山ちゃん美香の朝ドキッ! コンサドーレ情報 メール・メッセージ トップページへ
朝ドキSHOT! 朝ドキッレシピ スケジュール

コンサドーレ情報


12月

12月26日(金)

☆川崎フロンターレの稲本潤一選手が、コンサドーレに完全移籍することが決まったと、正式なリリースが20日(土)にありました。
一報が入ったのは前日の金曜日だったそうですが、どんな決まり方だったんですか?

ののさん)先週のこの時間はまだ本人と話は出来ていなかったのですが、なんとな~くこっち(札幌)に来るんじゃないか、という話は伝わってきていました。
代理人の方々も忙しくて、ショートメールで「ありがとうございました」って一言来たんですよ。
ん?どういう意味かな?みたいな(笑)ポジティブに考えれば良い方にもとれるけど、「ありがとうございました」だけだったので、いろいろやってもらったけど今回は・・・みたいなことなのかなとか、どっちなんだろうと考えましたよね(笑)
正式な連絡は夕方に本人からきました。やっぱり、本人から連絡がないと安心できませんからね。
ちなみにその時の通話時間は52秒でした(笑)
内容は、こちらから「ありがとう」とまず伝えて、向こうも「こちらこそありがとうございます」みたいなやりとりをしました。
このあと記者さんの前で話すけど、なにか言いたいことある?って言ったら、「ノリノリです」って言ってました。それで大体52秒ですね(笑)
それぞれのチームで条件に差はあり、コンサドーレが1番良い条件とは言えませんでした。金銭的な面などで。でも、金銭を上回るなにかがあると思ってもらえるところが嬉しかったです。
コンサドーレを取り巻いているものすべて(サポーターや札幌という街の雰囲気など)を含めて選んでくれたことに感謝です。強みでもありますね。
入団会見に関しては、いろんなスケジュールの調整があるのでまだはっきり決められません。
イナの日=17日に会見っていうのは、ギャグで言ったことです(笑)
日時も会場もまだ今のところ未定ですが、1月25日のプレビューパーティーの前にはやると思います。調整中です。

■新加入の情報がまだあって、J1ヴァンフォーレ甲府のMFイルファン選手がコンサドーレに完全移籍ということで、オランダ生まれのインドネシア人、インドネシア代表のメンバーでもあるんですね

インドネシアのメッシと言われているみたいですね。
ドリブルもできて、キレとかスピードで勝負できるタイプの選手。
攻撃の場面で変化が必要だ、というときに活躍してくれそうな感じです。
彼が頑張ってくれることで、インドネシアに北海道や札幌のことが伝わると思うんですよね。その効果も期待をしたいです。
実際、インドネシアで報道はかなり出ているみたいですよ。北海道という土地のことも伝わっているし、アーセナルの元選手(稲本選手)と共演!みたいなことも出ているみたいです。
ガンガン競争してもらいましょう。

top

12月19日(金)

☆チームは完全にオフシーズンに入って、報道でも「選手がどこどこのイベントに参加しました~」という内容が多いんですが、ののさんはオフってないですよね?

ののさん)ないですね~。年末年始ぐらいかな。
いいんですけどね。仕事も普段の生活もそんなに変わらないので。

■札幌市北区健康づくり協議会で講演をされたそうで、クラブが健康であれば安定して勝てると、来シーズンはもう少し強化費を使って勝負したい!とお話をされていたそうで。
話題になっている選手2人にその強化費を使っていただけるのかというのが気になるのですが、稲本選手が今日にも決断するという報道がありました!
もしかしたらまた金曜日に発表されるんじゃないかと思い、スタッフもそわそわしていたんですが。今日なんですか!?

そうだったらいいなっていう希望です・・・(笑)
でも、いつまでも長引かせるのはいろんな方面で良くないので、ある程度期限は設けています。
これで稲本選手を獲得できなかったチームは、同じポジションをやれる違う選手の獲得に動かなきゃいけないですし。年末になったり年明けになると、クラブもゴタゴタになっちゃいますし、次のチャンスを待つ選手も大変になってしまいます。
結果はまだなんとも言えないです。五分五分というか、相手もあることですしまだわからないですが、来てくれるんじゃないかなとポジティブに思っています。
うち以外のオファーを出したクラブで、良い条件のところはたくさんあるでしょう。
でも、うちはどこよりも早く表明したし、クラブもサポーターもみんなで心待ちにしていますよという雰囲気は本人にも伝わっていると思います。やれることはやったと僕は考えていますよ。
今日中にはなんとなく話は伝わってくるのではないでしょうか。

■今月5日にも伺ったんですが、東京ヴェルディのニウド選手はその後進展はありましたか?

