山ちゃん美香の朝ドキッ! コンサドーレ情報 メール・メッセージ トップページへ
朝ドキSHOT! 朝ドキッレシピ スケジュール

コンサドーレ情報


6月

6月27日(金)

☆まずは、前節6月21日のカターレ富山との試合を振り返りましょう。
リーグ最下位のカターレ富山を、ホーム厚別で迎え撃つコンサドーレ札幌は、前半から巧みなパス回しで相手を翻弄します。
前半29分には、中央からゴール前に走り込んだ荒野が左にいた砂川にパスを出し、ワンツーの形で砂川がペナルティエリア内にボールを送りました。
そのボールを相手DFのコ・ジュンイがスライディングでカットしようとしましたが、はじいたボールが再び荒野の足に収まり、キーパーもかわして左足でシュート!
コンサドーレ1点先制します。
前半35分には、砂川がフリーキックを直接放り込んで2対0と突き放します。
後半に入って、カターレが長いクロスボールをボンボン放り込んできてチャンスを作られ、25分にパウロンがイエローカードをもらってPKを与えてしまい、2対1になります。しかし、そのまま守りきって試合終了。コンサドーレ札幌、4試合ぶりの勝利となりました。

■前半は本当に相手を翻弄しましたね。砂川のフリーキックもそこから生まれたものだったと思いますか?

ナイスゴールでしたね。セットプレーで取れると楽にゲームを進めることができますね。

■奈良選手、金山選手の守備陣も、前節の横浜FC戦と比較するととても良かったと思いますが。

結果、勝ったので悪くはなかったでしょう。得点もPKでしたし。
元々良かったものが、更に良くなってきた印象ですね。
個々の能力はどんどん上がってきていますよ。

■パウロン選手のファウルは後ろを狙われてボールを出されていたので、強引に止めに行ってファウルを取られてしまった感じでしたが、次の試合が累積4枚で出場できないんですよね。

パウロンはもともと速い選手なので、そういう選手はより良いポジションを取ろうということをあまり小さい頃からしてこなかったと思うんですよね。
だって速いから追いついちゃうんですよ。

■次は誰でいくのか気になるところですが、ののさんは誰に期待しますか?

うーん・・・櫛引かなあ。
あんまり良いことしようとかじゃなくて、普通にゲームできればいいです。
まあ、大丈夫でしょう。しっかり準備できてると思いますし、期待してますよ。

☆次の試合は明日です。6月28日の午後2時から、ホーム厚別競技場でリーグ16位のFC岐阜と対戦します。ラモス瑠偉監督が来ます。

■明日の厚別は、去年好評だったコラボクッキーとか、コンサドーレグルメ・マルシェと銘打って、食べ物が充実していたり、ののさんの私物も放出されるフリーマーケットがあったり、いろいろあるので食べたり飲んだり買ったりしてくださいね。

いっぱいありますよ!スウェットとかユニフォームみたいのとか出しましたから!

■話は変わって。水曜日に室蘭でJ1広島との練習試合があり、小野伸二選手が途中から出たようで、報道ではべた褒めですが、やはりよりしまった感じになるのでしょうか?

こういうパスを出せばいいんだなというのを、信二のプレーから学ぶでしょうね。
とにかく、楽しくやってもらわないと信二の良いところも出てきませんから、そのためにはまずコンディションを整えていくところですね。
今のところ、楽しそうにやっているみたいなので、この調子でいけばいいですね。
チームのコンディションも信二のコンディションも上がっていけばいいと思っています。
信二が入ってから、どんどんチームが変わっているのがわかりますよ。
みんなビビってやっているのがいいですね(笑)
信二がいることで、本番以外も緊張感を持ってプレーしています。

■石屋さんのCM撮影

今日撮るんですよ。練習終わったあと。
また僕がカメラを持って、話を聞きに行きますよ。
何を聞くかまだ考えてないけど(笑)

■最後にサッカーワールドカップブラジル大会、日本代表は残念な結果に終わりました・・・

ナイストライだったと思いました。
今まではいつも相手が上で、どうにか勝とうというサッカーだったけど、
今回は「日本らしい攻撃的なサッカー」をしようと頑張ったじゃないですか。
どういうサッカーが日本のサッカーなのかをブレずに4年間やってきて、ここからまたしっかりやっていけば、世界のサッカーに追いつくスピードも上がるのではないでしょうか。

top

6月20日(金)

☆ののさんは今日のギリシャ戦見ましたか???聞きたいことがたくさんあるのですが、まずは前節6月14日の横浜FCとの試合を振り返りましょう。
思えば3月30日の京都サンガ戦で引き分けてから、アウエーで負け続けているコンサドーレ札幌。前半33分に横浜に先制されますが、それ以外は終始コンサドーレのペースで試合は進みます。
そして後半7分に、上里のフリーキックをパウロンが頭で合わせて1対1の同点。
さらに21分には、右サイドから都倉が放ったシュートをGKがはじき、そのこぼれ球を荒野が押し込んで2対1と逆転します。
ロスタイムに入って久しぶりの勝利の予感がしてきたころ、まさかの失点で2対2の同点に追いつかれます。そのまま試合は終了。コンサドーレ札幌、とりあえアウエーでの連敗を止めました。

