山ちゃん美香の朝ドキッ! コンサドーレ情報 メール・メッセージ トップページへ
朝ドキSHOT! 朝ドキッレシピ スケジュール

コンサドーレ情報


10月

10/25(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日に札幌ドームでモンティディオ山形と対戦しました。
それでは、振り返っていきましょう。

●コンサドーレのキックオフで始まった前半。
立ち上がりから両チーム、球際の激しい攻防を繰り広げる形で、試合は進んでいきます。
そして、前半25分。試合が動きます。
左サイドでクリアボールを拾った砂川が、ゴール前にクロスを上げると、
そのボールを日高が頭で合わせゴール!コンサドーレ先制点を奪います。
しかし前半37分に、相手MFの秋葉にミドルシュートを決められ同点追いつかれてしまいます。
そのまま1対1で前半を折り返します。
後半に入ると、16分。コンサドーレのFKのチャンス。
砂川が直接狙い、ゴールを決め、ここで勝ち越しに成功します。
そして、その4分後の後半20分には、
内村が相手GKのミスを付き、倒されながらもゴール!2点差に引き離します!
その後も、コンサドーレは、試合をコントロールし、試合はそのまま3対1で終了。
コンサドーレ札幌、同じ勝ち点同士のモンテディオ山形に快勝です!

■プレーオフ進出の為の、お互い負けられない試合でしたが、見事勝ち取りましたね!
PO圏との勝ち点は6点と変わりませんが、順位を7位にあげました。

ちょっと5試合で6ポイントというのは厳しいですが、ここからまた楽しめるなというのが本音ですね。
ここから3つ、京都・千葉・神戸と強いところとやるんですよね。
強いなーと思うし、相手のほうがお金もあるチームだなーとも思うけれど、もしそういうところに勝てるのであれば、相当コンサドーレも1年で力をつけたということになりますし、やれるんじゃないかなと思って観たいですね。
どんなに強くてもお金があっても、4試合に1回くらいは負けているんですよ。
ここでコンサドーレがそういうゲームを出来るかどうかですね。
こっちのほうが追い込まれている立場ですし、精神面での強さを見せてほしいです。

■そしてこの試合、砂川選手の活躍が目立ちましたね。
自身500試合出場という節目の試合でしたが、
1アシスト1ゴールとベテランの技を魅せつけてくれました。

もう500試合もやってるんだなという話はしたんですけどね。
なんだかんだ言って、最後のところでしっかり決めるのは、やっぱり砂川ですね。得点もするし、アシストもする。
さすがベテランです。勇気があります。
(来季のことについて)当然、今のプレーぶりを見ればまだまだやれる選手ですし、コンサドーレにとって、もちろん必要な選手です。

■また、3点目を上げた内村選手ですが、上手く相手のミスをつけ込んで今シーズン14得点目を上げましたね!
後半に交代で入った選手(岡本・荒野・堀米)も、攻守ともに活躍してくれましたね。

ワンプレーをみて、すごいなと思ってもらえるのは、荒野良かったなーと思いますね。
あと、内村もたいしたもんですね。キーパーが不安定だなというのをゲームをみながら感じていて、
相手の隙をずっと狙っていたのだと思います。

■ダブルタッチドリブルとは?

言葉で説明するのも難しいんですが・・・
ドリブルしていて、右足で触っているのをイメージしてください。それを右足・左足でポポンと触って、相手の間を抜いていくような、リズムの変化があるドリブルですかね。トーン・トーン・トーン・・・ポポンというようなリズムのパスです。

■試合の話から逸れますが、Jリーグの外国人枠に「提携リーグ国枠」というのが新設されるそうですね?
また、この枠が出来ることにより、レ・コン・ビン選手の残留が濃厚とのことですが?

