HBC北海道放送 プレスリリース 2017年

■2017年9月14日

「冬の準備はお早めに!HBC交通安全キャンペーン」
北海道日本ハムファイターズの稲葉篤紀さんが交通安全を呼びかけ

 HBC北海道放送株式会社は9月16日(土)~10月31日(火)に、今年で4年目となる「冬の準備はお早めに!HBC交通安全キャンペーン」をHBCのテレビ、ラジオを通じて展開します。
キャンペーンは、ダンロップの協賛、(財)北海道交通安全協会の後援で展開します。今年も昨年に続き北海道日本ハムファイターズの協力を得て、球団のスポーツ・コミュニティ・オフィサー、稲葉篤紀さんにキャンペーンキャラクターを務めていただきます。
これから北海道は冬に向けて天候が変わりやすい時期になります。いざというときに慌てないよう、スタッドレスタイヤへの交換など早めの冬の準備を促し、交通事故を未然に防ぐよう呼びかけていきます。

キャンペーンキャラクターを務める稲葉篤紀さん
キャンペーンキャラクターを務める稲葉篤紀さん

・キャンペーン名 「冬の準備はお早めに!HBC交通安全キャンペーン」
・期間:2017年9月16日(土)~10月31日(火)
・主催:北海道放送株式会社
・後援:一般財団法人北海道交通安全協会
・協賛:ダンロップ
・協力:株式会社 北海道日本ハムファイターズ
・告知サイト:http://www.hbc.co.jp/info/safety_campaign/

■2017年8月22日

「あぐり王国北海道NEXT」の特別ロケ
8月23~24日 香港の子供たち3人が北海道の農業初体験!

 HBC北海道放送株式会社は、人気番組「あぐり王国北海道NEXT」(HBCテレビ毎週土曜日午後5時~放送)の特別編として香港の子供たちを招待し、8月23日(水)、24日(木)の両日、北海道の農家を訪れて農業体験をしてもらうロケを実施します。
「あぐり王国北海道」は2014年1月からこれまで、香港の地上波テレビRTHK(Radio Television Hong Kong)でレギュラー放送され続けています。今回子供たちを招待する企画はこのレギュラー放送をきっかけに、HBCとRTHKの間で協議し、札幌市の協力なども得て実現しました。ほとんど農地のない大都会に住む香港の子供たちが北海道の大自然にどんな反応をするのか、そして普段目にすることがない農作業に実際に挑戦して何を感じとるのか…。その初めての体験を、札幌と音更で取材して構成し、「あぐり王国北海道NEXT」で前編・後編に分けて2週連続で9月に放送予定です。HBCでは香港の子供たちを北海道に招待するのに先立って、8月15日(火)~18日(金)に、MCの森崎博之さん、森結有花アナウンサーらも同行して香港取材を実施し、今回来道する子供たちの食生活や香港の農業事情などを取材しています。なお今回の北海道ロケの様子は香港のRTHKでも放送される予定です。

香港大学の屋上農園の様子(香港への事前取材)

香港大学の屋上農園の様子(香港への事前取材)

【来道する香港の子供たち】
・Yuji Wong (8歳の男の子)
・Cheung Cheuk Him(10歳の男の子)
・Cheung Chloe(13歳の女の子)
※引率者(香港側コーディネーター)
  Wong Cher Hong Harry
(RTHKの子供向け番組"We Are Good Neighbours"のホスト兼プロデューサー)

【ロケのスケジュール】
○8月22日(火)
香港の子供たち3人が来道
○8月23日(水)
札幌の玉ねぎ農家を訪問し、農作業を体験。玉ねぎを使った料理を試食。
夕方、バスで札幌から帯広に移動。
○8月24日(木)
音更町のスイートコーン農家を訪問し農作業を体験。スイートコーンを使った料理を試食。

■2017年8月21日

VR(バーチャルリアリティ映像)を利用した初の観光プロモーション
タイ王国に向けてサイクリング観光のプロモーション番組共同製作

 HBC北海道放送は、北海道への観光入込数が堅調なタイ王国に向けて、サイクリング観光をテーマにしたプロモーションをテレビとVRで同時に行います。
同国からの来道者は個人客が増加してニーズも多様化しています。一方、同国の首都バンコクでは自転車による通勤や運動がブームの兆しを見せています。こうした状況を背景にして札幌市内と利尻島でサイクリング観光の楽しみを伝えるテレビ番組を同国のプロダクションと共に共同製作し、同時にHBCが独自に開発したVRでも同番組と連動するコンテンツを制作します。HBCが開発したVRのアプリは全世界で無料でダウンロードでき、タイ王国でも一般の人たちが「体感」することができます。
HBCではこれまで様々な国や地域の放送局とインバウンド需要喚起のための番組を共同製作してきましたが、VRと組み合わせたプロモーションは初の試みとなります。尚、このプロモーションは道内民間企業各社の協賛を得るほか、札幌市映像制作助成事業として行います。

【タイ王国向けのテレビ番組の制作と放送】
●制作体制:HBCとタイ王国の制作プロダクション「MOLA MOLA STUDIO ITTIPHAT AGENCY CO.,LTD
の国際共同製作
●番組名:レギュラー旅行番組「LOKBAIMAI(「新しい目的地」という意味)」
●放送予定:〔放送局〕タイ王国の地上波デジタルテレビ「Now26」
〔日時〕2017年9月または10月中の土曜日13時30分から14時00分まで
(30分番組。具体的な放送日は調整中)
〔放送回数〕上記番組の「北海道特集(仮題)」として、30分番組を3回放送予定
●番組概要:タイ人男性リポーターが札幌と利尻島の各所を訪ね、サイクリング観光をテーマに取材します。札幌ではレンタル自転車でゆったり散策する観光を、利尻島ではサイクリングイベントに参加しながら雄大な自然を楽しむ体験型の観光を紹介します。

【タイ王国向けのVRコンテンツの発信】
●制作体制:HBCが民間放送局としては全国で初めて開発したVRアプリ「HBC VR」で上記テレビ番組と連動する360度動画を製作します。
●発信体制:スマートフォンまたはタブレットでインターネットに接続できる環境があれば、どこからでもいつでも視聴できます。視聴の際には専用の無料アプリが必要です。

【道内での撮影概要】
●期間:2017年8月22日(火)から29日(火)までの8日間
●場所:札幌市内と利尻島内の各所

■2017年7月24日

創立53年のHBCジュニアオーケストラ
団員募集 8月27日にオーディション

 HBCジュニアオーケストラ(常任指揮者・阿部博光氏)は現在、新団員を募集しています。
オーディションは8月27日(日)にHBC本社内で行います。募集対象、応募資格などは下記をご覧ください。また、HBCのホームページにも掲載しております。
 HBCジュニアオーケストラには現在、小学4年から高校3年までのおよそ100人が在籍し、8月11日(金・祝)に札幌コンサートホールKitaraで行う「2017サマーコンサート」に向けて練習に励んでおります。6月25日に札幌市南区民センターで開催した「さわやかサマーコンサート」では、若々しくエネルギッシュな演奏で訪れた多くの人たちを魅了しました。
HBCジュニアオーケストラに興味をお持ちの方、入団を希望される方は是非、8月11日の「サマーコンサート」に足を運び、生の迫力ある演奏をお聴きいただきたいと思います。「2017サマーコンサート」についてもHBCのホームページに掲載しております。

