山ちゃん美香の朝ドキッ! コンサドーレ情報 メール・メッセージ トップページへ
朝ドキSHOT! 朝ドキッレシピ スケジュール

コンサドーレ情報


<Back
10月

10月28日(金)~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆毎週金曜日のこの時間は、野々村芳和さんのコンサドーレ情報をお送りします。
元コンサドーレ札幌、キャプテンの野々村芳和さんに電話をお繋ぎしていろいろな角度からコンサドーレを解説してもらいたいと思います。
22日・土曜日、アウェーで19位のガイナーレ鳥取と対戦したコンサドーレ札幌。
前半から積極的に攻めるも最後の詰めが甘く、得点を奪えないコンサドーレ。後半33分カウンターを狙った近藤のパスがカットされ、逆にカウンター攻撃で失点。その1点が重くのしかかります。結局1点差のまま終了のホイッスル。下位チームに痛い痛い負けで、結局4位に転落してしまいました。

■今季初の3連敗が出てしまいました。

信じられなかったですね。
うまくいかなくても19位の相手だったら・・・と思いますよね。
まあ、連戦というのはどこのチームも同じですが、雨でコンディションも悪かったです。
自信をなくしてしまっていたというか・・・この試合に関しては振り返りたくないです。
普通、ここにきて3連敗するともうダメだと思うけど、ダメじゃなかったですね。

☆26日・水曜日、アウェーで昇格争いを演じる徳島との負けられない一戦。
前半終わって0対0、試合が動いたのは後半6分、内村・ジオゴと繋いで最後は近藤が決めてコンサドーレが先制、35分には内村のゴールで2対0。そのまま逃げ切り、連敗を止める勝利は再び3位に浮上する大きな勝利となりました。

■よく勝ってくれました!

めちゃくちゃこの勝利は大きいですよ。直接対決ですし。
勝ち点6ぐらいの価値がある勝利です。
3連敗のあとによく勝ちました。凄いです。

■近藤の先制点が大きかったですね?

得点されないようにそれまでしっかり守っていたのも大きかったですし、
コンサドーレは先制したら勝てるチームですから。
綺麗なゴールでしたし、よくやりましたよ。

■石崎監督いわく「勝ちたいという気持ちが出ていた」とのこと。最後は気合ですね?

今まで出ていなかったのでしょうかね(笑)

☆明後日・日曜日、厚別でロアッソ熊本と対戦します。

■現在9位の熊本、最近の状態は?

もうここまで来ると、熊本は昇格争いは厳しいです。
なので、モチベーションも含めてコンサドーレの方が上だと思います。
ですが、19位のチームに負けるようなこともありましたので、
しっかりやってほしいですね。
昇格のためには残り試合全部勝てばいいんです。そのぐらいの気持ちで。
先に点を取って、1対0でもなんでもいいから勝ってほしいです。
内容うんぬんより、ここまで来たら結果です。自信を持ってやればいいです。

top

10月21日(金)~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆16日・日曜日、ホーム厚別で昇格争いを演じているサガン鳥栖と対戦したコンサドーレ札幌。前半6分、コンサドーレのゴール前で、近藤が相手選手と接触。これがファールとなり、PKを献上。鳥栖が先制します。
1点ビハインドを追って攻めるコンサドーレは、長身のFW上原・DFの岡山を前線で起用するも得点を奪えません。後半30分には、ジオゴがこの日2枚目のイエローで退場。それでも攻めるコンサドーレ、ただこの日はゴールが遠かった。1対0で敗れ、鳥栖と入れ替わり3位に後退してしまいました。

■前半6分の接触プレー、最後まで響きました。

あんなの全然ファールじゃないです。審判が騙されちゃったという感じ。
選手は駆け引きしながらプレーするものなので、選手はあまり攻められない。
でも、あれから時間があって逆転するチャンスもあったわけです。
まあ、よくあることですけど、納得できないですよね。

