山ちゃん美香の朝ドキッ! コンサドーレ情報 メール・メッセージ トップページへ
朝ドキSHOT! 朝ドキッレシピ スケジュール

コンサドーレ情報


1月

1月25日(金)~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆毎週金曜日のこの時間は、野々村芳和さんのコンサドーレ情報をお送りします。
コンサドーレ札幌顧問、野々村芳和さんに電話をお繋ぎしていろいろな角度からコンサドーレを解説してもらいたいと思います。
今週もコンサドーレ札幌に動きがありました。

■21日・月曜日に、新加入選手の会見が白石区にあります「サッポロ・イーワン・スタジアム」で行われました。
会見はパウロン選手、チョ・ソンジン選手、松本選手、中原選手、永坂選手、堀米選手、神田選手、阿波加選手、深井選手の9名でした。
それぞれ自分の特徴などを話していましたが、高校生は緊張していたのか、みんな良い意味で真面目な印象でした。
ののさんは会見をみていかがでしたか?

そんなにインパクトはなかったかなー?
もうちょっとなんかあっても良かったような気もします。
でも、多くの方々が来てくれて良かったです。

■会見の最後は、サポーターのところにいって、ハイタッチをして終了だったのですが、選手が控室に入ったあと、ののさんひとりでサポーターとハイタッチするサービスも飛び出しました。

当たり前です。
せっかく来てくれたのですから、僕は別として選手は必ずするべきです。
反省点は、早く言ってくれればいい写真撮れたのに!と新聞社の方に言われました。
そこまで考えられないのは、まだ未熟ですね。

■月曜日の道新スポーツに「札幌露出指令」という記事が出ていましたが、先週の放送で「サッカーだけ出来ればいいってもんじゃないってことを、クラブとして強く言っていかなきゃならない」と言っていましたが、早速実行したんですね。

露出指令ってなんか危ないけど・・・そっちの指令じゃないですよ(笑)
面白くないことをマスコミの皆さんに発信しても取り上げてもらえないので、
選手からでもどこからでも、良い情報が出てきたらお知らせしたいんですけどね。
選手は自分をプロデュースして売り込まなきゃいけないですし、伸びる・生きる選手はサッカー以外のところもしっかりしていますからね。

■トレーニングも始まりました。
ボール中心のトレーニング、フィジカル中心のトレーニングの2つに分かれていますが、名塚コーチがメインで指導しているようですね。財前監督ももちろん指導はしているんですよね?

最初はやることが限られているので、監督は任せているのだと思います。
大変だと思いますよ、場所も含めてやることが限られますし。
お金のあるところは暖かいところで伸び伸びやっているでしょうけど・・・
この環境だからこそ出来る優れた準備をしてほしいですね。

■コンサドーレ札幌の開幕戦と第2節の対戦相手が決まりました。
開幕戦は3月3日・日曜日に、アウェーでジェフユナイテッド千葉と対戦します。
北原コーチ、そしてののさんの古巣でもありますが、まずはアウェーからのスタートになりますね。

ねー
僕はJリーグが意図的にやったんじゃないかと思ってますがね、勝手に(笑)

■ホーム開幕戦は3月10日・日曜日、札幌ドームで栃木FCと対戦します。

もちろん勝ってほしいけど、スタートのときの状態をしっかりみておいて、何試合かやったあとに若い選手がどれだけ動けるようになっているかをみるのが、一番大切なことだと思っています。

top

1月18日(金)~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆今週もコンサドーレ札幌に動きがありました。

■先週、海外トライアウトの検討の為、契約更新を保留している古田選手について話しましたが、15日残留が決まりました!

■12日の道新スポーツに「古田慰留へ直接出馬」と書かれていますが、行ったんですか?ののさん??

そんなそんな・・・古田が全部決めたことですからね。
直接は会っていないです。ほとんど決まっていたときに電話で話しただけです。
いろいろな媒体のコメントを読んだりしていたみたいですよ、彼は。
望まれていくぐらい力をつけなきゃいけないと本人も自覚していたのでしょうし、日本人選手は今注目されていますから、もっと力をつけて、どんどん海外に出て挑戦するといいと思いますよ。
今の段階だと、残って正解なのではと僕は思います。

■日付が前後しますが、12日に徳島ヴォルティスへ期限付き移籍中でした、上里一将選手の復帰が決定しました。これで先ほど話した古田選手を含め31選手と、今シーズンの戦力が決まりました!