HBCジュニアオーケストラ 秋のオーディション概要

◇募集対象
道内に在住の小学4年~高校2年で応募資格を満たしている人

◇応募資格
(1)HBCで毎週日曜日の午前9時から正午まで行っている練習および演奏会前の直前練習に熱意を持って参加できること
(2)オーケストラの活動に仲間とともに積極的に取り組むことができること
(3)オーディションを受ける楽器を持っていて演奏ができること
※ホルン、ヴィオラ、コントラバスは貸し出し可能な楽器ですが、ご希望の方は事務局まで事前にご連絡ください。
※チューバでの受験希望者は事務局まで事前にご連絡ください。
※打楽器は団所有の楽器を使用します。
■ヴァイオリンの方は在団中にヴィオラを担当していただく場合があります。

◇オーディション
選考日時:2017年8月27日(日)正午~(予定) 
会場:HBC北海道放送本社内(札幌市中央区北1条西5丁目)
曲目:任意の自由曲 1曲(伴奏なしで演奏)
場合によっては、初見演奏をお願いする事もあります。
※集合時間は、追って連絡します。

◇申し込み方法
申し込み書をホームページhttp://www.hbc.co.jp/hbc/jr_orch/bosyu/index.htmlから
ダウンロード、プリントアウトして記入し、下記に郵送してください。
〒060-8501 札幌市中央区北1条西5丁目
HBC事業局事業部内「HBCジュニアオーケストラ事務局」
締切 2017年8月17日(木)必着

◇活動費用
月2,500円(定期演奏会のチケット負担 別途あります)
制服貸与 (入団時のみ10,000円必要になります)
男子と女子の一部のパートはYシャツを別途購入していただきます。

◇練習見学
毎週日曜日・午前9時からHBCのスタジオで練習しています。
見学をご希望の方は事務局までご相談ください(※8/13、8/20は見学できません)。

HBCジュニアオーケストラの紹介(http://www.hbc.co.jp/hbc/jr_orch/index.html
1964年に北海道放送(HBC)が創設し、今年11月で53年を迎えます。7月現在、小学4年から高校3年までのおよそ100人が在籍し、常任指揮者・阿部博光先生の指導のもと練習しています。毎年、夏に開催する「サマーコンサート」や、札幌市内の区民コンサート、HBC主催のイベントなどで演奏を披露しています。これまでの活動は各方面で高い評価を受け、一昨年度に「北海道文化賞」、昨年度は文部科学大臣から「地域文化功労者表彰」を受けました。

HBCのテレビスタジオでの練習
HBCのテレビスタジオでの練習

 

【お問い合わせ】
〒060-8501 札幌市中央区北1条西5丁目 
HBC 北海道放送株式会社
事業局事業部内「HBCジュニアオーケストラ事務局」 渡辺純一
電話:011-232-5842
FAX:011-251-6413

■2017年7月18日

6万3000人が来場!
HBC赤れんがプレミアムフェスト
4日間の日程を終了
テレビ公開生特番は視聴率倍増!

 HBC北海道放送が札幌市北3条広場で開催していたラジオ&テレビイベント「HBC赤れんがプレミアムフェスト」は、昨日4日間の日程を終え、期間中の来場者数は6万3000人となりました。

今年は、前半2日間の記録的な'猛暑'と、後半は警報が発令されるほどの'豪雨'が降った影響もあり、来場者数は去年を1万1000人下回りました。特に会期3日目の16日(日)は、雨の影響で、ラジオ番組「ガンちゃんの世界一面白いプロ野球の番組」の公開生放送をはじめ、合計4つのステージイベントが中止になるなど、大きな影響が出ました。

一方、15日(土)にアーティストの矢井田瞳やHYが出演して公開生放送されたテレビ番組「今日ドキッ!SUMMER LIVE」は、番組平均視聴率が4.5%と、去年の同番組の視聴率を2.3ポイント上回りました。
「HBC赤れんがプレミアムフェスト」は、先週14日(金)~17日(月・祝)の4日間、札幌市北3条広場で開催され、HBCのテレビ・ラジオ番組の公開生放送をはじめ、道内外のアーティストを集めてのライヴステージなどが行われました。

■2017年7月10日

札幌ドームでファイターズ戦を観ながらHBCラジオの実況中継がクリアな音質で楽しめる!
北海道日本ハムファイターズ×HBCラジオ コラボレーション
HBCラジオ FM 91.5MHz専用ワイドFMバッジラジオ 発売決定!
7/14(金)~17(月・祝)に開催する「HBC赤れんがプレミアムフェスト」で限定先行販売も決定!!

ラジオジャケットイメージ画像 HBCラジオ(北海道放送株式会社)は、北海道日本ハムファイターズとコラボレーションした、HBCラジオのFM周波数91.5MHz専用のバッジ型ラジオを製作販売します。
HBCラジオはこれまでにも、ファイターズとコラボレーションしたユニフォーム型ラジオを製作販売してきましたが、2016年10月より北海道地区(注1)でワイドFMの放送が開始されたのに伴い、より臨場感があり、クリアな音質のFM専用のラジオを製作しました。
このワイドFMバッジラジオはコンパクトなクリップタイプになっていて携帯性がよく、また札幌ドーム内での聴取状況も良好と確認されていますので、ファイターズ観戦をしながらHBCラジオの実況中継を聴くには非常に適した1台となっています。(注1:2017年7月現在、道央圏のみ受信可能です)

[商品概要]
商品名:HBCラジオ FM91.5MHz専用 ワイドFMバッジラジオ
(イヤホン、専用USB充電ケーブル付)
発売日:2017年7月18日(火)10:00~「HBC北海道ショッピング」サイトにて販売開始
価格:税込1,404円(税別1,300円)
販売発売:北海道放送株式会社
POS:4571167674022

[スペック]
受信:HBCラジオ FM91.5MHzのみ
本体サイズ:直径60mm/厚さ12mm
材質:筐体ABS製
電源:リチウムイオンバッテリー(3.7V)
動作時間:約10時間(フル充電時)

ラジオイメージ画像◇HBC赤れんがプレミアムフェスト限定先行販売
北海道放送が開催する大型イベント「HBC赤れんがプレミアムフェスト」会場内で限定先行販売いたします。

【販売日】
2017年7月14日(金)~17日(月・祝)の4日間 10:00~20:00(最終日~19:00)
※販売予定数に達したら終了いたします。

【販売場所】
「HBC赤れんがプレミアムフェスト」会場内特設販売ブース
(札幌市中央区北3条西4丁目 赤レンガ北3条広場・通称アカプラ)

【販売数量】
1日限定 150個(期間中600個) 
※ご購入は、おひとり様2個までとさせていただきます。

【販売価格】
HBC赤れんがプレミアムフェスト特別価格 税込1,400円(税別1,296円)

■2017年6月26日

HBCジュニアオーケストラ 2017サマーコンサート
8月11日(金・祝)札幌コンサートホールKitaraで開催
チケット好評発売中

 HBCジュニアオーケストラの定期演奏会「2017サマーコンサート」を8月11日(金・祝)に札幌コンサートホールKitara大ホールで開催します。
HBCジュニアオーケストラは今年で創立53年目を迎え、現在、小学4年生から高校3年生までのおよそ100人の団員で編成されています。今回、ソリストに迎えるNHK交響楽団次席ヴァイオリン奏者の森田昌弘さんはジュニアオーケストラのOBで、「ジュニオケは私のオーケストラ奏者としての原点です。毎週毎週の練習が楽しみで仕方ありませんでした」と話しています。子どもたちも森田さんとの演奏を楽しみにしていて、本番に向けて毎週日曜日にHBCのテレビスタジオで行っている練習にも力が入っています。
HBCジュニアオーケストラは昨年度、「永年にわたり地域に根ざした活動を続け、芸術文化の向上に貢献している」として文部科学大臣から「地域文化功労者表彰」を受けました。

