HBC北海道放送 プレスリリース 2016年

■2016年11月25日

HBCジュニアオーケストラ
地域文化功労者表彰

コンサート中の様子 HBC北海道放送が運営しているHBCジュニアオーケストラが、今年度の文化庁「地域文化功労者表彰」を受けることが決まりました。
 「地域文化功労者表彰」は、文化庁が全国各地において、芸術文化の振興、文化財の保護等、地域文化の振興に功績のあった個人及び団体に対して、その功績をたたえ文部科学大臣が表彰するもので、昭和58年度から実施されています。
HBCジュニアオーケストラは、「永年にわたり、地域に根ざした活動を続け、地域文化の振興に貢献している」ことが功績として評価され、「芸術文化」の分野での表彰が決定しました。
表彰式は12月2日(金)、文部科学省で行われます。

 HBCジュニアオーケストラは、1964(昭和39)年に誕生。一昨年、創立50周年を迎えました。小学4年生から高校3年生までの、年齢も学校も異なる子どもたちで編成され、毎週日曜日にHBC本社のテレビスタジオに集まって練習しています。現在の団員数は108人、常任指揮者は北海道教育大学岩見沢校教授の阿部博光氏です。定期演奏会のサマーコンサートや道内各地で開催する演奏会を通して練習の成果を披露し、音楽文化の普及・発展に努めています。また、過去5回にわたって海外演奏旅行を実施し、ウィーン・フィルのニューイヤーコンサートで知られるウィーン楽友協会大ホールでの演奏を3回経験。札幌コンサートホール・キタラ大ホールでのサマーコンサートは、毎年、HBCテレビでも放送しています。
HBCジュニアオーケストラの在籍者はこれまでに1250人を超えています。OB・OGには国内外で活躍するプロの演奏家も多く、2015年1月に札幌コンサートホール・キタラで開催された「創立50周年記念特別演奏会」では、現役メンバーにOB・OGが加わって、キタラ史上最多の150人を超える大オーケストラが舞台に上がりました。その様子は、50年の時が世代を超えてつながり、深い感動を呼びました。また、昨年は「北海道文化賞」を受賞しています。

■2016年11月24日

現金128万7000円プレゼント
応募総数24万3,677通!!
~ファイターズ 田中賢介選手が当選者を抽選~

当日の様子 HBCラジオが日頃のご愛聴に感謝を込めて9月末より実施してきた「HBCラジオ ワイドな大感謝週間!」のラストを飾るメインプレゼントは、『現金128万7000円!』。
11月14日(月)~11月20日(日)の1週間での応募総数は、24万3,677通(PC・携帯による応募21万8,940通・ハガキによる応募2万4,737通)!
前回2015年夏に同様のキャンペーンを行った時の応募総数は2週間で34万3,387通だったので、今回は前回を上回るペースでの応募があったことになります。

田中賢介選手このたくさんの応募者の中から、たった1名の当選者を選ぶ大役をつとめたのは、北海道日本ハムファイターズの田中賢介選手!
11月24日(木)、抽選が行われる「カーナビRadio午後一番!」を放送しているHBC第3スタジオには、紺のネクタイにグレーのスーツ姿の北海道日本ハムファイターズの田中賢介選手が登場!「責任が重大過ぎて引くのが憂鬱」「ドキドキする」と述べつつも、予備抽選で選ばれた1,000通が入った抽選箱から当選者の封筒を選び出しました!
その結果、現金128万7000円が当選したのは札幌市の女性・えみさん!11月16日(水)の「気分上昇ワイド ナルミッツ!!!」を聴いて応募された方でした。スタッフがえみさんに電話で当選の一報をお伝えすると「ドキドキしながら聴いていましたが、まさか自分が当選するとは・・・家族皆でお祝いします!専業主婦なのでHBCラジオは午前中いつも聴いています!」と喜びの声!
なお、田中賢介選手からは、〝128万7000円″の当選者とは別に、バットのサプライズプレゼントもありました。

■2016年11月20日

「北海道日本ハムファイターズ ブランドン・レアード 本塁打王 I LOVE SUSHI!」(仮)
「北海道日本ハムファイターズ 宮西尚生 最優秀中継ぎ投手 ホールド王への道」(仮)
「北海道日本ハムファイターズ 中田翔 打点王 打撃の流儀」(仮)
タイトルを獲得した3選手のパーソナルDVD発売決定!

イメージ画像

 北海道放送株式会社(札幌市/代表取締役社長:渡辺 卓)と、株式会社GAORA(大阪市北区/代表取締役社長:東 龍一郎)は、北海道日本ハムファイターズ選手のタイトル記念DVD3作品を、来年3月に同時発売します。いずれも、HBC・GAORAが蓄積した球場内外の豊富な映像と撮り下ろしのロングインタビューで、日本一を果たした2016年シーズンを中心に、これまでの軌跡を振り返る内容です。宮西投手、レアード選手のパーソナルDVDは初となります。

【ブランドン・レアード選手DVD概要】
タイトル(仮):北海道日本ハムファイターズ ブランドン・レアード 本塁打王 I LOVE SUSHI!
品番/POS: PCBE.53938/4988013227392
見どころ:来日2年目の今季、39本塁打でタイトルを獲得!打った本塁打が全て打順6番以下で本塁打王という史上初の記録も。寿司が大好き!本塁打を打った際には寿司を握る仕草をするというパフォーマンスが定着した南カリフォルニア育ちのとびきり明るい男の軌跡を追う。

【宮西尚生投手DVD概要】
タイトル(仮):北海道日本ハムファイターズ 宮西尚生 最優秀中継ぎ投手 ホールド王への道
品番/POS: PCBE.53939/4988013227590
見どころ:5月14日の西武戦で史上2人目の通算200ホールドを記録するなど、シーズンを通して抜群の安定感を誇った、宮西尚生投手。プロ9年目の今シーズンは、難しいとされる最優秀中継ぎのタイトルを敢えて「狙って」挑んだ。クローザーが定着しないチームの悩みも力に変えて投げ抜いた58登板39ホールドの記録。

【中田翔選手DVD概要】
タイトル(仮):北海道日本ハムファイターズ 中田翔 打点王 打撃の流儀
品番/POS: PCBE.53940/4988013227798
見どころ:年間を通して不振に苦しんだ2016年。6月には途中で代打を出され、28日と29日の2日間は打撃不振のためスタメンから外れた。それでも毎月2桁の打点を記録して最終的に自己ベストの110打点を残し、3年連続の100打点を記録し打点王となった。野球人生で最も厳しいシーズンに残した輝かしい業績の記録。

【3作品共通】
発売日:2017年3月15日(水)
価格:税込 4,000円(税抜 3,704円)
発売元:北海道放送株式会社/株式会社GAORA
販売元:株式会社ポニーキャニオン
DVDスペック:カラー/DVD1枚組/片面1層/収録合計時間:約90分/16:9LB/(予定)

全国のDVD取扱店、インターネットなどで予約受付中!

■2016年11月9日

秋の恵みに感謝カンゲキ!
HBCラジオ 北海道農業応援スペシャル2016
10月30日~11月3日に実施

 HBCラジオは、今年で2回目となる『秋の恵みに感謝カンゲキ!HBCラジオ 北海道農業応援スペシャル2016』を2016年10月30日~11月3日の連続5日間、実施しました。
北海道農業をもっと知ろう!もっと応援しよう!をテーマに、5日間、盛りだくさんな展開で放送しました。

金井憧れアナ、山根あゆみ10月30日(日)13:00~14:00
JA道青協・渡辺会長、純農BOYグランプリ・中澤さん、「あぐり王国北海道NEXT」金井憧れアナ、農業女子・山根あゆみがガッチャンコ! JAの活動や若き生産者の熱い思いを伝える60分の特別番組を放送しました! 全道各地の純農BOY12名も電話出演!"イケメンボイス"に酔いしれた2人の女子でした。

10月31日(月)~11月2日(水)
・「気分上昇ワイド ナルミッツ!!!」で特別コーナーを展開! 
農村ホームステイを体験した小学校の先生と受け入れた生産者などを室谷香菜子アナが取材して紹介。
子どもたちに農業の大切さを伝える活動は、とても貴重な取り組みでした。
・「カーナビラジオ午後一番!大森中継」が一足先に旅に出発!
道内3か所から中継を実施しました。JAようていの皆さん、
JA南るもい女性部の皆さんと触れ合ってきました!

当選発表中の様子

11月3日(木)
最終日11月3日は朝から夜中まで、HBCラジオは「農業一色」に!「道内で頑張る生産者」を紹介する道内4方向12か所の中継をはじめ、JAのアプリを紹介するコーナー、時報ジャックなどなど・・・。全道のリスナーからも「農業頑張れ」メッセージが続々と届きました!

飛田会長自ら北海道神宮で成功祈願&中継・農協スカパールライスオーケストラが生出演!

中継地図

生産者と消費者との接点「カーナビラジオ午後一番!」では、札幌市のホクレンショップ49条店で公開生放送を行いました!会場には約400名の来場者が!

公開生放送の様子

■2016年11月8日

HBCラジオ ワイドな大感謝週間!
キャンペーン第.弾  現金91,500円プレゼントの応募数20,453通!

当選発表中の様子 「HBCラジオ ワイドな大感謝週間!」第3弾のプレゼント、『ワイドFM開局記念 現金91,500円プレゼント!』(応募期間:10月19~29日)への応募総数は20,453通に! 
抽選は、11月4日(金)、HBCラジオ『気分上昇ワイド!ナルミッツ!!!』の番組内で行われ、ラッキーな3名の当選者が決定しました!
9月23日からスタートした「HBCラジオ ワイドな大感謝週間!」。第3弾の「現金91,500円プレゼント」は、HBCラジオが10月19日(水)に道央圏でワイドFMを開局したのを記念して行ったプレゼントで、HBCラジオのFM周波数91.5MHzに合わせ現金91,500円を3名にプレゼントするというもの。
わずか10日間の応募期間にもかかわらず20,453通もの応募があり、あらためてワイドFMへの関心の高さが示されました。応募の内訳は、インターネット(HP内応募フォーム)17,057通、ハガキ3,396通でした。抽選は、11月4日(金)、HBCラジオ平日午前のワイド番組『気分上昇ワイド!ナルミッツ!!!』内にて生放送で行われ、番組パーソナリティの水野よしまさ・室谷香菜子・田村美香の3人がそれぞれ抽選し、3名の当選者を選びました!

■メインプレゼント『現金128万7000円』は11月14~20日がチャンス!
「ワイドFM対応ラジオを915名」、「北海道の農産物を120名」、「現金91,500円を3名」と続いてきた「HBCラジオ ワイドな大感謝週間!」のラストを飾るメインプレゼントは、なんと!『現金128万7000円!』。11月14日(月)から20日(日)までのHBCラジオの番組で発表されるキーワードを聴いて、応募していただいた方の中から1名にプレゼントします!
毎回、ものすごい応募数を記録している、この128万7000円プレゼント。今回は、ファイターズのアノ人が抽選の大役を務めます! 誰がラッキーな1名を選ぶのか?今後、HBCラジオの番組やHPで発表します! このほか「HBCラジオ ワイドな大感謝週間!」については、HP(※終了しました)をご覧ください!

■2016年11月2日

HBCラジオ ワイドな大感謝週間!
恒例の企画を今年も実施!
現金128万7千円が当たる!
プレゼントキャンペーンのお知らせ

 HBCラジオは、9月末より実施してきた「HBCラジオ ワイドな大感謝週間!」のラストを飾るキャンペーンとして、11月14日(月)~11月20日(日)の1週間、『HBCラジオ ワイドな大感謝週間!現金128万7千円が当たる!』を実施します。HBCラジオの札幌エリアAM周波数1287kHzにちなみ、抽選で1名様に現金128万7千円をプレゼントするキャンペーンです。
応募方法は期間中、各番組内で発表されるキーワードを聴いて、「HBCラジオ ワイドな大感謝週間!」HP内に設けられる応募フォーム、もしくはハガキで応募していただきます。
また、期間中はこれ以外にも、HBCラジオの各番組で、高級腕時計や宿泊券、旅行券、家電など感謝の気持ちをこめたプレゼント800点以上をご用意しています。
今年もHBCラジオをたくさん聴いて、ワイドな賞品をゲットしよう!

■キャンペーン名 : HBCラジオ ワイドな大感謝週間!「現金128万7千円が当たる!」
■実施期間:2016年11月14日(月)~11月20日(日)
■応募方法 :期間中、HBCラジオの各番組内でキーワードを発表。そのキーワードを
応募フォーム(「HBCラジオ ワイドな大感謝週間!」HP内に設置予定)、
またはハガキで応募。
■賞品:応募者の中から抽選で現金128万7000円を1名様に!
他にも各番組で高級腕時計や宿泊券、旅行券など総数800点以上の賞品をプレゼント!

■2016年11月1日

女性アナウンサー9人の魅力が満載
「HBC女子アナカレンダー2017」
全道の主な書店とインターネットで11月1日(火)発売!

