壁新聞24年2月23日発行
今週のアキトムは30分の短縮放送だったということで、
特別バージョンでお送りしました。

5丁目STATION アキwith DJボディポー(3スタ生)

イェェェェェーーーーーーーー!!!!


イェェェェーの部分はトム・ジョーンズさんの『恋はメキメキ』の雄叫びです。

ココだけの話し、今週のアキトムのタイトルを
アキwithボディポーでいこうと決めたのは、日曜でした。

日曜にアキさんと豊原慎二アナウンサーが出演している「BUMP」
この番組は裁判長(チーフD)も私(フカヒレ)もスタッフとしてご一緒させていただいており
その打ち合わせ中、何の気なしに雑談している最中
「いやーボディポーだもなぁ」なんてまた「ボディポー」トークしていた訳です。
すると裁判長が「明日、アキwithボディポーでいいんじゃない?」と
ゴーサインを発信されたので、ゴーしたのです。


そして迎えた月曜日、トムさんの居ない隙をうかがって密談をした我々。
「せっかくなんでタイトルコールの後、恋はメキメキいっちゃいますか?」
「えぇ、いっちゃいましょう。」即決です。


しかし、この後・・私を不安にさせることが一つ。

アキさんの鼻歌が完全に「恋はメキメキ」になっているのです。
ふんふ~ん♪と特になんの曲と言う事もない鼻歌かと思いきや・・

ふんふ~ん♪~んんんいぇぇぇぇーーーーー!

と、恋はメキメキに変貌を遂げるのです。
アキさんは言いました「どうしよう・・・恋はメキメキつい出ちゃう・・」

正直、つい出てしまっているレベルではなかったのですが
このままではボディポーにバレてしまう!そう思い「鼻歌メキメキ禁止です!」
と言うと「分かった・・メキメキ歌わない・・」と納得してくれました。



しかし、この後・・・私の不安に拍車をかけることが一つ。

鼻歌を禁止されたアキさんと雑談していると

フカヒレ 「~~~だったんですよー」
アキ 「あぁーなるほどぉ。そうだったんだねぇぇぇいぇぇぇぇーー!」

と言葉尻にメキメキを投入してきました。生き生きしています。

おっとおっとこれはもう止まらないぞ。ボディポーが居ないのをいいことに
我々は思う存分恋はメキメキを楽しんで生放送へと向かいました。

あとはお聴きの通りです。聴けなかったよ。という皆さんには
アキトムは本当にいつ何が起こるか分かりませんので、是非毎週聴いていただきたい。
と思ってます。宜しくお願いします。

それでは次週はアキトムで♪

TOP