HBCのテレビスタジオでの練習
HBCのテレビスタジオでの練習

【演奏会名】HBCジュニアオーケストラ 2017サマーコンサート
【日時】2017年8月11日(金・祝) 開場 14:30/開演 15:00               
【会場】札幌コンサートホールKitara大ホール
【指揮】阿部 博光(HBCジュニアオーケストラ常任指揮者)
【ヴァイオリン】森田 昌弘(NHK交響楽団次席ヴァイオリン奏者、HBCジュニアオーケストラ卒団生)
【管弦楽】HBCジュニアオーケストラ

【プログラム】
・ドヴォルザーク 作曲  スラブ舞曲集 作品46から第1番
・ブルッフ 作曲  ヴァイオリン協奏曲 第1番 ト短調 作品26
・ワーグナー 作曲  楽劇《ニュルンベルクのマイスタージンガ―》から 第1幕への前奏曲
・チャイコフスキー 作曲  交響曲 第5番 ホ短調 作品64

【チケット情報】 入場料 全席自由 1,500円
前売り券発売場所
・Kitaraチケットセンター/電話011-520-1234
・大丸プレイガイド(札幌市中央区南1西3)/電話 011-221-3900
・道新プレイガイド/電話011-241-3871

昨年8月のHBCジュニアオーケストラ「2016サマーコンサート」
昨年8月のHBCジュニアオーケストラ「2016サマーコンサート」
■2017年6月15日

6月14日(水)ファイターズナイター
HBCラジオ radikoのStream数&シェア
またまた今シーズン最高を更新!!
Stream数19,131! シェアも79.4%

 4月13日に今シーズン初の10,000を超え、5月7日に13,263の今シーズン最高を更新したばかりのHBCラジオのradikoのStream数ですが、6月14日(水)のドラゴンズ戦で2万にせまる19,131を記録。またまた今シーズン最高のStream数を大幅に更新しました!!
交流戦5つ目のカードとなったこの日の試合、ファイターズの先発は斎藤佑樹でしたが、初回、早くも4失点。しかし勝負をあきらめないファイターズは2回に中田のソロHR、6回には5連打で同点に追いつき、続く7回に1点を挙げ、ついに逆転!このまま勝ち切りたいところでしたが、9回裏、増井がドラゴンズのゲレーロにまさかの同点ソロHRを浴び、試合は延長へ。延長12回表、敵のミスに乗じて2点を挙げ、劇的な逆転勝利をおさめました!巨人から移籍してきた公文投手がプロ入り5年目で初勝利!!
驚異のねばりで4時間20分の熱闘を制したファイターズに呼応するように、HBCラジオのradikoのStream数も21:30~21:59でそれまでの3,495から一気に15,386まで急上昇!シェア(占拠率)も今シーズン最高の79.4%に到達!
そしてファイターズが勝ち越して、勝利を決めた22:00~22:29には、今シーズン最高を大幅に更新する19,131を記録!!シェアも77.7%までアップしました!!
なかなか波に乗れない交流戦のファイターズですが、最後まであきらめない姿を多くのファイターズファンがHBCラジオを聴いて応援し続けたことが証明されました!
交流戦もやっぱり「ファイターズ聴くならHBC!」

■2017年6月15日

HBC製作のテレビ番組
中国の動画サイト「bilibili」で配信スタート

「Eatrip~北海道おいしい一人旅」番組ショット HBC北海道放送は、中国の動画配信サイト「bilibili」と番組提供契約を締結し、2011年から去年までに製作されたバラエティ、ドキュメンタリー番組等199本が中国本土、香港、マカオ、台湾で配信されることになりました。
「bilibili」は、上海に本社を置くIT企業「上海幻電信息科技有限公司」が運営する動画配信サイトです。ユーザー数は約1億5000万人で、ユーザーが投稿した動画のほか、自社製作のアニメや海外で製作された番組などを配信しています。日本への旅行人気などで若者を中心に日本のテレビ番組への関心が高まっていることから今回の番組提供が実現したもので、北海道放送が中国本土の企業に番組販売を行うのは今回が初めてです。今回の199本に続き、今後も配信番組を充実させていく予定です

初回配信
「Eatrip~北海道おいしい一人旅」 
30分×25回
(初回放送2015年7~12月)
6月12日午後3時(現地時刻)配信開始

出演:そら(絵本作家)
製作著作:HBC北海道放送/BS12

【内容】
北海道をベースに活躍する絵本作家"そら"が道内各地を旅し、車窓に映る美しい景色の中に身を置き、その地の人と話をし、その地の実りを口にしながら、北海道の魅力を体感します。行く先々で撮影した写真に彼女自身が絵を重ね、スクラップブックを製作。彼女が感じた発見や感動、叙情といった旅の記録が綴じられていきます。

【そのほかの配信予定番組】(配信開始予定)
「北海道物産展ですけど何か?」6月下旬予定
「ガッチャンコ・ジャーニー」7月下旬予定
「日本の祭り」 7月下旬予定
「季節の海"RAUSU"」7月下旬予定
「カムイの海に春が来た」7月下旬予定
「それ行け!北海道物産展」7月下旬予定

■視聴方法(中国本土・香港・マカオ・台湾のみ)
パソコン、タブレット、スマートフォン等から「bilibili」http://www.bilibili.com にアクセス。
番組は、CMがカットされ中国語字幕が付けられているほかは、オリジナルのまま配信されます(無料)。
※bilibiliのトップページは日本からもアクセスできますが、北海道放送の番組はエリア制限により視聴できません。

■2017年6月5日

HBCと脚本家・倉本聰が描いた"珠玉の北海道ストーリー"!
もう一度見たい名作続々!「HBCドラマ傑作選」
6月5日(月)有料ネット配信スタート!!

幻の町・番組ビジュアル HBC北海道放送は、1958年からこれまで約200本のドラマを制作してきました。倉本聰、山田洋次、橋田壽賀子…いまやテレビドラマ界の重鎮となった脚本家たちが、HBCの作品を数多く手がけてきました。これまでその多くは、局内のテープ倉庫で厳重に保管されながらも、一般の方々に見て頂く機会がほとんどありませんでした。
「もう一度、あの作品を見たい!」という声に応えるため、HBCでは、数百万人の会員を持つ動画サイトと提携し「HBCドラマ傑作選」と題して6月5日から"埋もれた名作ドラマ"の有料ネット配信を開始しました。初回は、いまなお一線で活躍する倉本聰さんの脚本作品12本を一挙に配信。順次、作品を増やしていく計画です。

初回配信「幻の町」(初回放送1976年2月8日) VOD初配信
脚本:倉本聰
出演:田中絹代 笠智衆 北島三郎 桃井かおり
演出:守分寿男 
※1976年度芸術祭テレビドラマ部門 優秀賞受賞

