山ちゃん美香の朝ドキッ! コンサドーレ情報 メール・メッセージ トップページへ
朝ドキSHOT! 朝ドキッレシピ スケジュール

コンサドーレ情報


11月

11/29(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日に札幌ドームで最終戦のギラヴァンツ北九州戦がありました、
振り返っていきましょう!

●コンサドーレのキックオフで始まった前半。
引いて守るギラヴァンツに対し、コンサドーレはボールキープするものの
攻撃のリズムを掴み切れないまま、前半は0対0で折り返します。
後半に入り、コンサドーレは、先制点を奪おうと攻撃に繰り出します。
そして、後半27分には、PA前からレ・コン・ビンによるFKのチャンスが訪れるも、
直接狙ったボールは右ポストに弾かれてしまいます。
終盤には、フェホと上原を中心にパワープレーを仕掛け、
後半ロスタイムのCKには、GK杉山も前線に出てゴールを狙いましたが、
得点することができぬまま0対0で試合終了。
コンサドーレ札幌、最終戦、引き分けに終わりました。

■勝てばほぼ確実にプレーオフ出場が決まる最終戦で、
今シーズン最多の2万5千人近く(24,813人)のサポーターが応援に駆け付けた試合でしたが、
残念ながらプレーオフをのがしてしまいました。

このゲームで勝てば・・・というところで勝てなかったのは、実力不足です。
でも、今シーズン始まったときに比べたら、かなり力が付いたと思いますよ。
僕が階段でうつむいていたのは、居場所がなかったんです・・・。というか、僕はどうでもいいんですが、選手たちは本当に素晴らしかったと思います。
そして、本当にたくさんの方々に集まっていただけました。
クラブや選手・スタッフの努力もですが、サッカーはどれだけ多くの皆さんに支えてもらっているかがかなり重要ですし大切です。そこはコンサドーレの力を見せることができたと思います。

■コンサドーレ札幌は勝ち点64の8位という、最終成績になりました。

来季は出来れば、2位以内で自動昇格したいですね。
今シーズン終盤の戦いを見ていたら、来シーズンの序盤からやってくれるんじゃないかと思っていますけどね。

■また、試合前にはOB戦(JAL presents レジェンドマッチ)が行われ、
TEAMNONOとTEAMGONに分かれ対戦しましたが、こちらもスコアレスドローの結果でした。

いろんな楽しみ方があるかと思います。コンサも10数年やっているチームですから、OBにも協力してもらいました。

■ここからは、来シーズンの話になりますが、新加入のお知らせです
J2愛媛の石井謙伍選手の来シーズン加入が決まりました。コンサドーレユースから05年にトップ昇格し、
09年に戦力外となって愛媛に移籍していましたが、5年ぶりに古巣復帰となりました。

石井ちゃんは、一回コンサドーレをアウトになって愛媛に行きました。
でも、一回ダメだったからって、全部ダメになるわけじゃないというところを見せてほしいと思います。
北海道出身ということも含めて、若い選手達にとっては刺激になるでしょう。
ポジションもいろんなところをやれるんじゃないですかね。

top

11/22(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日にアウエーでFC岐阜と対戦しました。
それでは、美香さん、振り返っていきましょう!

●前半開始早々、試合は動きます。
前半3分、レ・コン・ビンの右CKをニアで上原が頭で合わせゴール!札幌が先制点を挙げます。
その14分後の前半17分には、砂川の左CKを最後は内村が押し込み、追加点を挙げます。
その後もコンサドーレ、攻撃の手を緩めることなく、前半を2対0で折り返します。
後半に入っても、コンサドーレ攻め立てます。
そして後半13分、相手陣地の深いところまで侵入した上原からのクロスボールを、ゴール前で内村が豪快にヘディングシュート!3点目を挙げ、試合はそのまま3対0で終了。
コンサドーレ札幌、今シーズン初の3連勝を決めました。

■終始ペースを握り続け圧勝!しかもシーズン初の3連勝で完封勝ちと、負けられない試合を素晴らしい形で決めてくれました。
これでコンサドーレは順位は変わらずの7位ですが、PO圏までの勝ち点を1点差とし、次の試合に勝てばプレーオフというところまできました。

すごいと思います!クラブの社長が言うのも変ですけど(笑)
相手はお金もたくさん持ってて強いんですよ。でも負けてたまるか!という気持ちが出ましたね。
この時期は目標があるクラブとないクラブの差がすごく出ます。
心理的に焦りが出る中、そういう場面でしっかり決めることが出来るのはすごいです。

