やさしく伝える 防災コラム

地震・津波

備えて減災「地震ハザードカルテ」

森山 知洋気象予報士、防災士、HBC気象キャスター

災害が起きたときに被害を最小限にとどめる取り組みを紹介する今日ドキッ!で放送中のシリーズ「備えて減災」。
今回は「地震ハザードカルテ」です。
防災・減災の第一歩として自分の住む場所の危険度、地域の災害リスクを確認することが大切です。自分が住んでいる場所の地震発生確率をすぐに診断することのできる防災科学技術研究所の「地震ハザードカルテ」を紹介します。

ハザードカルテのイメージ画像
地震ハザードカルテ診断結果イメージ

住所や調べたい施設の名前などを入力して場所を指定し、診断ボタンを押すと、わずか数秒程度でカルテが発行されます。250メートル四方の細かさで計算されているため、同じ街でも番地が変わると、カルテの診断結果も変わります。

ハザードカルテのイメージ画像
地震ハザードカルテ診断結果の範囲

カルテで見てもらいたいポイントは、30年確率という項目です。その場所で比較的近い将来である今後30年間にどれくらいの確率で大地震に見舞われる可能性があるかを確認できます。

例えば、2018/9/6に震度7の被害にあった厚真町の役場付近のデータでみると、震度5弱以上が91.6%、6強以上では2.4%という確率で今後30年以内に見舞われる可能性があるという診断結果になっています。

被害が大きかった場所の30年確率の表
30年以内の地震発生率

道内の地震危険度は太平洋側を中心に高く、震度5弱以上の発生確率が99.9%という市があります。それは、根室市です。根室市は5弱以上が99.9%、さらに、震度6強以上でも30%近い高い確率になっています。

震度と揺れ方について確認すると震度5弱では、恐怖を覚え、物につかまりたいと感じる強さです。6強になると、這わないと動くことは出来ず、固定していない家具がほとんど移動し、倒れてしまいます。震度6強以上になると、耐震性の低い建物が倒れてしまうこともあり、厚真町のように大規模な土砂災害が起きることもあります。

なお、真冬の積雪期に同じ震度の揺れが起きた場合、建物の被害などのリスクがさらに高まります。地震はいつどこで起きるかわかりません。地震ハザードカルテで、自宅だけでなく家族や友人の場所も調べて教えてあげてください。次のもしかしたらに備えて、減災の輪を広げていきましょう!

◎地震ハザードカルテ:http://www.j-shis.bosai.go.jp/labs/karte/

森山 知洋 プロフィール

資格:気象予報士、防災士、健康気象アドバイザー など。
平成14年に気象予報士を取得後、民間気象会社勤務を経て、現在はHBCウェザーセンターにて、気象キャスターとして活動。
日本気象予報士会北海道支部長も務め、北海道防災教育アドバイザーとしても全道各地で防災講演などを行う。

※掲載した情報やプロフィールは更新日時点のものです。

おすすめ記事