カレンダーイメージ画像

 HBC北海道放送は、女性アナウンサー9人全員の写真を掲載した2017年版のカレンダー「HBC女子アナカレンダー2017」を、きょう11月1日(火)に発売しました。
カレンダーは、A4サイズの壁掛けタイプで、9人それぞれが1人ずつ写っているページが9か月分と、3人一組のグループショットのページが3か月分掲載されています。撮影は「札幌市北3条広場」や「道庁赤れんが庁舎」、カフェ「森彦」など、札幌市内の人気スポットで行われました。
HBCの「女子アナカレンダー」は、毎年アナウンサーたちが自分たちでプロデュースして製作しています。プライベート写真のほか、今回はそれぞれのページに「私ってこんな子でした」というコラム欄を設け、幼い頃のエピソードを写真と一緒に紹介しています。
販売価格は1,000円(税別)です。札幌市内の三省堂書店、コーチャンフォー書店、紀伊国屋書店をはじめ全道の主な書店や、アマゾンなどのインターネット通販サイトで販売されます。
詳しくは下記の特設サイトをご覧ください。

「HBC女子アナカレンダー2017」特設サイト http://www.hbc.co.jp/info/ana_calendar/

■2016年10月31日

HBCラジオ 日本一決定実況&優勝特番
北海道のradikoシェアで80%超え!!
日本一決定82.1%&優勝会見・祝勝会80.5%

 2連敗の後、逆転の4連勝で10年ぶり3度目の日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズ!日本一を決めた10月29日(土)の日本シリーズ第6戦、HBCラジオは広島マツダスタジアムに、解説・岩本勉さん、実況・山内要一アナウンサーを送り込んで、北海道向けファイターズ熱烈応援実況で、ドラマチックなこの試合、そして歓喜の瞬間をお伝えしました。

 テレビ地上波の放送、さらにAM他局でも同じカードを中継していたにもかかわらず、HBCラジオの「ファイターズナイター 日本シリーズスペシャル」のradikoのシェア(占拠率)は、試合開始から60%を超える高い数字を記録。19時台には70%台に上昇し、日本一決定~優勝セレモニーの22:30~22:59には、Stream数14,332、シェア82.1%と、土曜深夜としては異例の高い数字となりました!

 HBCラジオは試合中継終了後も、共同記者会見や祝勝会、そしてファイターズファンの喜びの声を伝えるため、予定を変更して26時まで"ファイターズ日本一決定!優勝特番"を編成しました。この優勝特番も平均75.9%のシェアを記録。特に優勝会見・歓喜の祝勝会をともに生中継で伝えた24:30~24:59には、深夜にもかかわらず、80.5%という高いシェアを記録! Stream数も5,575と、通常の4倍近くに達しました!

 今シーズン、ファイターズ公式戦全試合中継のHBCラジオは、奇跡の大逆転優勝、そして劇的な日本シリーズを戦い頂点に立ったファイターズをずっと応援し、すべてお伝えしてきました。 ファイターズファンがHBCラジオを聴いて、ともにファイターズを応援してきてくれたことが、このradikoの高いシェアであらためて実証されました!

■2016年10月24日

SMBC日本シリーズ 第1戦 広島×日本ハム
番組平均視聴率 40.4%!
瞬間最高視聴率 48.2%!

 ファイターズ惜しくも敗れるも大谷人気恐るべし…
番組平均視聴率は、HBCのファイターズ戦中継 歴代1位の記録を更新!

 HBCテレビで10月22日(土)に生中継した「SMBC日本シリーズ2016 第1戦 広島×日本ハム」の番組平均視聴率が40.4%(午後6時35分~10時20分)を記録しました。瞬間最高視聴率は48・2%で、午後7時19分、2回裏、ランナー1塁・3塁で相手がスクイズを試みるなど、大谷選手がピンチの中で熱投する場面でした(ビデオリサーチ調べ・札幌地区)。
試合は5対1で敗れる結果となりましたが、大谷選手への期待の高まりからか、今回の番組平均視聴率は、これまでHBCのファイターズ戦中継史上トップだった、ダルビッシュ投手が先発した2006年10月21日の日本シリーズ第1戦・中日×日本ハムの38.3%を超え、歴代1位の記録となりました。

■2016年10月19日

HBCラジオ×STVラジオ
ワイドFM開局 本放送スタート

 北海道放送株式会社(代表取締役社長・渡辺卓)、株式会社STVラジオ(代表取締役社長・大西賢英)のAMラジオ2社は10月19日(水)総務省北海道総合通信局(局長・中道正仁)から都市型難聴対策、災害対策を目的としたFM補完中継局(呼称:ワイドFM)の本免許交付を受け、同日正午に「ワイドFM」の本放送をスタートさせました。

 本放送スタートにあわせ、両社は札幌駅北口西コンコース特設会場から開局記念特別番組「俺たちのRADIO」(正午~午後1時)の公開同時生放送を行い、会場には放送前からたくさんの来場者が詰めかけました。番組ではYASU(HBCラジオ)、佐々木たくお(STVラジオ)、両パーソナリティがリスナーからのメールを紹介しながら、ラジオにまつわる様々なエピソードやラジオの魅力について語りました。また、山根あゆみ(HBCラジオ)、熊谷明美(STVラジオ)は札幌市内の家電量販店から生中継を行い、ワイドFMの楽しみ方などを伝えました。

 番組終了後は、HBCラジオとSTVラジオの両パーソナリティによるトークショーや、ワイドFM対応ラジオが当たるクイズ大会などを行い、「ワイドFM」開局を祝いました。

 今後、両社ではラジオ媒体の更なる価値向上を目指し、番組ソフトの強化を図るとともに、ワイドFMの普及、推進に努めていく方針です。

イベントの様子

■2016年10月13日

HBCテレビ 10月12日(水)放送
Bravo!ファイターズ パ・リーグCSファイナル第1戦
日本ハム×ソフトバンク
番組平均視聴率28.7%!
瞬間最高視聴率34.2%!

HBCテレビで10月12日(水)に生中継した「Bravo!ファイターズ パ・リーグクライマックスシリーズ ファイナルステージ第1戦『日本ハムvsソフトバンク』」の番組平均視聴率が28.7%(午後7時~9時24分)を記録しました。瞬間最高視聴率は34.2%で、午後7時58分、6回裏にレアードがセンター前ヒットを放った瞬間でした。(ビデオリサーチ調べ・札幌地区)
12日(水)に記録した番組平均視聴率28.7%は、HBCテレビが先月28日(水)に生中継した、日本ハムがパ・リーグ優勝を決めた試合の平均視聴率28.9%に次ぎ、今シーズンのファイターズ戦中継の全試合中2位の記録です。

■2016年10月3日

HBC少年少女合唱団 4年連続全国大会へ
北海道合唱コンクールで金賞受賞

 HBC少年少女合唱団は、10月2日(日)に旭川市民文化会館大ホールで行われた「第67回北海道合唱コンクール(主催:全日本合唱連盟北海道支部・朝日新聞社)」の「大学職場一般部門・同声合唱の部」で金賞を受賞するとともに、11月19日、20日に鳥取県で行われる全日本合唱コンクールの北海道代表に選ばれました。HBC少年少女合唱団が北海道代表になるのは4年連続5回目です。
今回のコンクールには、HBC少年少女合唱団シニアクラス団員61名が参加。課題曲「Hegyi Éjszakák Ⅲ(山の夜第3番)」、自由曲は「O Magnum Mysterium(大いなる神秘)」と「Dithyramb(ディティランブ)」(ロシアの宗教歌で本邦初演の新曲)を合唱しました。

 HBC少年少女合唱団は、HBC北海道放送が開局間もなく発足させた「HBC児童合唱団」を母体として、1965年(昭和40年)に創立され、今年51周年を迎えました。その音楽水準は高く評価され、昨年、札幌市より平成27年度の「札幌芸術賞」を授与されました。現在、小学3年生から高校3年生までの、オーディションで選ばれた約120名が在籍し、ジュニアクラス(小学生)、シニアクラス(中・高生)の2クラスに分かれて活動しています。
シニアクラスは、2013年にイタリアで開催されたフィレンツェ国際合唱フェスティバルでグランプリの「ゴールデンダビデ賞」を受賞しました。シニアクラスは中高生の混成のため、北海道合唱コンクールや全日本合唱コンクール全国大会では「中学校部門」や「高等学校部門」に参加出来ず、大人に混じって「大学・一般部門」で奮闘しています。

 なお、11月6日(日)には50回目となる定期演奏会を開催します。日時、場所は以下になります。ぜひお越しください。

☆「第50回HBC少年少女合唱団定期演奏会」
【日時】2016年11月6日(日) 開場12:30 開演13:00
【場所】わくわくホリデーホール(札幌市民ホール) 札幌市中央区北1条西1丁目
【入場料】700円 全席自由

■2016年9月29日

ファイターズ優勝おめでとう!
優勝の瞬間をHBCが生中継!
9/28(水) 西武×日本ハム平均視聴率28.9%で
今シーズンF戦中継全局ベスト!瞬間最高視聴率47.5%

きのう、西武プリンスドームで行われた西武×日本ハム戦。エース大谷の被安打1&15奪三振、そして4回表のレアードのソロホームランが決勝点となり、ファイターズは1-0で勝利、4年ぶり7度目のパ・リーグ制覇を果たしました。
HBCがテレビ中継した午後7時から午後10時54分までの平均視聴率は28.9%で、今季ファイターズ戦中継の全局トップを記録しました。
なお、瞬間最高視聴率は午後9時9分の「栗山監督の優勝インタビュー」のシーンで、47.5%でした。

<参考>
各時間帯の平均視聴率 ビデオリサーチ札幌地区調べ
午後7時 ~午後8時54分…30.4%
午後8時54分~午後8時57分…38.5%(※「フラッシュニュース」内で野球中継)
午後8時57分~午後10時54分…27.2%
※「プロ野球Bravo!ファイターズ」中継枠(午後7時~午後10時54分)の平均視聴率は28.9%。

■2016年9月23日

HBCラジオ × STVラジオ
ワイドFM開局記念 共同特別番組の放送ならびに
共同イベントの開催について

◆共同特別番組
タイトル:「俺たちのRADIO」(公開生放送)
放送日時:2016年10月19日(水)12:00~13:00
場所:JR札幌駅北口 西コンコースイベント広場 特設ステージ

【出演】
<メインMC>
YASU(HBCラジオパーソナリティ)・佐々木たくお(STVラジオパーソナリティ)
<中継リポーター>
山根あゆみ(HBCラジオパーソナリティ)・熊谷 明美(STVラジオパーソナリティ)

【番組内容】
ワイドFMの開局にあたりHBCラジオ&STVラジオの人気パーソナリティがタッグを組みます。ラジオをこよなく愛する男「YASU&たくお」の2人がラジオにまつわる様々なエピソードを交え、「ラジオ愛」を語り尽くす至極の60分。
札幌市内からの中継も交えてワイドFMの楽しみ方などをお伝えします。

YASU&山根あゆみ、佐々木たくお&熊谷 明美写真

◆共同イベント
開催日時:2016年10月19日(水)13:00~19:00(特別番組放送後)
場所:JR札幌駅北口 西コンコースイベント広場

【内容】
・HBCラジオ&STVラジオパーソナリティによるトークショー
・ワイドFM対応ラジオが当たるクイズ大会
・「ワイドFMって何?」パネル展示
・ワイドFMを聴いてみよう!体験ブース など

◆ワイドFMの概要
「ワイドFM」とは、地上テレビ放送のデジタル化によって空いた周波数のうち、既存のFM放送(76MHz~90MHz)に連続した90MHz~95MHzにおいて、難聴対策や災害対策を目的として開設できるようになったFM補完中継局です。
札幌圏を中心とした都市部における難聴の解消、大災害発生時の確実な情報伝達に向けて大きな役割を果たすことになります。
FM補完放送をより親しみやすく、より分かりやすく伝えるため「ワイドFM」のネーミングで呼称しています。
・送信所の位置:手稲山山頂
・送信出力:5kW
・聴取エリア:札幌市を中心とした石狩支庁管内ほぼ全域と空知・後志・胆振・日高市長館内の一部
・送信周波数:HBCラジオ:91.5MHz/STVラジオ:90.4MHz

HBCラジオ・STVラジオロゴ

■2016年9月16日

今年で17年目!HBC「さっぽろ初雪クイズ」
9月16日(金)から予想受け付けスタート!

 HBCテレビ「今日ドキッ!」(月~金 午後3:44~7:00放送)のお天気企画「さっぽろ初雪クイズ」の予想受け付けが、本日、9月16日(金)からスタートしました。札幌で初雪が観測される日時を視聴者に予想してもらうこのクイズは、2000年に「テレポート2000」のお天気企画として始まって以来、長く視聴者の皆様にご愛顧いただき、今年で17年目を迎えた長寿企画です。
今年も豪華な賞品を用意しました。たくさんのご応募お待ちしております!

