アキトム壁新聞 平成29年10月11日発行
今週もアキトムをお聴きになったリスナーの皆様、本当にありがとうございます。

今週のドラマハウスでは、北海道ひぐま放送の新番組…
『八重樫仁のフィーフティー フィーフティ』の記念すべき第1回目を放送しました。
(この前の壁新聞に詳しい事が書いていますので、そちらもご覧ください)

内容としては、今注目のスポーツ「フィーフ」の面白さを
東みゆき町出身で元世界レベルの八重樫仁さんと、北海道ひぐま放送のアナウンサー白井なぎささんが
お伝えする番組。

1回目の放送という事で、「フィーフ」とはどんな競技なのかを放送していきましたが、
まず、競技名が「フィーフ」。競技に使う公式のフィーフペーパーが「フィーフ」。
フィーフをするプレイヤーも「フィーフ」もしくは「フィーファー」…
よくわかりません(笑)しかもフィーフで人助けも出来る。すごい競技です!

放送中、笑いを堪えるのが大変でした。
(あっ!北海道ひぐま放送の番組を放送しているので、
アキトムチームはこの時間、コーヒーブレイクしています。(笑))

終わった後も、リスナーの皆様から送られてくる感想メールを聞いて、笑い転げていました。

もし、2回目3回目と放送することが出来たら「フィーフ」について詳しく語ってくれるのでしょうか?
それとも次回も結局何の競技?で終わってしまうのでしょうか?

今後のドラマハウスでは、北海道ひぐま放送の新番組を放送するかも知れないのでお聴き逃しのないように!
(以前も言いましたが忘れたころにやると思います…やらないかもしれません…約束は出来ません)

ここだけの話…とむさんが『10年続けられるドラマが出来た』と言っていました。

それでは~

TOP