Back> 

2005年4月〜6月
6月24日(金)
東京より暑くなってしまった札幌。汗だくののさんスタジオに登場です!
☆ 6月18日、土曜日。コンサドーレ札幌はアウエーで2位のアビスパ福岡と対戦しました。
前半は、ミスが目立ちリズムがつかめなかったコンサドーレが、後半に入って一変。
9分にMF岡田が頭で決めて先制、18分にはFKからDFの池内が決めて2点目。
そして、30分にはFWの相川が駄目押しの3点目をGet!
結局、2位福岡に3対0と圧勝。
これで、6勝5敗6分けと勝ち星が先行しました。

(この試合を振り返ってみてどうですか?)
前半ミスが目立ったけど、とにかく前半を0で押さえることができたということがすべてかな?
ちょっと前半押されていましたけどね。守る意識が強かったわけではないと思うんだけど、結果失点0で終えたことがすごく大きかったね。

(前半も後半も始まって10分以内に1点取れると試合に影響すると思うのですが?)
そうですね。よく最初の10分は気をつけなければならない時間だと言われていますから、そういう意味では点が入りやすい時間帯かもしれないですね。あと、先に点を取れたのは大きかったですよ。しかもキレイに取ったんですよね〜。たまたまじゃなくて完全に相手を崩して。

(福岡のブラジルトリオが出場停止だったのはききました?)
そうですね。それもラッキーだった。福岡にしてみればかなりアンラッキーでしたね。
前の試合で首位の京都にすごくいい試合をしたんだけど、3対2で負けてたんですよ。だから「連敗をしたくない!」というときに中心選手の3人がいなかったのは痛かったですね。チームの流れとして、福岡はちょっと下降気味だったかもしれません。だから札幌はいいときに福岡と当たりましたよ。

(GKの林も好セーブ連発でしたね?)
まーね、いいプレーもありましたし。DFに助けられたところもありましたけど、結果0に押えることができたから評価していいでしょうね。

(3対0という結果は予想できましたか?)
ちょっと予想できなかったな〜。それだけコンサドーレが頑張ったっていうことでしょうね。

(これで、6位ながらJ1昇格圏内の2位甲府に勝ち点3差、見えてきましたね?)
見えてきましたよね。ビックリです、正直言って。
他のチームがなかなか調子がでないということもあるんでしょうけど、17試合終わってこの位置にいるということは僕の想像を遥かに越えていますよ。
前回で2位〜5位とその下で別れると思っていたんですが、6位、7位、8位の札幌、仙台、湘南が勝ちましたから、また2位グループが8位までということになりましたね。

☆ では、明日の横浜戦を予想してもらいましょう!

(前回、5月の試合では1対0とコンサドーレが勝利しました。現在11位と低迷している横浜FCですが、ののさんから見て最近の調子はどうですか?)
安定はしていますよ。守備はある程度うまくいっているけど、点が取れないというチームですね。

(2位福岡に勝ったということで気を緩めないでプレーしてほしいですね?)
たぶん選手達も、この前の勝利と自分達の順位を新聞やテレビで見て自信をつけていると思うんですよ。
だから良い意味でモチベーションもすごく上がっていると思いますよ。「おごり」とかいうことではなくね。
僕はこの試合はあっさりいけるんではないかと思います。

(ずばり!何対何でコンサドーレ?)
んー、2対0とか、2対1とか。2対0という予想が1番難しいんですよね。1点取れたらポンポンといく可能性がありますから。今の順位とか勝ち点を考えると札幌の方が力は上でしょうね。そう言ってあんまり勝ったことないんですけどね(笑)

☆ さて、昨日コンフェデレーションカップ、対ブラジル戦が行われました。この試合についてもののさんに聞いてみたいと思います。

(世界ランク1位のブラジルに引き分け、率直な感想は?)
ちょっとビックリしましたね。僕はもうちょっとやられると思っていたんですけど。結果が2対2だったというところでは嬉しい驚き。

(中村俊輔が素晴らしい活躍をしましたね?)
俊輔の左足はすごかったです。あんな武器があるのはやっぱり大きいですよね。
なかなか入るシュートではないんですけど。まー、俊輔のシュートもすごかったし、ブラジルのGKもちょっと下手だったしというところじゃないですか(笑)

(この大会では、昨年のヨーロッパチャンピオンのギリシャを破りました。残念ながらベスト4は逃しましたが、この大会を見て日本は世界に通用しますか?)
なんとか戦えるとは思います。今後、その戦い方をどういう戦い方にするかというところでしょうね。
ブラジル戦はほとんど打ち合いをするような戦い方だったと思うんですよ。攻撃にある程度比重を置いて、だから攻められたときにカウンターを受けてDFだけで守らなければならない状況が何度かあって、そこで失点してしまっていましたね。

(大黒はこの大会でも大ブレイクしましたが、ののさんは大黒と話をしましたか?)
あー、ここ数ヶ月は話をしていないですね。忙しそうですから。話そうと思ったらもうドイツに行っていましたから。ちょっと話す用事があったんですけど(笑)

(気の早い話だとは思いますが、本大会で日本はどこまでいけると思いますか?)
まったくわからないですね。ただ今のままだったら、予選リーグの3試合をもしかしたら3勝できるかもしれない。だけど、1歩間違えれば3敗するかもしれない様な不安定なアグレッシブさなんですよね。
どう守備と攻撃のバランスを取っていくか…。これからですよね。

<舞台裏>
将来のコンサドーレ札幌監督候NO.1と言われている?ののさん。監督になるためのライセンスを取るためにそろそろ活動を開始するそうですよ!

6月17日(金)
深夜、日本対メキシコ戦をていたののさん。寝不足状態で電話出演!?
☆ 6月11日、土曜日。コンサドーレ札幌は、札幌ドームで徳島ヴォルティスと対戦しました。
全体的に押し気味だったコンサドーレ、前後半通して14本のシュートを放ちましたが得点を奪えず、結局0対0のドローに終わってしまいました。

(コンサドーレペースで試合していたと思ったのですが、どうでした?)
コンサドーレの方が力が上だったということがはっきりわかりましたけど、得点力不足というか決定力不足というか。最後のところでの迫力がなかったですよね。「絶対に点を取りたい!」という気持ちが出てきたのは最後の数分ぐらいでしたね。前半で点を取れていれば、3対0とかのゲームになっていたと思います。

(途中出場のFW石井がGKと1対1の絶好のチャンスを2回つかみ、2回ともはずしてしまいました。北朝鮮戦の大黒のようにはいきませんでしたね?)
大黒のようにいけたら代表に入っていますよ(笑)。でもね、決めなきゃいけなかったですよ。
ただその後の15分くらい、石井がどういうプレーをするのかっていうのを見ていたんですけど、あんな大きいチャンスを逃がした後ってナーバスになっちゃって弱気なプレーをしちゃう選手が多いと思うんですが。石井はそういうプレーをあまりしなかった。その後も強気なプレーをできたという所では、若さも含めてこれからが楽しみな選手だと思います。

(攻めでは得点を奪うことができませんでしたが、完封することができた!守備陣はどうでしたか?)
0点に押えれば、内容どうあれ合格ですよ。0に押えることができれば、あとは前線の選手に点を取ってもらうしかないんで。結果的に0に押えることができたんで良かったと思いますよ。

(これからも勝ちきれないゲームは続きませんよね?)
「危ないぞ!」という感じはないですけど、試合に出場している選手全員が自信を持ってプレーしているわけではないと思いますね。その気持ちの面で充実してくればいけると思います。

☆ では、明日の福岡戦をののさんに予想してもらいましょう。

(前回4月の試合では、1対1の引き分けでした。現在2位の福岡、最近の調子はどうですか?)
いやー、相変わらず調子は良くて強いですよ。京都と同じくらい強いかもしれない。前節は京都に3対2で負けてしまったんですけど、いい試合をしていましたし、個人の能力が高い選手が揃っていますよ。
明日の試合は苦戦すると思います。だけど、僕は苦戦した方がいいと思います。ちょっと苦しんだ方がいいというか、押される方が守るリズムを作ることができるだろうし、カウンターもできると思います。そういう戦い方ができて、1対0とかで勝つことができればいいですね。

(お!早くもスコア予想がでましたね?)
願いは1対0。でも現実考えたら1点ぐらいは取られると思うんですよ。真面目に想像すると、1対1でもOKかな?