■2016年 HBC「さっぽろ初雪クイズ」概要

【問題】
「今年、札幌に初雪が降り出すのは ○月○日 午前/午後 ○時○分?」
※札幌管区気象台が発表する降雪初日・観測時刻を正解とします。
※午前4:20、午後9:40など00~50分の10分単位で予想してください。

【応募締切】2016年9月30日(金) 深夜24時必着

【応募方法】予想日時、氏名、住所、電話番号、年齢を明記して下記のいずれかの方法で
ご応募ください。
●ハガキ:〒060-8501(住所不要) HBC今日ドキッ!「さっぽろ初雪クイズ」係
●PC・スマホ:http://www.hbc.co.jp ⇒ 簡単応募フォーム
●携帯サイト:HBCサイト→What's New⇒さっぽろ初雪クイズ→簡単応募フォーム
※ご応募は北海道在住の方で、1人1回に限らせていただきます。
※予想日時や連絡先などに不備がある場合は無効とさせていただきます。
※「みぞれ」や「雪あられ」でも初雪と観測されます。
※個人情報は当選発表の際、TV放送やホームページでその一部(氏名など)の掲載や  賞品発送に使用します。

【賞品】
★ズバリ正解賞・冬のレジャーに!帰省に!「旅行券10万円分」を1名様に!
※ズバリ正解がいない場合は最も近い予想を正解とします。正解者が複数の場合は  均等分割になります。
★前後賞・次に正解に近い前後20名 「1000円分のQUOカード」

【正解発表】
降雪初日が札幌管区気象台から発表された日の「今日ドキッ!」で放送。
ただし初雪観測が土・日、または平日の番組放送に間に合わない場合は翌放送日。

 今年の北海道の夏…何度も大雨に見舞われ、6~8月の降水量は統計開始以来最も多くなりました。8月前半は晴れて、夏らしい陽気の日が多くなりましたが、8月後半は台風が次々と襲来、過去最多の3つの台風が上陸しました。平年だと1か月に降るような雨の量が、たった数日で降った所もあり、甚大な被害が出ました。気温は平年より高く、北海道らしくないとても蒸し暑い夏となりましたが、9月に入ると日没時刻は急速に早まり、朝晩の冷え込みも強まってきます。そして大雪山で紅葉がスタートしたかと思えば、すぐに初冠雪の便りが・・・。雪虫の目撃情報が届き出すと、いよいよ平地にも「初雪」が舞い降りてきます。    
果たして、今年、札幌の初雪はいつもより早いのか?遅いのか?それとも平年並みになるのか・・・?
このクイズに参加すると「これが寒気の来る気圧配置!」「降るのは雨か雪か?」と、いつもより天気予報への興味が自然と高まるはずです!

詳しくは下記の「さっぽろ初雪クイズ」ホームページをご覧ください。ヒントになりそうな参考データ集も紹介しています。

■HBC「さっぽろ初雪クイズ」ホームページ
http://www.hbc.co.jp/tv/info/2016hatsuyuki/index.html
HBCトップ→「新着情報」→「初雪クイズ」

応募要項は、リモコンdボタンのデータ放送、「今日ドキッ!」のページでもご確認いただけます。

■2016年9月15日

HBC制作のテレビ番組と放送活動が
日本民間放送連盟賞2部門で優秀賞に!

 HBC北海道放送が制作、放送したテレビ番組と放送活動が、2016年日本民間放送連盟賞の2部門で、それぞれ優秀賞を受賞しました。

番組部門〔テレビ教養番組〕優秀賞
 番組名『廃校はアカン!~熱血"ホンマちゃん"、北星余市高に生きる~』
【スタッフ】
プロデューサー:原田 徹 ディレクター:河野 啓 撮影:三上幸男 編集:白木秀和
【放送日時】
2016年5月4日(水)13:55~14:50
【概要】
北海道の北星余市高校は、全国から高校中退者や不登校経験者を受け入れている学校。3年B組担任の「ホンマちゃん」こと本間涼子先生は、日々全力でそうした生徒たちに向き合っている。生徒の減少で廃校の危機に直面し揺れる、教師と生徒の1年間を記録した。
廃校の危機の背景にある貧困問題を丁寧に扱い、社会問題を投げかけている点や、画一的な学校教育には馴染めない生徒を広く受け入れる北星余市高校の必要性を感じさせる内容などが評価された。

特別表彰部門〔放送と公共性〕優秀賞
 事績名『地方テレビ局の若手記者による飲酒運転防止に関するシリーズ特集』
【実施内容】
2015年9月~2016年3月、夕方ワイド番組『今日ドキッ!』のシリーズ特集および単発特番で放送
【概要】
報道部の若手記者ら7人からなるプロジェクトチームを立ち上げ、ローカルワイド番組で、後を絶たない飲酒運転の問題に向き合った。放送をきっかけに、駐車場管理者が飲酒運転防止の啓発に努める規定が市の条例に盛り込まれ、道庁が全職員に向け二日酔い運転の注意喚起を行うなど、動きが広がった。
若手記者による新鮮な視点からの地道な取材によって、飲酒運転の問題に新たな光をあてたこと、地域の課題を正面から取り組み、放送の可能性を追求する姿勢、さらに、飲酒運転のみならず車社会全体をどう考えるのかという展望がみられたことなどが評価された。

■2016年9月14日

HBCテレビ「あぐり王国北海道」
スタートから8年 9月17日で放送400回!

番組宣伝ビジュアル HBCテレビで毎週土曜午後5:00~5:30に放送しているHBC制作番組「あぐり王国北海道」が、番組のスタートから8年、9月17日(土)に400回目の放送を迎えます。
番組は2008年7月に「森崎博之のあぐり王国北海道」としてスタート。「北海道の農業タレントだ!」と自ら宣言する森崎博之さん(演劇ユニット「TEAM NACS」リーダー)が、HBCアナウンサーやタレント、一般の小学生で結成された「あぐりっこ隊」を率いて「あぐり(=Agriculture)王国」北海道の各地を訪ね、農作物のおいしさ、素晴らしさを再発見してきました。
今年4月からは「あぐり王国北海道NEXT」としてリニューアルし、メインMC森崎博之さんの新パートナーとして金井憧れアナウンサーがレギュラーとなり、生産者の思いを直に感じ、北海道の農業を次の世代へつなぐ番組として、さらにパワーアップしてお送りしています。
記念すべき400回目の放送では、8年にわたって北海道各地の生産者のもとをめぐってきた番組が、まだ訪ねていない離島へ。奥尻島を舞台に以下の内容で放送予定です。

【番組名】『あぐり王国北海道NEXT』
【放送日時】9月17日(土)午後5:00~5:30 
【出演者】森崎博之(TEAM NACS)、金井憧れ(HBCアナウンサー)、あぐりっこ隊
【内容・見どころ】
奥尻島は、北海道の離島では珍しく農業が盛んな島です。島ではどんな農業がおこなわれているのか?なぜ、農業ができるのか?疑問を解決すべく森崎リーダーたちは島へ向かいます。
  到着したリーダーたちがまず見つけたのは、大きなビニールハウス。中ではアスパラが栽培されています。メンバーは、鮮やかな「紫アスパラ」を収穫。生で一口かじったあぐりっこ隊は、その甘さにびっくりです。続いて訪ねたのは牛舎。島には広大な牧草地があり、100頭以上の肉牛が飼育されています。高い品質を誇る牛肉のおいしさの秘密は、島で盛んな「米作り」と、ある"共通点"がありました。
  海の恵みのイメージが強い奥尻島の、新たな魅力を発見!400回目の放送では離島の農業にスポットを当てます。

 北海道は相次ぐ台風による災害に見舞われ、北海道の農業はいま厳しい状況にありますが、番組ではこれからも北海道の農業を応援し続けていきます。

■2016年9月12日

「冬の準備はお早めに!HBC交通安全キャンペーン」
北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀さんが
交通安全を呼びかけ

 HBC北海道放送株式会社は9月17日(土)~10月31日(月)に、今年で3年目となる「冬の準備はお早めに!HBC交通安全キャンペーン」をHBCのテレビ、ラジオを通じて展開します。
キャンペーンは、ダンロップの協賛、(財)北海道交通安全協会の後援で展開します。今年も昨年に続き北海道日本ハムファイターズの協力を得て、球団のスポーツ・コミュニティ・オフィサー、稲葉篤紀さんにキャンペーンキャラクターを務めていただきます。
これから北海道は冬に向けて天候が変わりやすい時期になります。いざというときに慌てないよう、スタッドレスタイヤへの交換など早めの冬の準備を促し、交通事故を未然に防ぐよう呼びかけていきます。

キャンペーンキャラクターを務める稲葉篤紀さん
キャンペーンキャラクターを務める稲葉篤紀さん

・キャンペーン名:「冬の準備はお早めに!HBC交通安全キャンペーン」
・期間:016年9月17日(土)~10月31日(月)
・主催:北海道放送株式会社
・後援:一般財団法人北海道交通安全協会
・協賛:ダンロップ
・協力:北海道日本ハムファイターズ

■2016年9月9日

さっぽろオータムフェスト2016開幕
HBC「みんなで食べよう!北海道ブース」を出展!

 HBC北海道放送は、札幌の大通公園で9月9日(金)に開幕した「さっぽろオータムフェスト2016」に、北海道の食材にこだわった「みんなで食べよう!北海道ブース」を出展しています。
HBCは北海道の「食に関する情報発信ステーション」として、2008年から「みんなで食べよう!北海道キャンペーン」を展開しています。イベントへの参加は、「北海道の食」を応援するキャンペーンの一環で、北海道産の食材の素晴らしさを体感する逸品を楽しめます。
今回は、消費量が減少傾向にある魚を使用した海鮮メニューをテーマに献立を組み立て、魚の魅力再発見に少しでもお役に立ちたいと考えています。

☆会場
「さっぽろオータムフェスト2016」5丁目会場(札幌市中央区・大通公園)
HBC「みんなで食べよう!北海道ブース」
☆開催日時
9月9日(金)~10月1日(土) 10:00~20:30 (20:00ラストオーダー)

■提供メニュー
【第1期】9月9日~14日
「今日ドキッ!女性キャスター陣が考えたお魚おにぎり」2個セット500円 単品(3種)各300円
HBCテレビ「今日ドキッ!」の女性キャスター、高橋友理アナウンサーと大栗麻未アナウンサーが考えた、魚を使ったおにぎりをおむすびスタンド「もんて」が北海道産の魚と北海道米を使って、こだわりの味に仕上げました。

【第2期】9月15日~19日
「函館イカナポリタン」 700円、「秋鮭ときのこのトマトパッツァ」500円 ほか
函館市内の飲食店10店舗で結成された「函館イカナポリタンの会」。その認定レシピを使用して、道南産のイカなど地場の食材にこだわったスパゲティナポリタンを提供します。函館エリア期待のご当地グルメです。このほか、トマトと魚の抜群の相性を発見出来る「トマトパッツア」が登場。

【第3期】9月20日~25日
「海鮮キムチ中華まんじゅう」500円、「道産魚介のフィッシュ&チップス」400円 ほか
海鮮中華の名店「宮の森れんげ堂」が、道産魚介を使用してこだわりの逸品をお届けします。魚介類とキムチ、ヘラガニとマヨネーズの抜群の相性は要注目です。

【第4期】9月26日~10月1日
「海鮮たい焼きサンド」各種300~500円 ほか
北海道産食材にこだわる「北海道ろばた居心地」が、たい焼きをバンズ代わりに使用する斬新なスタイル「海鮮たい焼きサンド」をプロデュース。海老、鮭、イカ、ホタテ、カニなど5種類の味が楽しめます。

■2016年9月1日

3日間で2万3,000人が来場!「HBCとれたてマルシェ」
札幌初出店の「クマヤキ」(津別町)は約4000個を販売

HBCとれたてマルシェロゴ HBC北海道放送株式会社は8月26日(金)~28日(日)の3日間、札幌市北3条広場(札幌市中央区)でイベント「HBCとれたてマルシェ」を昨年に続き開催しました。3日間の来場者数は合わせて2万3,000人に達し、今年も大変多くの皆様に来場していただきました。
会場では、HBCテレビの情報番組「今日ドキッ!」(毎週月~金曜15:44~19:00放送)の人気企画「美味 ほっかいどう旬発見」に登場した生産者によるこだわりの逸品を販売しました。初日の26日(金)は悪天候でしたが、27日(土)、28日(日)は晴天に恵まれ、昨年に続いて「昔とうきび」を販売した「紅果園」(仁木町)、今年初出店のハムソーセージ販売「ハントヴェルク」(南幌町)などの各店舗へ、大勢の方に来店していただきました。
また、HBCが今年5月22日(日)に全国放送したテレビ番組「それ行け!北海道物産展 全国から世界へ飛びたつ北のグルメ」で紹介され一躍人気に火が付いた津別町の菓子「クマヤキ」が、今回初めて札幌で出店し、3日間で約4000個を売り上げました。

■2016年8月26日

カーナビ全道キャラバン~あなたの街で公開生放送!~
ラストとなる第3弾「道北編」を実施!