■この日、2得点を決めた内村選手ですが、今シーズン16点目とクラブ記録の歴代日本人選手1シーズン最多得点を塗り替えました。

良い仕事してますよ。評価もしています。
休養も万全だったのかなーと思いましたが、3点目決めた瞬間、足つってしまいましたね。
まあ、あんだけ高くジャンプすれば足もつるよなーとフォローしてあげたいですが(笑)

☆さて、一昨日・水曜日にアウェーで行われた天皇杯4回戦、
ヴァンフォーレ甲府との試合を振り返っていきましょう。

●コンサドーレのキックオフで始まった前半、パスワークから試合のペースを握っていきます。
そして、前半の終わりに決定的チャンスを作りますが、決めきれず0対0のまま前半を終えます。
後半に入ると、試合が進むにつれてコンサドーレは運動量が落ちていき、ヴァンフォーレにペースを握られていきます。
しかし、決着がつかず延長戦へ。
延長戦に入ると、コンサドーレはヴァンフォーレの攻撃を耐える展開に。
そして延長後半7分、相手MFの橋爪からのクロスを、相手FWパトリックに決められてしまいます。
試合はそのまま1対0で終了。コンサドーレ札幌、今年の天皇杯はベスト16で終わりました。

■延長戦の末、惜しくも敗れてしまいましたが、サブ組中心でJ1相手に延長戦まで無失点と健闘しましたね。

めっちゃ若いですよ。実質、20歳前後の選手が中心になってやったんですよ。
90分ならやれたと思います。十分能力も良いところも出せたのですが、若いので経験がないんです。
どうすれば90分ないし120分プレーできるかという経験がなかったので、完全に燃料切れしてしまいましたね。
クラブとしては、若い選手がどれだけ伸びるかというのがすごく重要なので、7~8年キャリアの差があるチームにあれだけやれれば、先が楽しみですね。

●コンサドーレ札幌は明後日・日曜日、札幌ドームでギラバンツ北九州との対戦です。

top

11/15(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日に札幌ドームでヴィッセル神戸と対戦しました。
それでは、美香さん、振り返っていきましょう!

●コンサドーレのキックオフで始まった前半、両チーム拮抗した形で試合は進んでいきます。
試合が進むにつれ、コンサドーレはコンパクトな守備から攻撃のリズムを作り、
相手ゴールを襲います。そして、前半37分。
河合のミドルシュートが、ブロックに入った相手DFの手に当たりPKを獲得。
それをレ・コン・ビンが冷静に決め、コンサドーレ先制点を上げます。
前半はそのまま、1対0で折り返します。
後半に入ると、ヴィッセルがボールを支配する時間が増えてきますが、
コンサドーレも積極的にDFラインを上げ、交代で入った選手を中心に最後まで攻め立てます。
試合はそのまま、1対0で終了。コンサドーレ札幌、連続完封勝利です!

■2位相手に2連勝と見事に勝ってくれました!
前回(3/17)のヴィッセル神戸戦では、ヴィッセル相手に圧倒された試合でしたが、
今回は、攻守ともにペースを握り、成長した姿を見せてくれましたね。

いやいやもう、素晴らしかったです。
力の差はあったけど、選手たちの頑張りはもちろん、スタジアムの雰囲気が頑張れる流れをつくってくれましたね。
シーズン最初の頃は、コンサドーレとしては全然やれていなかったけど、今戦ってみると、差が縮まったなと感じました。

■決勝点を決めたレ・コン・ビン選手ですが、あのプレッシャーのかかる場面でもコース狙って決めてくれましたね。
また、コンサドーレの攻勢を強めてた時間帯に得点を挙げることができたのも良かったですね?