■後半30分、ジオゴがこの日2枚目のイエローで退場。これも痛いプレーでした。

痛いですよ。でも仕方ない。こういうこともあります。

■負けはしましたが、石崎監督は「点を取る気持ちが出ていた」とコメントしています。
ここからどれだけ強い気持ちで最後まで戦えるか、ハートの問題は大きいですね。

気持ちは当然大事です。それがなければ話になりません。
今まで運も含めてうまくいっていたので、今回は仕方ないとしか言いようがないです。

☆19日・水曜日、アウェーで京都サンガと対戦したコンサドーレ札幌。この日、累積警告4枚のキャプテン河合と前節退場のジオゴが出場停止と厳しい戦いに。ところが、前半10分には古田のシュート、キーパーがはじくこぼれ球に砂川と立て続けにシュートを放ちますが、ゴールを奪うことはできません。
チャンスを逸すると流れは京都に、前半2点・後半2点と今季ワーストの4点を奪われ完敗。ここにきての連敗は痛い・・・。

■不調の原因は?

不調かな?あまり変わらないと思いますよ。
ちょっと昇格のことを意識しすぎて、焦りに繋がったかもしれないですね。
うまくいきすぎなぐらい、最近はうまくいっていたから、精神面をコントロールしきれていなかったのかもしれませんね。

■新聞各紙、河合の不在が響いたとありますが、どうですか?

あまり目に見えてわかるものじゃないんですが、結果を見ると響いたということになります。
昇格するチームは、大事な選手がいない試合でも勝つんです。
なので、河合やジオゴがいない状況で勝てれば、昇格できるのではないかと思っていました。
最近うまくいっていたので、攻めすぎたのでは。しっかり守れなきゃ意味がないですからね。

■まだ神様は見捨てていません。ここにきて連敗しても続く4位徳島、5位の千葉も負けたので3位をキープしています。

相変わらず流れはいいですよ。まだ3位にいるので、自力で昇格を決めるチャンスはあります。

☆明日・22日はガイナーレ鳥取、26日・水曜日は徳島ヴォルティスと対戦します。

■現在19位の鳥取、最近の状態はどうですか?

まだ発展途上のチームなので、怖い相手ではないです。
ここで負けちゃ話にならないです。
今度は言い訳できませんよ。
ファンの方々は昇格を願って応援してくれているのですから、ここで絶対に勝たなきゃいけないです。

top

10月14日(金)~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆ 8日・土曜日、天皇杯2回戦、厚別競技場で水戸ホーリーホックと対戦したコンサドーレ札幌。
ベストメンバーの水戸に対し、コンサドーレはユース5人を含む若手選手中心のメンバーで挑みます。
前半13分、水戸に先制されたコンサドーレですが、1分後に横野のゴールで同点とします。
後半40分、途中出場のユースFW榊が勝ち越しのゴールを決めます。しかし3分後に同点とされ、延長戦に突入。延長戦後半13分に、水戸に勝ち越されそのまま試合終了。惜しい試合でした。

■コンサの選手層は厚いですか?

厚いとはいわないけど、将来が楽しみだというのは感じることが出来ましたね。
コメントを聞いていると、自信を持てたというようなコメントも多く聞かれましたし、勝ちたかったですね。

■榊選手は見事にゴールを奪いました。自信になりますね?彼はどんな選手?

と思いますよ。
得点しても自信になりますし、120分出場したということも自信に繋がると思います。
やはり高校生とは求められることも違ってきますから、今回の体験は自信になったのではないでしょうか。

■天皇杯は大番狂わせが起きています。JFLの松本山雅が横浜FCを破り、福岡大学がPK戦の末、J1の大宮を破る大波乱。どういうこと?

これはちょっとびっくりですね。
コンサドーレも今回の試合は勝ちたかったですけどね。

☆明後日は、現在3位のサガン鳥栖とホーム厚別で対戦します。

■3位の鳥栖との一戦、昇格のための大一番です。

まだ試合数が結構残っていますから、これで決まるとは思っていません。
が、終わったときに3位以内に入れなかったとき、どうしてあのとき・・・と後悔しないために勝っておきたいですね。

■最近の鳥栖は?

上位争いしているチームの中では、鳥栖が一番いいかなと思います。(FC東京を除くチーム)
得点もしますし、勝てるサッカーをするチームです。
その分、失点もするチームですから、どちらが持ち味を発揮するかという試合になると思います。

■どう戦いますか?