■先制されても追いついたのは「実力の差があるんだな」と思ったのですが、最後はどうしたんですか?疲れちゃったのでしょうか?足が止まったように見えましたが・・・。

すごいシュートでしたね。こんなときにあんなすごいシュート打つことないのに・・・。
疲れは絶対にあったでしょう。相当暑かったでしょうし、大変な中で守りきれなかったんですね。
でも荒さがしをしても仕方ないです。
とにかく、最後の相手のシュートが本当にすごかったんです。ああいうことって時々起るんですけど。
技術が足りなかったのか、体力が足りなかったのか、これが原因だ!というのは、はっきり言い切れないです。

■次の試合は明日です。6月21日・土曜日の午後2時から、札幌の厚別競技場でリーグ最下位のカターレ富山と対戦します。本当にこの試合はお願いしますよ!頼みますよ!ののさん!

よしわかった!と言いたいところですが、僕にはどうにも・・・(笑)
ホームで応援してくださる方もたくさんいるし、やってくれると思います。というかやらなきゃダメ。このゲームに関しては、結果がすべてだと思っています。

■そんな明日の厚別で、松山光プロジェクトとして、先着ですが小野伸二選手と写真が取れたり、イベントがあります。
あらためて松山光というのは、漫画の「キャプテン翼」に出てくる選手なんですが、今はコンサドーレに所属しています。漫画・アニメなので試合には出られないけど、コンサドーレから松山光のような日本代表クラスの選手を育てようというプロジェクトです。
詳しくはコンサドーレのホームページをご覧ください。
厚別は今言ったような企画があるんですが、若手選手が韓国のKリーグテグFCと親善試合をするんですね?

シーズン中なので、トップチームの選手はなかなかいけないんですが、韓国サイドからオファーがあったので、プロジェクトの一環で試合をすることになりました。
若い選手を育てながら勝っていくというスタイルでうまくいっているチームなんかもあるので、このまま若手が順調に育っていって代表クラスの選手が出てくれれば、チームとしては成功だと思いますね。
きょうのギリシャ戦も元コンサドーレの今野選手が出場していましたが、やっぱり嬉しいですね。

■話は変わって、小野伸二選手が練習でフルメニューをこなしたそうで?

筋肉痛も含め、体バキバキみたいです(笑)
一回休んでいるので、キャンプの時期みたいな感じなんでしょう。
相当痛めつけてるみたいですよ。
ゲームに出るまではまだ時間がありますし、今はゲーム以外のところでファンの方と触れ合ったりしてもらおうと思っています。
コンサの選手はサッカーやることだけが仕事じゃないんです。なんでもやりましょう。

■最後にサッカー解説者としての血の騒ぐののさんにお聞きします。
ギリシャ戦はいかがでしたか?

いやーほんとになんで・・・という感じですね。
日本は強かったと思います。
結果論ですが、11対11でやってほしかったなと思いましたね。
日本が点を取る確率が10人になったことで少なくなったんです。
11対11で試合が進んだとして、そうなるとギリシャも勝ちたいので、前にどんどん出てくるスタイルになります。そうすれば相手に隙ができて、日本のチャンスも上がったと思いますよ。
1対0にするのってサッカーで一番難しいんです。
次のコロンビア強いけど、相手もこちらも得点できる確率は高くなりますよ。
あとコロンビアはもう2勝しているので、ちょっとお休みするんじゃないかな?
100%の力ではこないと思いますよ。
あとはギリシャにそこそこ勝ってもらいたいです。
期待を持って、観戦しましょうよ!

top

6月13日(金)

☆月曜日の小野伸二選手の入団会見はものすごいことになりましたが・・・その前に振り返らなければならないことがあります。前節6月7日にアウエーで行われたカマタマーレ讃岐との試合を振り返りましょう。
アウエーとはいえ、今シーズンJ2に昇格してきたカマタマーレに力の差をみせつけるべく、前半から主導権を握ったコンサドーレ札幌。
しかし、シュートが枠に飛んでいかない、カマタマーレの守備陣に当たって入らない。
相手にボールが渡っても早いプレスでボールを奪い、1度のシュートで終わらず、波状攻撃を見せましたが0対0で前半終了。
後半もコンサドーレが攻め続けますが、36分にカマタマーレの木島にコンサドーレのペナルティエリア内でボールをキープされ、右サイドから武田が早いクロスボールを入れてきます。
高橋に倒れ込みながら押し込まれ先制を許し、これが決勝点になりました。
コンサドーレ札幌、まさかの格下相手に完封負けです。