【ストーリー】
いまでは"異境の地"となった樺太(現サハリン)で、夫婦となった二人。夫は、故郷の幻影を追い求め、記憶だけを手がかりに手製の地図を作り続けてきた。
完成間近となった冬の日、小樽を訪ねた老夫婦は、思いもよらぬ事実を知り、やがて"幻の町"へと進んでいく…。

【そのほかの初回配信作品】(いずれも倉本聰脚本/カッコ内は初回放送日)

①「聖夜」(1973年12月16日) VOD初配信/主演:小倉一郎・仁科亜季子
②「あぁ!新世界」(1975年2月2日) VOD初配信/主演:フランキー堺・南田洋子
③「ひとり」(1976年11月14日) VOD初配信/主演:船越英二・大原麗子
④「時計」(1977年11月13日) VOD初配信/主演:フランキー堺・渡瀬恒彦・桃井かおり
⑤「スパイスの秋」(1978年8月13日) VOD初配信/主演:大滝秀治・大空真弓 

※倉本聰脚本 八千草薫、大滝秀治主演の「うちのホンカン」シリーズ6作も同時配信
①「うちのホンカン」(1975年5月18日)
②「ホンカンがんばる」(1975年10月19日)
③「嘆きのホンカン」(1976年7月11日)
④「冬のホンカン」(1977年3月13日)
⑤「ホンカン雪の陣」(1981年3月2日)
⑥「ホンカン仰天す」(1981年12月27日)

■視聴料金
1作品500円(税別)
※購入すると1週間視聴可能

■視聴方法
HBCホームページのトップ画面にあるバナー「HBCドラマ傑作選」をクリックすると、「株式会社ビデオマーケット」の「HBC特設ページ」に移ります。ここで「ビデオマーケット」の会員となると、クレジットカード払いで各作品の視聴が可能となります。ビデオマーケットの会費は月額500円。(初月無料)

株式会社ビデオマーケット
http://www.videomarket.jp/ (※HBC特設ページはこちら

■2017年6月1日

HBCラジオ × STVラジオ
道内初の「ワイドFM放送」で表彰
「電波の日」

 6月1日(木)、「電波の日・情報通信月間」記念式典」が札幌市内のホテルで開催され、北海道放送株式会社(代表取締役社長 渡辺卓)と株式会社STVラジオ(代表取締役社長 大西賢英)が「電波利用の発展に貢献した」として総務省北海道総合通信局(局長 中道正仁)から表彰されました。
 昨年10月19日に道内初のワイドFM放送を開始し、中波ラジオ放送の難聴地域の解消を図るとともに、災害時における地域住民への情報伝達手段の確保と地域の電波利用の普及発展に大きく貢献したことが評価されたものです。

表彰される北海道放送 渡辺卓 社長
北海道放送 渡辺卓 社長

■問い合わせ先
北海道放送(株)/ラジオ局長 澤田 健也(電話:011-232-5850)

■「FM補完中継局」(ワイドFM放送)の概要 
FM補完中継局とは、地上テレビ放送のデジタル化によって空いた周波数のうち、既存のFM放送 (76MHz~90MHz)に連続した90MHz~95MHzにおいて、難聴対策や災害対策を目的として開設できるようになった中継局です。
HBCラジオとSTVラジオは昨年10月19日に開局しました。

□送信所の位置:手稲山山頂
□送信出力:5kW
□聴取エリア:札幌市を中心とした石狩支庁管内ほぼ全域と空知・後志・胆振・日高支庁管内の一部
□送信周波数:HBCラジオ:91.5MHz/STVラジオ:90.4MHz

■2017年5月8日

5月7日(日)「サンデーファイターズ」
HBCラジオのradikoのStream数
早くも今シーズン最高を更新!!
Stream数13,263!

 4月13日に今シーズン初の10,000を超え、4月27日には今シーズン最高となる11,492を記録したHBCラジオファイターズ中継のradikoのStream数ですが、5月7日(日)に放送した『HBCサンデーファイターズ』(オリックス戦)で13,263を記録。早くも今シーズン最高のStream数を更新しました!

この日の試合、ファイターズは2点先取と幸先のよいスタート。しかし4回裏に逆転を許し、先発メンドーサは降板。6回表、田中賢介のソロホームランにより同点に追いつき試合は延長戦へ。
今シーズン初の6連勝への期待がふくらむ延長戦となった、16:30~16:59のStream数は、9,960(シェアは65.0%)と急上昇!
さらに12回表、先頭バッター西川が出塁、ファイターズの逆転&6連勝が期待された17:00~17:29のStream数は、ついに今シーズン最高となる13,263(シェアは68.5%)を記録しました!!
試合は、オリックスがサヨナラ勝ちし、日本ハムの連勝は5でストップしましたが、
radikoのStream数からは、たくさんのファイターズファンがHBCラジオの実況中継に耳を傾け、そして、応援し続けたことが証明されました。
HBCラジオはこれからもファイターズの日本一連覇を信じて、ファンとともに最後までファイターズを熱烈応援します!

■2017年4月28日

4/27(木)ファイターズついに連敗ストップ!!
HBCラジオのradikoのStream数&シェア
今シーズン最高を記録!!
~Stream数11,492&シェア71.6%~

 4月13日(木)の札幌ドームでのソフトバンク戦以降10連敗と、厳しい戦いが続く北海道日本ハムファイターズですが、連敗を10で止めた昨日4月27日(木)のHBCラジオ「ファイターズナイター」のradikoのStream数では、今シーズン2回目の10,000超えで今シーズン最高の11,492を記録! シェア(占拠率)でも今シーズン最高の71.6%にまで達しました!

ヤフオクドームでのソフトバンク戦、試合はファイターズの加藤とソフトバンクのバンデンハークの投手戦。ファイターズの久しぶりの勝利を期待してradikoのStream数も時間を追うごとにUPし、ついにレアードの先制2ランで均衡が破れた7回表
20:00~20:29のシェアは、65.6%(Stream数6,966)に上昇!
しかし、試合は8回裏、ソフトバンク柳田の2ランホームランで追いつかれ延長戦へ。
そして、延長10回、待ちに待った主砲・中田の今シーズン第1号ホームランで5対2と勝ち越し、連敗を10で止める勝利を収めた21:30~21:59のシェアは、今シーズン最高となる71.6%(Stream数11,492)を記録しました!!
ファイターズを北海道移転以来ずっと応援し続けているHBCラジオを、多くのファイターズファンが聴き、そして一緒にファイターズの勝利を喜びあいました!!
ファイターズ熱烈応援&完全実況のHBCラジオは今シーズンもファイターズの日本一連覇を信じて、ファンとともに最後までファイターズを熱烈応援します!

■2017年4月20日

地上155mのパノラマビュー結婚式場や、
リフォームのビフォー・アフターを体感できる360度動画を、
無料スマホアプリ「HBC VR」で公開!

