山ちゃん美香の朝ドキッ! コンサドーレ情報 メール・メッセージ トップページへ
朝ドキSHOT! 朝ドキッレシピ スケジュール

コンサドーレ情報


Back>
9月

9月25日(金) ~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆今週もコンサドーレ札幌、元キャプテンの野々村芳和さんにいろいろ伺っていきたいと思います。
ののさん、宜しくお願いします。
9月20日、日曜日室蘭でアビスパ福岡と対戦したコンサドーレ札幌。
両チーム決めてなく前半終わって0対0。負けられないコンサドーレは、後半3分上里が自らもらったフリーキックを決め、貴重な先制点。その虎の子の1点を守りきり1対0で勝利!順位も7位にあげました。

■ ここ2試合、立ち上がりが悪かったコンサドーレ。この試合はよかったですよね?

全体的にはよかったと思いますね。失点しないで終わることが出来たし。

■ キャプテン上里が試合を決めてくれましたね。今季初めてのトップ下というポジションでの出場でした。この位置の役割とはどういうものなのか教えてください。

ボールに数多くさわって、さばいて、前に向かってランニングして、ゲームをつくらないといけないですよね。

■ 上里のFKは、コンサドーレの選手の中でもうまいほうですよね?

1番うまいんじゃないかな。キックはいいと思いますよ。

■ 石崎監督は、トップ下での上里を攻撃の起点としても機能していたとほめていましたが、今後もこの位置での出場はありますか?

なるんじゃないかなと思います。コンサドーレに関してはこのポジションはいろんな選手が出来ると思いますが、他の選手の組み合わせも含めて、誰がそこをやるのがいいかという話になれば、上里はいいんじゃないでしょうか。

■ この日は、1点を守りきる試合運びが出来ました。何がよかったですか?

点数取られなきゃ勝ち点は取れるし、1点取れば勝てるじゃないですか。
1点取るのに、90分間あるわけです。90分間常に点を取ろう取ろうと思っていても、なかなか簡単に取れるものじゃない。相手のほうが力が上だと、相手は守るだけでいいことになってしまう。
うまくやれば、相手も点を取りたくなったりするんです。うまくやれば点は取れるんです。コンサドーレにはその力があるんですから。0で抑えることが出来たっていうのが、一番良かったんじゃないでしょうか。

■ 気になるのは、ダニルソンが負傷して退場しましたが、その後に入った芳賀選手もよかったですね?

良かったですね。守ること・危険をなるべく少なくすることを考えてやっていたほうが生きるタイプの選手だと思います。すごく良かったと思いますよ。

☆ 9月23日・水曜日、アウェーでファジアーノ岡山と対戦したコンサドーレ札幌。
前半31分、藤田のゴールで先制したコンサドーレ。前節に続いてその1点を守りきり、1対0の完封勝ち。ここにきて目指す形がみえてきたのか?

■ シーズンも終盤になり、来季の構想も考える時期かと思いますが、
ハファエルはなかなかかみ合いませんね?

ハファエルはすごいことが出来るというタイプの選手ではないので、目立たないというところはありますが、チームのひとつの駒としてうまく働けるようになればいいですよね。それなりの能力は持っていますから、これからどうするかですね。

■ 2試合続いての完封勝ち、これは価値のある結果ですね。

バタバタした試合だったし、点を取られてもおかしくない状況だったと思いますけど、相手が相手だったかなというところもあるので、もうちょっと最後の15分で自分達がボールを持っている時間を長くするような選手が1人いればいいのになと思うことはありますよね。

■ これからの戦いは来季も見据えた戦いになりますか?

来季はとっくに見据えていると思いますね。石崎監督はそのつもりでやっていると思いますよ。
来季を見据えていなかったら、勝つ為だけのサッカーをやっていると思います。上にあがったあともしっかり戦っていけるようなサッカーをということでやっていますね。

☆ 9月27日・日曜日、ホーム厚別で湘南ベルマーレと対戦します。

■ 現在3位と昇格圏内の湘南、チーム状態は好調ですか?

湘南はあまりよくないですね。

■ この昇格争いのチームを食ってやる勢いで戦わなければなりませんね。

もちろん!厳しいけれど、これから全部勝って昇格争いに参加するためには、このゲームは絶対に勝たないとと思いますね。負けたら可能性がなくなると思っていいぐらい大事なゲームです。

■どんな戦いをしたらいいですか?