今までは3人の外国人選手プラス、アジア人をひとりチームで保有していていいよということだったのですが、それにプラスして、Jリーグが提携しているタイ・ミャンマーなど数か国の選手はもうひとり保有していいよという制度に変えてもらったんです。
他のクラブはまた東南アジアの選手をとってないけど、これで保有できるようになれば、例えばミャンマーの選手に来てもらうことになったら、ミャンマーでのJリーグの価値も上がると思うんですよね。
アジアのマーケットにもっとJリーグが進出できるようになればいいなと思い、僕はこの数か月提案し続けてきました。うちのクラブの為だけじゃなく、Jリーグや日本のサッカーの為になることだと思いましたので。
Jリーグはすぐに柔軟に動いてくれて、Jリーグの為になると思えば変えてくれるところがすごいなと思いました。
あとは、レ・コン・ビンが残ってやると言ってくれるかどうかや、詰めていかなきゃいけないところがまだまだありますけどね。

■さて、コンサドーレ札幌は、明後日(日曜日)にアウエーで京都サンガFCとの対戦です。
京都サンガFC、現在の勝ち点は66の3位です。因みに前回(5/3)は1対0で負けています。

内容はうちの方が上回っていたという印象があるのですが、京都はJ2の中で一番ボール回しがうまいと思います。
同じような事をトライしようとしているのがコンサドーレで、どのくらい差があるのかがわかりますね。
あと台風の影響で、ピッチの状況がどうなるかわからないので、コンディションが悪かった場合は、根性ですよ!根性!京都でしっかり結果を出して、札幌ドームでやるゲームでどうなるかという感じにしたいですね。

top

10/18(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日に天皇杯3回戦でJ1のジュビロ磐田とアウエーで対戦しました。
それでは、振り返っていきましょう。

●前半が始まると、立ち上がりからジュビロに、ボールの主導権を握られます。
一方コンサドーレは、コンパクトな守備で対応し、シンプルな攻撃から次第に流れを持っていきます。
試合は0対0のまま後半へ。
後半に入っても、前半と同様、ジュビロがボールを試合しますが、コンサドーレは粘り強い守備で対応します。
そして、後半22分。左サイドで、前田(まえだ)がCK(コーナーキック)のクリアボールを拾うと、ゴール前へラストパス。
そのパス受け取った神田(かんだ)は、ターンから左足を振りぬきシュート!
ゴール左隅に決まりコンサドーレ、先制点を奪います。
その後は、ジュビロの猛攻を受けますが、なんとか凌ぎきり、1対0のまま試合終了。
コンサドーレ札幌、J1ジュビロ磐田に完封勝利です!!

■J1相手に7年ぶり勝利!16強になりました。ただ、曳地選手の怪我が心配です・・・。

試合終わったあとにすぐ見ましたけど、指が曲がっていましたからね。あれは痛いだろうなあ・・・。脱臼では済まないでしょうし、すぐに復帰は無理です。こればっかりは仕方ないです。
でも指が曲がっても試合に出続けたのは、根性ついたなあと思いましたね。

■そして、この試合、若手の活躍が目立ちましたね。
まずは、プロ初ゴールを決めた神田選手ですが、ちょっと難しいパスから、
きちっとコントロールして見事に決めてくれましたね。

難しいシュートも決めました。アイディアのあるシュートを選択したし、やれば出来るところを見せましたね。まあ、初々しいと取るか、まだまだと取るかというところもありましたけどね(笑)
良いところもまだまだのところもたくさんあるけど、チームも選手もこれからの若いチームなので、良いところが出たのは良かったと思います。

■天皇杯、ののさんの感想

それなりのクラブに勝てなくて、なぜJ1のチームに勝てるのは不思議に思う方もいるとおもいますが、J2のサッカーだとガチャガチャした試合が多くて、自分たちのペースを作るのに時間がかかることもあります。平均年齢も若く、北海道で育った選手も多い中、よくやりました。えらいです。11人のスタメンの年俸、相手チームとどんだけ違うんだと思いましたが。(笑)