■本当に「まさか」という感想なんですが、前半で先制点を取れなかった分、いやな雰囲気がありましたか?
なにが良くなかったんでしょうか。

1番簡単な解決方法は、めちゃくちゃ得点できる選手を入れることなんですが・・・
今のコンサドーレは、とにかくチャンスを増やすことですよね。
そのあとはもう個々の力。
周りはメンタリティの部分をどうサポートしてあげられるかが問題になってきますね。
チャンスがあるのに取れないというのは、最終的には個人の問題になってしまいます。

■そんな中でもヘナン選手が、得点は出来ませんでしたが、いい飛び出しがあったり期待できそうでしたね。

ヘナン良かったですね。
言葉がすべて理解できない分、自分でしっかり考えるんだと思います。
日本人選手の場合、スタッフの言葉は全部入ってきますからね。
伝え方の難しさですね。
もちろん本能的にいろんなことを感じ取る力はみんなあるんですがね。

■早々に次の試合の話に切り替えますが、次は明日6月14日・土曜日の午後4時から、またアウエーで横浜FCと対戦します。横浜も現在リーグ19位でコンサドーレよりも下の順位なんですが、この試合と次が最下位のカターレ富山なので、本当に勝ち点を積み上げたいところですね。

勝ち点ほしいですね。僕も期待しちゃいます(笑)

■そして、小野伸二選手の入団記者会見が6月9日・月曜日に、さっぽろテレビ塔1階の特設ステージで行われました。

簡単なトレーニングには参加していますよ。
公式戦でプレーする選手なんかは、伸二がいることによって「試合に対するプレッシャー」と向き合う時間が持てているんですよね。そこがまず若手の選手にとって良いことだと思いますね。
あと「世界の現実を知る」ということも、伸二がいるからこそだと思うので、そこも良かったと思います。
北海道のクラブを盛り上げよう!というのもすごく伝わってきましたよね。

top

6月6日(金)

☆エキシビションマッチを骨折しながら出場したののさんですが、4対4の引き分けでしたね。
それでは、前節5月31日にホーム厚別競技場で行われたアビスパ福岡との試合を振り返りましょう。
アビスパのボールの早いプレスに、攻めあぐねるコンサドーレは、前半はシュート2本にとどまります。
後半に入って攻撃のリズムもできてきた頃、37分にアビスパ森村井がゴール右サイドまで入り込み、ペナルティエリア内の右にいた平井にパス。平井からエリア内左にいた石津に横パスが通り、石津がシュート。ゴール左隅に決められ終了間際に先制点を許します。
敗戦の色が見え始めたロスタイム3分、中盤から砂川がゴール前に高いロングボールを蹴り込み、上原がゴールを背にして頭でボールを落としたところに、詰めていたDFパウロンがおよそ20メートルのミドルシュート!相手DFに当たって起動が変わったボールは、アビスパゴールに突き刺さり、コンサドーレ札幌、土壇場で1対1の引き分けに持ち込みました。

■なぜコンサは格下チームに勝てないのでしょうか?

いろんな理由があると思いますが、単純にいえば、まだまだ力不足。
力不足なりに勝つことも考えられますが、それだと個々が成長しないんですよね。
逆にそれぞれが伸びていくようなサッカーをやると、どうしても思うように結果に結びつかない部分も出てきちゃうんですよね。難しいところなんです。
でも、20歳前後の若い選手を育てることが出来ているのは、コンサドーレにとってはとても良いことだと思いますし、そういう若い選手達が一流になる頃には、自然と勝てるようになります。
そのほうがクラブとしての将来がありますしね。

■財前監督が「前半は試合にならなかった」とコメントしていますが、ののさんからみて何が良くなかったと思いますか?

選手の頭の中をどう整理するか、周りはどう整理させるか(どういう言葉をかけるかなど)がもうちょっとうまくいけばと思うんですがね。
ボールを取られるというのは、選手にとって一番嫌な事なんですが、それも時には認めてあげるというか、ボールを捨てるという選択も必要というか・・・。
選手にとってみれば、やっぱり自分の評価を下げたくないのでボールを取られないようにしよう・失わないようにしようとしますよね。
その辺の判断が難しいですね。

■次の試合が、明日6月7日・土曜日、午後4時からアウエーの香川県で、今年J3からJ2に上がってきたカマタマーレ讃岐と対戦します。
カマタマーレは現在21位。J2に上がってずっと勝てなくて、2試合前にカターレ富山に勝ってやっと1勝挙げたチームですが、アウエーとはいえここは力の差をみせますよね?

力の差、みせなきゃダメでしょうね。
荒野が戻ってきたりするので、楽しみも多いです。
今回に関しては、荒野がどんなプレーをしてくれるか、とても楽しみです。

■いよいよ6月9日・月曜日に、小野伸二選手の入団記者会見があります。

なるべく札幌らしいところでやりたいなと思ったんですが、いろいろと規制もありまして。
人がたくさん集まると警備などの問題も出てきてしまうと思うんですが、出来るだけたくさんの方にみていただきたいです。
僕、まだあんまり内容知らないんですが、たくさんの皆さんに集まっていただけるのを楽しみにしています。

top


戻る


HBC TOPRadio TOP▲UP