アキトム壁新聞 平成22年5月18日発行
春がきたのでしょう。

だから くしゃみが止まらず、目も痒いのでしょう。

2年前から花粉症になったのでしょう。調べてないし、調べる気もありませんが。

お世話になっております、フカヒレです。



私の家族、ここ何年かで父以外全員花粉症になりました。


父は山親父なので(山を拠点に働いています)、花粉症になったらさぞ大変でしょう。

昔、仕事から帰ってきた父が

「オイ!背中みてくれ!!」

というので、服をまくって背中を見ると 背中に6〜7箇所ほど何かに刺された跡があり、

「いやぁぁーお父さん!どうしたの?!!」

と問いかけると

「ハチにやられた」

と。


続けてこう言った。




「ハチは友達なんだ」








ホワッツ?



だとしたら、それイジメじゃない?



つまり、山に生きてる俺が花粉症になるわけないだろ?という父の考え。
そんな父だから、娘が益荒男なの。

ま、パパ と呼ぶと超〜喜ぶ父ちゃんの話しはおいといて・・





17日アキトム放送終了後、アキトムさんと飲みに行きました。

アキさんはもう一つ仕事を終わらせてからの合流。

つまり、最初はトムさんと2人だったわけで、

またジャンプとかしたら・・・・と思い、「ジャンプとかしないでくださいね」と釘をさす。

ジャンプはしなかったものの、以下のような会話をした



トム「なんか今日高校生に会ったら、高校の時のこと思い出したなぁ」

フカヒレ「へーー」

トム「ブレザーとか憧れたな。俺、制服着てなかったからさぁ〜」

フカヒレ「へーー何着てたんですか?」


トム「・・・何も着てない。俺たち裸で歩いてたんだ」

フカヒレ「・・・みんな裸ですか?恥ずかしいですね。」

トム「いや、すごい奴だけケースつけてんだ」



ヒャヒャヒャヒャ








どう?



あ〜くだらない・・(脱力)


でも、アキトム聴いてくださってる皆さん?

お好きでしょ(笑)?

こんな話ししながら道を歩いているわけで、
すれ違う人に聞かれちゃうと恥ずかしい・・という感覚も
既にどこかに置き忘れた気もする。



飲み最中、手相の話しをしました。

書いてもいいっていうでしょ?手相。
トムさんが、アキさんと私に書いてくれたんです。
なんか良いっていう手相を


これアキさんの

アキの手

なにに良いのかは忘れたけれども・・

で、次は私に書いてくれたんです。



これ

フカヒレの手



いやぁ・・随分書いてんなぁと思ったんだ。


目ね。ともだちね。

TOP