあ。しかも川崎って強いじゃない?
そことやって、いまの自分たちがどこまで通用するのかって考えたら、怖いし・・ちょっと楽しみでもある
かな?全く上手くいかなかったらどうしようっておもうとね。
見てるほうも緊張じゃないの?監督・関係者もね。
終わってみてのスコアっていうより内容だとおもうんだ。

■ブルーノのお子さんが北海道で生まれるみたいですよ?
  「道産子が生まれる」って日本語で言ってるみたいですよ?

やるなあ、ブルーノ。そういうところでやっぱりコミュニケーション本人もとろうとしてる姿勢がいいじゃ
ないですか!

ページトップ
1/26(金)
♪ののさん今日は電話で登場!!


■21日に新入団選手の記者会見が行われました。
この席上でDFのブルーノ選手、MFの岡本選手、岩沼選手、GKの高木選手が紹介され、
  特に三上強化部長から、ブルーノはDFリーダーとして、岡本選手は山瀬2世と期待されていましたね。

ブルーノは1番計算できる選手なので、すごくいい補強だと思いますよ。あとは、他のブラジル人選手が
どうかってことですよね。岡本選手の「○○2世」っていうのはねぇ、何人もいるのよ、そういうのは。
ここからどれくらい出来るかっていうのがね、勝負だと思いますけど。
若い選手は、まだまだね、今シーズンの選手としてはね。計算できないからね。
当然いいもの持ってるからプロの世界に入ってきたんっだけど、でもまだまだですよ。

■この日はファン感謝イベントも行われ三浦新監督がファンにJ1昇格を誓ってました。
  いよいよ戦闘モード入りましたね。そして、22日には沖縄に移動。
  驚いたのは札幌から8時間かけて移動して、即90分のトレーニング・練習を行いましたね!
  こんなにハードなスケジュールって野々さんが選手時代にもあったんですか?

あったとおもいますよ?そ〜んなね、8時間位の移動だったらすぐ動けるって。だって、時間もったいない
ですからねぇ!開幕までまだ1ヶ月と1週間くらいあるとか言いますけど、意外に時間足りないもんなんで
すよね。監督だって代わってるし、いろんなことやらなきゃいけないんですよ。

■スポーツ紙によりますと、トレーニングには「縄跳び」が導入されたとか。これって珍しくないですか?
縄跳び?ん〜〜。そうね〜〜、まったくやらないとは言わないけど珍しいよね。

■後ろとび・2重とび・交差とびとかおりまぜながらやってるみたいですよ?
あら〜。うちの小学生の娘もやってるそれ(笑)

■これってリズム感とかってことかな?
ま、体作りには必要なんでしょうね。最初は何やったって良いんですよ。ちょっと眠ってる体を起こさなきゃ
いけないし、そのほかにトレーニング的な要素があれば。

■監督は大宮時代にもやってたみたいだし、そのときに効果があったとおもうものは導入してるんだね。
そうだとおもいますよ。

■ビーチトレーニングもしてるそうですよ。
砂はね、クッションになるので膝とかに負担をかけないでトレーニングできるしね。

■沖縄の1次キャンプっていうのは「体力作り・体作り」のため?
それしかないでしょうね。あとは監督が選手個人個人の個性を見極める時間だと思えばいいと思いますよ。

■三浦監督って非常にクールなかんじがするんだけど。
そうね。クールだね。サッカーも現実的にロジカルにしていってってとこあるしね。

■一見、オシム監督にも似たタイプかなって思ったりもするけど・・?
どうかな。サッカーはまったく違うとおもうけど、クールなところはいっしょなのかな?
理論的にサッカーしようとするところは・・にてるのかな・・??

■さて。さっきの話に出ましたブラジル人選手の話ですが。MFのダヴィとカウエが練習に合流しました。
日本語を勉強してきていて、やる気も満々のようですが・・?