 HBC北海道放送は、無料スマホアプリ「HBC VR」にて、JRタワーホテル日航札幌の豪華な結婚式場や、株式会社LIXILのリフォームプランを体感できる360度動画コンテンツの配信を開始いたしました。
JR札幌駅に直結するJRタワーホテル日航札幌は、結婚式場がホテル最上階の36階にあり、札幌の市街を一望できる抜群のロケーションがカップルに大人気です。この札幌のパノラマビューを楽しめるウェディング会場や、豪華なスパ、全国的にも有名なフレンチレストランなど、計3種類の360度動画をお楽しみいただけます。
また、株式会社LIXILのリフォームプランの360度動画では、戸建て・マンションの2つのシーンのリフォームのビフォー・アフターを体感できるコンテンツや、新商品の機能・利便性をご紹介するコンテンツを配信しています。これは、4月22・23日(土・日)に札幌で実施される「LIXIL春のリフォーム体感フェア2017」にあわせて配信されるもので、リフォームで住まいが変わる様子を360度動画でお楽しみいただけます(本イベントは、完全招待・事前予約制のため一般の方はご来場いただけません。360度動画は、ご利用のスマートフォンで無料でご覧いただけます)。
360度動画は、自分がその場所にいるかのように「体感」できるのが最大の魅力です。豪華な結婚式場と、素敵なリフォーム空間を、ぜひ360度動画でお楽しみください。

<JRタワーホテル日航札幌> <LIXILショールーム札幌>
JRタワーホテル日航札幌 LIXILショールーム札幌

■配信コンテンツ

(1)JRタワーホテル日航札幌
・「JRタワーホテル ウェディング」
 …地上155メートルのスカイバンケットルーム「たいよう」でのウェディングを360度動画で体感!
・「スカイリゾートスパ プラウブラン」
 …インドネシア語で「月の島」という名前の豪華天然温泉スパをご紹介。
・「フレンチレストラン『ミクニ サッポロ』」
 …北海道出身・フランス料理の第一人者である三國清三氏プロデュースのレストランをご紹介。

イメージ画像

【「ミクニ サッポロ」豪華試食付き 特別ブライダルフェア実施中!】
JRタワーホテル日航札幌では、フレンチレストラン「ミクニ サッポロ」のお料理の試食も楽しめる、ゴールデンウィークの特別ブライダルフェアを受付中です。詳しくは、ホームページまたはお電話(011-251-2222)でお問い合わせください。

(2)株式会社LIXIL
・「リフォーム ビフォー・アフター(戸建て編)」
 …築40年の戸建て住宅が、まるで新築のように内装も外装も生まれ変わった様子を体感!

イメージ画像

・「リフォーム ビフォー・アフター(マンション編)」
 …古くなったマンションも快適な空間に変身!リーズナブルな予算でのリフォーム事例をご紹介。
・「LIXILショールーム札幌」
 …様々な最新商品が実際の家のように配置された、リフォームのアイデアが広がるショールームです。

【リクシルPATTOリフォームプラザ札幌】
住まいのお悩みから費用・工事期間まで、リフォームのことなら何でも相談できる「リクシルPATTOリフォームプラザ札幌」が新たにオープンしました。
見て・触って・確認できる、「リクシルPATTOリフォームプラザ札幌」は、お電話(0120-810-046/専用ダイヤル)までお問い合わせください。

<スマートフォンアプリ「HBC VR」について>

「HBC VR」アイコン・イメージ画像
※「HBC VR」のアイコンは、北海道に生息するシマフクロウをモチーフにしたもの

「HBC VR」はHBC北海道放送が運営する360度動画視聴用アプリです。iPhone、Androidに対応し、市販のVR用ゴーグルを組み合わせて使用することで、立体感・没入感のある映像体験が楽しめます。VR用ゴーグルにスマートフォンを入れた後は、頭の向きを変えることで、360度動画のメニュー選択や再生などの操作を行うことができるため、VRゴーグルからスマートフォンを取り出したり、手を触れることなく、360度動画が楽しめます。
※本アプリは、スマートフォン単体でも、360度動画を楽しめます。

<提供するコンテンツ>
「HBC VR」では、テレビ局ならではの様々な映像をお届けします。
アナウンサー・リポーターが出演する動画や、札幌・円山動物園などの観光スポット、上士幌町のバルーンフェスティバルなど、現在約30本の動画を配信中です。

「HBC VR」アクセスQRコード<アプリ概要>
・アプリ名:  「HBC VR」
・企画運営: 北海道放送株式会社
・対応端末: スマートフォン(iPhone、Android)
・対応OSバージョン: iOS 8.0以降、Android 4.4以降。
※iOS(AppStore)、Android(Google Play)の各アプリストアで配信中。
・利用料金: 無料
・サポートページ:http://www.hbc.co.jp/hbcvr/

●技術パートナー: 株式会社ジョリーグッド http://jollygood.co.jp/

※本リリース掲載の画像もご提供できます。下記にお問い合わせください。
■本リリースに関するお問い合わせ先:HBC北海道放送株式会社メディア事業局デジタルメディア部
泉・小川
Tel:011-232-5892
Mail:hbcvr@hbc.co.jp

■2017年4月14日

4月13日(木)HBCラジオ「ファイターズナイター」
radikoのStream10,000超えを記録!
~今シーズン初の10,000超え&シェアも66.9%~

球団初の2年連続日本一を狙う北海道日本ハムファイターズですが、今シーズンはケガ人続出、6連敗を喫するなどスタートからつまずきましたが、地元・北海道でのファイターズ人気は変わらず!4月13日(木)のHBCラジオ「ファイターズナイター」のradikoのStream数では、早くも今シーズン初の10,000超えとなる10,493を記録!シェア(占拠率)でも今シーズン最高の66.9%にまで達しました!

前日、6連敗を止めて、今シーズン初の連勝&カード勝ち越しをかけたこの日の対ホークス戦。初出場初先発の森本選手や若手の活躍で難敵バンデンハークを攻略し、3-2の1点差で逃げ切ったこの日の試合、ファイターズファンの関心も高く、試合開始の18時時点でHBCラジオの
radikoのシェアは早くも50.3%を記録。その後、試合の進行とともにシェアは上がり続け、試合終了~ヤングファイターズ3選手によるヒーローインタビューが放送された21:00~21:29には、今シーズン初の10,000超えとなる10,493のStream数を記録!この時点でのシェアも66.6%まで上昇!続く21:30~21:59では、今シーズン最高となるシェア66.9%も記録しました。

他局も同一カードを放送する中でのこの1万を超えるStream数と圧倒的なシェアにより、北海道移転以来、ずっとファイターズを、中継や関連番組で応援し続けてきたHBCラジオが、今シーズンも変わらず道内のファイターズファンに支持されていることが早くも証明されました。
ファイターズ熱烈応援&完全実況のHBCラジオ。2017年もファイターズの日本一連覇を信じて、ファンとともに最後までファイターズを熱烈応援します!

■2017年4月3日

ついに放送50回!旅の情報源としても高い評価
「札幌発ぐるっと北海道」 

HBCテレビで2015年4月から放送している「札幌発ぐるっと北海道」が、4月16日(日)に放送50回を迎えます。
札幌市の「道内連携」の取り組みの一環として放送しているこの番組は、「北海道の元気は札幌の元気!」を合言葉に、道内の様々な市町村の魅力を楽しく伝えることで、観光交流の促進や地域の活性化、ひいては北海道全体を元気にすることを目指しています。
番組ホームページには、過去の放送内容を掲載。ちょっとしたお出かけや旅行の際の"旅カタログ"としても人気を集め、その内容も回を追うごとに充実してきています。
放送3年目に入った「札幌発ぐるっと北海道」に、ぜひご注目ください!

◆「札幌発ぐるっと北海道」
放送日時:毎月第1、第3日曜日の午後4時54分~午後5時
ナレーション:宮地麻理子(HBCアナウンサー)
ホームページ:http://www.hbc.co.jp/tv/gurutto/index.html

4月16日(日)の放送
「釧路市」を取り上げます。
阿寒・摩周・釧路湿原観光圏の公式キャラクター「つるまる」が、道の駅「阿寒丹頂の里」やグルメ情報を紹介します。
釧路市からの豪華プレゼントも!