カーナビメイン三人 HBCラジオ平日午後の看板番組「カーナビラジオ午後一番!」は今年、番組開始から丸20年を迎えました。番組ではこの秋、昨年9月の第1弾『道東編』、今年5月の第2弾『道南編』に続く、『カーナビラジオ午後一番!20周年特別企画 カーナビ全道キャラバン~あなたの街で公開生放送!~』の第3弾、『道北編』を実施します!
パーソナリティのYASU・山根あゆみ・大森俊治が、カーナビラジオを聴いて下さる皆さんへ20年のご愛顧の感謝の気持ちを直接伝えに行こうと、北海道内の市町村を訪れ、公開生放送&ミニライブ&サイン会を行うというこのイベント。第3弾の今回は、9月19日(月・祝)~22日(木・祝)の4日間、道北の羽幌町・稚内市・紋別市・旭川市の4市町で行います。
今回がラストとなる「カーナビ全道キャラバン~あなたの街で公開生放送!~」ですが、「カーナビラジオ午後一番!」は、これからも北海道中のリスナーが元気にそして笑顔になってもらえるような番組作り、イベントを行うとともに、リスナーの皆さんとより一層強い絆を築いていきます!

『カーナビラジオ午後一番!20周年特別企画 カーナビ全道キャラバン~あなたの街で公開生放送!~第3弾 道北編』

【実施日程】
2016年9月19日(月・祝)~22日(木・祝)

【実施場所&放送時間】
9月19日(月・祝)羽幌町(道の駅 ほっと♡はぼろ) 12:00~13:55
9月20日(火)稚内市(稚内副港市場) 12:00~16:00
9月21日(水)紋別市(海洋交流館)12:00~16:00
9月22日(木・祝) 旭川市(あさひかわラーメン村) 12:00~13:55

【内容】
☆4時間の公開生放送 ※9/19・22は「ファイターズ中継デーゲーム」により短縮
☆番組終了後、ミニライブ&サイン会〈CD販売〉 ※1時間程度実施

第2弾「道南編」(2016年5月3~5日)のもよう 第2弾「道南編」(2016年5月3~5日)のもよう

※写真は第2弾「道南編」(2016年5月3~5日)の模様

■2016年8月19日

「こだわり」の旬の実りが大集合!
「HBCとれたてマルシェ ~美味 ほっかいどう旬発見 presents~」
8月26日・27日・28日 札幌市北3条広場<アカプラ>で開催

HBCとれたてマルシェロゴ HBC北海道放送は、8月26日(金)~28日(日)の3日間、札幌市北3条広場にて「HBCとれたてマルシェ ~美味 ほっかいどう旬発見 presents~」を昨年に続き開催します。

 HBCテレビで毎週月曜~金曜夕方に放送している情報番組「今日ドキッ!」の人気コーナー、北海道の農業・漁業応援企画「美味 ほっかいどう旬発見」。手間を惜しまず、納得できるものを追い求める生産者を、目利き人や料理人が訪ね、"本気の食材"の秘密を探っています。北海道の旬の極上食材が毎回登場。この企画で取り上げた生産者さんのこだわりの逸品などを販売します。
「昔とうきび」で大好評だった仁木町の「紅果園」、最北のフルーツ果樹園・増毛町「佐藤健一果樹園」が今年も出店するほか、新たに番組で紹介した南幌町の「薫製工房ハントヴェルク」が初出店するなど、昨年にも増してこだわりの顔ぶれとなっています。

 このほか会場では、マルシェにぴったりのアコースティック系を中心としたアーティストによるライブステージを開催。また、今話題の新車展示や美味しいグルメも盛りだくさん!
さらに、5月に放送したHBC制作・全国ネット番組「それ行け!北海道物産展 全国から世界へ飛びたつ北のグルメ」をきっかけに、一気に知名度が全国区となった津別町のお菓子「クマヤキ」が札幌に初出店します。
是非ご来場いただき、秋に移りゆく穏やかな北海道のひと時をお過ごしください。

■概要
催事名称:HBCとれたてマルシェ ~美味 ほっかいどう旬発見 presents~
日時:2016年8月26日(金)~28日(日)計3日間・各日10:00~18:00
会場:札幌市北3条広場(アカプラ)(札幌市中央区北2条西4丁目 および 北3条西4丁目)
主催:HBC 北海道放送
後援:札幌市・札幌駅前通まちづくり株式会社(予定)

■出展内容
◆「今日ドキッ!」発!「美味 ほっかいどう旬発見」マルシェ
生産者さんのこだわりの逸品を販売!

☆紅果園【仁木町】 超レア!「昔とうきび」の、ゆでとうきびを札幌で味わえる!
☆佐藤健一果樹園【増毛町】 最北の果樹園から、ギュッと甘みがつまったフルーツが登場!
☆薫製工房ハントヴェルク【南幌町】 『手仕事』のハム・ソーセージで感じる 小さな幸せ
☆渋田産業【厚沢部町】 豊かな香りと抜群のシャキシャキ感!蝦夷まいたけ
☆チームさっぽろ産美味しい野菜の発表会【札幌市】 札幌の皆さんにこそ食べてほしい!さっぽろ産の野菜!

出展者写真

◆とれたてマルシェライブ
HBCがセレクトした、今超注目のアーティストによる、マルシェの雰囲気に合った、心地よいアコースティックサウンドを中心としたライブステージをお送りします。

【出演決定アーティスト】
出演決定アーティスト写真 ☆JUN(26日)
札幌を中心に、全道、全国各地で活動を続けている、小樽出身のシンガーソングライター、JUN。2015年は、札幌ペニーレーン24での初のワンマンライブを成功させ、その活動の幅はさらに広がりを見せている。2014年発売でコンテスト受賞曲であるシングル「Melody」は、現在札幌のシティプロモート「SAPPORO SMILE」のCMソングとして、札幌の街中を流れている。

☆爽(27日)
呼吸をするように詩を紡ぎ、瞬きをするようにメロディーを奏でる札幌出身のシンガーソングライター。エモーショナルで壮大な世界観の曲、実体験を元にした心に深く突き刺さる歌詞、そして凛として柔らかく強い歌声が、人々を大きく引き込む。

☆中田雅史(27日)
北海道島牧村出身。北海道を拠点に全国を旅するシンガーソングライター。
雄大な自然を想起させる詩の世界観と深く温かな歌声、アコースティックギターで奏でる、楽しさと優しさと懐かしさの同居する曲は、聴く人のココロとカラダを不思議と調和していく。各地での様々なスタイルで行うライブ以外にも、配信・TV・ラジオ・YouTubeチャンネル「masashihouse」・顔の見える暮らしの実践・地域おこしなど、 多方面に活躍の場を広げている。

☆月光グリーン(27日)
2003年結成。テツヤのストレートで優しい詞と人を引き込むメロディーラインは幅広い層に響く。圧倒的なグルーブ感と安定感のリズム隊に様々な音色と高い技術でサウンドに彩りを加えるミツヒコのGt.、そして力強さと暖かさを感じさせるテツヤの唄は大人のROCKからバラードまで幅広くライブバンドとして不動の人気を誇る。
8月3日には約2年ぶりとなるシングル「落花流水」をリリースした。

☆Watana Besta SOCIAL club(27日)
北海道江別市出身シンガーソングライター。弾き語りからユニット、トリオ、バンド編成まで、様々なスタイルで札幌を拠点に関東・関西など全国的に活動中。短編小説のような頭に映像が浮かぶ楽曲、独特な奥行きのある歌声、その楽曲センスに音楽ファンのみならず、多くのミュージシャンにも支持されている。TVCMソングや作品プロデュース、楽曲提供、編曲など多方面で活躍中。

☆EXPG 札幌校(28日)

☆Chima(28日)
大阪出身、北海道在住のシンガーソングライター。 北海道が大好きで大学進学を機に住み移り音楽活動をスタート。透明感のある声と心地よい空間に吸い込まれる様な唄で聴く人を魅了。北海道内にとどまらず全国各地でライブを行っている。
2016年8月にはミニアルバム「夏のおはなし」をリリースし、「RISING SUN ROCK FESTIVAL 2016」にも出演。

☆山木将平(28日)
「SAPPORO CITY JAZZ 2010」パークジャズライブ・コンテスト優勝。トロント国際ジャズフェスティバル、ジャカルタJava Jazz Festival、RISING SUN ROCK FESTIVAL出演。2015年ミラノ国際博覧会 日本館にて演奏。2016年ニューヨークにて開催されたJAPAN WEEKにて演奏。演奏活動に加えて北海道のPR活動にも力をいれていて、TV やラジオで多数楽曲が使用されていて、現在は札幌を拠点に国内外で活動中。
今年3月にアルバム『Round 2』をリリース。

☆Rune(28日)
札幌狸小路出身シンガーソングライター。北海道日本ハムファイターズや、北海道コンサドーレ札幌の応援CM(アイングループ提供)ソングを担当し、それに伴い札幌ドームでの歌唱を幾度と行う。更にはファイターズ鍵谷投手登場曲「Key Man」を書き下ろし、2016年5月25日に発表。自身の活動以外にテレビCM音楽や舞台音楽、AKB48の「前しか向かねぇ」MV内における芝居部分の音楽(劇伴)も担当する他、自身のオリジナル楽曲のMV制作監督も務めるなどマルチな才能を発揮する。

☆蘭華(28日)
J-POPと歌謡曲を融合した誰にも真似できない唯一無二のオリエンタルなサウンドに、美しく透明感溢れる歌声、和を取り入れた詩の世界観が"泣ける楽曲"として、幅広い世代から注目のシンガーソングライター。昨夏、よしもとばなな原作の映画『海のふた』主題歌「はじまり色」と恩師への感謝の想いを綴った「ねがいうた」の両A面シングルでメジャーデビュー。9月21日(水)には待望のオリジナル・ファーストアルバム「東京恋文」をポニーキャニオンからリリースする。

◆道東・津別町のキュートなお菓子「クマヤキ」が札幌初登場!
今年5月にHBCが制作・全国放送した番組「それ行け!北海道物産展 全国から世界へ飛びたつ北のグルメ」で北海道物産展へデビューする模様などを紹介し、放送後、千葉県船橋市のデパ地下で1週間に約1万7千個を売り上げる大ヒットを記録した、津別町の道の駅から生まれたキュートなお菓子「クマヤキ」が、札幌に初出店します!

◆その他
インポート・プラスによる注目の新車 Jeep 2車種の展示や、宅配ピザチェーン・ピザーラによる焼き立てアツアツのこだわりピザ販売、そして、北海道産のフルーツから作ったジェラートの販売もあります。

■2016年8月17日

HBC少年少女合唱団
8月27日(土)「札幌市平和のつどい」で合唱
平和へのメッセージ合唱曲集CD 札幌市内の小中学校等に配布

HBC少年少女合唱団のジュニアクラス(小学生)は、戦争の悲惨さや平和な社会のあり方などについて考える札幌市のイベント「札幌市平和のつどい」に毎年出演し、平和をテーマにした合唱曲を発表しています。
今年も下記日時に開催される「札幌市平和のつどい」で、3曲の合唱を披露することになりましたのでお知らせします。

「札幌市平和のつどい」
【日時】2016年8月27日(土) 開場13:00 開演14:00
【会場】札幌市教育文化会館小ホール(札幌市中央区北1条西13丁目)
【主催】札幌市、札幌市教育委員会
☆HBC少年少女合唱団ジュニアクラスの合唱は16:00頃から以下3曲を予定
(1)「トモダチ」(平成21年度・「平和へのメッセージ」合唱曲)
(2)「千羽鶴」(毎年8月9日の長崎原爆犠牲者慰霊平和祈念式典の最後に歌われる曲)
(3)「365日の紙飛行機」

札幌市は毎年、市内の小中学生を対象に「平和へのメッセージ」(平和をテーマとした詩や絵)を募集しています。今回披露する①「トモダチ」は平成21年度に応募された作品の一つにメロディーをつけて合唱曲にしたものです。
「トモダチ」を含め、これまでに「平和へのメッセージ」にメロディーをつけて合唱曲にした計5曲が、HBC少年少女合唱団ジュニアクラスの合唱によって今年初めてCD化されました。この「平和へのメッセージ」合唱曲集CDは7月、札幌市内の小中学校などに配布されています。

HBC少年少女合唱団
http://www.hbc.co.jp/hbc/jr-chor/index.html

■お問い合わせ
〒060-8501 札幌市中央区北1条西5丁目
HBC 北海道放送株式会社 HBC少年少女合唱団事務局
電話:011-232-5842

■2016年8月1日

HBCキャラクター「もんすけ」が台湾の清涼飲料水のパッケージに!
台湾で発売開始 北海道のPRに一役

台湾限定:もんすけパッケージの飲料HBC北海道放送株式会社は、台湾の大手飲料メーカー「生活飲料」(正式名称:順開科技股.有限公司)との間でHBCのイメージキャラクター「もんすけ」のライセンス利用について契約を締結し、「もんすけ」をあしらったパッケージの清涼飲料水が、まもなく台湾全土で期間限定発売となります。「もんすけ」は放送局のキャラクターであることから国内では特定の企業のプロモーションには使用していませんが、台湾での利用については北海道のイメージアップにつなげるという条件のもとで特別に許可したもので、台湾のコンビニエンスストアやスーパーマーケットに「もんすけパッケージ」の飲料(アルコールは含まず)が、「北海道元氣猴-萌之助(台湾での読みは『モン・ジ・ジュ』)」の名前で出回るほか、今後、生活飲料のテレビコマーシャルなどでも活躍する予定です。また、生活飲料では限定パッケージの発売にあわせて抽選で北海道旅行が当たるキャンペーンも行っています。