ふふふふっっ(笑)!!言葉はみんな多少は勉強してくるでしょお?言葉は日本語話せればそれにこした
ことはないけど、まずむりでしょ?だって、選手同士でひっどい日本語とかよくない日本語教えちゃうもん。
そうやってコミュニケーションとってったほうがね。まずは笑いからね。

■この2選手はどうですか?
見てみないとわかんないけど、ブラジルで2部3部っていっても、「ブラジル」だからね。
日本じゃなくて。ブラジルはまずはゲームで活躍してステップアップしてっていうシステムだからね。

■化ける可能性はある??
あると思いますよ。だって、さっきの続きだけど、1部でずっと補欠キープしてる人よりも、2部とかで
サッカー続けてきた選手のほうがいいんじゃないかとおもうんだけど。

■野々さんは現役時代にブラジル人選手に日本語で話したり教えたりしてたほう?
半分半分じゃない?自分達もポルトガル語の知ってる単語使ったりしながら。
お互いの言葉を教えあったりしたよ。ま、ろくな話してませんが(笑)

■開幕戦きまりましたね! 今年の初戦は京都ですよ。どうですか?
勝ったらすごいね!でも初戦は重要!ちょっと手強くてアウェイのほうがモチベーション上がるんじゃない?

■注目選手は?
日本人選手はわかってると思うんですよ。砂川とか。ゲームに出れればいいパフォーマンス見せてくれると
思うんだ!それ以上にブラジル人選手がどれだけフィットしてくるかってとこかな。
とくにブルーノは日本でもサッカーしてるのでやれる選手って事はわかってるので、あとの2人がどうか
見てみたいですね。彼らがどんだけ出来るか!特に第1クール!!大事だね。

■今年のコンサドーレ期待していい?
いいと思いますよ!天皇杯ではBEST4だし、その時の選手はほとんど残ってるし、いいブラジル人選手獲得
したしね。監督だって代わった。興味深いじゃないですか!

ページトップ
1/19(金)
♪ののさん1年ぶりにスタジオに登場!!
●ののさんなんとスタジオに1年ぶりに登場してくださいました!緊張のあまり直ちゃんが
タイトルコール、噛んでしまいました〜。ではさっそく、コンサドーレ情報いってみましょう!
☆5日の就任会見以来、札幌を離れていた三浦新監督ですが、16日に再び来札、その日のうちに
白い恋人サッカー場に姿を現すなど積極的に動き回ったようです。
そして、守備の要になるクアドロスもブラジルから札幌にやってきました!
いよいよ、新たなシーズンにむけて始動しはじめましたね。


■三浦監督、J1に昇格するための『5つの理論』なるものを発表しましたね。
1つめは『失点の少ないチーム。そのためにはカウンターをくらわないこと』ということですが。

これは理論として当然のこと。サッカーの得点・失点のうち6〜7割くらいはカウンター、早い攻撃
からなんですよね。それを半分に抑えることが出来たとしたら、100点とられてたチームは、
カウンターから60点とられてるってことで、それを半分におさえたら30点ってことだからね。
これはもう当たり前のことですね。

■2つめ『セットプレーのリスタート』
リスタートってね、世界のレベル、W杯くらいのレベルになると、3割がだいたいセットプレーからの
得点・失点になるわけですよ。それをケアすれば失点を減らせるって事につながりますよ。
結局、リスタートとカウンターからどれだけ失点しないように戦うかってことをしっかり理解して
プレーすると失点は絶対に減らせます。

■そして3つめ『1クール、7勝以上必要である。』
ん〜〜。勝ち点で言うと21ってことでしょ?それが4回だから、84でしょ?
84までいけば最後のところでなんとかなるんでね。
7勝以上っていうよりも21点以上って事だと思うけどね。

■4つめ『得点王ということよりも、チームをしっかりと!』
その辺でしょうね、言わんとしていることは。要は組織的にもうちょっとやりたいということでしょう。
得点王はいたらいたでいいでしょうね。

■5つめなんですが、『ロジック・理論は必要である』
うん。まずは敵を知ること。ですよ。
自分たちがあきらかに上だったら普通にやってれば勝てるんでしょうけど、そんなチームは他にない
ですから。

■天皇杯を年末まで戦ったコンサドーレは例年よりも遅く22日の沖縄キャンプで始動ですね。
選手はその前に体をある程度つくっているんですか?

