壁新聞24年10月18日発行
私は今、山ちゃん美香の朝ドキッ!の「美香ちゃんを泣かせる結婚の話し」を聴きながら
壁新聞を書いています。進みません。チョイチョイ泣くため進みません。

私の父は、私が結婚したい相手を挨拶に連れて行ったらとりあえず殴ると言っています。
私の結婚式では「きっと泣いちゃうな・・」と言っています。
ただ彼は、まだその機会に恵まれません。わりぃな。父ちゃん。

さ、都合の悪い話しはおいといて、、
いんやーしかしまービックリしました。15日の放送で私の知らない事が起こりました。
アキトムには「ドラマハウス」というコーナーがあります。アキトムが様々なドラマを演じるのです。

台本はその日の打ち合わせで書かれるわけですが、色々な兼ね合いで私は打ち合わせに参加できませんでした。
遅れてミーティングルームに顔を出し、アキさんに「何か必要な音源はありますか?」と尋ねると
「あ、これ台本ね。SE(効果音)何個か使うけど・・でも無くても大丈夫。自分たちでやってもいいし」とのこと。
何の疑いもなく、「時間が無いのを察して自分達でやるって行ってくれてるんだな。優しいな。」と思ってたんだ。
さて本番。ドラマハウスが始まる直前、スタジオに入って音の事を確認しにいくと二人とも台本を出していなかった。
さらに音の話しをするとトムさんが「大丈夫。使わないかもしれないし」
・・ん?ほー。今日のドラマハウスは勢い次第でどうなるか分かんないんだな。スリリングだな。


スリリングだったね。私だけね。
私が渡された原稿別物なんだね。何が始まったかと思ったよ。
何の話しかと思ったよ。で、何の話しだったかと言うと・・・

ブラボーファイターズの本番中、目の前にあった紙に自分のサインを書いていたら(仕事しろってゆー)、
なんとその紙がキューシートの原本だったことに気付き、
焦ってサインの上に紙をはって何も無かったようにしようとしている色々残念な私の話しだった。

まず、自分のサインがあること(美深町出身・会社員・31歳独身の一般女性)。そ
して仕事中にそれを書いてる事。その紙が大事な原本だったこと。
焦って偽装工作していること。全部アシスタントに見られていること。

はずかしい。
ちょーはずかしい。番組内でそのサインをHPに載せる流れになりましたが・・載せられないよ。
さすがに無理だよ。でも放送で言ってしまったからにはそうもいかないし・・・。

これです。

佐呂間町に向かう道中に出会ったマナーティの写真

あ、間違った。
これトムさんがキューシートに書いた落書きだ。やだー間違ちゃったー。
あ、そんなエピソードを暴露されて動揺した私は、
リクエスト曲おかけする所で、悲鳴の効果音を出してしまいました。
ビックリされた皆さん大変申し訳ありませんでした。「こんなイントロだっけ?」と一瞬思いましたが
そんなわけないじゃん。ですよね。すいませんでした。

さて、来週のアキトムはクライマックスシリーズによってあるなしが決まります。ご了承ください。
ではまた。失礼いたします。

TOP