HBCでは、2015年9月より、日本のキャラクター及びブランドの海外進出マーケティング業務を行っているJAMMY GLOBAL LIMITED(ジャミーグローバル株式会社・本社香港)と、「もんすけ」のライセンスに関するエージェント契約を締結しています。「もんすけ」のライセンス事業は、同社台湾支店のスタッフが北海道旅行に来た際に「もんすけ」を目にしたのがきっかけとなり始まりました。同社の協力で台湾語「もんすけ」のフェイスブックファンページを展開しているほか、「もんすけ」がモチーフになったTシャツのオンライン販売などで、「もんすけ」が北海道を紹介するプロモーションに一役買っています。「もんすけ」の利用については、その他の企業からも関心が寄せられており、HBCでは北海道のプロモーションとのバランスを考えつつ、海外のライセンス事業を展開していく予定です。

ラベル見本

もんすけの台湾名:北海道元氣猴-萌之助(北海道元気猿 モン・ジ・ジュ Monsuke)
台湾のフェイスブック: https://www.facebook.com/monsuketw/

■お問い合わせ
〒060-8501 札幌市中央区北1条西5丁目 HBC 北海道放送株式会社
ライツ・コンテンツ部 田中
TEL:011-232-5858

■台湾現地での「もんすけ」ライセンスについてのお問い合わせ
JAMMY GLOBAL LIMITED.
Eメール (日本語・英語・北京語):info@jammy-global.com

■2016年7月22日

国内の放送局初(*1)の
スマートフォン用360度動画アプリ「HBC VR」を7月22日公開
北海道の観光スポットやイベントの360度動画の配信開始!
札幌・円山動物園のバーチャル体験も!

HBC北海道放送は、国内の放送局としては初*となる、360度動画アプリ「HBC VR」を、きょう、7月22日に公開しました。
(*1)一般に公開されるスマートフォン用のアプリとして、360度動画アプリを  リリースするのは、国内の放送局では初となります(HBC調べ)。

発表中の様子
※「HBC VR」のアイコンは、北海道に生息するシマフクロウをモチーフにしたもの

上下左右の周囲360度を同時に見渡せる360度動画(VR動画、全天周動画)は、世界的に利用が広がりつつあります。HBCでは、北海道を中心に360度動画を取材するとともに、これを視聴できるスマートフォン用アプリを公開し、地方放送局ならではの360度動画プラットフォームを開発・運用していきます。
「HBC VR」は、iPhone、Androidに対応し、市販のVR用ゴーグルを組み合わせて使用することで、立体感・没入感のある映像体験が楽しめます。VR用ゴーグルにスマートフォンを入れた後は、頭の向きを変えることで、360度動画のメニュー選択や再生などの操作を行うことができるため、VRゴーグルからスマートフォンを取り出したり、手を触れることなく、360度動画が楽しめます。
※本アプリは、スマートフォン本体でも、360度動画を楽しめます。

<スマートフォンアプリ「HBC VR」の特徴>
・iOS、Androidに対応 ※iPadは拡大モードで利用可能
・二眼モード(VRゴーグル対応)と一眼モードの2つの視聴方式に対応
・見る方向を変えるだけで操作できるVRポインターで、コンテンツの選択・再生が可能 
・ストリーミング再生とダウンロード(キャッシュ)再生の2つの再生方式を用意

<提供するコンテンツ>
「HBC VR」では、テレビ局ならではの様々な映像をお届けします。
公開時には、アナウンサー・リポーターが出演する札幌の紹介動画などを提供します。また、北海道の代表的な動物園、札幌・円山動物園の動物の姿をおさめた360度動画もご覧いただけます。アナウンサーと一緒に行くイベント・観光スポットのバーチャル体験や、まるで自分が動物になったような、動物園ならではの360度動画をお楽しみください。

◆現在提供中のコンテンツ(約20本/随時追加予定)
・さっぽろ雪まつり …2016年2月に行われた雪まつりの模様をご紹介。
・もいわ山ロープウェイ …「日本新三大夜景」にも選出された札幌の夜景が楽しめます。
・スノーボード …小樽のスキー場「オーンズ」で華麗なジャンプを360度体験!
・アイスヒルズホテル …北海道・当別町で冬にだけ現れる氷のホテルとアクテビティ体験。
・円山動物園360° …ニホンザル、鷹匠体験など、札幌・円山動物園の動物をご紹介。

発表中の様子

QRコード<アプリ概要>
・アプリ名:  「HBC VR」
・企画運営: 北海道放送株式会社
・対応端末: スマートフォン(iPhone、Android)
※iOS(AppStore)、Android(Google Play)の各アプリストアで配信中。
・利用料金: 無料
・サポートページ:http://www.hbc.co.jp/hbcvr/

●技術パートナー: 株式会社ジョリーグッド http://jollygood.co.jp/

※端末のOSのバージョン、機種によってはご利用いただけない場合があります。
※12歳以下のお子様が本アプリを視聴する場合は、健康上の理由から、
VR用ゴーグルを利用せずに、スマートフォン本体だけ(一眼モード)でお楽しみください。
※本アプリ・コンテンツの利用は無料ですが、通信費はお客様のご負担となります。
360度動画はデータ量が大きいため、Wi-Fi環境でのご利用を強くお勧めいたします。

■本アプリに関するお問い合わせ先
HBC北海道放送株式会社 メディア事業局デジタルメディア部
担当:泉・小川
Tel:011-232-5892
Eメール:info@hbc.co.jp

■2016年7月19日

去年を上回る7万4,000人が来場!
HBC赤れんがプレミアムフェスト
4日間の日程を終了

 「札幌中心部で開催される入場無料のサマーフェス」のコンセプトのもと、来場者の大幅増員に成功!

HBC北海道放送が、昨日まで開催していた「HBC赤れんがプレミアムフェスト」の来場者が合計で7万4,000人と、去年を8,000人上回りました。
「HBC赤れんがプレミアムフェスト」は、先週7月15日(金)~18日(月・祝)の4日間、札幌市北3条広場で開催され、HBCのテレビ・ラジオ番組の公開生放送をはじめ、道内外のアーティストによるライヴ演奏などが行われました。
4日間のうちで来場者が最も多かったのは、16日(土)の3万320人で、この日はシンガーソングライターの川嶋あいやKの公開生放送を始め、計8組のライヴが行われ、札幌以外からも多くの音楽ファンが集まりました。
また、会場ではグッチーら「今日ドキッ!」の出演者たちが考えたオリジナルメニューをはじめとする、恒例の道産食材を扱った食のブースも出店され、グルメ好きの心を掴みました。
今年の「HBC赤れんがプレミアムフェスト」は、ライヴの出演者を去年よりも5組増やして延べ17組が出演し、『札幌中心部で開催される入場無料のサマーフェスイベント』というコンセプトのもと実施され、これが来場者を増やすことにつながったと思われます。

■2016年7月11日

7月10日(日)のHBCラジオ ファイターズ中継
radikoで再び過去最高を更新!
STREAM数25,893&シェア93.1%
北海道地区初のSTREAM数の2万&シェア90%超え

 球団タイ記録の14連勝(7月10日現在)と絶好調の北海道日本ハムファイターズ。その14連勝をドラマチックなサヨナラ勝利で決めた7月10日(日)のHBCラジオのファイターズ中継「サンデーファイターズ」対千葉ロッテマリーンズ戦(札幌ドーム)のradikoのSTREAM数で、またまた過去最高となる25,893を記録!さらにシェア(占拠率)でも過去最高の93.1%と初の90%超えを達成しました!

radikoのSTREAM数としては1週間前の7月3日(日)に今回と同じ「サンデーファイターズH-F戦」で記録した19,152が最高でしたが、その記録をあっさり更新。単独の局でのSTREAM数2万超えも北海道地区では初めてです。また、シェア(占拠率)90%超えも初めてと、まさに記録づくめの日となりました(今までの最高シェアは2015年5月21日のE-F戦での89.7%)。

14連勝がかかったこの日の対マリーンズ戦。エース大谷が先発するものの7回まで0-5とリードされる苦しい展開。しかし7回裏に一挙4点を挙げ、さらに9回裏ツーアウトから田中賢が起死回生の同点ホームラン。そして延長12回裏、レアードがサヨナラホームランをレフトスタンドに叩き込み、ドラマチックな逆転勝利で14連勝&北海道移転後ホーム500勝のメモリアル勝利を手にしました。

今シーズン最長5時間10分のこの試合、16時過ぎには早くもHBCラジオのSTREAM数は、12,276と1万を超えました。その後も試合の盛り上がりとともにSTREAM数は増え続け、延長11回、12回の手に汗握る攻防が続く18:30~18:59に、ついに過去最高の25,893のSTREAM数を記録しました!さらに12回裏、レアードの劇的なサヨナラホームランで14連勝&ホーム500勝を決めた19:00~19:29には過去最高シェアの93.1%に到達しました!

今シーズン、ファイターズ公式戦全試合中継&ファイターズ熱烈応援実況のHBCラジオ。このあともファイターズのリーグ優勝、そして日本一を信じて、ファイターズの快進撃とともにますます盛り上がっていきます!

■2016年7月5日

7月3日(日)HBCラジオのファイターズ中継
radikoで過去最高STREAM数 19,152 を記録!
~総STREAM数も 23,859 と過去最高に~

 「1番ピッチャー大谷」…その場内アナウンスへのどよめきもおさまらない中、初球をとらえた打者・大谷の打球は右中間スタンドに!誰もが信じられない衝撃的なシーンで幕を開けた7月3日(日)のホークス対ファイターズ戦。投手・大谷は8回までホークス打線を無失点に抑え、2-0で自身7連勝&チーム10連勝を決めました。
この試合、HBCラジオは「サンデーファイターズ」として実況生中継しましたが、radikoのSTR
EAM数が過去最高の19,152を記録!
北海道地区のradikoの総STREAM数も2万をはるかに超えて、過去最高の23,859を記録しました!
大谷の予告先発、そしてファイターズ今シーズン初の10連勝&対ホークス3連勝がかかった試合ということでファンの関心も高く、13時の試合開始からHBCラジオのradikoのSTREAM数は10, 301と1万を超えてスタート。その後一度も1万を下回ることなく推移し、大谷が8回を無失点で投げ終えて、ファイターズの勝利が濃厚となった15:30~15:59には、ついに過去最高のSTREAM数19,152を記録しました。
この時のHBCラジオのシェア(占拠率)は80.3%、そしてこの時の北海道地区のradi ko総STREAM数も23,848まで上昇。続く16:00~16:29には、HBCラジオは18,948、総STREAM数は23,859を記録しました。
HBCラジオのこれまでの最高STREAM数は、2014年10月14日(火)のクライマックスシリーズ第3戦の15,817。総STREAM数もこの日の20,722が最高でしたが、この記録をあっさりと抜いた大谷の大活躍。あらためてその凄さと、多くのファイターズファンがHBCラジオを聴いてファイターズを応援したことが証明されました!

■2016年6月29日

HBC、スマートフォン用360度動画アプリ「HBC VR」を7月にリリース
国内の放送局初*の360度動画アプリの運用を開始
札幌・円山動物園の360度動画も配信!