あの場面で蹴ろうと思うのが凄いです。
自分で蹴りたいと思う選手って、あんまりというかほとんどいないと思いますから、そこで決めるのは本当にすごいですよ。
先に得点出来た方が勝つ確率が高くなるわけですが、他の場面も今回はそこそこ安心してみていられたかなと思います。

■PO圏の勝ち点差は3点と変わらずのままですが、順位を、8位から7位と上げました。
あと2試合で勝ち点3点差なので、負けられない状況は変わりません。

そうですね。
残り試合数と勝ち点の差で、勝ち点のほうが多いと難しくなります。
今、勝ち点が多い状況なので、厳しいのは変わらないんですが、ここはやるしかないですね。
ここで2連勝できればいけるんじゃないかと思っていますよ。
今のコンサドーレの位置は、実力的に妥当なところだと思うんです。
今回のように上位のチームに勝つ力があれば、逆に下位のチームに負けて苦労もしている。
全部含めて、今のコンサドーレの実力です。
本当に力がついたなら、ここから2連勝できるはずです。
・・・というか勝ってほしいし、実力が付いたと信じたいです。だって勝てない理由がないもの。

■さて、コンサドーレ札幌は明後日、日曜日と来週の水曜日に試合が行われます。
まずは、明後日(日曜日)の試合ですが、アウエーでFC岐阜との対戦です。
FC岐阜は、現在、勝ち点は34の21位です。因みに前回(6/22)は4対0で勝っています。
前田とフェホを累積の出場停止で出られないですが、どうでしょうののさん?

これは痛いと思いますよ。
前田にしかできないことがあるし、フェホのような武器もない。
そこをどう乗り越えていくかです。
これに勝って、他のチームの状況をみて、最終節に臨みたいですね。

次に、来週水曜日の試合です。
この試合は天皇杯4回戦になりまして、アウエーでJ1のヴァンフォーレ甲府との対戦です。

top

11/8(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日に札幌ドームでジェフユナイテッド市原・千葉と対戦しました。
それでは、美香さん、振り返っていきましょう!

●前半の立ち上がりから、コンサドーレは積極的に攻撃を仕掛けていきます。
試合が進むにつれ、ゲームの流れはジェフユナイテッドがつかんでいきますが、
お互い、ゴールを奪えぬまま、0対0で前半を終えます。
後半に入ると、試合は徐々にコンサドーレのペースで進んでいきます。
そして、後半35分。相手GKへのバックパスに反応した内村が、スライディングでボールを奪い、
そのまま無人のゴールに流し込み先制点を奪います!
その後は、ジェフユナイテッドの猛攻を受けますが、最後まで守りぬき、1対0で試合終了。
コンサドーレ札幌、完封勝利です!

■そして得点を挙げた内村選手。山形戦(前々節)でも見せたように、
ミスをついて貴重な1点を奪ってくれました!
※次の試合(神戸戦)はカード累積のため出場停止。

華麗なゴールではなかったですが、相手の隙をどうみつけるかが大事ですしね。
次出られないのは、仕方ないですよ、その次の2試合どう頑張るかです。
相手は強いですよ。でもコンサドーレも相手との差を詰めるだけの力をつけてきたと思っています。

■また、DF陣も、J2リーグ得点王のケンペス選手を封じ込め、完封と活躍してくれましたね!

そのぐらいやってくれないと、上にはいけないし、伸びていかないですよね。
これが偶然ではなく、当たり前に出来るようになってほしいです。

■さて、コンサドーレ札幌は、明後日(日曜日)に札幌ドームでヴィッセル神戸との対戦です。
ヴィッセル神戸は、現在、勝ち点は79の2位です。因みに前回(3/17)は1対0で負けています。
難しい試合ですが、どうでしょうののさん?

これは普通に考えたら難しいです。
神戸とコンサの基本的な差は、まずお金です。
コンサの4倍~5倍くらいお金を使っているので、神戸は選手の層も厚いです。
ですが、コンサドーレがまったく歯が立たないかといえば、そんなことはないです。
そういう強い神戸でさえ、今シーズン8回負けているんです。なので、勝ちにいく空気や流れをどうやって作れるかですね。
ただ、向こうは昇格がかかっているので、簡単にはもちろんいかないでしょう。
十分楽しんで、笑って終われるような結果を残してほしいです。

◆U-18の内山裕貴選手(札幌新川高校)、前寛之選手(札幌白石高校)が2014シーズンのトップチームに
昇格することが決定いたしました。(別紙)

どんどん北海道で育った選手がコンサドーレに来て、活躍してくれたらいいなと思います。
可能性があるからプロになったわけです。みんなに成功してほしいけど、全員成功できるような簡単な世界ではないので、頑張ってほしいです。
サッカー以外のことも学んでいかなければ、うまくならないと思いますので、どんどんいろんなことを経験していってほしいと思います