うん。ある程度はね。OFFの期間も必要だとは思うけど、サッカーのことをまるっきり忘れてって
いうのは1週間あるかないかじゃないかな?
でもね、あんまりサッカー忘れてっていう選手もいないと思うよ。だったら辞めればいいんだしね。
積極的な休養っていうけど・・・ね。

■そうそう!守りの切り札となるんじゃないかというあの選手!「クワドロフ」来ましたねぇ!
13年分の荷物もってきたらしいですよ!!

13年って今いくつだよ??(笑)
でもねいい選手だよ!コンサドーレはいい買い物したね。今年はね、DFの外国人選手で溢れちゃった
選手が何人かいて、その中で誰が来てもよかったんだよね。
でも彼はとっても陽気でいいんじゃないかな。

■頭に血が上ってカッカ・・しない??
ん〜〜。そういうブラジル人選手は見たことないんだけどね(笑)
でもけっこう冷静にサッカーできてるよ。頭のいい選手なんでやってくれると思いますよ。

■今季のライバルチームはどこになりそうですか?
ヴェルディはなんかすごいね。どうしちゃったんですかね。よくそんなにお金あるなってまず思いまし
たけどね。これだけ補強したんだから勝てなかったら完全にアウトですよね。
これはラモス監督がって事じゃなくて、クラブとして勝負をかけたってことですよね?
補強には成功したとおもうよ。だってさ、名波・服部・フッキ・・・。ほんとにすごいよ!
メンバーだけみてたらもうJ1でしょ。強いことは間違いないよ。
ただ、ラモス監督はメンタリティーの部分ですごく厳しいからね。それで前回は若手がついてこれなく
なってたところがあるけど、ベテランが入って少しその部分が変われば、もう強いと思うよ〜〜。

■この他で怖いなーとおもうJ2のチームは?
他のチームはね、まだ全くわからないな。みんな同じくらいの力だと思っていいかな。
特にずばぬけてっていうのはないと思う、今はね。

■コンサドーレは新監督のもとでしっかりやっていけば・・ね。
うん。天皇杯もやっていい結果だしてるし、アドバンテージあるからね。テンションもちがうでしょ。

●ののさんがスタジオにいるということでいつも以上に熱かった今日のコンサドーレ情報でした!
またスタジオに来てくださいね、野々村さん!


ページトップ
1/12(金)
〜ののさんは、今日も電話でんねんの巻き〜(仕事、楽しくてしょうがな〜〜〜い!)
☆1月5日、コンサドーレ札幌は三浦俊也監督の就任を発表しました。


■まずは天皇杯で、我々をおおいに沸かせてくれたコンサドーレ札幌ですが、、ここで昨年
リーグ戦を振り返ってみましょう。20勝16杯12分で前年と同じ6位という結果。
シーズンを通しての感想を改めてお願いします。特に、技術面や精神面で足りなかったもの
はありますか?

足りなかったことはたくさんありますよ。たくさんあるんだけど、でもレベルアップは
確実にしてきてるとおもう。
何が足りなかったかっていうと、これは永遠の課題だと思うんだけど、今ある戦力で
結果をだすために何かしなきゃいけなかったなというところで足りなかったと思うんだ。

■それは攻撃・守備の面で考えると選手の意識のもち方を統一しなければいけないという
ことですか?