HBC北海道放送(以下、HBC)は、国内の放送局としては初(*1)となる、360度動画アプリを、2016年7月にリリースいたします。
(*1)一般に公開されるスマートフォン用のアプリとして、360度動画アプリをリリースするのは国内の放送局では初となります(HBC調べ)。

360度動画(VR動画)は、上下左右の周囲360度を同時に撮影した動画で、専用の視聴システムを使うことで、頭上や足元、周囲を自由に見回すことができ、まるでその場所にいるかのような映像を楽しむことができます。ここ数年、ヘッドマウントディスプレイを用いた専用システムや、スマートフォンと組み合わせるタイプのゴーグルが市販されるなど、360度動画の視聴環境が整い、エンターテイメントから販促・プロモーションまで、様々な用途で利用されるようになってきました。
こうした中、HBCでは、北海道を中心に360度動画を取材するとともに、これを視聴できるスマートフォン用アプリをリリースし、地方放送局ならではの360度動画プラットフォームを開発・運用していきます。

発表中の様子

発表中の様子

<スマートフォンアプリ「HBC VR」について>
 HBCがリリースするスマートフォン用アプリ「HBC VR」は、iPhone、Androidに対応し、市販のVR用ゴーグルを組み合わせて使用することで、立体感・没入感のある映像体験が楽しめます。VR用ゴーグルにスマートフォンを入れた後は、頭の向きを変えることで、360度動画のメニュー選択や再生などの操作を行うことができるため、スマートフォンを再度取り出したり、手を触れることなく、360度動画をお楽しみいただけます。
※本アプリでは、スマートフォン本体だけでも、360度動画をお楽しみいただけます。

<提供するコンテンツ>
「HBC VR」では、テレビ局ならではの様々な映像をお届けする予定ですが、リリース時には、アナウンサー・レポーターが出演する札幌の紹介動画などを提供いたします。また、北海道の代表的な動物園である、札幌・円山動物園の動物の姿をおさめた360度動画もご覧いただけます。アナウンサーと一緒に行くイベント・観光スポットのバーチャル体験や、まるで自分が動物になったような、動物園ならではの360度動画をお楽しみください。

<アプリリリース予定>
・2016年7月に各アプリストアでの公開を予定。

<アプリ概要>
・アプリ名: 「HBC VR」
・企画運営:北海道放送株式会社
・対応端末:スマートフォン(iPhone、Android)
※iPadは拡大モードでご利用いただけます。
・利用料金: 無料

●技術パートナー:株式会社ジョリーグッド

※端末のOSのバージョン、機種によってはご利用いただけない場合があります。
※12歳以下のお子様が本アプリを視聴する場合は、健康上の理由から、VR用ゴーグルを利用せずに、スマートフォン本体だけ(一眼モード)でお楽しみください。
※本アプリ・コンテンツの利用は無料ですが、通信費はお客様のご負担となります。
360度動画はデータ量が大きいため、Wi-Fi環境でのご利用を強くお勧めいたします。

■本アプリに関するお問い合わせ先
HBC北海道放送株式会社 メディア事業局デジタルメディア部
担当:泉・小川
Tel:011-232-5892
Mail:info@hbc.co.jp

■2016年6月27日

HBCジュニアオーケストラ 2016サマーコンサート
札幌コンサートホールKitaraで開催 チケット好評発売中!

HBCジュニアオーケストラは、8月11日(木・祝)午後3時から札幌コンサートホールKitara大ホールにて「2016サマーコンサート」を開催します。
今年で創立52年目を迎えたHBCジュニアオーケストラは、常任指揮者・阿部博光(あべ ひろみつ)先生の指導の下、毎年夏、定期公演ともいえる「サマーコンサート」を実施しています。
団員は小学5年生から高校3年生までの98名で、今年の「2016サマーコンサート」では、ブラームスの交響曲第1番、ドヴォルザークのチェロ協奏曲などの楽曲を演奏します。

タイトル:HBCジュニアオーケストラ 2016サマーコンサート
日時:2016年8月11日(木・祝) 開場14:30 開演15:00
会場:札幌コンサートホールKitara大ホール
主催:HBCジュニアオーケストラ
後援:北海道、北海道教育委員会、札幌市、札幌市教育委員会
指揮:阿部 博光(常任指揮者)
チェロ:髙木 慶太(HBCジュニアオーケストラ卒団生)
管弦楽:HBCジュニアオーケストラ

【演奏曲目】
◇ボロディン作曲    歌劇「イーゴリ公」から「ダッタン人の踊り」
◇ドヴォルザーク作曲 チェロ協奏曲 ロ短調 作品104
◇ブラームス作曲    交響曲 第1番 ハ短調 作品 68  

【チケット料金】
全席自由 1,500円 発売中

【販売場所】
◇Kitaraチケットセンター:電話011-520-1234 
◇大丸プレイガイド: 電話011-221-3900 
◇道新プレイガイド:電話011-241-3871

【HP】http://www.hbc.co.jp/hbc/jr_orch/index.html

■2016年6月21日

おいしい夏とガッチャンコ!
HBC赤れんがプレミアムフェスト 
7月15日(金)~18日(月・祝) 開催!

HBC北海道放送は、来月15日(金)~18日(月・祝)の4日間、3回目となる「HBC赤れんがプレミアムフェスト」を開催します。会場は札幌市中央区の札幌市北3条広場。札幌の歴史を見守るイチョウ並木と道庁の赤れんが庁舎を臨む絶好のロケーションで、夏の味覚と上質な音楽、番組のステージを楽しんでいただきます。また、期間中はHBCテレビの『今日ドキッ!』(月~金:午後3時44分~午後7時放送)や、HBCラジオの『カーナビラジオ午後一番!』(月~金:正午~午後4時放送)を会場からの公開生放送でお伝えする予定です。
これまでに決定している内容は下記の通りです。

催事名称:おいしい夏とガッチャンコ! HBC赤れんがプレミアムフェスト
日時:2016年7月15日(金)~18日(月・祝)午前10時~午後8時(最終日は午後7時まで)
会場:札幌市北3条広場(通称:アカプラ)
主催:北海道放送株式会社
共催:札幌駅前通まちづくり株式会社
特別協賛:ホクレン農業協同組合連合会、サッポロビール株式会社
集客実績:期間中 約6万6000人(昨年)
HP:http://www.hbc.co.jp/event/apf/

【番組のステージ】
金曜ブランチ』7月15日(金)※会場から中継。
今日ドキッ!』7月15日(金)※番組を約2時間拡大し午後1時55分~約3時間、会場から生放送。
『今日ドキッ!』7月16日(土)※「今日ドキッ!SUMMER LIVE」と題し、公開生放送も含めた音楽イベントを一日通して展開。8組が出演予定。司会はグッチーと大栗麻未アナ。
あぐり王国北海道NEXT』7月17日(日)※森崎博之と金井憧れアナが出演。
カーナビラジオ午後一番!』7月18日(月・祝)※YASU、山根あゆみ、大森俊治が出演。会場から生放送。

【ステージ出演アーティスト(予定)】※出演順
◆7月15日(金)
川嶋あい

◆7月16日(土)
フラチナリズム
K(※公開生放送)
川嶋あい(※公開生放送)
D.W.ニコルズ
Softly
ALvino
Rihwa
Do As Infinity

◆7月17日(日)
HBC少年少女合唱団
ファイターズガール
Rune
TRIPLANE
Hanah Spring
HBCジュニアオーケストラ
DEPAPEPE

◆7月18日(月・祝)
カーナビプレミアムバンド(※ラジオ番組のスピンオフバンド)

【飲食ブース】
「今日ドキッ!」のプレミアムキャビンほか、計5つの飲食ブースと石窯ピザの移動販売車が出店。
北海道産の食材にこだわった、おいしい夏の味覚をお楽しみいただきます。
(※出店者、内容 調整中)

【プレミアム ランクイ~ン】
「今日ドキッ!」で札幌市北3条広場から毎日お送りしている人気クイズコーナー『キングにドキドキッ!あなたの答えはランクイ~ン』のプレミアム版を、16日(土)、17日(日)の両日に計10回開催。ステージの転換ごとに、「プレミアムランクイ~ン」特設ステージで実施します。賞金は1回につき1万円。挑戦者が賞金をゲットできなければ、次の回へ持ち越しとなり、賞金額が増えていきます。おいしい料理と素敵な音楽とともに、ランクイ~ンのドキドキもお楽しみいただけます。

【HBC夏のイベント スタンプラリー】
7月9日(土)から開催する『札幌お化け屋敷2016 黒いアサガオの家』(ノルベサ3階特設会場)と、7月2日(土)からの『ポーラ美術館コレクション』(北海道立近代美術館)、そして『HBC赤れんがプレミアムフェスト』の3会場でスタンプラリーを実施。条件をクリアし3会場、もしくは2会場でスタンプを押して応募された方に抽選で豪華賞品をプレゼントします。プレミアムフェストがさらにプレミアムに!

このほか、HBCのオリジナルグッズ販売や、着ぐるみもんすけとのふれ合いタイムなど、家族そろって楽しめる企画がいっぱいです。今年も『HBC赤れんがプレミアムフェスト』に、ご期待ください!!

■2016年6月14日

HBCラジオ 6月13日 北海道コンサドーレ札幌vs長崎 中継
radikoのシェア 54.7%を記録!
コンサ快勝で radikoも好調

6月13日(月)、ナイターで開催されたJ2、北海道コンサドーレ札幌対V・ファーレン長崎戦を、HBCラジオは「コンサドーレライブスタジアム」として札幌ドームから実況生中継しました。この実況生中継のradikoのシェア(radiko参加7局中の占有率)が、20:30-20:59に54.7%を記録!STREAM数も2430と高い数字となりました!
月曜ナイターというイレギュラーな開催で、HBCラジオもいつもの番組を休止・変更して特別編成でお送りしましたが、普段の番組よりシェアで約10%以上、STREAM数でも約1000以上もアップしており、多くのコンサ・サポーターがこの一戦をHBCラジオで聴き、応援したことが証明されました。
この試合の前まで暫定2位と好調をキープしたまま臨んだこのホームゲーム。前半、長崎に先制を許したもののFW都倉がすぐに同点、さらにMFのヘイスが勝ち越し点を挙げ、最後までそのリードを守り切って2-1で札幌が快勝、単独首位に返り咲きました!
HBCラジオは、解説に元日本代表でコンサドーレOBの吉原宏太さんを迎え、実況の川畑恒一アナのドームの歓声と一つになった熱い実況で、ピッチの興奮と感動をあますところなくお伝えしました。中継を聴いたリスナーからも「ラジオだが試合展開がよくわかった」「ドームにいるような興奮を感じた」などの反応も数多く寄せられました。
HBCラジオは今後も北海道コンサドーレ札幌を、試合中継や各番組などで熱くサポートしていきます!

※「radiko」とはパソコンやスマートフォンでラジオが聴けるIPサイマルラジオサービスで、雑音のないクリアなステレオ放送で番組を聴くことができます。

■2016年6月10日

何度も見たくなる、行きたくなる、呑みたくなる!
HBCの人気番組「吉田類 北海道ぶらり街めぐり」待望のDVD化!
5タイトルを1か月に一度のペースで順次発売!

HBC北海道放送は、これまで放送してきたHBCの人気番組「吉田類 北海道ぶらり街めぐり」をDVDにします。DVDは3話ずつを1タイトルとして、2016年9月から2017年1月まで月一度のペースで計5タイトル、順次発売していきます。「吉田類 北海道ぶらり街めぐり」シリーズは、北海道のローカル番組として1か月から2か月に一度の不定期に放送してきていて、好評をはくしています。CS放送で全国放送されたほか、海外の機内上映などでも人気を得ています。DVD化によって、全国の吉田類さんファンにお届けできるほか、吉田類さんの目をとおした北海道の魅力を発信します。
第1弾の発売は9月21日で、全国のDVD・CDショップ、インターネットなどで予約受付中です。

【内容】
“酒場放浪記”でおなじみ!吉田類が北海道をぶらり旅。旅の連れはHBCのアナウンサー。大自然に囲まれた山間の街や内陸の街、離島に至るまで、地元の人が通う美味しい店を探し、新鮮な山海の幸を味わい、美味しいお酒を堪能。
北海道の隠れた名所や旬の味と酒、そして出会いを求めて・・・。
どんな観光番組よりも“旨く”“美味しく”“楽しく”誰よりも味わい深く紹介する吉田類さんの番組は何度も見たくなる、行きたくなる、呑みたくなる!

DVDジャケットイメージ(※ジャケットデザインは変更になる場合があります)

第1弾「吉田類 北海道ぶらり街めぐり 網走・ニセコ・富良野編」
以降の収録予定
第2弾:旭川/千歳/留萌編  
第3弾:小樽/天売・焼尻・羽幌/厚真編
第4弾:仁木・余市/十勝/札幌・創成川イースト編
第5弾:札幌 藻岩・円山/網走・冬/函館編
出演:吉田類 室谷香菜子(HBCアナウンサー) 高橋友理(HBCアナウンサー) 佐藤彩(HBCアナウンサー)
ナレーション: グッチー

【DVD概要】
タイトル:吉田類 北海道ぶらり街めぐり
発売日(予定):第1弾2016年9月21日(水) 以降、月一度のペースで順次発売
価格:税込 3,240円(税抜 3,000円)
発売元:北海道放送株式会社
制作協力:株式会社HBCフレックス
販売元:株式会社ポニーキャニオン
品番/POS:PCBE-12226/4988013086395
DVDスペック:カラー/DVD1枚組/片面1層/収録合計時間:約80分/16:9LB/(予定)
その他:全巻購入の方にDVD限定「吉田類さん名句入り色紙」プレゼント(予定)

■2016年6月9日

HBCラジオ・STVラジオ
2社に対し「FM補完中継局」予備免許交付
今秋、ワイドFM開局へ!