(ののさん、弱気ですけど福岡に勝つことができたら勢いづきますよね?)
勢いづきますよ。ちょっと前までは2位から11位までが1グループだった感じが、今では2位から5位、6位までに狭まっているんですよ。ここで離されてはいけない。そういった意味でもこの試合は重要です。

☆ さて、今日の深夜といいますか、午前1時からドイツで行われたコンフェデレーション杯1次リーグの初戦、対メキシコ戦が行われました。

(ののさん、メキシコ戦は見ていましたか?)
当然見てますよ。もう仕事ですから。その前の日もワールドユースの大会が夜中にやっていたんで眠くてしょうがないですよ。

(この試合を振り返ってみてどうですか?)
世界ランク通りの結果という言い方もできると思います。ただメキシコ人の体格と日本人の体格ってそんなに変わりないんですよね。僕は2002年のワールドカップぐらいからメキシコのサッカーを見て、日本が参考にするべき国だと思っていたんですよ。
まだ1試合しか終わっていませんけど、世界レベルを痛感することができた試合だったと思います。

(今大会で日本は進化していくと思いますか?)
進化しないとまずいですよ。だげど試合を見ていて、「なんだそんなもんだったか?」っていう感じがしましたね。
まず、日本は何を目的として戦っているのかということがわからなかった。それと、前を向いてボールを運ぼうという選手がメキシコに比べて明らかに少なかったですね。
アジアの予選が終わって次は世界に目を向けていく段階ですから、今だったらまだ壁にぶち当たってもいいかな?あと1年あるし。

<舞台裏>
ののさんがコンサドーレに在籍していた当時、ロッカールームには気持ちを奮い立たせるために「Dragon Ash」の曲を流れていたそうです。

6月10日(金)
「ヒューヒュー」と風が吹き荒れる浦安から、ののさん生電話です!
☆ 6月4日、土曜日。我がコンサドーレ札幌は、アウエーでベガルタ仙台と対戦しました。
あまり振り返りたくないですが、前半5分に先制されると、5分後にはオウンゴール。20分にも決められ、前半終わって3対0。後半にも1点追加され4対0の完敗。
連勝は3でストップ。あらら〜

(前の試合までの勢いはどうしたんでしょうね。ののさん?)
ねー。おごりではないですけど、いい形で来ていたんで、自分達は強いと思っちゃったんでしょうね。
選手達に油断はあったと思いますよ。

(仙台のブラジル人ツートップのバロンとシュウェンクにすき放題やられ、ディフェンス陣が振り回されてしまいましたね?)
そうですねー。2人にやられたというよりは、守りが徐々にごてごてになってしまって、最終的にブラジル人の2人にボールが行くときはフリーになっていたということでしょうね。

(今回の敗戦はコンサドーレにとっていい薬になったのでは?)
そう思いますね。本当に強いチームっていうのはああいう負け方はしないと思うんですよ。ということは、まだまだこれからだということ。この前のゲームを生かすなら次は絶対に勝たなきゃ駄目ですよ!

☆さて、明日はホーム、札幌ドームで徳島ヴォルティスと対戦します。

(前回の試合では、1対1の引き分けでした。現在9位の徳島、どのような戦い方をすればいいですか?)
徳島は去年JFLから上がってきたチームですから、上がってすぐのときはフレッシュで頑張っていましたけど、やっぱり連勝中のコンサドーレと同じでちょっと気が抜けてしまっていますね。常にモチベーションを100%保てているとはいえないチームだと思うんですよ。だからコンサドーレとしては叩きどころだと思いますよ。

(ではののさんから見てどんな戦い方をすればいいですか?)
とにかく狙って戦術的にとか戦略的にという戦い方をするよりは、この前仙台が見せたように立ち上がりからガンガン「前に行こう!」という気持ちが出せればいいと思います。仙台の気迫はすごかったですからね。
それを出したのは、ある意味サポーターだったと思うんですよ。仙台もあまり調子が良くなかったけど、1万5,000人もの人が応援に来てあの雰囲気を作ってくれたということが、あれだけチームを乗せたと思いますから。今度は、札幌のサポーターがそういう雰囲気を作ってくれればいいんですけどね。

(ズバリ!何対何でコンサドーレの勝利?)
2対0でコンサ!

☆ そして、今週の水曜日、我が日本代表は、ワールドカップアジア最終予選の北朝鮮戦に勝って、3大会連続のワールドカップ出場を決めました。

(なにより良かったですね。ののさんはどこで見ていました?決まった瞬間は?)
僕は国立競技場に仕事で行っていたんですけど、競技場の雰囲気はすごかったですよ。決まった瞬間、実は僕
国立競技場の上のテレビで見ていたんですよ(笑)。客席は上から眺めていたんですけど、すごく盛り上がっていましたよ。
僕の知り合いで、スペインで働いている日本人がいるんですけど、そいつは「日本人サポーターはこういうときってすごいっすねー!」と言っていましたね。スペインではあまり予選ではこういう風にはならないみたいですよ。スペインの場合は、「本大会に出てどこまでいけるか?」っていう国じゃないですか?日本はまだ本大会に出ることで精一杯っていうところがありますからね。

(後半からの大黒投入、ジーコにしては早い交代でしたね?)
早かったですねー。多分、鈴木隆之が調子悪かったんじゃないですか?でもこの起用が当たりましたね。

(日本の勝因は?)
すごく現実的な戦い方をしていたところにあると思います。引き分けでもいいような。今までは「何か派手なことをやろう」というような印象があったんで、見ていて物足りなさはあったかもしれないですけど、あのような勝ち方でも良かったと思いますよ。しっかり守って、相手が出てきたところの隙を突く戦い方で。

(今のジーコジャパンは、何が良くて、何が足りないと思いますか?)
まずジーコが自由を与えたことで、その自由を選手達が自分達でしっかりとらえて、考えてプレーできるようになったのがすごく良いことだと思います。
だけど強国と戦うときはまだまだ日本の力は劣っていますから、日本がどうすれば勝てるのかということをもっと考えないといけないですよ。コンフェデレーションズカップでいい調整をしてくれればいいですね。

<舞台裏>
浦安から電話出演してくれたののさん。実は今日、自動車免許の更新だったそうです。

6月3日(金)
以前来てくださったときよりも、日焼けしていたののさん。今週はスタジオに登場!
☆ 5月28日、土曜日。我がコンサドーレ札幌は、ホーム厚別でザスパ草津と対戦しました。
前半21分、FW相川が頭で決め先制!
40分にも相川が技ありのシュートを決め2対0。そして、後半15分にはMFの砂川がPKで追加点を決め3点目。終了間際に1点を返されるも3対1でコンサドーレの勝利。
679日ぶりの3連勝で、じわり6位に浮上しました。

(3連勝ですよ〜ののさん。今回もやはり先制点を取りました。3連勝はいずれも先制点でしたね?)
すごいっすねー!いやーびっくり。びっくりというかやっぱり嬉しいですね。力的にはコンサドーレの方が明らかに上だったんで、先に1点取れればこういうゲームになるだろうっていうのは、なんとなく想像していたんですけど、その通りになったことがすごいですよね。

(ところで、怪我の堀井に代わって調子がいいのが相川ですね。この試合も2ゴール。この相川の良さというのはどこですか?)
相川の良さは、ゴール前での得点感覚。それと結構迫力があるんですよね。
「ちょっとそんなとこ飛び込むの?!怖くないの?」ってところでも飛び込んでいけるんで、そういうゴール前の意識は非常に高い選手なんですよ。この試合で相川は、自信がついたと思いますよ。
開幕時は、相川なんてFWの中で順番をつけるなら、監督の構想の中で4番目くらいの選手だったんですよ。だけど堀井が怪我をしてチャンスをもらって結果を出した。これはチームではなく、個人として、プロ選手としてやっていく中で、競争に1つずつ勝っているっていうことですからね。すごく大きいことですよ、彼にとっては!