※次の天皇杯4回戦はおよそ1ヵ月の11月20日の予定で、
対戦相手や正式な日時は10月20日の組み合わせ抽選会の後に決まる予定です。

■さて、コンサドーレ札幌は、明後日(日曜日)に札幌ドームでモンテディオ山形との対戦です。
モンテディオ山形は現在の勝ち点は51と、コンサドーレと同じですが、
順位は得失点差の影響でコンサドーレの1つ上の9位です。因みに前回(5/12)は1対0で勝っています。

もうコンサドーレが6位以内に入るためには、絶対勝たなきゃダメです。
これはやってもらわなきゃ困ります。

top

10/11(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日に厚別公園競技場で、ザスパクサツ群馬と対戦しました。
これが、厚別最終戦となったんですが・・・振り返っていきましょう。

●コンサドーレのキックオフで始まった前半、試合は早々に動き出します。
前半4分、左サイドを突破され、最後は相手FWのエデルにつめられ先制を許してしまいます。
その後コンサドーレは、ボールを支配し相手ゴールを襲う時間帯もありましたが、
得点を挙げることなく、1対0のまま前半を終えます。
後半に入ると、立ち上がりの1分。
GKの曵地(ひきち)が、相手シュートをキャッチしそこね、こぼれ出たボールを
またも相手FWのエデルに押し込まれ、追加点を奪われます。
このままで終われないコンサドーレ。後半21分に、右サイドの日高からのクロスボールを、
中央の荒野(あらの)がダイレクトボレーでたたき込み、1点を返します!
しかし、後半28分。ザスパクサツのFKから、最後は相手FWのダニエルに押し込まれ、またも2点差に。
その後も、コンサドーレは追加点を狙いに攻めますが、試合は3対1のまま終了。
コンサドーレ札幌。厚別最終戦で、まさか2連敗です。

■この試合、先週の放送で、「絶対取らなきゃダメ!圧勝しないといけないです」と言ってましたが、
連敗という結果となってしましました。

まあまあまあ・・・これはどうにもなんないです・・・。
すごくフラストレーションの溜まる試合でした。
敗因はたくさんあったと思います。うまいヘタの問題じゃなく、繋がらない・うまくいかないところが多い試合でしたね。そういうところをなんとかするのがプロと言われればそうなんですが・・・。
選手も見ている方も、モヤモヤする展開・試合になってしまいました。

■また、この試合、コンサドーレの持ち味のパスワークも、あまり見られなかったように思えたんですが。

厚別はピッチのコンディションも悪いので、そのようなことも考慮して、メンバーを選んだと思うんですね。
ですが、結果的にそれがうまくいかない原因になってしまったかもしれないですね。
あと、審判のジャッジに言いたいことは山ほどあります。
でも、全体的にどうやったら良いサッカーを出来るかという配慮が、決定的に足りなかったと思います。
以前もお話しましたが、審判も若いですから、これからどんどん成長していかなきゃいけないんです。
第三者から見ればそうなんですが・・・でもねえ・・・と思うのが、現実です。
なんでもかんでも過保護にファールにしているなーと思っちゃう部分もありましたし。
フェホに対しても、審判はしっかりしたジャッジをしてほしかったなと思いましたね。
そういう逆境も味方につけて、なんとか勝つ力が必要なんですが、今はまだ足りないのかもしれないですね。

■これで、コンサドーレ札幌は順位を2つ落とし10位に、PO圏までの勝ち点は6点差と差が開いてしましました。
残り6試合でPO圏の6位まで6点差と、厳しい状況となりましたが、いかがでしょう?

