北海道放送番組審議会だより
北海道放送には、放送法で設置を義務づけられた番組審議会があります。年10回開かれる審議会では、より良い放送をお届けするために、北海道放送の放送基準やラジオ・テレビの番組などについて審議が行われています。委員は、北海道に住む識者8人によって構成されています。番組審議会だよりでは、審議の概要をそのつどお伝えします。
バックナンバー
第631回 第630回 第629回 第628回 第627回 第626回 第625回 第624回 第623回 第622回

第632回番組審議会

  1. 開催日時 2017年10月24日(火)15:30〜16:30
  2. 開催場所 北海道放送  役員会議室
  3. 出席の状況 委員総数 8名  出席委員の数 8名

出席委員の氏名
委員長
副委員長
委  員
委  員
委  員
委  員
委  員
委  員

上岡 由紀子
斎藤 ちず
藤井 裕
工藤 しのぶ
栗田 敬子
横田 伸一
橋  彩
斉藤 佳典
第632回番組審議会 写真
北海道放送
会社側の出席 渡辺 卓 代表取締役社長
  佐本 守 常務取締役
  勝田 直樹 常務取締役
  神戸 眞 報道制作センター局長
  伊藤 弘二 コンプライアンス室長兼社長室長
  国貞 泰生 編成局長
  澤田 健也 ラジオ局長
  土門 哲也 報道制作センター局長兼企画演出部長
編成局 滝沢 淳一 テレビ編成部長
報道制作センター 眞鍋 康志 報道部長
ラジオ局 角田 拡樹 ラジオ編成管理部長
報道制作センター 原田 徹 制作部長
報道制作センター 石崎 輝明 アナウンス部マネージャー
報道制作センター 田村 隆行 社会情報部長
報道制作センター 山根 恒 番組プロデューサー
コンプライアンス室 市川 弘之 番組審議会事務局長
4.議  題

・テレビ番組「あぐり王国北海道NEXT」

5.議事の概要

☆月次報告
編成部(テレビ番組関連) -----
視聴率、11月の主な単発番組、上期番組種別

報道部(報道番組関連) -----
衆院選開票日に特別番組

編成管理部(ラジオ番組関連)  -----
10〜11月の主なイベント、コンサドーレ中継、2017年度札幌地区ラジオ共同聴取率調査結果

☆議題審議

・議題番組についての委員の主な発言

■農業と食について、自分がほとんど知っていないのだなということに気付かされた。番組の構成、撮り方が工夫されていて、そこに私がはまり、このように子どもたちと同じ目線で見て体感したような気分になったのだなと思う。
■香港の子が北海道の風景を見た際の反応が良かった。ラジコンヘリで収穫したらいいという感想は、いかにも都会の子どもらしいし、タマネギは木になってるんじゃないかというのも、南の国の子だなという感じがした。
■香港の農業事情の紹介を通じて、世界中の親の、子どもに対しては安全なものを選んであげたいという思いは共通なのだと感じたいっぽう、どのぐらいの生活レベルの方々が北海道ブランドを享受できているのかがわからなかった。
■香港ロケでは、食品の安全・安心がことさら強調されていたが、現地の食文化も紹介したほうが内容に深みが出たのではないか。香港の子どもたちの話や反応が大人びていて、日本につながりのある子が選ばれたのかなという印象を持った。
■子どもが見る番組として、香港と札幌がほぼ同じ面積で人口は3倍とか、香港の高層ビルの景色を見せるとか、視覚的に比較しやすい。それが情報過多にならず、たまに出るテロップと音声で説明しているのでバランスが良かった。
■子どもと親が一緒に見ることで自分の住む北海道を再発見できる番組だった。放送開始以来10年経つということだが、この番組を見て農業を目指した子どもが実際にいることを期待する。
■香港だけが道産品を食べているような印象に偏る。北海道からどういったものがどこの国に輸出されてるのかも知りたかった。全体状況が分かった上でこの番組を見ると、香港の人の言っていることがより分かったのではないか。
■北海道農業を応援する素晴らしいコンセプトの番組だったが、番組解説を読んで覚えた期待が大きすぎたのか…。香港の子がもっとはしゃいだ画はないのかなと感じた。日本の子とは違う反応を引き出せなかったのかなと少々残念だった。




HBCTOP
Copyright(C)HOKKAIDO BROADCASTING CO.,LTD. All rights reserved.