北海道放送株式会社(代表取締役社長 渡辺卓)、株式会社STVラジオ(代表取締役社長 大西賢英)のAMラジオ2社に対し、総務省北海道総合通信局(局長 安井哲也)から都市型難聴対策・災害対策を目的としたFM補完中継局の予備免許が交付されました。
今後、2016年秋(予定)の放送開始に向け、放送設備の整備・受信機の普及・広報活動など、準備を進めて参ります。

発表中の様子
渡辺社長「より信頼され、役に立つメディアとして親しんでもらいたい。ステレオ化し、臨場感ある放送がさらにリスナーの方に喜んで貰えると考える」

発表中の様子
周波数も決定!都市型難聴・災害対策として期待される「ワイドFM」

発表中の様子
大西社長「第二の開局と位置付け、媒体価値の向上に努める。AM・FMの『二刀流』で頑張っていきたい」

★FM補完中継局とは?
AMラジオの放送区域内において、難聴(都市型難聴、外国波混信、地理的・地形的難聴)対策や災害対策のため、FM放送用の周波数を利用して補完的な放送を行う中継局のことです。FM放送は電波的な特性として、AM放送と比べビルやマンションの中まで届きやすいので、都市型難聴対策として期待できます。

★「ワイドFM」の呼称について
FM補完放送という制度上の名称を「より親しみやすく」「よりわかりやすく」お伝えするためのネーミングです。
「新たに広がる周波数帯」「さらに広がるラジオの空間」をアピールすることをイメージしています。

★「ワイドFM」を聴くためには
90.0MHz以上の周波数を受信できるFMラジオ、またはアナログテレビ音声の聴取が可能なFMラジオが必要になります。
現在は各メーカーから「ワイドFM/FM補完放送対応」のラジオが続々と発売されています。

FM補完中継局 通称「ワイドFM」
FM補完中継局 通称「ワイドFM」

■送信所の位置:手稲山山頂
■送信出力:5kW
■聴取エリア:石狩管内ほぼ全域と、空知・後志・胆振・日高管内の一部(ただし、建物や地形等の影響によっては聴取できない可能性もあります)
■送信周波数:HBCラジオ 91.5MHz STVラジオ 90.4MHz
■放送開始時期:2016年秋予定

【お問い合わせ】
北海道放送(株)ラジオ局管理部長 角田 拡樹 TEL:011-232-5851

ラジオ聴取方法の詳細についてはこちら【http://www.hbc.co.jp/radio/info/wideFM/

■2016年6月7日

装い新たに、今夏も札幌で開催!
お化け屋敷「黒いアサガオの家」 前売り券好評発売中

 HBC北海道放送は、お化け屋敷プロデューサーの五味弘文氏が手掛ける「お化け屋敷」を、今年の夏も札幌で開催します。去年夏、札幌で開催したお化け屋敷「ゆびきりの家」では、当初の見込みを超える3万8,000人以上の来場者を記録しました。今夏は装いを新たにしたお化け屋敷「黒いアサガオの家」。現在、前売り券好評発売中です。

札幌お化け屋敷2016「黒いアサガオの家」
開催日:7月9日(土)~9月4日(日)
会場:ノルベサ(札幌市中央区南3条西5丁目)3階特設会場
入場料:1000円(税込)未就学児入場不可
主催:HBC北海道放送
企画:MBS毎日放送
※前売り券発売中:~7月8日(金)まで
・料金 900円(税込)
・ローソンチケット:Lコード 12512
・チケットぴあ:Pコード 990-353

【特徴】
このお化け屋敷は、ただ恐ろしい場面を見て歩くのではなく、お客様に、独自の物語に沿ったミッションが与えられます。
ある悲劇的な事件によって「黒い歯」に込められた呪いの系譜。
その呪いが巣食う、少女あかねの家は、今、毒花でもある「アサガオ」に浸食されています。
あかねの母親が愛用していた鏡台に、呪いを封印した「黒い歯」を入れた小瓶があります。
お客様には、小瓶を手にとって、出口まで運んでいただきます。
そうすることで、あかねは、呪いから解放されます。

ホームページ:http://www.hbc.co.jp/event/kuroiasagao
Facebook:https://www.facebook.com/kuroiasagao/
Twitter:https://twitter.com/hbc_jigyou

■2016年5月19日

HBCラジオ「カーナビラジオ午後一番!」
番組20周年を記念して ハワイから生放送!!

カーナビ主演3人 HBCラジオの平日午後の看板番組「カーナビラジオ午後一番!」が番組20周年を記念して、
5月27日(金)午後0時~午後4時(現地時間5月26日〈木〉午後5時~午後9時)の4時間、ハワイから全編生放送を行います。
当日はパーソナリティのYASUと山根あゆみがハワイのラジオスタジオ「Studio Rim HAWAII(スタジオ・リム・ハワイ)」から、日本(HBC)にいる中継レポーターの大森俊治とのクロストークを時おり交えながら、生放送します。
また、日本から約6,400km離れたハワイまで来てスタジオにこもったまま放送するわけにもいかないとYASUがスタジオを飛び出してビーチで突撃インタビュー。さらに、ミュージシャンでもあるYASUがハワイアン音楽ユニット「ロンサム&ギブン」とセッション、海外でも愛される日本の名曲を一緒に歌うなど、全編ハワイテイストで「カーナビラジオ午後一番!」をお送りします。もちろん、ハワイアングルメの紹介や、日本にいるリスナーへハワイのお土産のプレゼントもあります。
なお、放送日前後の5月25日(水)~29日(日)の日程で、YASU、山根あゆみと行くハワイツアー「HBCラジオ カーナビRadio午後一番!20周年特別企画 えっ!マジっ!?ほんとに!!?カーナビラジオ午後一番!in ハワイ5日間」を実施し、事前に募集したリスナー64名 (参加費20万円)が参加します。
5月27日(金)はラジオの前で、ぜひハワイ気分を堪能してください!

<概要>
『カーナビラジオ午後一番!20周年特別企画えっ!マジっ!?ほんとに!!?カーナビラジオin ハワイ』生放送

【放送日時】2016 年5月27日(金)午後0時~午後4時
(現地時間 5月26日(木)午後5時~9時)
【放送場所】ハワイのラジオスタジオ「Studio Rim HAWAII」、ビーチなど
【放送内容】☆YASUのビーチ突撃インタビュー!
☆ハワイアン音楽ユニット「ロンサム&ギブン」とYASUのセッション
☆ハワイアングルメ紹介 ☆ハワイのお土産紹介&リスナープレゼントetc

■2016年4月22日

HBCテレビ「あぐり王国北海道」に日本マーケティング大賞 地域賞
番組を通じた北海道農業ブランド向上が評価

 HBC北海道放送が展開する放送活動が日本マーケティング大賞 地域賞を受賞しました。

日本マーケティング大賞は公益社団法人日本マーケティング協会が主催。斬新な概念を取り入れ、新たな需要を掘り起こすなどの成果を上げた優れたマーケティング活動を表彰する制度です。8回目となる今回は全国から180件がノミネートがあり、大賞1件、奨励賞5件、地域賞3件が受賞しました。表彰式は5月30日に行われます。

◆日本マーケティング大賞 地域賞
・HBCテレビ「森崎博之のあぐり王国北海道」を通じた北海道農業のブランド向上

地域賞を受賞したHBCテレビ「森崎博之のあぐり王国北海道」(毎週土曜午後5時~)は2008年7月にスタート。タレントの森崎博之さんら大人たちと「あぐりっこ隊」の小学生が農作業や収穫物を使った料理作りを体験し、北海道の食と農業を学びます。

審査では、「あぐり王国」が世界でも珍しい「生産者を主役に据えた農業メッセージ発信番組」で、農業関係者はもちろん、多くの一般消費者からも支持を得ていることが高く評価されました。
さらに、北海道内だけではなく、道外、海外(香港、台湾、タイなど)でも放送を開始し、食と観光を通したインバウンド観光客の増加に貢献していること。北海道の食の安全と食育の大切さを発信していることも評価のポイントとなっています。

番組は、この4月から「あぐり王国北海道NEXT」に模様替えし、間もなく放送9年目に突入、今秋には放送400回目を迎えます。

■2016年4月20日

HBCテレビ ドキュメンタリー 5月4日放送
「廃校はアカン!~熱血“ホンマちゃん”、北星余市高に生きる~」

 全国から高校中退者や不登校経験者など、さまざまな生徒を受け入れてきた北星余市高校(北海道余市町)が生徒数の減少による廃校の危機に直面しています。
HBC北海道放送は、この問題が報じられる前から、この高校で奮闘する1人の女性教師をはじめ学校の教師、生徒、そして地域の人たちに密着取材しました。波乱の1年を取材したドキュメンタリーを5月4日午後、北海道でローカル放送します。HBCが北星余市高校を追った番組は1989年4月22日放送の「翔べ!もう一度 -北星余市高校一年の記録-」から数え、これで30本目です。

【番組名】「廃校はアカン!~熱血“ホンマちゃん”、北星余市高に生きる~」
【日時】5月4日(水・祝)午後1:55~2:50
【スタッフ】
取材・構成・編集:河野啓
撮影:三上幸男
プロデューサー:原田徹

【内容】
 「ホンマちゃん」こと本間涼子先生(35)は、北星余市高校3年B組の担任だ。化粧もファッションも派手。兵庫県出身で「ふざけるな、アホ!」と職員室中に響く大声で生徒を叱る。ホンマちゃんは、全国から様々な経歴の生徒たちが集まる北星余市高校に惹かれ11年前に着任した。「うっとうしい」と思われるほどの「人間臭さ」で、教育不信の塊だった生徒たちに向きあっている。
去年12月。ホンマちゃんら学校関係者は深刻な問題に直面した。「北星余市高校が生徒の減少で廃校を検討」とメディアに報じられたのだ。少子化に加え、北海道まで子供を送り出す経済的な余裕がない家庭が増えているのが生徒減少の要因だ。新入生が90人を超えないと廃校も。学園の理事会内部で持ち上がった一案に過ぎなかったが、生徒たちは母校を失うのではないかと受け止めた。
ホンマちゃんは生徒に訴えた。「この学校は絶対になくしたらアカン。今、アンタらにできることは素敵な人になること。この高校で過ごして良かったと胸を張って言える人間になってほしい」。
3月、ホンマちゃんは「人生で一番嫌いな時間」という卒業式に臨んだ。そして、迎えた新学期、新入生が北星余市の扉を開けた。

■2016年4月19日

HBCラジオ ファイターズ中継
radikoのSTREAM数 今シーズンも10000突破!

 HBCラジオが4月17日(日)実況中継した「ファイターズ対マリーンズ」の6回戦で、radikoのSTREAM数が今シーズン初めて10000の大台に乗りました。
14時開始の試合は、9回の裏にファイターズが同点に追いつき、延長戦へ。
今シーズン初のチーム3連勝となるか・・・ということで大注目となりました。

STREAM数が10000を越えたのは、17:00~17:59で、
17:00~17:29が11,941、シェア73.8%、
17:30~17:59が11,950、シェア77.6% と高い数字を記録しました。

昨年、HBCラジオの野球中継でradikoのSTREAM数が10000を超えたのは9回。
今年はスタートからなかなか波に乗りきれないファイターズですが、多くのファイターズファンがHBCラジオの実況中継に耳を傾け、ファイターズを応援し続けてくれたことが証明されました。
今シーズン、ファイターズ公式戦全試合中継のHBCラジオは、パリーグ制覇・日本一奪還へ突き進むファイターズを熱烈応援実況で熱くサポートしていきます!

※「radiko」とはパソコンやスマートフォンでラジオが聴けるIPサイマルラジオサービスで、雑音のないクリアなステレオ放送で番組を聴くことができます。
http://radiko.jp/
※radikoのシェアは北海道エリアのradiko参加7局における占拠率です。

■2016年4月8日

HBC「カーナビラジオ午後一番!」全道キャラバン
~あなたの街で公開生放送!~第2弾 道南編

カーナビ20周年記念マーク HBC北海道放送のラジオ平日午後の看板番組「カーナビラジオ午後一番!」(12時~16時)が、4月8日、番組開始から丸20年になりました。番組ではこの春、昨年9月の第1弾『道東編』に続く、『カーナビラジオ午後一番!20周年特別企画 カーナビ全道キャラバン~あなたの街で公開生放送!~』の第2弾、『道南編』を実施します。
パーソナリティのYASU・山根あゆみ・大森俊治が、カーナビラジオを聴いてくださる皆さんへ20年のご愛顧の感謝の気持ちを直接伝えに行こうと北海道内の市町村を訪れ、公開生放送&ミニライブ&サイン会を行うというイベントです。
第2弾の今回は、5月3日(火・祝)~5日(木・祝)の3日間、道南の伊達市・江差町・鹿部町の3市町で行います。なお、今年9月には、第3弾『道北編』の実施を予定しています。
「カーナビラジオ午後一番!」は、これからも北海道中のリスナーさんが元気にそして笑顔になってもらえるような番組作り、イベントを行うとともに、リスナーの皆さんとより一層強い絆を築いていきます!カーナビ主演3人

『カーナビラジオ午後一番!20周年特別企画 カーナビ全道キャラバン
~あなたの街で公開生放送!~第2弾 道南編』
【実施日程】
2016年5月3日(火・祝)~5日(木・祝)
【実施場所&放送時間】
5月3日(火・祝)伊達市(道の駅 だて歴史の杜)12:00~13:55
5月4日(水・祝)江差町(えさし海の駅 開陽丸)12:00~13:55
5月5日(木・祝)鹿部町(道の駅 しかべ間歇泉公園)12:00~12:55
【内容】
☆1時間~2時間の公開生放送(※3日間とも「ファイターズ中継デーゲーム」により短縮)
☆番組終了後、ミニライブ&サイン会〈CD販売〉 ※1時間程度実施

■2016年4月8日

今日ドキッ!LINEスタンプ 登場!
今日ドキッ!LINE@公式アカウントも実施中!
4月8日(金)販売開始

 HBC北海道放送の夕方ワイド番組「今日ドキッ!」(月~金・ごご3時44分~)のLINEスタンプが4月8日(金)、LINEストアにて販売を開始しました。
「今日ドキッ!」メインMCを務めるグッチーがイラストになり、さまざまな場面で使えるスタンプになりました。「なまら」や「だべさ」など北海道弁を使っているものや、「巻きで」「シースー行く?」など業界用語で気持ちを表しているものは特におすすめです!
番組内で毎日クイズやお天気コーナーでお世話になっている北海道庁赤れんが庁舎を背景にしたものもあります。学生から大人まで、楽しく使えるスタンプが盛りだくさんです!
また、「今日ドキッ!」LINE@もスタートしています。番組の裏話や本日の見どころなど、楽しい情報をたくさん配信していきます。今ならLINE@をフォローしてくれた方全員にスタンプをプレゼント!ぜひ、「今日ドキッ!」とお友達になってください!