(今シーズン初出場のMF鈴木が活躍しましたね?)
今までチームが勝っていて、なおかつ田畑が出場していたから出られなかったということもあったんですけど、田畑が怪我気味だったということで代わりに出場できたんですね。そのチャンスを逃さず、監督の期待に答えたというところで彼もまた戦力として監督に認められたでしょうから、良い方向に向いていますね。

(油断からか、終了間際1点を取られました。監督も「その辺を締めていかないと」、と言っていますが?)
これは、もう油断です。油断以外に何者でもない。
この1点はいらなかったですよ。ただ、3対0になったらゲームは決まっているんですよね。だけど、やっぱり若いチームですし、油断してほしくなかったというところでは残念でしたね。

(これで、貯金1。順位も6位ですよ?)
J2は12チームありますから、大体順位が発表されるときに1位から6位までと、7位から12位というように分けられて出るんですよね。テレビに出るときには。ようやく最初の一面に出てきましたね(笑)。
離れていったサポーターもこれで戻ってくると思いますよ。入場者数も前回よりも少し増えたし。
次のホームの試合が6月11日(札幌ドーム)にあるから、またそこでどっと来てくれたらいいですね。

☆ さて、明日はアウエーでベガルタ仙台と対戦します。

(前回3月の試合では、0対3で完敗でした。現在9位の仙台、ののさんから見て最近の調子はどうですか?)
前回対戦して負けたときよりも仙台は良くなってます。良くなっているけど、前回の0対3というのは、事故が起こってしまったような0対3だったんですよね。内容としては、札幌が3対0で勝ってもおかしくなかったんですけど、結果を見たらこういうスコアになってしまった。だからチャンスとしては札幌が勝つチャンスは半分くらいあるかな?先に点を取れれば負けないと思います。

(ズバリ!何対何でコンサドーレの勝利?)
1対0かな?勝つなら1対0。アウエーなんで仙台のサポーターが沢山いますよね。あの中で仙台がおそらくかなり押し込む時間が長くなると思うんですよ。そこを防いで、決定期に相川あたりが点を決めてくれればいいな!
もし先に点を取られたら、引き分けまでですね。

☆ そして、今晩はいよいよワールドカップアジア最終予選の大一番バーレーン戦が行われます。

(小野が先日の練習中に右足の小指を疲労骨折してしまいました。結構長引きそうですね?)
疲労骨折は治りにくいから多分長引くと思いますよ。疲労骨折というのは、ずっとストレスが溜まって溜まって折れてしまうものなんですよ。手術すれば早いんでしょうけど…。
僕自身、高校生のときに疲労骨折をやっていて、完治するのに1年近くかかりましたからね。最初は疲労骨折だということがわからなかったんですよ。それでも痛いままプレーしていて、それでダメージが大きくなっちゃった。折れちゃったほうがいいと思いますよ、「ポキッ」っとね。
でも小野は折れてしまったということなんでどうなんだろうね?3ヶ月くらいかかるのか、4ヶ月くらいかかるのか…。北朝鮮戦の出場は絶対に無理でしょうね。

(ボランチの位置に小野の変わりに中田(英)が入るという話がでていますが?そして司令塔は?)
練習を見てみるとそうみたいですね。
でも司令塔を「決定期を演出できる選手」として考えているんであれば、中村俊輔しかいないと僕は思います。

(中田(英)と中村俊輔の折り合いはうまくいっているんですか?)
全然問題ないと思いますよ。本当に追い込まれた状況というかね、ここでやらないと男じゃないという状況ですから。もし!もしですよ!あまり、こう折り合いがうまくいかない間柄だとしてもそんなこと言っていられないはずですよ。まっ、そんなことはないと思いますけど。

(ズバリ何対何で日本の勝利?!)
これはもう1対0で日本です。でもかなり押し込まれると思います。だけどその状況こそチャンスですよ!

<舞台裏>
「実は色白でひ弱そうに見られる」と、ののさん。日焼けはサッカーをプレーしていて焼けたのではなく、自宅のバルコニーで焼いたそうです(笑)

5月27日(金)
キリンカップサッカーの取材のためにスタジオに来ることができなかったののさん。自宅からお電話です!
☆ 5月21日、土曜日。我がコンサドーレ札幌は、アウエー平塚で、湘南ベルマーレと対戦しました。
前半15分、MF上里のミドルシュートで先制したコンサドーレ。37分には、FW相川が日本代表の大黒を意識したという振り向きざまのシュートが決まり2点目。
後半、26分にはルーキー石井がペナルティーエリアでファウルを誘い、そのPKをMFの田畑が決め3点目。
3対0の完勝で、コンサドーレ待ちに待った616日ぶりの連勝です。

(連勝は616日ぶりだったんですね〜、長かった。やはり先制点は大きかったですね?上里のゴールはどうでした?)
(前の連勝から)すごい時間経っていますよね。
そして先制点は大きかった。上里のゴールはすごかったですね。25mくらいあったかもしれないですね。
J2とJ1の差って一番わかりやすいのは、遠くからシュートが入るかどうかがあると思うんですよ。ミドルシュート、ロングシュートがね。
それが決まったっていうのがすごかったのと、チームをだいぶ楽にしたことが良かったところですね。
相手の守備が悪かったというわけではないですけど、上里1人の能力で取った点ですから上里がすごかったというしかないですね。

(早い時間に追加点を取れたのも良かったですね。相川が大黒を意識したというこのゴールはどうでした?)
びっくりしましたけどね。とにかくこのゲームは決定力が相手と比べるとあったね。1点取ったことによって、相手が前がかりになるところをうまく突くことができましたね。相川もワンチャンスをうまくものにしました。

(その相川を後半18分には、ルーキーの石井に交代しました。この起用は?)
前の試合で石井がすごくいい活躍をしていたんで、どっかで使いたいという考えが監督の中にあったんでしょうね。中山と代えるか、相川と代えるかで、中山は高さもあるし、相川と代えたんじゃないでしょうかね?

(守備陣もこれで2試合連続の完封ですが?)
内容はあんまり良くはなかったと思いますよ。あんまり良くはなかったけど、結果はついてきた。この前、山形に3対0で負けた試合は正に逆だったんですけどね。
コンサドーレのほうがチャンスを掴んでいる回数が多かったんですけど、終わってみたら3対0。これが決してラッキーということではなくて、我慢して点を取って勝てたのならこれは評価してもいいと思う。試合運びが上手くなったという表現でいいと思いますけどね。

(最近のコンサドーレは落ち着いてきたように見えるのですが、ののさんから見て今のチーム状態はどう思いますか?)
落ち着いてきてると思いますよ。どんな相手とやっても、そこそこ五分五分の試合はできるという自信が選手にはあると思います。だからあんまり慌てている様子はないですしね。
だけど以前だったら、「ボールをあんまり触りたくないな」っていうような自信のない選手が何人か見えたけど、あんまりいなくなりましたね。いい方向に行っていますね。今のところは…。

☆ さて、明日はホーム厚別でザスパ草津と対戦します。

(今年、3月19日の試合では、4対1での完勝でした。現在、草津は最下位と苦戦していますが、ののさんから見て最近の調子はどうですか?)
草津はちょっと厳しいですね〜。

(コンサドーレとしては戦い方うんぬんよりは、3連勝でいきたい?)
そうですね、これは間違いなく3連勝しなきゃいけないけど、圧勝はできないと思います。
プレッシャーはそんなにないとは思いますけど。だけど、むしろ多少プレッシャーは感じてくれた方がいいプレーができると思います。こんなところでプレッシャー感じてたら駄目ですからね!もしこれが昇格がかかっている大事なゲームとか、これからチームが強くなっていくんであれば当然あるわけなんで、そういうときにプレッシャーを感じるんであればいいんですけど。3連勝ぐらいでプレッシャーを感じているようでは駄目ですよ!3連勝いけると思います。
でもやっぱりね、どんな相手とやっても圧倒的に勝てる相手なんてないですよ。よっぽど上手くこの前の試合の様に点数がポコポコ入ればいいですけど、そういう確率の方が低いですから。

(ズバリ!何対何でコンサドーレ?)
まっ、1対0、2対0ぐらいでいいかな…。2対0にしましょう!