いつも通り!
点取られないようにしましょう。
最近取られることも多いので、気をつけましょう。
いつものコンサドーレらしさが出れば、2点は取れるでしょう。

☆ワールドカップアジア3次予選、11日火曜日タジキスタン戦が行われ8対0と大勝しました。

■8得点の大勝でしたが、率直な感想を。

あんなもんかなという感じです。
全然力が違うので、あの点差は普通かなと思います。

■ハーフナーな高さ、すごいですね?

あの高さを使えるのはマイクしかいませんでしたからね。
北海道で育った選手が活躍するのは嬉しいですね。
10年前ぐらい、一緒にボール蹴って遊んだりしましたよ。

■来月のタジキスタン戦、15日の北朝鮮戦とアウェーが続きます。ここで決められますか?

決まりますよ。
あんまり心配せずに、厳しく見ているのがいいのでは。まだ最終予選じゃないですから。
こないだの試合はグラウンドの状況も良かったですが、今度はボコボコのコンディションで試合をしなければなりません。難しいゲームになると思いますよ。

top

10月7日(金)~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆毎週金曜日のこの時間は、野々村芳和さんのコンサドーレ情報をお送りします。
元コンサドーレ札幌、キャプテンの野々村芳和さんに電話をお繋ぎしていろいろな角度からコンサドーレを解説してもらいたいと思います。
2日・日曜日、アウェーで横浜FCと対戦したコンサドーレ札幌。
優勝争いの渦中、下位横浜に取りこぼしはできないコンサドーレ札幌、前半はお互い決め手に欠けて0対0。
均衡を破ったのはコンサドーレ、後半14分ドリブルで切り込んだジオゴからのパスを内村が決めて先制。しかし33分、横浜に同点とされてしまいます。
負けられないコンサドーレは、先制弾を放った内村に代わって後半37分、長身の上原を投入。終了間際の後半43分、砂川のコーナーキックを上原がドンピシャで頭で決めて逆転勝利。2位の座をキープしました。

■先制点は内村でした。内村のゴールも見事でしたが、その前のジオゴの突破からのラストパスもあっぱれでした。呼吸は合ってきましたか?

それなりに良かったですよ。
いいパス・いいシュートでしたけど、その前は相手がパスくれましたからね。
そういう場面をものにするというのは大切だけれど、ツイてますよね。ほんと運がいいです。
今コンサドーレは「どうぞ昇格してください」と言われている感じです。
コンサがうまくいくようになってきたのは、ジオゴが加入したことと、内村がどんどん試合に出れる状態になったからでしょうね。

■同点にされたあと、先制ゴールを奪った内村にかえて上原を投入しました。この采配の狙いは?

後半になってくると、前線の選手が疲れてくるので、交代することが多いです。
交代した選手がまた活躍するものだから、石崎監督は気持ち良くて仕方ないでしょう。

■この勝利は大きいですよね?

横浜FCはやっぱり強かったです。
そう思ってしまうのは、ちょっと悔しいところです。コンサドーレと試合して、相手の良いところが目立ってしまったわけですから。ですので、残り試合でこの差を埋めれたらいいですよね。
今のコンサドーレは運がいい。ここぞというときに得点できたり、体を張ったりできる。精神論を語りたくないですが、そういうところも強くなってきたのかもしれません。

■あとまだ10試合あります。ここを何勝何敗でいけば昇格できそうですか?

6つは勝たなきゃいけないと思いますよ。
今コンサドーレはグループとしていいグループですよ。ひとつにまとまって何かを成し遂げようとするチームとしては、今一番いい状態だと思います。

☆明日は天皇杯2回戦、厚別競技場で水戸ホーリーホックと対戦します。

■しっかり戦って、いいモチベーションを保ちたいですね?

コンディションを整えたり、建て直したりする必要がある選手は、出場しないほうが良いのではないでしょうか。
残り10試合ですから、しっかりした形で臨みたいですよね。

top


戻る

HBC TOPRadio TOP▲UP