「釧路市」収録中の様子1 「釧路市」収録中の様子2

■2017年3月28日

3月25・26日 HBCラジオSP「おいしいラジオ」
「ラジオの楽しさ」をたくさんの人が実感!
公開生放送に2日間で1万人!radikoもアップ!

3月25日(土)・26日(日)の2日間お送りした、HBC創立65周年記念「HBCラジオスペシャル おいしいラジオ」。ラジオの楽しさをめいっぱいつめこんでお送りした2日間のスペシャルプログラムでしたが、公開生放送や音楽ライブなどを行ったサッポロファクトリーのステージには2日間合わせて約1万人が来場!またradikoでも、普段を大きく上回るSTREAM数を記録しました!
 サッポロファクトリーのステージでは、TEAM NACSのリーダー森崎博之やHBCラジオファイターズ中継の実況アナが登場しての公開生放送、El Cielo2020や中西圭三、山崎あおい、林部智史のライブなどを行いました。2日間の来場者数は約1万人!どのステージにも、たくさんの来場者がつめかけ、トークや音楽を楽しみました。
一方、この2日間、radikoのSTREAMでも、HBCラジオは普段の土日を大きく上回る数字を記録!特に25日(土)は爆笑問題×YASU・山根のトークがシェア28.7%で同時間帯トップ!続くEl Cielo2020のライブもシェア30%を超え、「ベストテンほっかいどうスペシャル」では40%を超えるシェアを記録しました。そして午前1時からの「ミッドナイトカーナビ!」では、深夜にもかかわらず日中並みのSTREAM数を記録!シェアも50%を超え、午前4時台にはSTREAM数1719、シェア57.4%と、深夜としては驚異的な数字となりました!
ラジオで、radikoで、ステージで、あらためてラジオの楽しさや可能性を、たくさんの人に実感していただけた2日間のスペシャルとなりました!!

ファクトリーステージの様子1 スタジオの様子1
スタジオの様子2 ファクトリーステージの様子2

■2017年3月23日

いよいよ今度の土日に開催!
HBCラジオスペシャル
おいしい(^o^)ラジオ!!

「おいしいラジオ」ロゴHBCラジオが総力を挙げてラジオの楽しさを伝えるスペシャル番組「HBCラジオスペシャル おいしい(^o^)ラジオ!!」が、いよいよ今週末3月25日(土)・26日(日)に放送されます!!
HBCのスタジオとサッポロファクトリーのステージ、さらに中継班を繰り出しての総計28時間のスペシャルプログラム!
今のラジオのフレッシュな「おいしさ」をめいっぱいお伝えする2日間!ご期待ください!!

『HBCラジオスペシャルおいしい(^o^)ラジオ!!』

【放送日時】
2017年3月25日(土)8:00~29:00/
3月26日(日)11:00~18:00

【内容】
「おいしい」をキーワードに、HBCのパーソナリティやスペシャルゲスト、アーティストなどが続々登場!
トークや音楽ライブ、お笑い、中継などラジオの魅力満載の2日間!!
≪メインMC≫
水野よしまさ アナウンサー  室谷 香菜子アナウンサー
≪スペシャルゲスト≫
森崎博之 大宮龍男 爆笑問題 レギュラー(中継レポーター) 手塚越子(中継レポーター)他
≪ライブゲスト≫
El Cielo 2020(25日)/中西圭三・山崎あおい・林部智史

「HBCラジオスペシャル おいしい(^o^)ラジオ!!」の詳細については
HBCラジオのホームページ(http://www.hbc.co.jp/radio/014/index.html)をご覧ください。

■2017年2月21日

HBCラジオ16年ぶり開幕アウェー戦実況生中継!
2月25日(土)13:50~
「コンサドーレライブスタジアム」

昨年、J2で優勝し、5季ぶりにJ1復帰を果たした北海道コンサドーレ札幌。
HBCラジオでは2月25日(土)、ユアテックスタジアム仙台(14時キックオフ)で行われる北海道コンサドーレ札幌J1復帰初戦となるベガルタ仙台戦の模様を、敵地仙台に解説&実況を送り込み、「HBCラジオスポーツスペシャル コンサドーレライブスタジアム」として、コンサ熱烈応援実況生中継します!
放送は13:50からで、解説は、室蘭市でサッカーを始め、1998年~2001年までコンサドーレ札幌で活躍した深川友貴さん、実況はHBCラジオの川畑恒一アナウンサー。
HBCラジオがコンサドーレ札幌のアウェー戦を放送するのは、2003年のJ2最終節・横浜FC戦(横浜国際競技場)以来。開幕アウェー戦での実況生中継は2001年のJ1セレッソ大阪戦(長居スタジアム)以来16年ぶりとなります!
念願のJ1定着に期待がかかる北海道コンサドーレ札幌を、HBCラジオでは今年も実況中継や関連番組を通して、熱くサポートしていきます!
J1復帰初戦の模様は、2月25日(土)13:50~、ピッチの興奮と感動をぜひお聴きください!

■2017年2月6日

HBC制作「あぐり王国北海道NEXT」
JNNネットワーク協議会賞 活動部門・定時番組活動で
最優秀の「協議会賞」受賞

HBC北海道放送が制作、放送するテレビ番組「あぐり王国北海道NEXT」が、「第41回JNNネットワーク協議会賞活動部門・定時番組活動」で、最優秀の「協議会賞」を受賞しました。同賞は「日常的、継続的な番組制作」の中で優れた活動におくられるものです。

スキージャンプ・イメージ画像

同番組は「北海道の農業の大切さを子どもたちに伝えたい」をテーマに、2008年7月にスタートしました。以来、毎回、演劇集団TEAM NACSのリーダー森崎博之が、「あぐりっこ隊」の小学生たちとともに、北海道各地の農業を体当たりで体験してきました。
昨年4月にはリニューアル。全国から食のスペシャリストを招いて様々な目線から北海道農業の魅力を伝える企画が加わるなど、より多角的な視点から北海道農業の今を紹介しています。
昨年9月には、放送回数400回を突破。今年7月には放送10年目を迎えます。これまで番組に参加した「あぐりっこ」の数は約1300人、収録で訪ねた生産地は420か所にのぼります。
同番組はHBCテレビで毎週土曜日の午後5:00~5:30に放送しています。

■2017年2月3日

Bonjour!
第68回さっぽろ雪まつり HBCフランス広場 
フランスを「楽しむ」「味わう」「学ぶ」

2月6日(月)開幕が迫った「第68回さっぽろ雪まつり」。
大通会場7丁目のHBCフランス広場の魅力をお伝えします。

【楽しむ】
□なんといっても、大雪像「凱旋門」が主役です。
陸上自衛隊北部方面通信群のみなさんが30日間、雪・雨、そして細かい膨大な彫刻というハードルを乗り越えて、その美しさ・威厳を見事なまでに再現します。

□夜は、「JRA 札幌競馬場プレゼンツ 大雪像 凱旋門 ライトアップ」を開催。
雪像本来の美しさが伝わるライトアップ。どんな色かはお楽しみに!

□中雪像は「Anipop Club」。
海外で人気のゲームキャラクターたちが7丁目にやってきます。
その愛くるしさに、きっとあなたもファンになるはず!