☆ 今夜、キリンカップサッカーの第2戦、日本対UAE戦があります。

(この試合で大黒の先発はありそうですか?)
あー、なんか新聞ではそんな感じのこと書いてありましたけど、僕も大黒は使った方がいいと思いますよ。

(司令塔は誰がいいと思いますか?)
今日だったら小笠原をそのままトップ下に入れたらいいと思います。小野はボランチの位置で出てくると思います。小野が出場することで、この前のペルー戦とは変わってくると思いますよ。ヨーロッパでもまれている選手はちょっとたくましいし、能力は1つ上という感じはするし、この前のゲームを見ると、ちょっと日本代表は「おい!何してるんだこの!」って思ったんで、小野には期待していますよ。

(今日の試合はワールドカップアジア地区最終予選のバーレーン戦を想定した参考になる試合になる?)
この前の試合もそうですけど、そうなると思いますよ。
ワールドカップ予選に向け、どういう位置付けでやるのかということをもう一度はっきりと気持ちの中に持ってやってほしいですよね。「なんとなくやってたんじゃないか?!」という風にこの前の試合は感じたんでね。
今日は2対0くらいで勝ってほしいですね。

<舞台裏>
電話で姿を見ることができなかったののさんですが、電話の向こうからお子さんの声や犬の鳴き声が聞こえてきてほのぼのした気持ちになれました。ほのぼの〜

5月20日(金)
久々の天気にご機嫌なののさん。本番前からやる気がみなぎっています!
☆ 5月14日、土曜日。第2クール最初の試合が聖地厚別で水戸ホーホーリホックを迎えて行われました。
開始早々の前半2分、あれっと思ったらオウンゴールでラッキーな先制点をもらったコンサドーレ。
後半には、待望の追加点をFW中山が決め、2対0。
そのまま、試合終了のホイッスルが鳴り、コンサドーレ札幌大切な試合に勝利しました。

(この試合、クラブの不祥事後初のリーグ戦で絶対に負けられない試合でした。こういう状況での試合は、選手にも緊張感が合ったと思いますが、開始早々のオウンゴールはラッキーでしたね?)
大きかったですねー。試合が始まる前にサポーターがサポーター席からいなくなって、「俺達がいないとこうなるよ!」みたいなパフォーマンスをしたんですよ。で、試合が始まる直前に応援歌を歌いながらまたみんな入ってきたんですよ。旗を振って。あの辺から「おー!」と思いましたね。なかなかやるというか。
クラブも色々あったんで、サポーターと選手とクラブが一体になった感じがしましたね。前半ちょっと見てこの試合は「勝てる!」っていうのは思いましたね。勝ってるときって結構毎試合そんな感じになるんだけど、こういう状況のときになるのは珍しいですね。まー色々あったんでね。そこを良いきっかけにしたいという感じはスタジアムに漂っていましたよ。

(こういう状況での試合は、選手にも緊張感があったと思いますが、開始早々のオウンゴールはラッキーでしたね?)
ラッキーでしたね。なんかこう今までついていなかった分、「ツキも今日はコンサドーレにきたか?」っていう感じはしましたね。1点取ると楽ですからね。サッカーは特に。
前半コンサが風下ですごい風が吹いていたんですよ。だから前半を0対0で終わればいいなとは思っていたんですけど。
そういうちょっと不利な状況の中で1点リードで終えることができたということが1つのポイントでしたね。

(後半に、中山が追加点を決めましたが2対0にしました。あのプレーはどうでした?)
シュートも上手かったけどボールの止め方が上手かった。だけどそれ以上に上里のパスが上手かったです。
前半とは逆に後半は風上になって、普通に蹴ったらボールは風に乗ってゴールラインを割るか、GKに取られちゃうボールになるんだけど、あの瞬間、技術的に言うと、ボールにバックスピンをかけるようなボールを蹴って風に乗せ、イメージとしては最終的に重力でDFラインの頭を超えたところで落とすパスでしたね。
あの状況での判断力がすごかったね。

(FW堀井の代わりは清野、石井選手が出場していましたが?)
清野はなんかこう、焦っていたというか、最近なかなか出場機会がなかった影響でちょっとプレッシャーがあったかな。結果を出さないとまたチャンスを失ってしまうことを考え、ネガティブな気持ちがちょっと出すぎていたような気がします。
逆に石井は良かったと思いますね。まだ若い選手だから想像以上にできたということで誉めたいんですけど。
彼は非常に落ち着いていました。間を空けるのが上手かったですね。ボールの持ち方1つで周りを落ち着かせることができる…。そんなプレーができる選手だなっていう感じは受けましたね。

(初スタメンのGK林はどうでした?)
内容からすると良くはなかったと思います。良くなかったんだけど前半特に風下で、ボールの処理が難しかったと思うけど、そこでチャレンジして何度かミスしたんですよ。キーパーに限ったことではないんですけど、1回ミスすると次からチャレンジしなくなるじゃないですか?だけど彼はそれにもかかわらず何度も何度もチャレンジした。そこが良かったと思いますね。
僕は彼のように守備範囲を広くしてどんどん前に出ていって自分でボールを取りにいくようなスタイルのキーパーは好きですね。

(第2クール、いいスタートがきれましたね?)
たしかにいいスタートきれましたね。オウンゴールの1点だけじゃなかったのが良かったですよ。

☆ さて、明日はアウエーで湘南ベルマーレと対戦します。

(今年4月9日の試合では、0対0の引き分けでした。湘南は現在6位コンサドーレの2つ上にいますが、最近の湘南の調子はどうですか?)
あんまり良くないですね。なんかこう、湘南の選手達も結果が出ていなんで色んなことに耐えられなくなっているんじゃないかな?そんな印象を受けます。

(中山の連続ゴールと林の完封はできそうですか?)
完封の可能性は高いですよ!あまり向こうも点の取れるチームじゃないですし、なおかつ相手のセンターバックの2枚看板が出れないんですよ。だからチャンスは多くなるはずです。
コンサドーレは積極的に攻めるのみ!

(ズバリ!何対何でコンサドーレ?)
えーと、「2対1」!本線は「1対0」なんだけど。
やっぱり「2点取ってよ!」っていうところでね。もう1点取られてもいいからさ。

<舞台裏>
いつも以上に元気だったののさん。本番中にもかかわらず直ちゃんにちょっかいをかけていました(汗)

5月13日(金)
今日はののさん、ジュビロ磐田の取材で静岡にいるため電話で出演です!
☆ 5月7日、土曜日。アウエーで第1クール最後の試合、モンテディオ山形と対戦しました。
試合開始からコンサドーレペースで進んだ試合でしたが、前半20分に相手フリーキックから先制点を奪われると、歯車がかみ合わなくなりミスが目立つようになりました。
後半に入っても修正ができず、17分、42分と追加点を許し、結局3対0の完敗。
第1クールの最後を勝利で飾ることはできませんでした。

(序盤は良かったんですが、1点を先制されてからリズムが狂いだしましたね。試合を振り返ってどうですか?)
あのー、3対0でしたけどそんな3対0ほどの差はない試合内容だったと思いますよ。変な話、逆に3対0で勝ってもおかしくない試合でしたよ。

相手の先制点は凄いシュートでしたね!ちょっと札幌からすると事故みたいな感じで…。でも、仕方ないけどサッカーって1点取られると苦しいんですよ。

相手の1点目と3点目のシュートは10回やって1回入るか入らないかの難しいシュートだったので…。
前半コンサドーレの方にも決定的な場面が2、3回あったんですが、山形が得点したときよりも簡単なシュートだったのにも関わらず点を取れなかったことができなかった…。それが大きかったですね。
まー、自滅といってもいいかもしれませんね。