◆古田選手が札大の練習試合で7カ月ぶりの実戦復帰を果たしました。(1ゴール1アシスト)
(新聞資料)

復帰できたのは良かったです。
今シーズン中にゲームに出れるかどうかはわからないですが、早く戻ってきてほしいです。
本人は早く出たいでしょうね。

top

11/1(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日にアウエーで京都サンガF.Cと対戦しました。
それでは、振り返っていきましょう。

●前半の立ち上がりから、京都サンガの前からのプレスにコンサドーレは苦しめられます。
そして、前半18分。奈良(なら)のクリアボールを相手FWの山瀬(やませ)に拾われ、そのままゴール。
先制点を許してしまいます。
その後、コンサドーレは攻撃のリズムを作り、何度かチャンスを作っていくも、
ゴールを割ることが出来ず、1対0のまま、前半を終えます。
後半に入り、コンサドーレは選手を入れ替え反撃に出ますが、後半7分。
PKを与えてしまい、追加点を奪われてしまいます。
その後も、コンサドーレは途中交代の選手を中心に攻めるも、
京都のゴールを割ることが出来ぬまま、2対0で試合終了。
コンサドーレ札幌、完敗です。

■厚別中学校での講演会の話

僕が今から話すことは、全部信じちゃいけない。正しいことを言うかもしれないし、間違ったことも言うかもしれない。だから、参考にしなさい。全部信じたらダメだよ!と言いました(笑)
時代の流れで変わることもあるから、とにかくどんなことでも、まず一生懸命やることが大事。あとメンタルも大事という話をしました。みんなとっても元気で、恋の相談なんかもされましたよ。
まあ、まだ若いからあと5年経ったら考えろと言いましたが(笑)

■2失点とも奈良選手のミスからでしたが、全体的にも京都サンガが一枚上手と感じる試合でしたね。

2点失点したなら、3点取り返すくらい攻めれば良いし、相手選手をセーブすることが出来ていれば防げたかもしれないという部分もありましたね。これは奈良のミスというか、奈良だけのせいではないので。
ただ、周りももっとうまくやれたと思うけれど、奈良も個人で対応できるような力を付けなきゃいけない部分はあると思います。もっともっと大きくなってもらいたい選手ですし、周りにサポートされるだけじゃなく、アイツがいれば大丈夫じゃない?と思われるような選手になってほしいです。

■そして、この試合、両チームともシュート数が少ないながらも、コンサドーレが上回った試合で、
後半はフェホ選手を中心に攻めたんですが、京都のディフェンスを崩しきることができませんでしたね。

1つでも入ったらというようなシーンがたくさんあったのですが、相手GKの個人の力で抑えられたところはありましたね。
個の力の単純な足し算なら、京都のほうが断然上です。そこをどう崩していくかというのが、ポイントだったんですがね・・・。

■これで、コンサドーレは順位を10位に落としましたが、PO圏の勝ち点差は6点のままと変わらないので、
まだチャンスはあります。

差はそのままで試合数は少なくなったので、厳しくはなりましたが、それなりにチャンスは残っています。

■さて、コンサドーレ札幌は、明後日(日曜日)に札幌ドームでジェフユナイテッド市原・千葉との対戦です。
ジェフユナイテッド市原・千葉は、現在、勝ち点は64の4位です。因みに千葉とは開幕戦で1対0で勝っています。
どうでしょうののさん?

勝てる可能性は開幕戦で見せているのですが、個々の力は相手の方が上です。
そこをグループでどう超えていくかですね。
サポーターを含めたみんなで空気をつくって、勝ちにいく流れができたらと思いますね。
みんなが試される試合になるかもしれないです。選手・クラブ・サポーターで、どこまで空気を作れるかがポイントですし、そういうところがサッカーの面白いところでもあります。

■この試合「ベトナムデー」と題して、来場者にはペア1組にベトナム旅行が当たったり、
選手にもMVP賞で2000万ベトナムドン(10万円くらい)贈呈されるようですね。

いろいろと観にきてくれた方々に楽しんでいただけることとか、日産さんのご協力で、試合のチケットの半券を持っていくとタイヤ交換が1000円で出来たりとか(札幌市内の日産のみ)しますよ。
この時期、冬タイヤの交換時期ですし、当日券を買って試合を観ていただいて、お得にタイヤ交換をしてほしいなーと思います。

top


戻る


HBC TOPRadio TOP▲UP