話はほぼまとまっていると思いますが、仮契約が済んでいないので公式に発表ができないのだと思います。彼は戦力に絶対なります。
来年は本当に難しいシーズンなんです。大きなチームがJ2に落ちてきましたから。
去年までは、僕らのクラブは13番目ぐらいに強化費を当てているチームでした。今年は11番目かそのぐらいなので、来季はもう少しお金を使って勝負しようかなと思っています。
7番目ぐらいからのスタートになるのではないでしょうか。

■アンダー21日本代表に召集された奈良選手と荒野選手、タイとバングラデシュの代表と対戦して、映像は見ていないのですが、タイとの試合では先発出場して2対0で勝って、バングラデシュ戦も3対0で勝ちました。
アンダー21の遠征ブログのコメントも出ていますが、いろんなものを吸収して帰ってきてほしいですね。

スタートで出れたのは良かったですよね。
バングラデシュ戦の映像は見たんですが・・・映像が荒くてよくわからなかったんですよね(笑)
でもピッチ状態が悪そうなボールの弾み方をしていたので、そういう難しいピッチの中で勝負できたのは良い経験になると思います。
北海道の子がオリンピックに出て活躍するところ、みたいですね。

top

12月12日(金)

☆先週金曜日から今日までの1週間のコンサドーレ情報を振り返っていきたいと思いますが、まずはバルバリッチ監督が来シーズンも続投が決定したと、正式に発表がありました。
監督はどんなことを期待しますか?

ののさん)今シーズンは途中から彼が指揮をしましたが、サッカー変わったなという部分が見えたんですよね。見ている方も変わったなと気が付いたと思います。
自分のやりたい事を伝えて、すぐに選手がそれに近い動きをするというのは、そんなに簡単なことではありません。選手に伝える力があるという部分はこちらも評価をして、あとは今ある・これからも増えるであろう材料で、大変だろうけどやっていこうというお願いはしています。

■奈良選手と荒野選手がアンダー21日本代表メンバーとして招集され、タイとバングラデシュ代表との交流試合に挑む事になりました。
国際舞台にコンサドーレの選手が立つのは嬉しいですが、2人に何を持ち帰ってほしいですか?

そんなに強い相手とやるわけではないですが、年代別ではあっても国を背負ってサッカーをするプレッシャーを感じて乗り越えて帰ってきてほしいです。
最終的には来年のオリンピック予選に出て、オリンピックに出場するところまで、なんとしてでも達成してほしいと思いますけどね。2人は十分な力や権利があると思いますし。
あとは監督が変われば、やるサッカーも変わってきますので、そのサッカーにうまくはめられるかという部分でしょうか。個人で微調整をしながらやってほしいと思います。
うちのチームにはまだあと何人か候補に入れそうな選手もいますよ!

■コンサドーレに女子サッカーチームが!?

僕が作ったというより、そういうマインドを持った人たちがコンサドーレの中にいるというところが良かったなと思いますよ。
実際、女子は小学生の時は男子と一緒にサッカーをやれても、中学校に入ると女子だけでプレーしなければならないような状況になってしまい、場所がないんですよね。
そこでサッカーを諦めたり辞めてしまう子がいて、もったいないと思っていました。
北海道で育った人が世界に出ていくということが、サッカークラブの目的でもありますので、大変だと思いますがやってみることが大事だと思っています。
なでしこジャパンがすごく盛り上げてくれて、やりたいと思っていたり、実際にやってくれている子も多いんですが、小学校から中学校に上がるときに諦めてしまうことが多いです。
なんとか場を提供してあげられるようなことをしながら、簡単にはいかないと思いますが、コンサドーレを目指してくれるようになってくれたらいいですよね。
心意気だけはかってほしいと思います(笑)
こういう構想は僕の中には前からありましたが、実現させようとするスタッフがうちにいるかいないかでした。なので、この話に関しては僕というよりも、実現させようと動いてくれたスタッフが素晴らしいと思います。
いろいろ楽しみはたくさんあったほうがいいですよ。

■新加入の情報です。FC岐阜のFWナザリト選手が完全移籍でコンサドーレに来ることになりました。今シーズンJ2で17得点を挙げているんですが、この補強は得点力アップなわけですよね。

力は間違いなくある選手です。うちの強化スタッフは、彼のことを日本に来る前から見ていて、あの選手岐阜にいっちゃったんだ~・・・という感じで去年は見ていたんですよね。
彼が欲しいというチームは多かったんですが、獲得のチャンスがあったので、うまいことやりました。これもまた強化スタッフのお手柄ですね。期待できる加入だと思っていますよ。
得点力アップも間違いなく見込めるでしょう。

■最後に、稲本選手との交渉はいかがでしたか?