それも当然そうですね。限られた力しかないわけだから、攻撃に例えば「8」力を使ったら
守りには「2」しか力はでないわけでしょ?「2」の力しか出せないで守備をしても当然
失点が多くなってやられちゃう・・と。
そのへんのバランスを今度はちゃんと守備「4」攻撃「6」くらいのバランスにしないと。
そうしたらもう少し勝てたかもしれないなというところはありますね。

■じゃあ、メンタル(精神)面ではどうおもいますか?
それは強くなってきてると思うんだよね。柳下さんが3年間かけて色んな選手をうまく
厳しく扱いながら、っていうのは、この3年間誰も絶対的なレギュラーという扱いは受けなかっ
たわけだからね。砂川でさえ交代があったわけだしね。そういったことで100%戦いの
意識がないといけないんだっていうのが選手の中に芽生えてきてると思うので、
鍛えられたと思うよ。

■コンサドーレって相手のペースにはまると負けるっていうパターンが目立ちましたね。
そうですね。でもそれはね、サッカーはそんなもんなんですよ。
勝負事ってきっとそういうもんで、攻撃力のあるチームが常に勝ってたらこんなつまらない
ことはないでしょ?そういうチームと戦っても勝つことが出来るチームがいてはじめて
勝負事は面白いわけですよ。戦略が生きてきて、面白さにつながるんですよね。
勝ちたいんであれば、やっぱり攻撃守備のバランスですよ。
サッカーはおもしろくないとね!そういう意味では、コンサドーレ今年サッカーをすごく
おもしろくしてくれたとおもいますよ。

■さて、そこで。監督が交代です。ののさんからみて、三浦新監督はどんな監督でしょう?
ドイツに留学していたとの情報もありますが・・・。

以前、ドイツにいってたみたいですよ。だから、ドイツのサッカーから多少なりとも影響を
うけているということもあるでしょうね。
いままで大宮で監督をしていたのでそのサッカーを見てみると、非常に現実的なサッカー
ですね。今ある戦力をつかってどう勝てるかっていうのを考えながらやってる人だなと。
やっぱり監督には色んなタイプがありますからね。
サッカーっていう・・例えばオシム監督がよくいってることだけど、サッカーっていう
「ビジネス」がどんどん大きくなってくると、負けないために戦略を組む監督が多くなって
行くのは当然でしょ?三浦監督はどっちかっていうとこのタイプだとおもうんだよね。

■柳下監督はアクションサッカー、攻撃的なサッカーでした。三浦監督はこの攻撃型の
サッカーを殺さないように守備を強化していけるんでしょうか?

うん。そうして欲しいと思う。サッカー選手って繊細なんで一言言ったこと、例えば
守備のことを言われると、そっち重視になっちゃう可能性はある。
だから、守備はもちろん大切なんだけど、そこをどう伝えるか。
例えば柳下監督のサッカーが攻撃「9」守備「1」のサッカーだったとしたら、
三浦新監督の目指すサッカーは攻撃「7」守備「3」だとしましょう。
だけど、伝え方によっては選手は攻撃「5」守備「5」っていイメージにとらえちゃう事も
あるでしょ?こうなっちゃうと芳しくないよねぇ・・。いかに「7:3」の割合を選手に
わかりやすく伝えていくかだよね。

■監督43歳なんですね。若い方ですよね?
若いですよね。監督もいろんなサッカーを見てる人なので、いろいろと考えてると思うよ。

☆さて、選手の移籍・獲得の話も出てきましたね。

■昨年、よくも悪くも話題をくれた「フッキ」が東京ヴェルディに移籍決定ですね。
ラモス監督に怒られませんかね〜?

そうですね。ヴェルディはお金使ってるね〜。ラモス監督とはどうだろうねぇ・・。
去年の感じだとフッキも嫌になっちゃうかもしれないけど、今年はヴェルディ、ベテラン
ばっかりとったんで、そんなにいわないでしょ?

