ヒューマンドキュメンタリー
いのちの記憶-小林多喜二・二十九年の人生-

今再び注目される作家・小林多喜二
…その意外な素顔を追う
「蟹工船」などで知られる作家・小林多喜二が今再び注目を浴びている。多喜二が小説をとおして描いた貧困にあえぐ労働者たちの姿が現代の「ワーキングプア」問題を想起させるからだろうか。このDVDは、その多喜二のわずか29年の生涯を丹念に追った。「プロレタリア作家」として知られる多喜ニではあるが、その素顔は決して多くの人に知られているわけではない。その短い生涯の中で、多喜二は時に激しく恋に落ち、気持ちを素直に手紙につづった。また国家が個人の思想の自由を許さない時代に懸命に抵抗し、終生、社会的な弱者に対するあたたかく優しい目を持ち続けた。そして、その最期は当時の特別高等警察(特高)により逮捕され拷問を受けて死亡するという悲劇的なものだった…。
DVDでは、一人の若者のひたむきな人生の軌跡を、多喜二が育った北の風土と共に描きながら、多喜二が現代に問いかけるものを探る。
このドキュメンタリーは放送直後から視聴者より「感動した」「胸を打たれた」 「涙が止まらなかった」との声が相次ぐなど大きな反響があった。
これは
ある時代を真剣に生きた
一人の若者の記録である。 作家・小林多喜二が生きた時代を、映像や資料を基に綿密に考察し、彼をとりまく家族や友人、多喜二が心を寄せた女性たちの生き様を描くヒューマン・ドキュメンタリー。母の視点から多喜二の生涯を描いた三浦綾子原作の「母」の芝居を縦糸として進行する。また多喜二が、現在、どう受け止められているのか、評論家・佐高信氏らのインタビュー、中国で行われた多喜二シンポジウムの様子なども紹介。再評価の機運が高まる多喜二の生涯を多面的に浮き彫りにする。
タイトル : ヒューマンドキュメンタリー いのちの記憶 -小林多喜二・二十九年の人生-
発売日 : 2008年9月10日
価格 : 税込 3,085円(税抜 2,857円)
発売元 : HBC北海道放送
販売元 : ソニー・ミュージックディストリビューション
品番 : SSBX-2182 POS-4571167676231
DVDスペック : 片面2層/MPEG-2/世界市場向け/ドルビーデジタル/STEREO/カラー/画面サイズ16:9/
          レンタル禁止/約110分
          ※全国のDVDソフト取扱店で購入できます。
          | HBC TOPTV TOPHBC制作のDVD