□そして、フランスから「リサとガスパール」が駆けつけてくれることが決定!
大雪像のステージで着ぐるみの撮影会を実施予定です。
2月6日(月)~9日(木)の予定。
「リサとガスパール」オフィシャルホームページ http://www.lisagas.jp/

□ほかのステージイベントも含め、スケジュールについては、会場の看板などをご確認ください。なお、スケジュールは変更する場合がありますのでご了承ください。

【味わう】
□「サッポロフレンチスープスタンド」
 札幌市東区の人気フレンチ「ル・プルコア・パ」が羅臼昆布とコラボしたスープをプロデュース!
トリコロールカラー、青・白・赤のワインも登場予定!

□札幌市東区の洋菓子店「バースデーイヴ」が大通イベント初出店!
フランス菓子のマカロンが、会場をカラフルに彩ります!

□羅臼町の特産品、昆布・カニなどを扱った飲食店が7丁目に集結!
ここは「HBCらうす広場!?」

□このほか、ザンギ、ラーメンなど盛りだくさんです!

【学ぶ】
フランス語について、学べる仕掛けがいっぱい。
「こんにちは」「ありがとう」などのフランス語が飛び交う7丁目になります。

■2017年2月1日

360度動画で、さっぽろ雪まつりを楽しもう!
スマートフォン用アプリ「HBC VR」体験ブースが雪まつりに登場!
北海道の大人気お土産ブランド「Hokkaidot(ホッカイドット)」と
コラボした特製VRゴーグルもプレゼント!

 HBC北海道放送は、2月6日(月)から開催される「第68回さっぽろ雪まつり」において、360度動画が楽しめるスマートフォンアプリ「HBC VR」の体験ブースを出店いたします。スキージャンプや氷のホテル、ラジオ番組「カーナビラジオ午後一番!」のスタジオVR体験など、雪まつりにあわせてこの冬の新作コンテンツも公開いたします。
さらに、この「HBC VR」体験ブースでは、北海道の大人気お土産ブランド「Hokkaidot(ホッカイドット)」とコラボいたします。キュートなドット柄のデザインでブース全体が覆われるほか、「Hokkaidot」の人気商品も登場!この会場でしか買えない限定グッズも販売いたします。
そして、「HBC VR」をご体験いただいた方で、SNSで写真をシェアしたり、アプリをダウンロードしてくださった方には、「Hokkaidot」デザインの特製VRゴーグルをプレゼント!
さらに、期間中、アプリをダウンロードして円山動物園に入場すると、記念品をプレゼント!
今年のさっぽろ雪まつりは、大通7丁目会場「HBCフランス広場」の「HBC VR」体験ブースにぜひお越しください!

「Hokkaidot」デザインの特製VRゴーグル見本画像■期間:2017年2月5日(日)~12日(日) 8日間 ※2/5は午後からプレオープンの予定
■営業時間:10時~21時
■場所:大通7丁目会場「HBCフランス広場」 「HBC VR」体験ブース
■VR体験料金:無料

(1)「HBC VR」で360度動画体験!オリジナルゴーグルもプレゼント!
 ・特製VRゴーグルで、「HBC VR」で配信中の360度動画をご体験いただけます。
初めての方でも無料で気軽にVRを体験できるブースです。
・「HBC VR」をご体験いただいた方で、楽しんでいる様子の写真をSNSでシェアしたり、スマートフォンに「HBC VR」アプリをダウンロードしていただいたお客様には、「Hokkaidot(ホッカイドット)」とコラボした、「HBC VR」オリジナルVRゴーグルをプレゼントいたします。

スキージャンプ・イメージ画像 「カーナビラジオ午後一番!」のスタジオVR体験・イメージ画像
<さっぽろ雪まつりにあわせた新作360度動画も登場!>
オリンピックが行われた大倉山ジャンプ競技場で撮影された、迫力のスキージャンプや、氷で作られた幻想的な「アイスホテル」、道民にはおなじみの大人気ラジオ番組「カーナビラジオ午後一番!」のスタジオVR体験など、さっぽろ雪まつりにあわせた新作コンテンツが登場!
※本コンテンツは、「HBC VR」アプリで一般公開されますので、日本全国でお楽しみいただけます。

(2)北海道の新星お土産ブランド「Hokkaidot(ホッカイドット)」とコラボ!

「Hokkaidot(ホッカイドット)」グッズ・見本画像大人気のグッズ・限定商品も販売!
・「HBC VR」ブース自体が、大人気のブランド「Hokkaidot(ホッカイドット)」とコラボ!
・ブースでは、上記「HBC VR」オリジナルゴーグルのほか、「Hokkaidot」の人気グッズや、さっぽろ雪まつりの限定商品、さらに、話題のデザインユニット「STEREOTENNIS」と「Hokkaidot」のダブルコラボグッズも限定販売します!
このほか、凱旋門の大雪像が登場する「HBCフランス広場」にちなんだ、トリコロール縁起だる
まセットなども販売を予定しています。

「Hokkaidot(ホッカイドット)」
新しい北海道みやげとして急成長中のブランド。
北海道とドットという、ありそうでなかった組み合わせが新鮮な統一デザインは、「コンサドーレ札幌」「白い恋人」「円山動物園」などとのコラボ商品を生み出している。
現在、東急ハンズ、新千歳空港、およびネットショップにて販売中。

<さらにお楽しみも!アプリダウンロードで円山動物園入場時に記念品プレゼント!>
さらに追加のお楽しみとして、「HBC VR」で360度動画を配信中の札幌・円山動物園からお得なプレゼント!雪まつり期間中に、円山動物園で入場の際に、スマホにダウンロードした「HBC VR」アプリを見せると、「しろくまメモ」がもらえます!(※先着100名)

<スマートフォンアプリ「HBC VR」について>

「HBC VR」アイコン・イメージ画像
※「HBC VR」のアイコンは、北海道に生息するシマフクロウをモチーフにしたもの

「HBC VR」はHBC北海道放送が運営する360度動画視聴用アプリです。iPhone、Androidに対応し、市販のVR用ゴーグルを組み合わせて使用することで、立体感・没入感のある映像体験が楽しめます。VR用ゴーグルにスマートフォンを入れた後は、頭の向きを変えることで、360度動画のメニュー選択や再生などの操作を行うことができるため、VRゴーグルからスマートフォンを取り出したり、手を触れることなく、360度動画が楽しめます。
※本アプリは、スマートフォン単体でも、360度動画を楽しめます。

<提供するコンテンツ>
「HBC VR」では、テレビ局ならではの様々な映像をお届けします。
アナウンサー・リポーターが出演する動画や、札幌・円山動物園などの観光スポット、上士幌町のバルーンフェスティバルなど、現在約30本の動画を配信中です。

「HBC VR」アクセスQRコード<アプリ概要>
・アプリ名:  「HBC VR」
・企画運営: 北海道放送株式会社
・対応端末: スマートフォン(iPhone、Android)
・対応OSバージョン: iOS 8.0以降、Android 4.4以降。
※iOS(AppStore)、Android(Google Play)の各アプリストアで配信中。
・利用料金: 無料
・サポートページ:http://www.hbc.co.jp/hbcvr/

●技術パートナー: 株式会社ジョリーグッド http://jollygood.co.jp/

※本リリース掲載の画像もご提供できます。下記にお問い合わせください。
■本リリースに関するお問い合わせ先:HBC北海道放送株式会社メディア事業局デジタルメディア部
泉・小川
Tel:011-232-5892
Mail:hbcvr@hbc.co.jp

■2017年1月30日

平成28年度HBCこども音楽コンクール
文部科学大臣賞 受賞!!
北海道代表校が5部門で文部科学大臣賞を受賞する快挙!

