極東500hPa・700hPa天気図(略号AXFE578)

AXFE578.gif
データ更新時刻
1:25/13:55

※日本時間09時、21時に発表

AXFEのAXはAnalysis Miscellaneous(種々の解析)、FEはFar East(極東)、578は500hPa天気図と700hPa天気図と850hPaを組み合わせたもの。

☆500hPa天気図(上の図)のポイント
▼表示されているデ-タは、等高度線と等渦度線などです。
▼等高度線…5,700mを基準にして60m間隔に実線で、300m毎に太い実線で表示。
高度は120m毎に表示。
低圧部中心に「L(Low)」、高圧部中心に「H(High)」が表示されています。
▼等渦度線…渦度0の等渦度線は実線で、その他は渦度40(×10−6sec−1)毎に、最大±200まで、破線で表示します。
また縦縞模様の部分は正(プラス)の渦度領域です。 また渦度の極大値と極小値が数値で示されます。

「渦度」…普通に生活していれば、まず出会うことのない言葉かも知れませんが、これは空気がどの方向に回転させられるのか?渦を巻かれるのか?の度合いを示したものです。
例えばお風呂や洗面台の栓を抜いた時、渦の中心ほど渦度が大きく、中心から離れるのに従って渦度は小さくなっています。また回転ですから、方向は2つです。「時計回り」か「半時計回り」か。
北半球では低気圧(台風も含めて)は「反時計回り」に空気が回転し、回りから空気を吸い込んで上昇気流を作ります。
反対に高気圧は「時計回り」に空気が回転して、下降気流を作って空気を吹き出します。
渦度でいうと、「プラス」の渦度とは「反時計回り」の「低気圧性の回転」を示し、「マイナス」の渦度とは「時計回り」の「高気圧性の回転」を示しています。
500hPa面では、この渦度があまり変化することなく偏西風に流され移動する傾向があります。
また上空の気圧の谷(トラフ)が発達するとそれに対応する渦度域の極大値が大きくなります。

この天気図は実況図のようで実況図ではありません。コンピュ-タが計算で弾き出した予想時間・0時間後の数値予報図なんです。
1日2回09時と21時の実況を基にコンピュ-タは予想天気図を計算していくのですが、その初期値(T=00)となる図なんです。AUPQ35の500hPa天気図と違っているのは、コンピュ-タが計算していく上で誤差を大きくさせるノイズなどを取り除いていることです。

※本情報の全部または一部を当社の許可なく複製、出版、放送、上演等に二次使用することはできません。
※本情報はやむを得ない理由により予告なく一時提供を停止する場合があります。
また、本情報に基づいて遂行された活動において発生したいかなる人物の損傷、死亡、所有物の損失、損害に対してなされた全ての求償の責は負いかねますのであらかじめご了解の程お願い申し上げます。