返答は来てないですよ。
会って話して、こちらの想いはすべて伝えました。
悪くないとは思うんだけど、やっぱり他にオファーを出しているチームで金額が高いチームもあるわけですよ。
そこのところは、最後は本人の判断ですよね。
金額が同じなら、間違いなくうちのチームに来てくれると思っていますけど、そこばっかりはね~・・・。生活もありますし。
感触は悪くないし、こちらも出来る限りのことはしようと思っていますよ。

top

12月5日(金)

☆先週金曜日から今日までの1週間のコンサドーレ情報を振り返っていきたいと思います。
契約更改の報道もありますが、練習自体はまだ行なわれているんですよね?
今選手の皆さんはどんなことをしているのでしょうか?

ののさん)まだ始まっていないですが、今日も練習ありますよ。
トレーニングの準備は出来ているけど、まだ外には出てきていないですね。
この時期は監督のイメージをどんどん伝えていかなきゃいけないし、シーズン中と違って、監督も今いる選手達が、どんなことが得意でどんなことが出来てというようなことを把握するために大事な時間だと思いますね。
まだ練習はこの先も続きますよ。

■来シーズンの攻撃陣のイメージについて

得点の確立をより高くするためには、今の(今年の)メンバーでやりくりするのが監督の仕事なんですよね。
監督と話をする限り、やりようによっては今のメンバーでも十分得点できるようになるイメージは持っているようですね。
終盤で得点していた都倉がいたり、内村もコンディションが上がってきたらとか、小野伸二も普通に出来ればみたいなことも含めて、監督の中にはそういうイメージがあるんじゃないかな。話していてそういう風に感じましたね。
クラブとして出来る事は、人を入れてあげる(補強)ことだと思うんですよね。
お金のことはさておき、その部分はしっかりやっていきたいなと考えていますよ。
どのくらいの力の選手をはめてあげられるか・・・というところですね。

■他チームへの完全移籍の情報が入りまして、上原拓郎選手がロアッソ熊本に、そしてイ・ホスン選手が来シーズンJ1にあがる湘南ベルマーレに移籍することになりました。
これでゴールキーパーは3人体制になるんですね。

現有戦力を育てるか補強をするかという選択は、今考えているところだと思います。
攻撃の選手をどういう選手をとるかという話も含めて、ある程度の金額は決まっているので、どこをプラスするかという重点ポイントは、監督を交えて考えていると思います。
今シーズンは金山とホスンで競争させながらやっていました。金山をどう育てるかというのもありますよね。
監督次第、というところでしょうか。クラブとしては若い選手を育てたいという部分もありますので。

■一方で、最終戦でののさんが発表した川崎フロンターレの稲本潤一選手に、7日(日)に直接交渉しに行くという報道がありました。

まあ・・・そんな感じです。
おそらくどのチームよりも先にオファーを出すことに関しては、選手からすると嬉しいことであると思います。
後から他のチームがオファーを出すことも当然あることですから、想定内です。
クラブによってオファーの差は、金額面などで当然あると思います。
そこで勝負をするよりも、うちのクラブにはどんな魅了があるとかそういうことで話をするしかないと思っています。元々、そういうつもりで話していますが。
自分が選手だとしたら、どういう部分で判断するかというと、当然金額はまずあると思います。そして今そこにどんな選手がいて、自分が入ったとしたらどんな活躍ができるかとか、監督はどうなんだろうとか、クラブはどんなサッカーを目指していて、次はどういう順位を目指すのかなど、そういうビジョンがあるかどうかです。
あとはサポーターや街の雰囲気など全部を考えて、僕なら選ぶと思うんですよね。
たとえ金額に差があったとしても、その他のところで上回るものを提示できればチャンスはあるんじゃないかなと思っています。
勝算は・・・わからないな~。50/50ぐらいかな。こればかりは話してみないとわからないです。本人が決めることですが、彼がうちのクラブに来たら、どんなサッカー人生が待っているかをイメージできるように伝えられればと思います。

■3日(水)のスポーツニッポンに「東京ヴェルディのニウド選手獲得へ」という記事も出ていました。"もう詰めの段階"とまで書いてありましたが?

これもどこまでどう話していいのかわからないんだけど・・・(笑)
きっと聞かれると思ったので、強化スタッフに聞こうと思って電話したんですが、繋がらなかったんですよね。
言っていいのかわからないけど、まあそこそこ・・・あながち間違ってはいないです。
ニウド選手は活動量もあるし、走れて戦える選手というイメージですね。

top


戻る


HBC TOPRadio TOP▲UP