(FWの堀井がプレー中の激しい交錯で退場しましたが、これが重症で左足頚骨骨折の全治3ヶ月と診断がでたようですが、これはコンサドーレにとっては痛いですね?)
痛いですねー。1番好調だったかもしれない選手だったんで、ちょっと戦い方を変えないといけないかもしれませんね。堀井の良さを出す戦い方が今までできていたんで、代わりに入ってくる選手の個性を見ながら若干戦い方は変わってくると思いますよ。

(堀井がケガをしたことによってチャンスが回ってきた相川ですが、「相川評」を教えてください?)
相川はスタメンで使っても全然いける選手だと思いますよ。ただ堀井とはタイプが違うので、先ほども言いましたが、サッカーのやり方も変わってくると思いますよ。
でもちょっとケガをしてるそうなんですよねー、1番期待している選手なだけに気をつけてほしいですね。
開幕前から、FWの4選手の誰を使っても「それなりにできる」ということを柳下監督自身思っていましたし。

そして、その次にチャンスが回ってくるとしたら清野だと思います。そこで今度は清野がチャンスを生かすことができるかどうかですよね。チャンスなんか滅多に回ってくるものじゃないですから。そこで結果を出せるかどうかでこれから先、あと何年サッカーを続けられるかどうか変わってきますからね。

(そして、この試合で第1クールを終え、2勝4敗5分けの9位ですが、この結果についてののさんはどう見ていますか?)
もっと勝てたはずだと思いますね。
ただ内容はJ2の中でも唯一攻撃的にプレーするスタイルのサッカーですから、見ていて面白いんですよね。他のJ2の試合を見るよりは。
コンサドーレは現在9位ですけど、2位の山形との勝ち点の差は8しかないので、まずは現実的な目標として5位以内。そのグループから離れないことですね。

(今回起こった幹部の不祥事の責任を取る形で、石水勲氏が会長を辞任することを発表しました。これについてののさんはどうお考えですか?)
まー、そうですね、色んな責任の取り方ということで、仕方ない判断だったと思います。タイミング的にも悪かったですしね。チームもだんだん良くなってきて、「5段階計画」というものを立ててやってきて、1段階目は昨シーズンある程度クリアして、2段階目にきて「さあ、これからだ!」というところでしたから、打撃は大きいですよね。
僕は常に言っていますけど、コンサドーレが良くなっていくためには、現場の選手が頑張ることと、クラブがどれだけしっかりした会社になることだと思うんですが、今回はその会社の方がつまずいてしまったわけですから、あともうできることは選手が結果を出すっていうことしかないですね。

☆ さて、明日はホーム厚別で水戸ホーリーホックと対戦します。

(今年4月3日の試合では、2対0でコンサドーレは敗れていますが、明日の試合はどんな試合になると思いますか?)
力量的にはほとんど変わりないですよ。むしろコンサドーレの方が強いと思っていますから。
水戸のFWデルリスさえ注意していれば絶対勝てると思いますよ。
サッカー以外のことで色んなことがあったから、ここは絶対に勝たないと駄目ですよ!

(ズバリ!何対何ですか?)
えー、もうこれは2対0でいいと思います…。いや!やっぱり2対0だとちょっとあれですから、劇的に1対0か、劇的に2対1…。いやいや、やっぱり2対0!

<舞台裏>
現役時代は縁起を担いでいたののさん。スパイクは左足から履いて、グラウンドには右足から入っていたそうです。

5月6日(金)
今日はののさん、久しぶりにスタジオに登場です!
☆ 29日、土曜日。アウエーで今シーズンJ2昇格を果たした徳島ヴォルティスと対戦しました。
前半は0対0、後半35分にFW相川のゴールでコンサドーレが先制。
ところが、得点を入れた後リズムがおかしくなったコンサドーレ、徳島の猛攻を何とか防いでロスタイムの3分が過ぎ、ラストプレーと思われた徳島のFK、クリアしたところを拾われ徳島に同点ゴールを決められてしまいました。

(前節の福岡戦ではロスタイムに追いつき、徳島戦ではロスタイムで追いつかれ勝ちを逃してしまいました。これについてどう思いますか?)
ロスタイムの終わりぐらいっていうのは、負けてるチームは当然必至に攻めてくるんですよ。人間の精神的なものでね。相当力の差がない限り絶対そういう展開になりますよ。前節もアビスパの方が上だったけど、最後はしっかり追いつくことができたし。
戦い方をみんなで考えてやらないと難しいですよ。1人でも的外れなプレーをしてはいけないです。

(守備は良くなってきたと思いますが、まだ勝ち方をつかんでいないですか?)
ラスト10分くらいはもうちょっと安全にプレーしなきゃいけなかったね。
サッカーの場合、安全なのは両サイドの外側にボールがあることなんですよ。それが相手陣地に深ければ深いほど安全なんです。
しかし、この試合である選手が真ん中でボールを持っていて、外に出せばいいものをそのままキープしてスルーパスを出してもう1点取ろうとするプレーをしてしまったんですよ…。
それが直接の原因というわけではないけれど、そういうプレーをすること事態が的外れなプレーだと思いましたね。またそこから攻めることもできるんだし。

☆ それでは次に勝った試合を振り返ってみましょう。
5月4日、横浜FCと対戦し札幌ドームで今季初勝利を挙げました。
前半26分にDFの曽田が左足で豪快に蹴りこんで先制。
後半、それも残り時間20分くらいからは横浜の猛攻、この怒涛の攻めを耐え忍んだコンサドーレ札幌が、今季2勝目を挙げました。

(曽田のゴールはどうでした?)
曽田のゴールは綺麗でしたね。元々FWの選手なんでさすがでしたよ。
後ろから前の選手を追い抜いて出ていくっていうようなコンサドーレらしいプレーもできたし。
でもあのシーンは、曽田がインターセプトして攻撃に参加したんだけど、インターセプトした瞬間に曽田は気持ちよくなってたね(笑)。
お客さんも1万4千人以上来てくれたし、そういうところで勝てたのも大きかったですね。

(1点を守り抜いた守備陣もよくがんばりましたよね?)
前の試合で良い反省をしたみたいですね。
この試合はある程度「外にボールを運んで時間を作る」というのを最後の時間帯でできていましたね。

(リードを守って勝つ勝ち方がわかってきたのでは?)
なんとなくわかったんじゃないですか?2試合続けて同じシチュエーションで、前の試合は駄目だったけど、今回はしっかり守れたということで。

(ロスタイムの3分は長く感じましたね?)
長かったねー。
ああいう状況になりたくなかったら「もう1点取っておけよ!」っていうことですよ(笑)

(最後、選手達は疲れていましたが、声は出ていたんじゃないですか?)
声は出ていたと思いますよ。「どうしよう?」「こうしよう!」ということを誰も聞いていなくても、1人で喋っているだけでもいいんですよ。ただ黙ってプレーしているよりは声を出していた方が集中できるし、声出しは大事ですよ。上手いとか下手とか関係なしに技術的なことと同じくらい僕は重要なことだと思っていますから。
変な話、自分が楽したかったら声を出して味方を動かせばいいんですよ。
この試合の経験を次の試合につなげて欲しいですね。

☆明日、アウエーで昨年4戦全敗と分の悪いモンテディオ山形と対戦します。

(昨年は4戦全敗と分の悪いモンテディオ山形ですが、今年のチームは?)
山形ねー、去年のチームから中心選手が2人移籍しているんですよ。ただ新しく入ってきた選手もそこそこ良い選手なんで、去年と同じくらいの力はあると思いますよ。でも今のコンサドーレの力だったらやれると思いますよ。相性の悪さは選手の中では意識しないと思います。まー、そう簡単にはいかないですがチャンスは十分ありますよ。

(コンサドーレのキーマンになる選手は?)
守備はある程度メドが立ちそうなんで、やっぱり点を取る選手ですかねー。結局はそこなんですけど…。
他には最近、MFの上里がよくがんばっている印象があるんで、彼が得点に絡むようなプレーができればいいかな?点を取るということに関してよりも、サッカー選手としての個人の能力は結構いいもの持っていますよ。ただ、今まで高校時代は沖縄の宮古島でサッカーをしていた選手なんで、サッカーを本能でやっていた選手なんですよ。その選手がサッカーをそろそろ理論的に覚えてきたかなっていう感じがするんで、うまくいけば大化けする選手だと思いますよ。

(ズバリ!何対何でコンサドーレ?)
1対0ですね!絶対(笑)。これは絶対1対0です!2点取ることは期待できなくはないですけど、確率は1割くらいですね。次勝ったら2位と近づいちゃいますからね。もう2位〜11位まではほとんど差はないですから。

<舞台裏>
なんと5月8日が誕生日だったののさん。スタッフに「何か買ってくれくれよー」と、ぼやいていました。

4月29日(金)
今日は東京の自宅から電話です…。残念!
☆ 23日、土曜日。コンサドーレ札幌は、札幌ドームでアビスパ福岡と対戦しました。
前半、17分に先制されたコンサドーレ札幌、ののさんも先週の予想で先制されるときついと言っていたとおり、なかなか追いつけません。
そして、敗戦の色が濃くなった後半ロスタイムに中山元気が頭で合わせて今季初ゴールをあげ、執念でドローに持ち込みました!!