若いですよね、本当に若い。
多くが北海道出身とか、北海道でキャリアをスタートさせた方々が多いので、ザ・北海道というチームですよね。
一丸になるというのは、簡単そうでなかなか難しいです。
競争しながらだんだんひとつになっていけば、面白いチームになるんじゃないかと僕は見ていますよ。
若い選手がみんなが見ている中、どんな佇まいで喋るのか楽しみですね。サッカーだけ出来りゃいいってもんじゃないんですよ。いつ(選手生命が)終わるかわからないんだから、そのときのためになんでも出来なきゃね!

■16日に今年初のスタッフミーティングが行われ、財前新体制がスタートしました。
その中で古田選手へ、ドリブルだけじゃなく、ボールのつなぎ役としての厳しい要求や、財前サッカーのキーポイントであるサイドバックになる選手への要求、キャンプの練習試合初戦から、けが人以外の全選手起用など、日刊スポーツではこれらをまとめて「財前三策」とも書いていましたが、キャンプから激しいポジション争いとなりそうですね。

ポジション争いは当たり前ですからね。
選手は試合をやるのが一番ですから、試合を通じて体をつくっていければいいですよね。
選手は競争だし、監督にガンガンアピールする場になるでしょうね。
去年あまりゲームに関わりのなかった選手はモチベーションが上がるでしょうし、ゲームに関わってきた選手には良いプレッシャーになるでしょう。
監督が変われば、メンバーの半分が変わるといってもおかしくないでしょう。
サッカー観が合う監督と出会った選手は、伸びるというか良く見えるということは結構ありますから。
もう、どんどんアピールして!テレビ等が来たら、そこの目の前に行ってアピールするとかね。
メディアをうまく利用して、監督にアピールしてほしいですね。

■新助っ人ブラジル人のパウロン選手が16日来道しました。
チーム最長身となる192センチのDF選手で、新たな守備の要として期待してしまいますが、活躍してほしいですね。

僕はまだ会っていないです。
雪、びっくりしたでしょうね(笑)
192センチの景色は、一体どんな景色なんでしょうね?
期待は全選手にしていますし、日本人選手と横並びに思っていますよ。
あまり助っ人という風には思っていないです。まだどんなことが出来るかわからないですしね。

top

1月11日(金)~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆今週もコンサドーレ札幌に動きがありました。

■正式にトップチームスタッフが決定しました。
監督はアビスパ福岡U-18監督をしていた財前恵一さん。
コーチは、コンサドーレ札幌U-15監督だった名塚善寛さん、ジェフユナイテッド千葉・市原でコーチをしていた北原次郎さん。
フィジカルコーチは昨年に引き続き、古邊考功さん。
GKコーチも昨年に引き続き、赤池保幸さんです。

みんな一生懸命やってくれるでしょうし、年齢的にも若い。
コンサドーレでプレーしていた方もいるので、力関係の分析も冷静に出来るでしょうし、サポーターとの関係等もしっかり掴んでいると思います。
若いほうがいろんなことにチャレンジしてくれるでしょうし、良いのではないでしょうか。
もう、思いっきりやったらいいと思いますよ。ありきたりなことをやっても、相手と差が出ない。
多少うまくいかなくても、まだ次があるという気持ちでやってほしいです。

■契約合意選手ですが、1月8日に追加発表がありました。
前回の発表では未定だった、イ・ホスン選手、日高選手、岡本選手、宮沢選手の契約合意が決まりました。
山本真希選手が川崎フロンターレに完全移籍することが決まりました。
仕方ないけど、残念です。

残念は残念だけど、次の活躍するチャンスがあるのは良いことです。
力がある選手だから次があるんです。
ここは仕方ないところですね。

■その中で、古田選手がまだ契約合意に至っていません。
スポーツ紙では、ヨーロッパのデンマーク1部・ブロンビーというチームのトライアウトに参加するか検討しているなんて報道されていました。

■デンマークのサッカーのレベルは?

イタリア・ドイツ・イギリス等と比べれば、そこまで強くないです。
ただ、Jリーグと比べると一概には言えないです。
Jリーグのチームの方が強いところもあるでしょうし、なんとも言えないところですね。

■ブロンビーってどんなクラブチームかご存知ですか?