アグレッシブにいって、70分ぐらいまでの間に1点・2点とって、あとは死ぬ気で守る!

top

9月18日(金) ~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆今週もコンサドーレ札幌、元キャプテンの野々村芳和さんにいろいろ伺っていきたいと思います。
ののさん、宜しくお願いします。
9月13日、アウェーでヴァンフォーレ甲府と対戦したコンサドーレ札幌。前半9分、甲府のセットプレーから先制を許すと、終了間際にも追加点を奪われ、2点のビハインドで前半を終えます。後半開始4分、藤田のゴールで反撃ののろしを上げます。しかし、あと一歩攻めきれず、2対1で負けてしまいました。

■開始9分に失点、相変わらず試合の入りが甘いですね?

相変わらずですね。この試合に関しては、昇格争い真っ只中のチームと、ちょっと昇格が厳しくなってきたチームの違いですかね。どのぐらい試合を大切に戦っているかっていうところが差になりましたね。

■1点に抑えたかったのですが、前半終了間際の失点が痛かったですね。試合の入りが甘いと言いましたが、終了間際も失点が多いですね?防ぐには?

前半間際の失点は尾を引いてしまいましたね。0対2から逆転したなんていうゲームもあり、そのときにも言いましたけど、逆転するっていうのは相当難しいんですよ。前半は0対1でもいいというぐらいの踏ん切りがあったら、結構よかったかなと思います。そういうところも含めて、もうちょっと大事に、試合を壊さないようにうまく運んでほしかったですね。

■FWの上原が久々に出場しましたがどうでしたか?

特別どうだっていうのはないけど、ゲームに出ていかないとね。1年目だからといって、結果はまだいいというわけでもないし。

■石崎監督は相手のプレッシャーが厳しいと持ち味が出せないというコメントしていますが、確かに上位チームとの対戦は分が悪いです。まだまだ力不足ということですか?

そうだと思いますよ。でもね、ポジティブなことを言うと、プレッシャーにも対応できるようにうまくなろうとしながら今シーズンを過ごしているので、将来(何ヶ月か先)のことを考えると、いいことだと思いますよ。いろんなことが出来るようになるためには、たくさんの経験が必要です。

☆9月20日・日曜日、室蘭でアビスパ福岡と対戦します。

■現在13位のアビスパ福岡。最近のチーム状態はどうでしょうか?

あんまりうまくいってないですけど、個人の能力は上位争いをしてもおかしくないレベルの選手が揃っているので、はまってしまうとやりにくいですね。

■アビスパの弱点はどこにありますか?

どんなサッカーをしていいのかよくわかっていないところですかね。向こうのチームもよくわかっていないでしょうし。外から見て、コンセプトがわかりにくいチームです。ばらばらになってしまうゲームが多いです。

■試合の入りと終盤は要注意ですね?

当たり前なことですけど、それがなかなか出来ないので、注意しなきゃいけないですね。

☆9月23日・水曜日、アウェーでファジアーノ岡山と対戦します。

■現在16位の岡山、最近のチーム状態はどうですか?

岡山は岡山なりに頑張っていますが、やっぱりまだ経験が浅い選手が多いので、いい状態を保つのは難しいですね。ここは格の違いを見せないと。

■ここは負けられないですね?

ここはというか、上位4チーム以外には負けちゃだめです。
勝たないといけないです。

■期待する選手は誰ですか?

特に誰がというのはないけど、この時期になってくると、サッカー選手としての契約の時期に近づいてくるので、一個人事業主として頑張ってほしいです。

top

9月11日(金) ~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆今週もコンサドーレ札幌、元キャプテンの野々村芳和さんにいろいろ伺っていきたいと思います。
ののさん、宜しくお願いします。
9月6日、ホーム厚別で愛媛FCと対戦したコンサドーレ札幌。
前半はパスは通らない、ミスの連発でいいところなしのコンサドーレ、30分には愛媛にゴールを決められ、先制を許すと後半7分にも追加点を入れられます。しかし、この負けられない試合に奮起した、キリノ・ハファエル・ダニルソンの南米トリオが11分、25分、28分とゴールを奪い逆転で勝ち点3をゲットしました。

■ 前半はミスが多くつなぐサッカーができず、ハーフタイムに石崎監督が「足元だけでサッカーするな」と怒ったようですが、ののさんから見ても前半は悪いできでしたか?

そうですね。ボールを繋ごうという意識はあるんだけど、動かないし、足元でボールをもらおうと思っている。全然怖くないし、ゴールに向かっていかないですよね。(パスを)受けたくないというわけではないと思うけど、ボールをまわせばいいと思っている。なんのためにまわせばいいのか忘れてしまっているんですよね。もっともっと走ってボールを受けることをしないと。

■ 後半から宮沢を砂川に替え、1点を返した後はハファエルと中山を投入、この采配が逆転劇を呼び込んだのですが、見事でしたね?