 昨年10月から12月にかけて旭川・函館・札幌の3都市と音源審査で行った「第45回HBCこども音楽コンクール」参加校65校の中から、小・中学校あわせて9校が北海道代表として、昨日1月29日(日)、TBSで行われた全国大会に進出しました。
全国7ブロックからの代表校のうち、北海道代表校が全12部門中5部門で全国1位にあたる文部科学大臣賞を受賞する快挙を成し遂げました。

文部科学大臣賞受賞校
【小学校の部】
重唱部門:札幌市立幌西小学校  曲名『狩人アレン』
管楽合奏部門:北斗市立上磯小学校  曲名『遠つ人~雁金の宰』

【中学校の部】
重唱部門:函館市立亀田中学校  曲名『木下牧子 ア・カペラ・コーラス・セレクション女声合唱のための から 3.おんがく』
合唱部門:函館市立亀田中学校  曲名『女声合唱とピアノのための組曲「獅子の子幻想」から「都の春」』
管楽合奏部門:北斗市立上磯中学校  曲名『交響曲第2番「キリストの受難」より』

尚、受賞校には平成29年2月25日(土)東京オペラシティーコンサートホールにおいて文部科学大臣より賞状が贈られます。
また、授賞式と記念演奏会の模様を中心に「こども音楽コンクール スペシャル」として、3月29日(水)18:00~19:00にHBCラジオで放送する予定です。

■2017年1月16日

HBCラジオ ファイターズ中継実況CD
売り上げ絶好調!
「感動しました」の声続々!!
オリコンデイリーランキング全国21位!道内では3位!

ジャケット画像 最大11.5ゲーム差をひっくり返し大逆転でパリーグ制覇!そして10年ぶりの日本一に輝いた北海道日本ハムファイターズの試合のラジオ実況を集めた初のCD「ファイターズDEナイト特別版 日本一への熱烈応援ラジオ実況!~2016興奮・感動の名試合集~」が、昨年12月28日に発売(12月1日付けプレスリリース発表済み)されましたが、予想以上の売り上げを記録しています!
12月27日付けのオリコンデイリーCDアルバムランキングで全国・初登場21位!
オリコン道内週間アルバムランキング(12月26日~1月1日分)ではなんと初登場3位!
コーチャンフォーのアルバムCDランキングでも初登場3位!
HBCラジオ「ベストテンほっかいどう」1月15日アルバムランキングでは初登場9位、そして、1月9日付けオリコン週間アルバムランキングで全国・初登場48位にランクインと、次々とCDアルバムチャートにランクインしています!
通常の音楽アルバムと違い、ランクインすることが難しいカテゴリーのCDですが、名だたる有名アーティストにならんで道内では3位、そして全国でも週間ランキングで50位以内に入るという快挙となりました!
HBCラジオの各番組やツイッターにも、「本当に感動もののCD!HBCに感謝です!」「もう20回近く聴いてるけど、何度聴いてもあのシーンを思い出します」「テレビ・DVDでは伝わらないラジオ音声ならではのCD発売、すごくいい試みだと思います!」「放送音源なのでホームラン・得点BGMがそのまま流れる!すばらしい!」「車の中で聴きました。車内が球場に早変わりしました!」などの感動の声が数多く寄せられています!
HBCラジオとしてはもちろん、ファイターズ球団としても初の実況音声のCD発売でしたが、音声だからこそ伝わる、そしてよみがえる感動があることをあらためて認識するとともに、言葉で伝える実況アナや聴いている人たちをこんなに感動させてくれた2016年シーズンのファイターズの素晴らしさを実感することとなりました。
2016年のファイターズの感動が音声でよみがえる、HBCラジオの実況音声CD。引き続きCDショップ、HBC北海道ショッピング、アマゾン等で好評発売中です!

「ファイターズDEナイト特別版
日本一への熱烈応援ラジオ実況!
~2016興奮・感動の名試合集~」

価格:税込1,500円(税抜1,389円)
発売元:北海道放送株式会社 
販売元:株式会社ポニーキャニオンほか
品番 / POS   PCCR.90076 / 4988013231597

■2017年1月16日

HBCアナウンサー絵本朗読会~そだつ~
2月26日(日)開催

 HBC北海道放送は、アナウンス部のプロデュースによる「HBCアナウンサー絵本朗読会」を2月26日(日)、札幌の北方圏学術情報センターPORTO内のポルトホールで開催します。
この朗読会は、観客の皆さんにアナウンサーのプロの朗読を楽しんでいただこうと企画しました。また、さらなるアナウンス技術の向上にもつなげ、アナウンス部全体のステップアップを図ります。
朗読会の模様は、ラジオ番組としてHBCラジオで3月12日(日)午後1時から放送します。
朗読会には300名を無料でご招待します。朗読会の概要、応募方法は下記になります。

「HBCアナウンサー絵本朗読会~そだつ~」概要

【場所・日時】
北方圏学術情報センターPORTO内のポルトホール(札幌市中央区南1条西22丁目1番1号)
2月26日(日) 開演13時30分/終演15時00分(予定)

【内容】
今回の朗読会のテーマは「成長」。それぞれの作品に出てくる主人公の成長を通して、観客の皆さんにも「こんな経験ある!」と共感してもらえる内容になっています。また、朗読会全体が一つのストーリーとなるような構成にしています。

【出演】
男性アナウンサー:内藤克・加藤雅章・水野善公・矢萩尚太郎・堀内大輝
女性アナウンサー:宮地麻理子・佐藤彩・堰八紗也佳・室谷香菜子・高橋友理・大栗麻未・金井憧れ・金城茉里奈
この他のアナウンス部員もイベントまでの準備や当日の裏方などに関わり、HBCアナウンス部全体のイベントとして盛り上げます。

【朗読する絵本】
街の本屋が選んだ絵本大賞第1位の「もうぬげない」や、第7回リブロ絵本大賞入賞「とんでもない」、第1回子どもの絵本大賞in九州第1位の「ちょっとだけ」など、コミカルで楽しい雰囲気のものから、心温まる作品、心に沁みる感動のストーリーまで8作品(うち1作品は詩の朗読)を予定しています。

【無料ご招待・応募方法】
300名を無料でご招待します(ただし5歳以上の方に限らせていただきます)。
参加希望人数・お名前・年齢・郵便番号・ご住所・電話番号・メールアドレスをご記入の上、以下のいずれかの方法でお申し込みください。

①HBCホームページhttp://www.hbc.co.jp/の応募フォーム
(応募フォームはHBCホームページ「トピックス&新着情報」⇒朗読会特設サイトにあります)
【朗読会特設サイト】 http://www.hbc.co.jp/event/ana_reading/index.html

②はがき:あて先 〒060-8501 HBCラジオ「HBCアナウンサー絵本朗読会~そだつ~」係

③ファクス:送信先 011-232-4403

※募集締め切り 2月8日(水)必着
※応募多数の場合は抽選とさせていただきます。
当選された方には2月15日までに入場券をお送りします。

【応募のお問い合わせ】
HBCラジオ「HBCアナウンサー絵本朗読会~そだつ~」係
電話:011‐232‐5851(平日10時~17時)