全然わからないです。
古田がそこに行って、自分のモチベーションを上げたいのはわかりますが、
そこにいけばうまくいくかどうかは、ちょっとわからないですね。
最終的には彼の意志ですが、いろんな意見があるでしょう。
僕個人としては、今このタイミングで?という気持ちですね。
たとえばドイツなんかのチームに呼ばれていくのは、ひとつ良い道だと思うんですけどね。
古田個人のことを考えると、デンマークはヨーロッパのチームの中でも下の方のチームなので、戦略的に未熟な部分も多いと思うんですよね。
今まで2人でやっていた場面を、ひとりで任されるかもしれない。そういう個人的に技術を学べる・伸ばせるのは良いと思いますね。
・・・コンサドーレに残ってほしいけどね~(笑)

top

1月4日(金)~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆毎週金曜日のこの時間は、野々村芳和さんのコンサドーレ情報をお送りします。
元コンサドーレ札幌キャプテン、現北海道フットボールクラブ顧問の野々村芳和さんに電話をお繋ぎしていろいろな角度からコンサドーレを解説してもらいたいと思います。

■1月1日に正式に株式会社北海道フットボールクラブの顧問に就任され、さっそくですが今年の抱負をお聞きしたいのですが?

今年の抱負?………健康が1番です(笑)

■健康は大切ですよ!その上で、チームはどうなんですか?

クラブとしては簡単な状況ではないと思うので、かといってすぐに良くなる方法もないわけですから、いまある戦力をうまく使っていくしかないですよね。
もう少し個々のパワーを良い方向に向かうようにできれば、前に進んでいけるでしょうから。いまはそれだけしか言えないですね。

■リスナーさんからメッセージが届いていまして…
【R.Nたこ焼きほっぺさん】
野々村顧問!今年は使える助っ人をお願いしますね!

使える助っ人!?
(確実に戦力になる助っ人を雇う)そんなお金があるわけないじゃないですか(笑)
サッカーの世界は広いので、確実に助っ人としての役割を果たしてくれる選手をチームに呼ぼうとすると何十億円もかかるんですよ。
でもコンサドーレはここ10年ぐらいはちゃんと戦力になる助っ人選手を呼んでいるので、今年も良い選手が来ることを期待したいです。

■【R.Nココメシさん】
リーグ戦が終わったあとのスケジュールを教えてください。

リーグ戦の後半には同時に天皇杯も始まるので、天皇杯で勝ち進んでいればリーグ戦が終わったあとも天皇杯の試合があります。元日に決勝がおこなわれましたよね。
天皇杯で早々に負けてしまうとリーグ戦が終わったあとに試合はないんですけどチームごとに変わってきまして、すぐにトレーニングを始めるチームもあれば、
ちょっとトレーニングをしてすぐにオフに入るチームもありますしさまざまです。2月に入ってから本格的に練習ができるように、1月中旬から体を動かし始めることが多いです。
「だいたい1カ月は休まなければいけない」って感じなんですよ。これは次のシーズンでもっと強くなるために休む(痛んだところを治す期間)のであって、痛いところが無い選手は動いた方が良いので休まない選手もいますが。体はもちろん心についても。

■天皇杯で柏レイソルがガンバ大阪を1対0で破って優勝しました。

ガンバは強かったんですけど、戦略的にはレイソルのほうが上手で、ガンバの良さを消しましたね。
レイソルのネルシーニョ監督の采配はすごいと思いました。
自分たちのチームが上手くいっていないことを早い段階で察知して選手をひとり替えて修正を試みて、地味に相手の良さを消していくやりかたでしたが、
ガンバは派手さもあって強く見えるところもあるんですけど、それだけではサッカーの勝負は決まらないということをネルシーニョ監督が見事に教えてくれた試合でした。

■ガンバ大阪とはJ2で戦うわけですが?

普通に考えたら勝負にならないんですけど、その差をコンサドーレがどう埋めてくれるのか期待したいです。
ガンバは資金力もあるし、単純にチームを強くするためのお金が10倍ぐらい上回っているんですよ。
だからその差をどう埋めるのか頭に置きながら試合を見ると面白いと思いますよ。

■では、その態勢を作り上げるために、私たちメディアも協力していかないと…

メディア!メディアだね!メディアも頑張ってくれないと(笑)
「育てる」ことに協力してくれないと~、おいしいところだけをポコポコっと放送してもダメじゃないですか?(笑)
「おいしいところを伝えるのがメディア」ではなくて、「なにかを育てていくのがメディア」という考え方が必要だと思いますよ。
いまは、メディアにそういう意識がほとんどないので。
そこをなんとか協力してくださいよHBCさん!!!

■わかりました!

top


戻る

HBC TOPRadio TOP▲UP