まあ、まだチャンスがある数字ですね。ホームゲームが4試合ありますし。
上位チームが続いて、なかなか難しい試合が多くなりますが、そんな状況だからこそドキドキしながら観ましょうよ。
自分たちのサッカーを取り戻し、審判のジャッジ等も味方につけて、しっかりやりましょう。

さて、コンサドーレ札幌の次のリーグ戦は、20日(日曜日)に札幌ドームでモンテディオ山形との対戦です。
リーグ戦に関しては、来週詳しくお聞きしたいと思います。
そして、明後日(日曜日)は天皇杯3回戦です!
対戦相手は[J1]のジュビロ磐田で、13日、日曜日にアウエーで対戦します。

top

10/5(金)

☆コンサドーレ札幌は、日曜日にアウエーで、ロアッソ熊本と対戦しました。
振り返っていきましょう。

●コンサドーレのキックオフで前半が始まり、試合は動いたのは前半17分。
ロアッソの左サイドからのフリーキックから、相手FWの齊藤(さいとう)に頭で合わせられ先制を許してしまいます。
しかし前半24分。左サイドで砂川(すなかわ)のスルーパスを受け取った上原(うえはら)が、
中に切り込み、シュート!同点に追い付きます。
その後は、コンサドーレのペースで試合は進みますが、追加点を上げることなく1対1で前半を終えます。
後半に入っても、試合はコンサドーレのペースのまま。
再三チャンスを作るも、ロアッソのブロックに阻まれてしまします。そして、後半34分。
ロアッソのカウンター。1度は曵地(ひきち)がセーブするも、こぼれ球を相手MF片山(かたやま)に押し込まれ、
再度リードを奪われてしまいます。
その後も、コンサドーレは攻め続けますが、ロアッソの硬い守備を崩すことが出来ぬまま、2対1で試合終了。
コンサドーレ札幌(さっぽろ)。下位相手に痛い敗北です。

■6位との差を縮めるチャンスだったんですが、取りこぼしてしまいました。
再三、攻めてはいたものの、ロアッソ熊本の守備を崩しきれませんでしたね。

負けるとは思っていなかったけど、難しいゲームだなとは思っていました。
相手チームはJ3に降格する可能性があるので、必死に考えて守るわけですよ。
守ることしかほとんど考えていないチームを崩すのは、難しいです。
でも、なんで負けたかなあ・・・という感じですね。
ゲーム自体はコンサドーレが上回っていたとは思いますが、なんでか失点してしまいましたね。

■また、得点を決めた上原選手ですが、この日は誕生日でバースデー弾となりましたが、
左サイドの角度のないところから、見事決めてくれました。

良かったですね、GKからするとクロスが飛んでくるような場面だったので、逆をついた形になりますね。
良かったと思います。

■この結果、PO圏までの勝ち点は、4点と変わりませんが、順位を1つ下げて8位となりました。
また、札幌と同じ勝ち点のチームが、岡山、松本、東京Vと3チームあり混戦模様となっています。

面白いです。
ドキドキしないと面白くないじゃないですか・・・(笑)
コンサドーレはホームゲームが残り5試合ありますから、ホームでしっかり頑張ってほしいです。

■さて、コンサドーレ札幌は明後日、日曜日に厚別公園競技場でザスパクサツ群馬と対戦します。
ザスバクサツ群馬は現在勝ち点31の20位。前回(6/29)は2対0で負けています。

そうだ、負けましたね。思い出した!
毎回そうだけど、このゲームは絶対取らなきゃダメ!圧勝しないといけないです。
やってくんないと困りますよほんとに。

■また、10月20日の山形戦と11月3日千葉戦がドーム開催と変わったため、
明後日の試合が、厚別での最終戦となります。

元々はファイターズ戦の関係があったのですが、せっかくなら良い環境でサッカーをしたいし、お客さんにも良い環境で観ていただきたいので、このような形になりました。

※10/20山形戦、11/3千葉戦の観戦チケットについて(別紙参照)
現在販売停止中で、明日(5日)の午前10時から販売開始。チケット価格は厚別のチケット価格のまま。

top


戻る


HBC TOPRadio TOP▲UP