■天皇杯で活躍したGKの佐藤がコンサドーレに完全移籍!さらに昨年、ザスパ草津で
公式戦全試合出場、U−20代表にも選ばれた高木タカヒロ選手も獲得しGKは
林選手も含め3人体制ですね。

そうですね。ここで競争していってくれたらいいですね。

■この他にも札幌入りしそうな選手があがっていますが、野々さんが知っている選手は?
セレッソ大阪のブルーノ・クアドロス選手はいい選手だね。性格も穏やかだし、
期待してるよ、加入!相当なセンリョクアップになると思うよ。

■やっぱり監督と選手の意思疎通ですね!
うん。みんながおんなじ方向に向かっていかないとね!

ページトップ
1/5(金)
〜ののさんは、今日も電話でんねんの巻き〜(休暇中にお邪魔しましたぁ〜) 
☆12月29日金曜日、コンサドーレ札幌は天皇杯準決勝でガンバ大阪と対戦しました。
前半18分、加地のゴールで先制されたコンサドーレ。
後半7分にも追加点を決められ2対0。
しかし、後半9分。砂川のクロスをFW相川がダイレクトボレーでゴールを決め1点差!
その後もコンサドーレの選手は最後までゴールを狙うも後一歩届かず、2対1で敗れました。
天皇杯3位という堂々たる結果を残し柳下監督がチームを去っていきました。

■コンサドーレ、頑張りましたね!
もう、素晴らしかったですよっ!うん!だって、全部でプロのチームだけで31チームあって
そのほかにも何十チームあるなかでの3位ですからね!ここまでできるなんて思ってなかった
からね!!

■この試合、ボールは支配されたけど、何度もカウンターでチャンスつくりましたよね?
うん、そうですね。この天皇杯を通していえるのは、相手が強いので、押し込まれるから
カウンターでチャンスが増えるっていうのはJ2の試合時よりも多かったね。

■2点とられた後に、1点返したときは感動しましたよねぇ〜〜〜!でも、1つ!
あの「オフサイド疑惑」ですよ!!メッセージも結構きてるんですよね。ビデオの判定
できないもんなの??

あのね、2点目のでしょ?あれは確実にオフサイドだよ。でもね、、、。ん〜〜。
仕方ないっていうしかないのかな〜〜〜。あんまり、機械とかいれちゃって厳密にやっちゃう
と、サッカーのあったかみがなくなっちゃうような気がするんだ。あれはあれでもう受け入れ
るしかないかな。
ただ、コンサドーレの選手はおとなしいんだよね。審判にもっと食い下がることも出来たのに。
コンサドーレらしいけどね。(笑)

■観てるほうとしては、「なんで?」って思ってる人おおかったみたいですよ〜。
でしょうね〜。

■負けたからね、特にぶり返しちゃって(笑)
そうそう。あるでしょうね。「あれさえなければ」とかね。人生といっしょでしょ?(笑)

■相川のダイレクトボレーはすごかったですね!
素晴らしかったですよ!鮮やかでした!きれいでしたね〜!あの場面で決めることが出来た
相川はすごいと思います。だって、盛り上がったじゃない!

■そして、柳下監督は最後の試合となりました。サポーターからは「ヤンツーコール」が
ありましたね。この3年間はコンサドーレにとっていいものをたくさん植え付けてくれた
監督でしたね。

うん。そうだとおもうよ。攻撃を3年間やってきて、ほんとに良くなったと思います。
イメージもね。そんなにすぐに劇的に変わるチームなんてないからね。
考え方は少しずつでも変えられるんだからね。そういった面ではすごくコンサドーレは
変わったんだよね。
色んなやり方があるとおもうけど、この「攻撃」をえらんで植え付けていったっていうのは
本当に選手を大きく変えてくれたと思うんだよね。
これからは、それプラスアルファで成長していかないとね。

◎来週はコンサドーレ三浦新体制についていろいろお聞きしていきたいと思います!

ページトップ

最新の語録へ