(やっと中山にゴールが生まれましたね?それもロスタイムに?)
いや〜一番いい終わり方でしたよね。同じ1対1でもチャンスが中盤にあって点が入らない1対1より、劇的に最後ギリギリで追いついてね!

(この同点を生んだのは、先制されましたが追加点を許さなかった守備陣の頑張りがあるように思いますが?)
まあ、もうコンサドーレはDFだけで守るチームじゃないですから、みんながよく頑張って守ったというか、よく攻めたと言ったほうがいいかな?
最初、福岡は1点取ってから相手にちょっと攻めさせてカウンターを狙うというサッカーをしていたんだけど、途中から「攻めさせる」といった感じではなくなっちゃいましたね。もう「守らされてる」いう感じになっちゃいましたね。

(中山選手の奥さんと子供が初観戦したそうですが、家族が見にくると気合が入るものですか?)
特別意識はしてないと思うけど…。でも、特別意識はしてないけど出てくる意識っていうものは絶対あると思いますよ。そういう何か見えない力が働いたのかもしれませんね(笑)

(途中出場の徐が初アシストを決めましたね?)
まず、結果を残したということは良かったと思いますね。ただ、徐も最後のアシストをいれて4回くらいクロスを入れるチャンスがあったんですけど、うまくクロスが上がらなかったんですよね。そこが彼の反省点ですね。

(徐はスタミナのある選手ですか?)
もちろんスタミナはあると思いますけど、もうここは岡田との競争ですから。どっちが今のところ優先順位が監督の中で上かといえば、岡田だったと思うんですよ。今のところは僕も岡田の方がいいと思いますけど。
今回、徐は結果を出したんで彼の心理面を考えると次は先発でもいいかと思いますけどね。

(あと、気になるのは、札幌ドームの観客数がはじめて1万人を割ってしまいましたが?)
結果が今ひとつ出ていないというところが原因かと思います。
あとは、会社・クラブなどみんなが頑張ってお客さんを入れましょう!

(ののさんは開幕当初、コンサドーレをJ2で7番目ぐらいの力のチームだと言っていましたが、今のコンサドーレの現状を見て、何番目ぐらいに位置していると思いますか?)
僕、開幕当初は11〜3番目ぐらいはあると言っていたんですよね。それで力としては7番目ぐらいかなと言っていたんですけど、今もそれは変わらないですよ。

(コンサドーレはこれから勝ち点を上げれば強くなっていくチームだと思うんですけど?)
強くなっていきますよ!そう思います。先ほど7番目と言いましたが、5番目とたいした変わらないんですよ。その差は自信とか、ちょっとした勝ち方を覚えるみたいなところになってくるんで、結果がついてくるとランクはグッと上がるかもしれない。

☆ さて、この連休中にコンサドーレは、徳島ヴォルティスと横浜FCと対戦します。
まず、明日アウェーで今年J2に昇格した徳島ヴォルティスと対戦しますが…。

(現在5位と頑張っている徳島。どんなチームなんですか?)
相手は去年下のリーグ(JFL)で優勝したチームなんで、ある程度勝ち方を覚えていて、プレーに自信のある選手が揃っています。
コンサドーレとしてはその自信を早い段階で砕くことがポイントかな?

(FWで羽地という、曽田と大学選抜で一緒だった長身の選手がいますが?)
高さはあるけど曽田も負けてはいませんし、曽田も空中戦には強いですからね。

(ズバリ!何対何でコンサドーレ?)
え〜、1対0か2対1の1点差勝負になりそうですね。

☆ そして、5月4日には、札幌ドームで横浜FCと対戦しますね。

(昨年は、1敗3分けという対戦成績の横浜FCですが、今年はどんなチームになっていますか?)
監督が変わって守備重視というような感じになりましたね。例えば山形、甲府、福岡のような。
しかし、この守備重視というサッカーにまだ選手達は戸惑っているように見えますね。

(8日間で3試合は体力的にどうなんですか?)
多少パフォーマンスは落ちる可能性はあります。あまり暑いところに慣れていないコンサドーレの選手にはちょっと厳しいかもしれませんね。
でも、層がある程度厚くなってきたんでコンディションが良い選手を使えばいいと思います。

(3戦のうち2勝1敗のペースでもいいですか?)
全然いいと思いますよ。むしろ2勝1敗で乗り切ることができれば上出来ですよ!
山形と対戦する前に少なくとも勝ち点4以上を取っておきたいですね。最低でも1勝1分けということで。

(ズバリ!何対何でコンサドーレ?)
希望としては2対0とか3対0で勝ってほしいですけど…。そこまではなかなか難しいと思うので、この前の福岡戦のような劇的ゴールを決めて2対1で勝ってほしいですね!

<舞台裏>
東京の自宅からの電話だったののさん。今日の朝はサッカーをやりながら犬の散歩をしていたそうです。

4月22日(金)
お仕事で忙しいののさん、東京からのお電話です♪
☆ 16日、土曜日。コンサドーレ札幌は、鹿児島で首位を独走する京都パープルサンガと対戦しました。
前半は京都パープルサンガの猛攻をしのぎ、0対0で折り返します。
そして後半に入り、6分に中山、8分には相川が惜しいシュートを放ちますがゴールに見放されます。そして12分にも決定的な場面で中山がシュートを放ちますがゴールポストに嫌われ、試合は結局0対0の引き分けに終わってしまいました。しかし、首位京都から貴重な勝ち点1を挙げました。

(6連勝中の京都に引き分けましたが、この結果に満足していますか?)
結果オーライじゃないですか?結果オーライというか、今まで京都は6連勝していて引き分けたこともなかったチームですからね。そこに引き分けできたということは、今のコンサドーレの力を考えると上出来だと思いますよ。

(コンサドーレの守備はいい感じになってきましたか?)
良くなってきたんじゃないですか?ここで京都を抑えることができたということで深まる自信みたいなものが生まれたと思うんですよ。今後につながる無失点だったんじゃないかな?