砂川などは、ゴールを意識した動きがあるので、ゴールに向かって走っていってパスを受けるとか、相手の裏をつくためにパスを受けるとかいうことができる。そうすると前半と違って、相手のDFもなんだか嫌だなあという感じになりますね。

■ 南米トリオの3発そろい踏みはどうでした?ハファエルも慣れたようですか?

さすがというか、良かったと思いますよ。
ハファエルも慣れてきたのではないでしょうか。個人としてすごいという感じではないけど、まわりとうまくやれるし、能力も平均以上のものはある。結果も出している。
ダニルソンはシュートがすごい。ボールを失うことも少なくなってきているし、点も取っちゃうし、すごい選手ですよ。

■ この試合は、逆転したからいいものの、こんな試合をしていたら昇格は難しいですよね?

昇格ということは別に置いておいて、2点取られてから3点とって逆転するっていうのは、ほぼ不可能に近い。勝ったことは、この試合に関しては評価できるけれど、たまたまに近いです。いつもこういうわけにはいきません。
昇格に関してはかなり厳しいですから、勝ちつづけるしかないです。勝てば可能性がだんだん見えてきます。まずは失点しないことです。

☆ 9月13日日曜日、アウェーでヴァンフォーレ甲府と対戦します。

■ 現在4位のヴァンフォーレ甲府、最近のチーム状態はどうですか?昇格圏内を争っているだけあってモチベーションはたかいですよね?

モチベーションは間違いなく高いでしょうね。時期も時期になってきたので、昇格争いど真ん中のチームの精神的な部分では、それがよく作用する部分もあるし、逆に堅くなる可能性もある。なんともいえないですね。

■ 甲府の弱点はどこにありますか?

たくさんあるとは思うんですけど、穴の少ないチームであることは間違いないです。以前より守備がしっかりしているし、上にあがるためのサッカーをやっている感じがありますね。両チームの力関係からいえば、そんなに差はないですよ。

■ 期待するところは、南米トリオですか?

結果も出ていますしね。
厳しいゲームになると、個人の力でどうにかできる選手がいれば、すごく助かりますから。

■ DF陣の奮起にも期待したいですね?

そうですね。DF陣だけではないけどね。相手より多く走りましょう。じゃないと、そう簡単には崩せない。

☆ そして岡田ジャパンについても聞いていきます。ワールドカップ出場を決めて初の海外遠征。オランダ・ガーナと対戦してオランダは3対0の完敗、ガーナ戦は大逆転劇を見せ、4対3の勝利に終わりました。

■ まずオランダ戦、1点を取られるまではいいサッカーをしていたと思うのですが、どうですか?

1点取られるまではいいサッカーをしていましたね。それは間違いないですけど、サッカーは90分なので。70分間はもったけど、残りの20分間もちませんでしたということになると、勝てないですよね。

■ オランダ戦から見えてきたことはありますか?

残り20分間をもたせるのにどうするのかということでは、なかなか難しいだろうなと思います。
残り20分というのは、もともとしんどいのに、余計ランニングしてたらもたないんですよ。選手交代も3人までしかできないわけで、あと少しの時間で20分もたせるだけの体力をつけるのは難しいですしね。うまくごまかしながらやっていかないと、強いチームに勝つのは難しいでしょうね。

■ ガーナ戦は、3対1からひっくり返しましたが、この試合の率直な感想を。

逆転したのは良いことだと思いますけど、本来ならば負けているところですよね。さっきのコンサドーレの話もそうですが(2点取られてから、3点とって逆転する)、よっぽどのことがない限り難しいですよね。10回に1回とか、20回に1回しかできないと思いますよ。

■ この遠征でよくも悪くも本田選手が話題になっていましたが、今の岡田ジャパンに必要な選手ですか?

いたほうがいいと思いますよ。しっかり結果も出せているし、まあいいと思いますよ。いろいろ言いたいことがあれば言えばいいと思うし。

top

9月4日(金) ~野々さんは、電話でんねんの巻~

☆今週もコンサドーレ札幌、元キャプテンの野々村芳和さんにいろいろ伺っていきたいと思います。
ののさん、宜しくお願いします。
8月30日、アウェーでザスパ草津と対戦したコンサドーレ札幌。
前半17分、西のヘディングシュートが決まると、ここからコンサドーレのゴールラッシュ。27分、ダニルソンからのパスを受け取ったキリノが相手守備陣を翻弄し2点目。44分には、西がこの日2点目のゴールで3対0。後半も勢いは止まらず、4分藤田、30分に宮沢と今季最多得点の5点をとり快勝しました。

■先制点は宮沢のクロスを頭で叩き込んで、前半終了間際にも追加点を挙げた西選手。得点を取る時はばたばたっと取るし、ポジションもいろいろ出来るし西選手は華のある選手ですね。ののさんから見て西の魅力は?

