アキトム壁新聞 平成22年2月24日発行
のんきくんのミラクル アゲイン



覚えてなかった。

アキトムの番組名、まだ覚えてなかった。

、びっくりした。


前回のミラクルをご存じ無い方は こちらから→のんきくんのミラクル





ねっ?



2/22の放送終了後・・

トムプレゼンツ感謝祭=飲み会 が行われた
メンバーはトム・アキ・フカヒレ・アシスタント(あや)
裁判長は風邪につかまっているため欠席・・


飲めや歌えやの楽しいひととき(歌ってはないけども・・)
2時間近くが経過し、 あやがタイムリミットを向かえお先にバイバイ

時 同じくしてアキさんの旦那さん 「のんきくん」が登場


まさかこの時はねぇ~

乾杯も済ませ、のんきさんがさっきまでどこにいたか・・
なんて話しをしながら いつものように、笑顔溢れるなか 酒は進んでゆく


我々の飲み会では、おもしろかった所を何週かに渡って繰り返す

(週またぎてんどん)


がザラにある

忘れかけているところを突っつかれ、転がされ、
やっとの思いでしまったら、2時間後くらいにまた
「ゥワァァァァ~イ」と引っ張り出されるような





トム 「で、番組名何だっけ?」

のんき「へっ?~えぇぇ??またぁ?知ってるよぉ」

アキ 「じゃぁどうぞ!」



のんき「・・・・・・・。」





アキ・トム・フカヒレ「えぇぇぇぇぇぇぇ!??」




のんき「ふふっ知ってるよぉ~」



さぁ、皆さん ここからが始まりです。

知ってると言ったからね?
言ったんだからね?



じゃぁ答えてもらおうじゃないか! これだぁ~~






「3丁目ステーションアキトム」






へーーーーー。
違うじゃん。

2でもなければ、5でもない。3だってゆうわけ。
()とかなかった?とデジャブヒントをだすと

「あっ、()ね。」
今思い出してんじゃん(笑)
そして直ぐさま続けた・・





「3丁目ステーションアキトム(仮)」



そっちかー。そっちなーー。
何かおしいんだよなぁ・・前後でねぇ・・


ここからは3丁目には手もつけず、()の中身だけを当てにくる。



「(仮)でしょ?(仮)でしょ。えっ?違う?でもあったでしょ?」と。

フカヒレ 「あったんですけど、けっこう懐かしい感じですよね」

のんき 「・・・なんか変な感じのやつなんだよね」

フカヒレ 「変な感じの入りますか?」

のんき 「そう、変な感じのが入るんだよ」

トム 「タン タタ タタン」と音でイントネーションを伝える

のんき 「?タン タタ タタン?タン タタ タタンねぇ」


アキ 「じゃあどうぞ!」



のんき 「さぁ集まれ」


ト・ア・フ 「あぁぁぁ~まぁ、まぁ、まぁ。近づいてきた」(そうか?)



のんき 「さぁ来いみな!」



ト・ア・フ 「……みな!っって!!」


フカヒレ 「え~と、数字が入りますよ」


のんき 「数字・・・3・・・サン … サ・・ン?サン!」





アキ 「サ~ン~?」



トム 「サ~ン~?」





のんき 「サン~~~・・・・タフェ?」





そんな馬鹿なぁぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!
脱げないぃぃぃぃぃ!!!!






のんき 「サンタフェ×△※・・・(ゴニョゴニョ)」


アキ 「なんて?なんて言ったの?」

トム 「サンタフェラモンって言った?」

アキ 「じゃあもう一回、はい、どうぞ!」



「3丁目ステーションアキトム(サンタフェラモン)」





こうして、悲しいか、たぶんまだ覚えていないだろう。


正解言わないんだけどね。誰もね。
いやー笑った。さすがの のんきさんです。





でね、この後が半端じゃないですよ。





トム 「じゃぁ、こず姉ぇの番組は?」

のんき 「・・ファイターズDEナイト。」

アキ 「じゃぁ、美香の番組は?」

のんき 「・・朝ドキッ!。」



そこは完璧かい

TOP