★購入はLINEストアにて
タイトル/今日ドキッ!(HBC北海道放送)
ストアURL/http://line.me/S/sticker/1266999
1セット/120円
HBCオリジナルLINEスタンプ一覧はこちらから

サンプル画像

■2016年3月8日

HBCテレビ キャンペーン企画が報道特別番組に
「道標~若手記者が見つめる飲酒運転ゼロへの道~」 20日深夜放送

 HBC北海道放送は3月20日(日)深夜、飲酒運転撲滅をテーマに報道特別番組を放送します。北海道では飲酒運転による死亡事故が後を絶ちません。HBCテレビ「今日ドキッ!」(月~金・午後3時44分~)では、飲酒運転による悲劇を防ぐために何ができるのか、去年9月からキャンペーンを展開中です。担当は日ごろ事件や事故現場を取材で飛び回る若手記者たち。キャンペーンは放送14回(特番放送時、予定)を数え、2015年JNNネットワーク協議会賞(定時番組活動部門)を受賞しました。特別番組では新たに海外の先進的な取り組みも取材。さらに踏み込んで飲酒運転防止策を考えます。

◆番組名:HBCドキュメンタリー傑作選「道標~若手記者が見つめる飲酒運転ゼロへの道~」
◆放送日時:3月20日(日)深夜1時56分~3時01分(暦日:21日午前1時56分~)
【番組内容】
去年6月、北海道砂川市の国道で一家5人が乗った軽ワゴン車に信号無視の猛スピードの乗用車が衝突。両親、長女、長男の4人が死亡しました。乗用車を運転する男の飲酒運転による惨事でした。おととしにも小樽市で海水浴帰りの女性4人が飲酒運転の車にはねられ死傷。北海道は2014年に飲酒運転による死者が全国で最も多い19人を数えました。
なぜ、北海道で飲酒運転が相次ぐのか。HBC報道部は若手記者ら7人からなるプロジェクトチームを立ち上げ、この問題に向き合いました。ある記者は飲酒運転による死亡事故が相次ぐ故郷の町に足を運び、ある記者は加害者の声に耳を傾けました。取材を通して、公共交通機関がぜい弱な「地方ならではの事情」が見えてきたほか、厳罰化やモラルに訴えるだけでは問題解決が難しい実態も明らかになりました。悪質な飲酒運転の車の没収、さらに10代への教育など先進的な取り組みを進めるデンマークの事例も紹介します。

没収した車の保管場所での検察官(デンマーク)
没収した車の保管場所での検察官(デンマーク)

ドライバーのアルコール検査をする警察官(デンマーク)
ドライバーのアルコール検査をする警察官(デンマーク)

■2016年3月2日

北海道日本ハムファイターズ・大谷翔平選手、中島卓也選手の初パーソナルDVD
3月5日(土)、6日(日)の札幌ドーム・オープン戦で先行即売会!
抽選で大谷選手、中島選手と会える握手会イベントにご招待!!

 HBC北海道放送とGAORAが共同製作し、3月16日(水)に発売する、タイトル記念の初パーソナルDVD「北海道日本ハムファイターズ 大谷翔平 投手三冠への軌跡」と「北海道日本ハムファイターズ 盗塁王 中島卓也~7年目の進化と真価~」のスタジアム先行即売会が、3月5日(土)、6日(日)の札幌ドームでのオープン戦で行われます。
先行即売会では、この2日間限定の特別価格で販売され、各DVDをご購入いただいた方全員に、特典として特製フォトカードをプレゼント!さらに特別特典として、5日は中島卓也選手DVDご購入の方、6日は大谷翔平選手DVDご購入の方を対象に抽選会を実施。抽選で各日50名様を試合終了後の握手会イベント(5日は中島選手、6日は大谷選手)へご招待します!

DVDジャケット&特製フォトカード見本

■DVD先行即売会・実施概要
【場所】札幌ドーム 北2ゲート前特設ブース
【日時】
3月5日(土)オープン戦 開場(12:30予定)~試合終了(試合開始14:00/横浜DeNA戦)
3月6日(日)オープン戦 開場(11:30予定)~試合終了(試合開始13:00 横浜DeNA戦)
※両日とも予定数に達し次第販売終了となりますので、あらかじめご了承ください。
【販売商品】DVD「北海道日本ハムファイターズ 大谷翔平 投手三冠への軌跡」
⇒税込特別価格6,000円(通常価格6,048円)
DVD「北海道日本ハムファイターズ 盗塁王 中島卓也~7年目の進化と真価~」
⇒税込特別価格4,000円(通常価格4,104円)
【当日の特典】DVDお買い上げの方に、もれなく特製フォトカードを1枚プレゼント
【当日の特別特典】5日(土)は中島選手、6日(日)は大谷選手のDVDをご購入いただいた方の中から抽選で、各日50名様を試合終了後の握手会イベント(5日は中島選手、6日は大谷選手)にご招待。

各DVDは、DVD・CDショップ、インターネットなどで好評予約受付中です。

【大谷選手DVD概要】
タイトル:北海道日本ハムファイターズ 大谷翔平 投手三冠への軌跡
内容:日本人最速の160キロを超えるストレート!プロ3年目で成し遂げた「投手三冠」という偉業。日本球界で異次元の進化を続ける21歳の名シーンのすべてがここに。投手として、打者として、類まれなる才能と成長を見せる"二刀流"の第1弾DVDがついに誕生!
異例の独占ロングインタビューで語った意外な事実とは…。北海道放送・GAORAの豊富な映像を通して、入団から2015年シーズンまでを名場面とともに振り返る。
【公式サイト】 http://www.hbc.co.jp/info/dvd/ohtani/
発売日:2016年3月16日(水)
価格:税込 6,048円(税抜 5,600円)
発売元:北海道放送株式会社/株式会社GAORA
販売元:株式会社ポニーキャニオン
品番:POS PCBE.53277/4988013504783
DVDスペック:カラー/DVD2枚組/片面1層
収録合計時間:約180分(本編151分+特典映像35分)/16:9LB
特典:豪華デジパック仕様/初回盤限定『大谷翔平選手三冠記念DVD特別限定 キーホルダー兼用立体フィギュア(投手編&打者編)』付き

【中島選手DVD概要】 タイトル:北海道日本ハムファイターズ 盗塁王 中島卓也 ~7年目の進化と真価~
内容:試合の流れを変えるスピードスター!初の盗塁王を獲得し、日本を代表する遊撃手へ飛躍した中島選手の「進化」と「真価」に迫る。自慢の快速、華麗な守備、打席での粘り。走攻守でチームを勝利に導く中島卓也の魅力を独占ロングインタビューと豊富な映像で振り返る。
日本ハムファン選出「彼氏にしたいランキング」で1位に輝いた女性ファン必見の初パーソナルDVD!
【公式サイト】 http://www.hbc.co.jp/info/dvd/nakashima/
発売日:2016年3月16日(水)
価格:税込 4,104円(税抜 3,800円)
発売元:北海道放送株式会社/株式会社GAORA
販売元:株式会社ポニーキャニオン
品番:POS PCBE.53278/4988013504981
DVDスペック:カラー/DVD1枚組/片面1層 
収録合計時間:約90分(本編67分+特典映像24分)/16:9LB
特典:封入特典 2015年の名シーンポストカード付き

【お問い合わせ】
札幌市中央区北1条西5丁目 HBC 北海道放送株式会社
編成局 ライツ・コンテンツ部 田中・冨山・山岡 (℡:011-232-5858)

■2016年2月26日

HBC北海道放送が「AmebaFRESH!」に
期間限定でコンテンツを提供

 HBC北海道放送は、「Ameba」(運営:株式会社サイバーエージェント 本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田晋)の生放送アプリ「AmebaFRESH!」(2016年1月21日(木)スタート)で、期間限定で映像配信(無料)することになりました。

「AmebaFRESH!」は、生放送を中心としたのアプリで、新しい映像配信プラットフォームです。
無料(有料システムも導入予定)でPCはもちろん、スマートフォンからタレントや著名人が出演する生放送番組が視聴できるほか、生放送に限らず、事業者による配信からオリジナル番組まで2016年6月までには、1,000チャンネルまで拡大予定です。

HBC北海道放送も、北海道のローカルテレビ局としては唯一、期間限定で番組を配信する
ことになりました。

 HBC北海道放送が配信する番組は「ロンブー淳の休日『北海道で○○集合!』」
(全3話/北海道ローカル)。

2015年末にHBCで放送し、全国的に話題になりながら「北海道以外では見られない」という声を多くいただいていました。このたびの「AmebaFRESH!」での配信により全国の多くの視聴者に楽しんでいただければと思っています。
なお、「AmebaFRESH!」での配信は、2016年3月1日(火)~3月31日(木)の1ヶ月の限定配信ですのでお見逃しなく!

◇関連Webサイト
「ロンブー淳の休日『北海道で○○集合!』」 http://hbc.co.jp/tv/info/syugou/
「AmebaFRESH!」 http://amebafresh.tv/

■2016年2月25日

HBCテレビ・ラジオ
北海道新幹線開業日の3月26日 特別番組を放送!

 HBC北海道放送は3月26日(土)の北海道新幹線の開業初日、新幹線の動きはもちろん、盛り上がる現地、新函館北斗駅の様子など各所の中継を交えて、テレビとラジオの特別番組として放送します。

☆テレビ
【放送日時】
3月26日(土)第1部5:45~7:30(途中JNNニュース挟む)/第2部9:25~11:45

【番組名】
『今日ドキッ!増刊号 3.26北海道に新幹線がやって来た!』(仮)

【出演者】
今日ドキッ!」レギューラ陣(グッチー・堀啓知・高橋友理・大栗麻未・小橋 亜樹)に加え、北海道出身のタレント杉村太蔵さん、鉄道芸人BIG4として知られる、吉川正洋(ダーリンハニー)さんらをゲストに迎 える。

【番組概要】
「今日ドキ!」キャスターの堀啓知や高橋友理らが、一番列車の出発などの新幹線の動き、開業初日にわく新函館北斗駅、木古内駅、そして、青函トンネルのある知内町から、生レポート。
芸能界の鉄道四天王(鉄道芸人BIG4)のひとり、吉川正洋さんが、新幹線秘話、鉄道マンのヒューマンストーリーを取材する。
そして、新函館北斗駅で繰り広げられる「弁当バトル」に、小橋亜樹と女性アナウンサーが、木古内町をぶらり旅。地元ならではの魅力を、爆笑の珍道中で伝える。
さらには、政界きっての〝鉄オタ〟を自認する、石破茂地方創生担当相を取材。新幹線への「鉄道愛」と共に、北海道の鉄路の未来を語ってもらう。
札幌のスタジオと、各地の中継カメラを駆使し、土曜朝の4時間、情報満載のノンストップで、北海道新幹線開業という、賑々しく展開する。

☆ラジオ(TBSラジオとの共同制作)
【放送日時】3月26日(土)12:00~13:00(生放送)

【番組名】
『北海道新幹線開業特別番組~つながったのでノリこみます!』

【出演者】
東京・赤坂スタジオ:東京03/古谷有美(TBSアナウンサー・恵庭市出身)
北海道・新函館北斗駅前ステージ:クマムシ/三四郎/向谷実
カーナビラジオ午後一番」のYASU/山根あゆみ

【番組概要】
津軽海峡を新しく新幹線が開通するといっても、関東リスナーにはちょっとキョリがある・・・。
せっかく北海道に行くんだったら、ちゃんと知ってから行きたい!飛行機だと旅気分に浸る時間も無い。でも、新幹線だったら、旅気分にいっぱい浸れる。そこで、2組の芸人が、北海道新幹線に乗っている4時間ほどの間に、目的地・北海道についていっぱい勉強。そして、勉強したことをネタに盛り込み、新函館北斗駅のイベント会場で披露します!