(J2初の4戦連続無得点。全然点が取れないですねー?)
取れないですねー。よく言うことだけどいきなり個人の力が上がることはないんで、すぐにそう簡単にボコボコ点が取れるわけがないんですよ。

(中山選手はシュートする瞬間、冷静さを欠いているのでは?)
うーん、それはないことはないと思いますよ。やっぱり上手い下手とは関係なく一つの能力ですから。もう少し時間が経たないと個人の力は上がってこないので、チャンスをより多く作るっていうことをやればいいと思います。「数打てば当たる!」っていうことなんですよ(笑)
コンサドーレ自体がそういうサッカーを目指しているんで、今はそこをとにかくやるしかないですよね。

(京都は点が取れないことで焦っていましたか?)
前半を0点に抑えることによって、後半京都が残り10分ぐらいのところで焦りだし、攻撃的な選手を2人投入することになったんですよ。
実はこの状況こそが、コンサドーレにとって決定的なチャンスが増える場面なんですよ。
攻撃的な選手が増えることで攻め込まれることが多くなるけど、逆に相手の守備の隙を上手く突くことができる状況なんです。
相手の心理状況も上手くつかめるようになってくると、点が取れる可能性はもっと上がるんですけどね〜。
自分達の力だけじゃなくってね。

☆ 明日は、地元札幌ドームで、現在2位のアビスパ福岡と対戦するコンサドーレ札幌。さて、ののさんにいろいろ伺っていきますよ。

(アビスパ福岡の現在のチーム状態はどうですか?)
僕は今年一番強いチームだと思っていたんで相変わらずチーム状態は良いと思いますよ。

(福岡の守備はどうですか?)
アビスパは監督が3年目なんで、でき上がっているんですよね、組織としても。だからかなり点を取ることは難しいですよ。
ただ、京都と同じようなチームなんで、先週その京都と良い試合をできたということを考えればコンサドーレにも勝つ可能性はありますよ。

理想は「絶対に失点はしない」というような戦い方をすればいいかなと思いますけどね。
前半に0対0で折り返すことができれば、勝つ確率は五分五分になるかな。

今のままであれば、コンサドーレが勝つ確率は2、3割だと思うんですけど。前半を0対0で抑えることができれば五割くらいには上がるね。

(こいつには頑張ってほしい!!という選手は?)
失点を0で抑えることができたとして、点を取らなきゃいけないと…。そうなったらやっぱりFWの中山とか堀井とか相川とかね。その辺に点取ってもらわないと「もうそろそろ困るでしょ!」っていうところですかね。
いや、むしろ「点取れこのやろう!」ってとこですかね(笑)

(点を取った選手は自信つながる?)
つながりますねー。FWは1点取ったら変わるから。そういうもんですよ。

(サッカーはメンタル面も左右しますか?)
左右しますねー。なかなか見えないところだけどガラっと変わるところだと思いますから。

(ズバリ!何対何ですか?)
「前半0対0・後半1対0」か、「前半0対0・後半2対1」
どっちにしても先に点を取らないといけないですね。

<舞台裏>
最近電話ばかりでスタジオに来ることが少なくなってしまったののさん。来週こそスタジオに来てくださいね!!

4月15日(金)
またまた残念!!今日も電話です。
☆ 9日、土曜日。コンサドーレ札幌は、札幌ドームで湘南ベルマーレと対戦しました。
ホームのコンサドーレは前半から主導権を握り攻めまくります。
20分には、三原のフリーキックがクロスバーに嫌われ得点を逃すも、前半は湘南を圧倒し8本のシュートを放ちます。しかし、なかなか点数の取れないのが、今のコンサドーレ。後半に入って、14分DF池内が一発レッドカードで退場。10人になりながらも17分には砂川がゴールポストに当たる惜しいシュートを放つなど、終始攻めの姿勢を見せたコンサドーレ。
強豪、湘南に対し0対0の引き分けで勝ち点1を挙げました。

(なかなか頑張った試合じゃないですか?)
たしかに頑張りましたね。頑張るのは当たり前のことなんだけど…。
サポーターも試合が終わってから拍手する人がほとんどでしたね。サポーターもサッカーの見方をわかっているというか、満足したんじゃないですか?満足はしてないかな?納得したという感じですね。

(今季初完封の試合でしたが、得点をとられない重要性、守備の重要性を改めて認識した試合でした?)
いやーそうですね。前半は相手を圧倒していましたし、そんなにやられそうな感じではなかったですね。10人になって、一人足りない状況になって「守んなきゃ!」という意識が強くなったと思うんですよ。それがまた良かったのかな?

(池内が退場した後も集中していましたね?)
集中できていましたね。前回、池内が退場したときは負けている状況の中での10人だったじゃないですか?今日は0対0だったんで、まー選手心理というか人間心理というか「まだ0で抑えればチャンスがある!」という意識が強かったんだと思うんですよ。

(この試合も90分で12本のシュートを放って0点と、やはり決定力不足は否めないですが、ののさん、何か良い解決法はないですか?)
まっ、決定力不足とよく言われますけど、仕方ないんですよ。個人の力がすぐに上がれば解決されると思うんですけど、そんなにすぐ上がらないので。決定的チャンスが2回あったら今度は3回、その次は4回にするって事をやっていかないといけないですよ。
この前のゲームだと、ポストに当たった砂川のシュート。あのシュートをゴールに決めることはそんなに難しいことではなかったんですよ。
シュートにも色々あって10回打てば3回入るシュートと、砂川のシュートは10回やれば6回入るようなシュートなんですよ。そういう高確率のところは必ず決めてほしいなというところはありますね。

(三原が昨年4月の湘南戦で大怪我をして以来約1年ぶりの同じカードで先発を飾りましたが、一年前を思い出して嫌な気持ちにはならないんでしょうか?)
いや、そういうことはないと思いますよ。自分がどういうプレーが出来るかっていうことを考えて集中していると思うんで。今回久しぶりに先発復帰して「三原は能力があるな」っていう所はアピールできたと思います。
これからもっとプレーしていけばゲーム感は戻ってくると思うし、その前のホームで途中出場したときから比べると、「お!サッカー選手っぽくなってきた」っていうかね、感覚が戻ってきたようなプレーが多かったですから、三原の復帰は大きいですね。これからもっと(コンサドーレに)点を取るチャンスが増えると思いますよ。

☆ 明日は、アウェーで、京都パープルサンガと対戦するコンサドーレ札幌。さて、ののさんにいろいろ伺っていきますよ。

(現在、京都パープルサンガは首位を独走中ですが勝つためにはどんな戦いをすればいいですか?)
センターFW2人(アレモン選手とパウリーニョ選手)なんですけど、しっかり点を取ってますねー。
2人でもう10点も取ってるじゃないですかー!この2人をどう抑えるのかっていうところがまず1つ。
勝つためにはやっぱりねー、打ち勝つことだと思うんですよ。柳下監督も言ってますけど、とにかく面白い試合をして勝つというイメージのサッカーで良いと思うんですよね。もうこれは監督のスタイルですよ。だから2対1とか3対2とかね、そういうゲームができればいいと思います。
守って守って1対0で勝つようなことはやらないと思うんで。勝つ確率は、そっちのほうが高いと思うんですけどそうじゃないんでね。監督がそう決めたんであればもう首位のチームが相手でもみんなでしっかり攻撃するっていうことでしょうね。

(ズバリ!何対何でコンサドーレ?)
さっき、3対2とか2対1とか言いましたけど、僕は勝つということを前提に考えると1対0だと思いますね(笑)

<舞台裏>
今日は、ののさんの2才のお子さんも電話に登場してくれました。可愛い声でしたよ!!

 
4月8日(金)
本日は、残念!!録音です。ののさん東京から電話で登場です
☆ 3日、日曜日。コンサドーレ札幌は、アウェーで水戸ホーリーホックと対戦しました。
前半9分水戸に先制点を許してしまったコンサドーレ、なんとか同点を狙って水戸ゴールへ迫りますが、なかなか得点には至りません。
逆に後半15分、水戸に追加点を許し万事休す。今季初の連敗を喫してしまいました。う〜

(また、前半の早い時間に先制点を取られてしまいましたね?)
良くないっすよねー。
もうちょっとさー「取られちゃいけない」っていうことを分からなきゃいけないですよね。
取られたらどれだけ大変かっていうことを考えたら、やっぱり今の力だったらまず点を取られないところから考えないと…。

(今のコンサドーレは先制されるときついですね?)
あのねー、サッカーは絶対そうです。どんな強いチームでも先制されたらきついっすよ。相当攻撃力があるチームなら2点くらい取られても追いつくとか、そんな試合展開であってもいいよね。
でも今のコンサドーレの力だとかなり難しい。

(試合終了後、柳下監督がしばらく立ち上がれなかった一部報道にありますが、水戸に負けたのはかなりショックだったんでしょうね?)
だと思いますねー。今の水戸の状態を考えると勝てると思っていたんでしょうねー。

(攻め込んでもなかなかゴールが決められませんね、何が原因?)
まーやっぱり単純に言っちゃえば、まだ個人の力が足りないということだと思いますよ。
だけど、そんなことは分かっていることじゃないですか?いつも言っているけど、すぐに個人の力なんて上手くならないですよ。