いい選手ですね。いろんなことが高いレベルで出来る選手だと思います。どこのポジションやってもいいプレーが出来るという器用さみたいなところも、ひとつの能力だと思います。

■西の他に、キリノ、藤田、宮沢と期待の選手がことごとく得点を入れてくれました。こういうゲームをもっと早くから見たかったと思うのですが、この日大量得点のわけは?

取れそうなところで取れたというだけだと思いますよ。いつもとそんなに差はなかったと思います。
2対0とか3対0になると、気持ちにも余裕が出るし、最後のシュートのところでいつもよりも入る確率が精神的なところで上がっていたと思います。本当はもっと接戦で取らなきゃいけないんだけどな。

■実は、2失点もしているわけですが、石崎監督もこの失点を
問題視していましたが、連携の問題ですか?

監督も「言ったのにこれだもん」という感じで、問題視していましたよ。本当にいらない失点ですね。前半のハーフタイムに選手に言ったらしいですけどね。ゲームはほとんど決まっていたので、あとは点を取られない終わり方にしてほしいというようなことを。
気の緩みもあったと思いますよ。そのときだけならいいんだけど、いつもあるのが良くない。
勝っても(5対2とかいう数字をみても)うーん・・・ちょっとこの先も危ないかなという感じになっちゃいますね。

■この日は5点も取ったのであまり細かいことはなしにしますか。

このゲームだけに関して言えば、それでいいかもしれない。でも先は長いですからね。

☆そして、2日水曜日ホーム厚別で水戸ホーリーホックと対戦しました。
前半終わって0対0。試合が動いたのは後半でした。後半6分、西のゴールで先制。しかし、18分には元コンサドーレの吉原コウタにシュートを決められ同点。この後もチャンスはあるも不可解な判定でリズムに乗れず、1対1のドローに終わりました。

■この試合も西のゴールで先制点となりました。
やはりいいですね、西は。ゴールに対する嗅覚をもってるのかな?

ポジションが前の方なので、西の持っている感覚は生かしやすいかもしれませんね。

■同点にされたあと、チャンスがありました。2度PKかと思われるシーンがありましたが、いずれも笛が吹かれず、試合終了後、石崎監督が審判に詰め寄るシーンもありました。あの判定はどうみました?

PKじゃないです(笑)
審判が悪いとまでは言えないですね。とってくれたらラッキーだったかもしれないですけど。

■ハファエル、砂川、中山と投入して逆転を狙いましたが、いまいち
かみ合わなかった気がしますがどうですか?

相手あってのものですしね。相手がちょっと強いと、なかなかうまくはいかないんじゃないかな。力がまだ足りないということじゃないでしょうか。

☆9月6日日曜日、ホーム厚別で愛媛FCと対戦します。

■現在14位の愛媛、最近のチーム状態はどうですか?

一時期、人がいなくて大変だったんですよ。愛媛は。
今は選手も戻ってきて、最近勝っているのでいい感じだと思いますよ。

■もう負けられないコンサドーレ、何が何でも勝つ為の秘策を!

絶対に失点しないことです。絶対失点しなければ、1点は取れる力があります。

■この試合、期待の選手は?

最近、藤田がいいので、彼はいつも通りの力が出せれば活躍すると思います。
でも、それ以外の選手が前に行く迫力が少し欠けているところがあるので、その辺はとくに前線の選手はなんとかやってほしいですね。

☆5日、日本代表がFIFAランク3位のオランダと対戦します。

■オランダのサッカーの特徴というのは?

キレイですね。ボールもまわるしドリブルでいける選手もいるし。面白い!

■日本代表は通用しますか?それにはどんな戦いをしたらいいですか?

なにをもって通用するかが微妙に難しいところなんですけど、勝てる確率は高くはないですね。
ただ、練習試合みたいなものなので、精神的なところで相手の油断に攻めていければいけるかもしれない。

■森本が怪我で合流できなくなりましたが、ののさんの注目の選手は?

今回に限って言えば、本田がどのぐらいできるかですね。気持ち的にも乗ってる選手だと思います。

top

戻る

HBC TOPRadio TOP▲UP