(ゲームをやっている最中に札幌の選手一人一人の考えが違ってくるっていうことはあるんですか?)
んーまー、もしかしたらあるかもしれませんね。そのチームの、指針というか、方針というか、攻撃的にいくのか守備的にいくのかっていうところで分かりずらいところがあるっていう気はしますね。
今のコンサドーレは「全部をパーフェクトに!」という感じのサッカーをやろうとしているから。

(期待の新戦力、中山もなかなか決められませんね、まだ連携が合わないの?)
いやー、まだ合わないというか、もう長いこと結構やっているんでみんな彼の特徴を分かっているんだとは思うんだけど…。
少しずつパスがずれてたりっていうことで最終的にすごく決定的な形までいかないんですよ。

(中山選手は少し行儀が良すぎるという一部報道がありますが、逆に堀井選手のような独断性が必要なのでは?)
そうですね。FWの選手は性格的に難しくていいと思うんですよね。ただそれは若い頃の話で、だんだん育っていく段階で人と違った独創的な考えとか意見をしっかり言える奴っていうか、案外そういう選手がエースになったりするんですよね。

(最下位草津に、勝ち点@差となってしまいました。この状況を打開するにはどうすればいいですか?戦い方を変えるべきですか?)
どうにでもなると思うんですけどね。ちょっとした意識の問題で上手くいかないだけだと思うから。後は、もう自信を持ってやるしかないですね。
僕だったら多少変えるところはあると思う。だけど、チームの指針を絶対に崩さずにスタイルを貫いて自信を持ってやることだと思います。

(このチーム状態だと昨年末の様な状態が良かったときのことを思い出しちゃいますね。)
昨年のねー。やっぱり守備が良かったんですよ、なかなか点を取られなくなってきたしね。それでJ2の第4クールも天皇杯(ベスト8)も良かったんですよ。あのとき何が良かったかといえば先に点を取られない守備だったと思うんで、そこをもう一度思い出してくれればなって。

☆ さて、明日、土曜日は、札幌ドームで湘南ベルマーレと対戦します。

(元なでしこジャパン監督の上田監督率いる湘南ベルマーレ、今年はどんなチームになっていますか?)
なでしこジャパンっていうのはさー、体格的に外国に劣るじゃないですか?力的にトップレベルの国に劣っていたんですよね。それを世界で戦うためにはどうしたら良いのかっていうのをよく考えていた監督なんですよね。だから湘南も、去年は下から数えたほうが早かったけれど今の戦力でどうやったらJ2の中で上位にいけるかっていうことをすごくよく考える監督だと思うんですよね。
去年の途中から監督になってるんで、去年は試しっていう感じで、今年は自分のやりたいサッカーに合った選手も何人か取れてるし、なかなか手ごわいチームだと思いますよ。

(もう、最下位に火が付いてきましたから負けられませんね?そのためには、どんな戦いをすればいいですか?)
やっぱホームでまだ一回も勝ってないから消極的にならずにプレーすることですね。今の札幌らしさっていうのは積極的に攻撃するところだと思うんで、そこを出してほしい。

(期待する選手を挙げると?)
まだ誰が出場するか分らないけど、ボランチに入る二人。今までなら田畑、権藤、その辺にドシッと構えてもらって安定したプレイを見せてほしいですね。その辺がまだ不安定なところだと思うんで。

(ズバリ!何対何でコンサドーレ?)
2対1でコンサドーレ。また希望を込めての発言ですけど(笑)。
自信を持って言えるように早くなりたいですよね。

<舞台裏>
ののさん今日は息子さんの入学式でしたー。おめでとうございます!!

4月1日(金)
4月というのに雪が降り積もる中、HBCに到着!!
☆ 26日、土曜日、コンサドーレ札幌は、札幌ドームでベガルタ仙台と対戦しました。
前半は、完全に主導権を握り、仙台のシュートを0本に抑えます。
この一方的な展開ながらコンサドーレも得点できません。これが後半響いてきます。
後半6分にDFの池内がペナルティーエリアでの反則で一発退場。そのPKを決められ1点を先制されます。
そして、23分と39分にも追加点を取られ万事休す。3対0で敗れてしまいました。
なかなか、連勝できないですね〜。

(前半の攻撃は見事でしたが…?)
サッカー自体はすごかったね。100点とは言わないけど、完璧でしたね。あの前半だけを見て、コンサドーレの方が力が上だったけど、結果0−3。ありえないって感じでしたね。

(やはり攻めていて得点できないと流れが変わってしまいますよね?)
前半のうちに点を取っておきたかったですね。
押してたけど、決定的なチャンスを作れたか?というとそうではないですから。
ゴール近くまでボールは運べるけど、シュートを打つような決定的な場面を作れていないんですよね。
コンサドーレがシュートを打った数は4本なんですよ。

(試合の分かれ目になった池内のファール、あのプレーはどうです?)
まあ、そうですね〜ひとつポイントではありましたね。

(その後の修正はできなかったのですか?)

あー難しいところですね。ちょっと力が付いちゃっただけに押し込めちゃったんですよ、相手を。ずっと攻撃する時間があるってことは、相手は守っているってことですよね。ずっと守ってるってことは穴がなかなか出てこないんですよ。もうちょっと進歩したら今度は相手に攻めさせるぐらいの戦い方が出来るはず!大人のサッカーってそういうもんなんですよ。
そういう戦い方をするチーム多いですよ。まず最初の1点を取れれば3−0,4−0の試合になっていたかも。

☆ さて、明後日、日曜日には水戸ホーリーホックと対戦しますが、この試合の予想をお願いしましょう。

(さて、現在11位と8位のコンサドーレより下位にいるホーリーホックですが今年はどんなチームになっていますか?)
ここ数年守備が良かったけど、欲を出して攻撃的にやろうとしてなかなかうまくいっていない感じですね。外国人でデルリスという良い選手がいるんで、その選手をまずしっかり抑えることが大事ですね。

(ずばり何対何ですか?)
先に1点を前半に取れれば2−0ぐらいで勝てると思います。
でもこの前(の試合)と同じ状況になって、コンサドーレが押し込んで押し込んでなかなか点が取れない状況が続く感じがするなー。

☆ 水曜日に行われた日本対バーレーン戦。前半は0対0。後半26分、中村がゴール前に上げたフリーキックを、バーレーンの選手のクリアミスでオウンゴールになり、日本が1点奪取。この1点が決勝点となり、1対0で日本が勝利しました。

(なんとか勝ちましたね。どうでしたこの試合?)
バーレーンはアウェーということと、勝ち点で上回っていたということで、まず守備をしようという戦い方だったんですよ。だからバーレーンの選手はFW以外の選手がゴール前に並んで守ってましたね。
こういうゲームになったら、なかなか点が取れないんですよ。
バーレーンの方が日本より勝ち点が下だったら、もっと攻められることもあるし、逆に日本が決定的な形を迎えることもありましたよ。

(イラン戦のときとシステムを変えてきましたが、正解でした?)
選手はそんなに感じないかもしれないけど、危機管理の問題ですからね。(システムは)関係ないという人もいますけど、僕は必要だと思う。
今回は、難しい事言うけど相手が2トップだったということで3−5−2で良かったと思いますけど。

(日本で活躍していた選手は?)
この前のゲームに関してはそんなにいないですよね。ただ、中村・中田この2人は必要かなっていうことは間違いない。

(何が変わると決定力不足が解消される?)
決定的な場面があったかというとあまりなかったんですよ。
だからもしFWの能力が急に伸びるというならそれは解消されるんですけど、そうじゃないですからねー。コンサドーレの話じゃないけど、もうちょっと相手に攻めさせてみてカウンターを狙うとかね。1点目を取るのはなかなか難しいですから、中村選手という武器があるんだからセットプレーでまず1点目を!

<舞台裏>
・ののさん今日はデジカメ持参。色はレッドでした。さすがコンサドーレ元キャプテン?(笑)


最新の語録へ